フーゴ さん プロフィール

  •  
フーゴさん: 大人のためのBL物語
ハンドル名フーゴ さん
ブログタイトル大人のためのBL物語
ブログURLhttp://fugo1555.jugem.jp/
サイト紹介文大人のためのBL、ML小説です。スーツの似合う男たちの仕事と恋の物語。 女性向き18禁
自由文新連載開始です。
サッカーのスパダリ監督と、未経験美青年の恋物語連載中です。今、結ばれた所です。
一流商社を舞台に、美貌の上司を恋人に持つリーマンストーリーもあります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供21回 / 81日(平均1.8回/週) - 参加 2010/02/12 22:31

フーゴ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • ロミオとジュリエット 17
  •                       登場人物プロフィールはこちら                      主人公東郷の邸宅「はい。おはようございます。」結が、iphoneを取った。「道ノ瀬さん、楠本です。今ご自宅ですか?私は玄関の前にいます。開けていただけますか? 大変なんです、週刊Bezのネット版に、道ノ瀬さんのスキャンダルが出ています!」「えっ!?」結が、ベッドにあった水色のガウンを慌てて着る。 [続きを読む]
  • ロミオとジュリエット 16★
  •                      登場人物プロフィールはこちら                     主人公東郷の邸宅夜中近く、結はオンラインゲームの解禁日だと言うのでスマホでゲームを始めた。私に来るな、と言った元凶のオンラインゲームだ。風呂から上がってすぐに抱き合おうと思ったのに、結はパジャマにガウンまで着込んでゲームと格闘している。ひとりで、歓喜の声を上げている。1ラウンド終わったの [続きを読む]
  • ロミオとジュリエット 15★
  •                       登場人物プロフィールはこちら                     主人公東郷の邸宅よりによって、ゲームと私を天秤にかけた結に私は切れた。切れたと言っても、もちろん、私は、態度、感情には出さない。他に男がいるとかではなく、男どころか私はゲームと言う”物”に負けたのだ。そんな扱いを受けたのは初めてだ。オウンゴール※を、10発食らった気分だ。(※味方が敵へゴー [続きを読む]
  • ロミオとジュリエット 14
  •                      登場人物プロフィールはこちら                     主人公東郷の邸宅監督をする上で、悩む問題が1つある。試合前のSEXをどうするか。そんなもの、個人の自由と言うのは、サッカーには通用しない。一流の選手ともなれば、全ては大事な試合で最高のパフォーマンスを発揮せねばならない。トレーニングだけではなく、選手のフィジカル(身体)を支えるのは、栄養 [続きを読む]
  • ロミオとジュリエット 13
  •                     登場人物プロフィールはこちら                    主人公東郷の邸宅東京、奇想社本社ビル4F第1編集部では、電話が頻繁に鳴り響き、企画の細かい打ち合わせが、各机の周りで行われている。奇想社本社ビルは建て替え後、広大な編集室に幾つも部署が入っている。各部署の垣根が低く、週刊Bez編集部のすぐ隣りはスポーツ写真部だ。ブラオミュンヘンの監督、東郷悟の写 [続きを読む]
  • 東郷邸の暮らし
  •                         登場人物プロフィールはこちら当サイト作品『ロミオとジュリエット』の、”攻”東郷悟(とうごうさとる)の自宅と暮らしを本日は紹介します。150年前に南西ドイツに宿として建てられた、5階建ての大きな木造建築が東郷の住まいです。東郷が監督として所属する、サッカーチームブラオミュンヘンの選手たちは、この大きな建物を「ガストホフ」と呼んでいます。ドイツ語でホテルの意 [続きを読む]
  • ロミオとジュリエット 12
  •                     登場人物プロフィールはこちらパリにいる結を気遣うため、私は結のiphoneに電話をした。何度もかけたが、一度も出ない。仕方なく、LINEで体調を気遣った。「バレエの公演を休め」、と言ったことを、結に叱られた。そのことも謝りたい。結は、若くて可愛くて、私よりはるかに年下だと扱っていたが、世界で地位を確立した一流の芸術家なのだ。差し出たことを言ってしまった。体調に関し [続きを読む]
  • ロミオとジュリエット 11★
  •                 登場人物プロフィールはこちら対談を終えたその日の夕方、私は結を自宅に半ば強引に連れ帰ることにした。「道ノ瀬さんと、もう少しお時間をいただいてもよろしいですか。」私は、結のマネージャー楠本さんに言った。楠本氏は、30後半くらいの男性だ。パリバレエ団から派遣されていると言う。「でも、明日の夜、道ノ瀬はパリで公演があります。支度があるので5時間前、午後1時には楽屋に入らねばな [続きを読む]
  • ロミオとジュリエット 10★
  •                          登場人物プロフィールはこちら私と道ノ瀬結(みちのせ ゆう)とのテレビ対談は、試合の翌日、ドイツフライブルク市内のホテルで行われた。前日の試合は、0−0のドロー(引きわけ)。独のブラオミュンヘンと仏のラパリス、王者激突と言われた屈指の好カードは、互いに点を取ることなく、固い守備に阻まれた。「司会を務めさせていただく、BSスポーツの前橋と申します。東郷さ [続きを読む]
