saya さん プロフィール

  •  
sayaさん: Sayaの愉快な国際結婚
ハンドル名saya さん
ブログタイトルSayaの愉快な国際結婚
ブログURLhttps://ameblo.jp/mrs-brinz/
サイト紹介文国際結婚しました!能天気な私+不思議なアメリカ人+やんちゃ坊主=??
自由文おめでたいほど能天気な日本人の私とアメリカの田舎出身の不思議系な旦那様、そして私にそっくりなハーフの息子が繰り広げるごく普通の毎日。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供12回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2010/02/12 13:36

saya さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • Teen Momを見て泣く。
  • アメリカに引っ越して来た当時から何気なく見ていて、今も見ているTeen Momシリーズ。何てミーハーなんでしょうね、私。笑でもあの番組もそろそろ終わりに近づいてるだろうな。オリジナルメンバーが抜けたり、(ファラは実質クビだけど)新メンバーが増えてどっちのシリーズもなんかゴチャゴチャになってる。レイティングだけ気にしてドラマ盛り混んで、視聴者の見たいこと以外に走っちゃってるもんな、MTV。Teen Mom 2なんて前シ [続きを読む]
  • アメリカの職場恋愛
  • つい先日、職場の女の子(つい先日高校を卒業したばかり)に、彼氏(私の同期の20歳の男の子)が同僚に(高校生の女の子)に口説かれている、との相談を受けた。 どうやら口説いている女の子は、同期の子がお昼休憩の時に「私の分もあるの?」と聞いたり、「今度ディナーに誘ってよ」と言っていたそうな。 オーバー30な私の意見は「私の分もあるの?」と聞くかもしれないけど、それは冗談で「おい、いいもん持ってんじゃ [続きを読む]
  • 遠足で起こった水難事故
  • https://www.newscentermaine.com/article/news/local/now/there-were-no-screams-no-signs-of-panic-says-witness-of-field-trip-death-at
    -range-pond/97-564029143 先日遠足中の中学生が水難事故にあって亡くなるというニュースがあった。
    どうやら落としたイヤリングを見つけていた中で起きた事故のよう。ロープが張られた遊泳範囲
    内であったものの、水の状態は良くなく、20分後に発見されたとのこと。楽しい遠足で、夏休み [続きを読む]
  • アメリカのおもしろ電光掲示板
  • アメリカの高速道路を運転していると電光掲示板を見かけます。ここメイン州は田舎なので、都会にあるような大きな宣伝のボードなんてないんです。だから余計に目立つんですね。メイン州のDOT(Department of Transportation)はこの電光掲示板に命を掛けてるんじゃないか?というほどに、季節ごとに面白いメッセージを考えています。 (あっつあつの違反切符より冷たい食事がいいですね。) (スピード違反切符より [続きを読む]
  • 金銭感覚がヤバいアメリカ人。
  • 前回のブログの続き。未払いを続けているVはこれはマズイと思ったのか思ってないのか、いつものように「私はジャージーガールだから!」と旦那にあれこれ頼まなくなっては来ています。いや、ジャージーガールのイメージ悪すぎだわ。笑 金の切れ目が縁の切れ目。 そりゃ、やむを得ぬ事情で身の回りの事ができないのなら、私も旦那も見て見ぬ振りはできないんですけどね。家にニートがいるのに、家の周りのことできないって [続きを読む]
  • 未払い事件。
  • うちの旦那、数年前から知り合い限定で相場より少し安めで庭仕事や諸々をしている。アメリカ人あるあるなのかもしれないけれど、それで食べてる人でも適当な仕事をして帰ってしまう人もいる。そういう人は当然顧客もなくすし、そこは甘くはないのだけれど。その点、うちの旦那は超がつくほどお人好しなので割と安めに、かつ仕事はキチッとして帰る。 確か先週末。私が仕事を終わって帰ると旦那が「Vがもう二週間も未払いなん [続きを読む]
  • どっちの言語で考えてるの?
