jKio さん プロフィール

  •  
jKioさん: 虫をさがしに・・・
ハンドル名jKio さん
ブログタイトル虫をさがしに・・・
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/jkio
サイト紹介文晴れていれば、虫を追いかけて、その生活史など、写真と文でお伝えします。
自由文虫嫌いにも耐える内容を心がけていくつもりです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供255回 / 365日(平均4.9回/週) - 参加 2010/02/12 15:52

jKio さんのブログ記事

  • オナガバチ
  •  ブナ林の立ち枯れに(―)オナガバチが多数集まっていました。尾っぽ(ほんとうは産卵管)が長いからオナガバチと呼ばれます。ヒメバチ科オナガバチ亜科のなかまをひっくるめてオナガバチと呼びます。食材性昆虫(たとえばカミキリムシ)の幼虫が潜む材のなかに産卵管... [続きを読む]
  • 永遠のトラカミキリ
  •  和名の由来がわからない。「えぐり」とひらがなで書いてみた。エグリトラカミキリ。上翅の端のトゲトゲがヒントになるのかもしれない。1センチほど、灰色で黒い紋のあるカミキリです。 ラテン語は読めないが、無理にカタカナにすると、クロロポラス ヤポニ... [続きを読む]
  • キホリのオスにはヒゲがある
  •  (シロオビ)キホリハナバチのオスです[*]。顔面に白い毛(↓)があるのが決め手です。ハキリバチ科キホリハナバチ属、体長13ミリ。オスは木槿(ムクゲ)に集まるメスを探して右往左往するだけ。 この日が風が強かった。しかし、こちらにとっては風は味方です。... [続きを読む]
  • にせりんご
  •  フトカミキリ亜科ニセリンゴカミキリです。サクラの葉裏に来て止まりました。久しぶりのカミキリですが高すぎです。リンゴカミキリのニセ者です。 本物のリンゴカミキリと似ています。両肩まで黒い部分が伸びているので違いはわかります。15ミリぐらい。... [続きを読む]
  • コシブトジガバチモドキ
  •  クリアに撮れなくて投稿をあきらめていたハチです。撮影したのは、ちょうどひと月ほど前です。わらぶき屋根のジガバチモドキの一種です。ギングチバチ科ケラトリバチ亜科のハチです。 大きさ10ミリ強、網を張るタイプのクモ(造網性のクモ)を狩り既存坑で... [続きを読む]
  • がんばれ!ゴマダラ
  •  見かけることが少なくなりました。見かけるのは、ほとんどがアカボシゴマダラです。最初は数匹、もの珍しかった。だが、じわじわと増えていく。優しいゴマダラは、競合するエノキを奪われて、ついには絶滅。気づいてみたら、アカボシに本丸を乗っ取られていた... [続きを読む]
  • アオギリとオオハキリ
  •  青桐(あおぎり)は高木です。上からぱらぱらと花が降ってきます。口を開けてると飛び込んできます。オオハキリがクズに次いで好きな花です。滞在時間は長いのですが、花が高くて苦労しました。風も遠慮なく邪魔します。 オオハキリバチは少し変わった習性を... [続きを読む]
  • 男は黙って席をゆずるべし
  •  オスがひとりで、ヒメジョオンの花で食事してました。とつぜん、メスが飛び込んできました。産卵管をのぞいても2センチぐらいはあります。挨拶もなしに食事をはじめました。 驚いたのはオスのほうです。びっくりした顔をご覧ください。さて、このメスに対... [続きを読む]
  • 褄紫(つまむらさき)って?
  •  いまどき、いきなり褄(つま)っていわれても、なんだそれ? となります。着物の端(つま)のことです。裾(すそ)の両端(りょうはじ)のことだそうです。つまり、ツマムラサキというのは、端っこが紫色だということです。 6〜7ミリほどの大きさです。濃紺+赤... [続きを読む]
  • わからん虫ですが...
  •  大きさは10ミリほど、かなりのスピードで歩いていた。飛べるとは思わなかったから、荒っぽくレンズを近づけた。しかし、飛んでしまった。 なんだろう? 雰囲気はセナガアナバチを小さくしたような感じ。曇り空でも暗いブルーに輝いている。双翅目か膜翅目... [続きを読む]
  • 第2化誕生
  •  あれからみつき(三ヶ月)、ミツクリフシダカヒメハナバチです。4月のはじめに第1化がでました。あのときの巣穴から生まれてきた第2化のハチです。 4月のハチを春型と呼びます。今日のは夏型です。春に生まれるハチをフカイヒメハナバチ、夏に生まれたの... [続きを読む]
  • ツチスガリもいろいろ
  •  並(なみ)です。フシダカバチ科ナミツチスガリです。定番ハルジョンです。 体長1センチ、デコボコ腹部に黄色い帯、コハナバチを狩ります。いろいろいるツチスガリのなかで最も普通に飛んでます。ナミと呼ばれて怒ってる? [続きを読む]
  • 夏型トラフですよ!
  •  ドウダンツツジの咲く頃出てくるのが春型トラフです。最近は、簡単には逢えないシジミチョウとなった。それもそのはず、クズもクサフジも根こそぎ切られちゃった。幼虫は、これらの花と蕾(つぼみ)を食べるのです。 やっと出会えた夏型は、しかし、翅の白い... [続きを読む]
  • チビっこいコハナバチ
  •  ビヨウヤナギの雄しべにつかまっています。花粉をもらった帰り道です。つぎの雄しべに移動する途中です。遊んでいるわけではありません。 体長5ミリ、体の下半分がミカン色(ダイダイ色)、ハラアカチビコハナバチ(Lasioglossum sphecodicolor)です。巣作り... [続きを読む]
  • 小次郎のようなハチ
  •  シリアゲコバチです。1センチぐらい、奇妙な格好のハチです。背中につばめ返しの刀のような長い鞘をかついでいます。中には産卵管が収まっています。危なそうなハチであることが見え見えです。オオハキリバチなど竹筒に営巣するハチを狙って寄生します。 [続きを読む]
  • クヌギの林の住人
  •  15ミリほどのキイロトラカミキリを見つけた。クヌギ、コナラの林で見つかる。幼虫は、これらの枯れ木を食べる。枯れ木と見るとすぐにかたづけてチップにしてしまう公園では、お目にかかれない。黄色と言っても薄黄色で、薄い黒紋がある。あまりハッキリしな... [続きを読む]
  • お〜い、むなかたさん
  •  どん曇り、次の日が雨、そして晴れた。きょう、3日前にもらった情報をたよりに隣町まで、フル充電の電動で飛びました。お隣りというより三軒か四軒さきの町です。他所(よそ)様のお家から道路にあふれ出たラベンダーです。 体長は13ミリほど、ムナカタこ... [続きを読む]