  • ロミオとジュリエット 9
  • ヨーロッパでは、各国のサッカーチームでグループA(1軍)同士の対戦で頂点を競う大会がある。ドイツのブラオミュンヘンと、フランスパリを拠点とするラパリスの対戦が今週末ある。ドイツとフランスは宿命のライバル同士、屈指の好カードだ。私の率いるブラオミュンヘンはここ8年で国内3回の優勝を誇るチームで、同じくラパリスも、豊富な資金力を背景に持つフランスの強豪である。試合会場は、ドイツ。私のチームの地元フライブ [続きを読む]
  • ロミオとジュリエット 8★
  • 結との2回目の逢瀬は、結のアパルトマン(集合住宅)でだった。1階併設のレストランで、夕食を共にした。高級住宅街だけあって、客層もこのアパルトマン住人かそれなりの紳士淑女だ。必要だろうと思って、私もジャケットと革靴でパリに来ている。店内に入ると、絵画に出て来るようなシャンデリアと家具があり、クリーム色の落ちついた内装のレストランだった。私たちを案内するウェイターが、最初の椅子を引く。結がこのアパルトマ [続きを読む]
  • ロミオとジュリエット 7
  • 主人公東郷のプロフィール私には、サッカークラブがつけてくれた日本人秘書がいる。小崎真(おざきまこと)35歳だ。今夏、初めて私の元にやって来た。ドイツで監督業だけしている時は、秘書などいらないが、私はその他の仕事が結構ある。ドイツでCMに3本出演していたが、日本企業からも新たな打診が来た。ファッション誌など、サッカー以外の取材も増えた。私はあまり日本企業の広告には出たくないと考えている。日本企業は何か [続きを読む]
  • ロミオとジュリエット 6★
  • 翌朝、結は朝食時間に起きて来なかった。選手たちの手前、私だけはダイニングルームに降りて来た。お手伝いのジップが、既に朝食を作ってスタンバっていた。ドイツのらしい朝食が並ぶ。黒いパンに、コーヒーと卵、ハム、野菜、フルーツ、ヨーグルト、チーズ。「ユウは?」両親が東ドイツ出身のアベルが言った。「まだ寝ている。」「監督、先に、チームに戻ります。ありがとうございます、滞在楽しかったです。」「ではまた明後日。 [続きを読む]
  • ロミオとジュリエット 5★
  • 「わ、東郷さん、料理するの!?」夕方、結がキッチンの入口で言った。私は、白いギャルソンエプロンを巻き、大鍋を出している。「パリのギャルソンみたいだね。」結が、私のエプロンの裾を持って見ている。「結は料理しないのかい?」「食べるの専門です。笑」「うまいもの食わせるから待っていろよ。」我が家には、タイ移民のお手伝いさんとドイツ人庭師がいて毎回食事作りを手伝ってくれる。ブラオミュンヘンの選手たちは計3人 [続きを読む]
  • ロミオとジュリエット 4
  • 「ここ?」「そうだ。」「すごい!ここに住んでいるの?」結は心底驚いた顔をしていた。「この家は、”ガストホフ”って皆呼んでいる。旅籠の意味だ。 150年くらい前の旅籠なんだよ。そこを買い上げて住まいにしている。」裏の駐車場に車を入れ、三日月をあしらったアーテスティックな鉄柵の門を開けると、結を庭へ促した。「オカエリ!」沢山ある窓が開いて、叫んでいる若い男たちがいる。「うちのチーム、ブラオミュンヘンの選 [続きを読む]
  • ロミオとジュリエット 3
  • 結(ゆう)と私は、まだ体の関係はない。この先、そう言う関係になって良いのかどうかまだ迷いがある。いくらなんでも、この恋は社会的反響を考えたら危険すぎる。だいたい、あの芸術品のような体で”男”を受け入れられるのか。彼と会ってから、彼の演目のブルーレイを購入してドイツの自宅で見た。結の見た目そのままの王子的な役割の白鳥の湖と、クラッシックバレエの常識を覆した原始的なエネルギーを表した火の鳥。火の鳥は、 [続きを読む]
  • ロミオとジュリエット 1
  • 2018年9月、東京でスポーツや芸術部門の優れた選手アーティストに贈られる功労賞の受賞パーティが行われた。その会場に、ひときわ目立つ男がいた。長身に漆黒の髪、黒いスーツと黒いシャツを装い、暗いグレーのネクタイを締めている。物静かで、おいそれと話しかけるのをためらうような落ち着きと品格を放っている。東郷悟(とうごうさとる)、42歳。職業はドイツサッカーリーグの名門、ブラオミュンヘンの監督である。W杯優勝を [続きを読む]
  • ごあいさつ
  • 以前アメブロで、BL小説ブログの名前で書いておりましたが、こちらに引っ越しました。管理人名は、BL小説ブログ改め、フーゴです。大人のためのBL物語 byフーゴhttp://fugo1555.jugem.jp何とぞ、よろしくお願いいたします。以前書いていたのは、リーマン物「商社」です。今度書き始めたのは「ロミオとジュリエット」、架空著名人のBLをテーマに書きます。よろしくお願いいたします。拍手メッセージ下さった方には、下のコ [続きを読む]
  • ロミオとジュリエット 2
  •  また会いたいと・・・道ノ瀬結(みちのせ ゆう)は言った。世界の違う友人が一人増えたと思えばいい。東郷はそう考え、彼を記憶の片隅に追いやろうとしたが、どうにもあのしなやかな体が手のひらに、体に、感触として残っている。彼を送ったホテルの部屋の前で、ラインとスマホの番号を交換した。道ノ瀬からLINEが早くも翌朝に来た。若者だけあって反応が早い。「昨日は、ピンチを助けていただいてありがとうございました。 [続きを読む]
  • 過去の記事 …