  • 職場の男の子に、「ちょっと質問なんだけど、何か考えてる時にどっちの言語を使ってる?」と聞かれた。 ほう、面白い!私は日本人だし、日本語の方が当然得意だから、1人でボーッと何かを考えたりする時は日本語。1人でってところがポイントで、何かを作業してる時にアメリカ人の旦那がいれば英語で考え事をしていることもある。それは、仮に何かを伝える時にスイッチの切り替えをしなくていいし、そのまま言葉に出せるのが [続きを読む]
  • ちょっと勘弁なタイプ
  • ちょっと前に知り合いの母娘と娘さんの誕生日祝いに行ったんです。母親は私の親より少し上ぐらい、定年を迎えこの村に引っ越してきた。娘はアラサー、多分5つぐらい私より年下。向こうとうちの家の都合が合わなかったり、大雪になったりしてなかなか実行できなかった。(本当にこの冬は酷かった??) お祝いはここから車で30分ぐらいの海沿いのパブ。ちょうどレッドソックスの試合の日でお店は激混み。待ち合わせ時間少し前 [続きを読む]
  • 日本人だから毎日・・・
  • 豆腐を食べるの?とだいぶ前に同僚のおじいちゃんAに聞かれた。「ははは、毎日は食べないですよー。」と笑って返したけど、なんか当時はいかにもステレオタイプな質問すぎて腹が立ったのを覚えている。なんでそんなことでプリプリと怒っていたんだろう。笑 今となっては親子ほど、もしかしたら親子以上歳が離れている同僚のAは、外国人の、ましてやアジア人の同僚なんて今までいなかっただろうから、話すきっかけが欲しかっただ [続きを読む]
  • 所詮人には分からない
  • 日本のニュースで2歳の女の子が母親にマンションの5階から投げられて死亡、だなんてニュースを見てギョッとした。日本はゴールデンウィークらしいけれど、子供が亡くなる事故が多くて悲しい。 その人が育児ノイローゼだったのかは知らないけれど、日本はあまりお母さんの心の健康に目を向けてくれないよな〜と思う。私も息子が小さい頃は自分も若かったし、いっぱいいっぱいだった。母子手帳に「育児に困難を感じますか?」と [続きを読む]
  • 年末のアメリカ、要注意。
  • サンクスギビングも終わり、翌日のブラックフライデーからはもうクリスマスムードのアメリカです。 ブラックフライデーはもちろん仕事で、「あー忙しいんだろうなー。面倒なことがなければいいなー。」なんて朝から滅入っていたのですが、思ったほどでもなく。会社が朝昼晩とケータリングをしてくれ、なんか一日中お腹いっぱいでした。笑 でもですよ。さぁ、あと1時間で帰るぞ!という時、私の横を男の人が大きな箱を乗せた [続きを読む]
  • 食べるものがあるということ
  • 仕事でお昼休憩の時に、ちょうど時間帯がかぶった同僚。たぶん20代ぐらいであろう男の子。とてもよく気がきく子で、いつもお客さんが頼む前に一歩先の接客が出来るような子。 今日はお昼を持ってなかったのかな。うちの会社には共有のパントリーがあって、従業員の善意で寄付をして、必要な人は遠慮せずに持って行ってください、というもの。その戸棚を開けて・・・きっと何もなかったのかな、すぐに閉じた。休憩室のポップ [続きを読む]
  • 素晴らしい!
  • ちょっと牛乳と果物だけ買い足したい・・・なんて時に、旦那と娘には車で待っていてもらって、私と息子だけでササっとスーパーで用事を済ませることもよくあるのですが、今日もその日でした。(ちなみになんで息子は私の買い物について来たがるかというと、子供はベーカリーで一枚無料でクッキーを貰えるのです。) 買う量も少ないのでセルフレジを利用することも多いのですが、少しでも袋を動かすと「係員を呼んでください」 [続きを読む]
  • 生きるって。
  • 昨日仕事に行ったら、体調を崩して入院していた同僚が一昨日に亡くなったという報せを受けた。涙がポロポロ出てきて、でもその後は仕事だったので一日中涙を堪えていた。 彼(Lさん)は口数少ないシャイな人で、歳は私の両親より少し上。私も人見知りする方なので、打ち解けるまでに結構かかって、ここ数ヶ月でようやく「心を開いてくれたかな?」という気がしてきて嬉しかったところでした。 この数ヶ月「67年生きてきて [続きを読む]
  • ネガティブの中にある幸せ
  • ・・・ということが今日あったのです。 日本でもアメリカでも職場、人間関係には恵まれていて、そういうところを感じ取る嗅覚?感覚には結構長けていると自分でも思ったりするのですが、それでも日本人でもアメリカ人でも「そんなに嫌々なのに仕事しに来る?(辞めちゃえば?)」って人はいるんですよね〜。大抵はそういう人とは根本的に性格が合わないので仲良くしないのだけど、仕事絡みだと避けるわけにもいかず。ああ理不尽 [続きを読む]
  • 公に尊敬されないアメリカ大統領
  • いつも夜はCBSのEvening News with Scott Pellyを見ている事が多いです。(Scottさんが渋くてカッコいいとか、そういう理由もありますが。) 今日ニュースを見ていてふと気付いたんですよ。あれ? Scottさん、ず〜っとMr.Trumpって呼んでるな。こういう時ってPresident Trumpじゃないの?って。 私の英語力なんてたかが知れているので、一度President Trumpって使ったら、あとはMr.Trumpでも文法的に間違っ [続きを読む]
  • 過去の記事 …