こころの相談室 メンタルケア フォレスト 岐阜 さん プロフィール

  •  
こころの相談室 メンタルケア フォレスト 岐阜さん: 崖っぷちのカウンセラー奮闘記
ハンドル名こころの相談室 メンタルケア フォレスト 岐阜 さん
ブログタイトル崖っぷちのカウンセラー奮闘記
ブログURLhttp://gooddaytoday.jugem.jp/
サイト紹介文クライアントが心から安心して、話すことができるカウンセラーでありたいです。秘密厳守固くお約束します。
自由文岐阜で開業して18年、
心理カウンセラー森久美子のブログへようこそ!
私のブログでは私自身が日頃感じていることや仕事を通して学んだことから
読者の皆さんのこころの健康に役立つことを紹介しています。
皆さんからのコメントも楽しみにしてます。
こころについての交流を図ることができたら何よりです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供106回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2010/02/12 22:26

こころの相談室 メンタルケア フォレスト 岐阜 さんのブログ記事

  • 心臓(こころ)が願いを叶える
  • みなさん、こんにちは。 さて今日は前回の記事でお伝えしたように「心臓が願いが叶える」ということについてお話します。 その前に、もう一度、心臓(こころ)の働き、あるいは能力について知っていただくといいと思うのですが ・心臓はどのホルモン、エンドルフィン、その他の 化学物質を体内に発生させるべきか、脳に信号を送ります。 ・心臓は、体内でもっとも強力な発信機です。 私達は、生み出された強力な電磁エネルギー [続きを読む]
  • 心臓に負担をかける生き方に気づく
  • みなさん、こんにちは。 人は誰しも、自分の望む人生を送りたいと思って頑張っているものだと思います。 しかしながら、中には自分ではなく他者に望まれるであろう(あるいは認めてもらえるであろう)と思う人生を、ひたすら頑張ってきた人もいます。 当然ながら後者の場合はそうあるためには、○○すべきである とかあるいは○○しなければならないということが、どうしても優先的になります。 またそれと同時に本来の自分はど [続きを読む]
  • 過敏性の自己診断
  • みなさん、こんにちは。 さて今日の記事は前回の続きですが、 「もしかして私は過敏過ぎるのでは?」という方がみえましたら まずは自己診断してみることによって自分を理解する一つの目安にしていただくといいのではないかと思います。 過敏性チェックリスト(by 精神科医 岡田尊司 ) section 1 ・大きな音が苦手で、突然の物音に過剰に驚いてしまう。 ・人混みやガヤガヤした場所が苦手で、極度に疲れてしまう。 ・匂いや味 [続きを読む]
  • 過敏過ぎる人(HSP)による生き辛さ
  • みなさん、こんにちは。 人の生き辛さの原因はネガティブ思考によるものであると思われがちですが 実は過敏過ぎることのほうが生き辛さの大きな原因になっているということが岡田尊司氏(精神科医)の「過敏で傷つきやすい人たち」という著書の中に書かれています。 これに関してはよく私も、臨床の現場で実感することがあります。 実際に多くの場合、心理的に過敏な人ほど感覚的にも過敏だったりするので 常に周囲からの刺激に [続きを読む]
  • こころがぶれやすく安定しないことで苦しんでいる人へ
  • みなさん、こんにちは。 他者の言葉や行動によってたちどころにこころの安定を失ってしまったり あるいは感情がコントロールできないときもあるという人がみえましたら 自分の感情のありかたを極端に他者に委ね過ぎているのではないかということに気づく必要があるかと思います。 たとえば自分にとって関わりの深い人、 それは親、こども、兄弟、パートナーや伴侶、恋人あるいは上司や先輩や同僚 などに対して ・自分の苦悩は、 [続きを読む]
  • 信頼するということ
  • みなさん、こんにちは。 マインドフルネスを実践する心得として信頼することの大切さが挙げられています。 これは言葉にすると簡単ですが 実際はこのことをとても難しく感じている人がたくさんみえるのではないかと思います。 なぜかというとまずは自分自身が自分のことを信頼できなければ他者のことを信頼することもできないからです。 しかしながら多くの場合は、自分が他者のことを信頼できないのはその他者に原因があると思 [続きを読む]
  • I think ... 自分の頭で考えよう
  • みなさん、こんにちは。 さて世間では、もうすぐ選挙が行われるということで、選挙運動がにぎやかに行われている最中ですね。 そして日本国民、それぞれの一票が何を一番大切とするか、その思いや考えが表われてくると思うと それを知りたいと思うと同時に知りたくないという思いもあって私の心中は複雑です。 ですがとりあえず自分がこの先もこの国で生きていくという前提でこの国にとって何が最も必要かということは私のこころ [続きを読む]
  • 自分のこころと繋がることの重要性 
  • みなさん、こんにちは。 今日は曇り時々雨・・・。 とても静かです。 今もかすかに聞こえてくる小雨の音を聴きながらこれを書いています。 それに混じってどこからか、秋の虫達や鳥の鳴き声も・・・ それ以外は 何も音がしません。 常日頃、聴くということを生業としている私にとってはさぞかし耳の休憩となるのでは、と思うと とても贅沢で有難いひとときだと思うのです。 なにしろ耳は心臓と同じように一日中働いている器官で [続きを読む]
  • 私のマインドフルネス効果
  • みなさん、こんにちは。 日々、マインドフルネスを実践しておりますと実にいろんなことに気づかされるものです。 最近も、ふと思ったのですが 私はようやくこの年にして 我慢すること と無理すること の違いが 私という全体(体とこころ)でわかるようになってきたようだということです。 言い換えると それまではそれらがごちゃまぜになっていたということでもあります。 考えてみたらそもそも 無理をするということには最 [続きを読む]
  • 私は正しいという鎧をまとった攻撃 
  • みなさん、こんにちは。 人と人との関係性においては ほとんどの場合において、どちらか一方だけが100正しくてまたどちらか一方だけが100間違っているなどということはほとんどないと思います。 ということは人が二人いれば、それが表面化するかしないかは別として必ず対立や摩擦が生じるものであるということでもあります。 しかしながらそれによってお互いの価値観やズレの違いがわかります。 それに互いが気づき認め [続きを読む]
  • 自分をイラつかせる人を変えようとしても、その相手は一向に変わらない地獄
  • みなさん、こんにちは。 自分をイライラさせる人が周りにいると私達はその人に対して怒りを感じるものです。 ゆえにその人になんとか変わってもらいたいあるいはその人が変わるべきだと思います。 しかし多くの場合こちらがそのような思いをもって接しているときはその相手は一向に変わらなかったりするものです。 なぜなら人というのは、そもそも他者によって自分を変えられたくはないと思いをもっているからです。 カウンセ [続きを読む]
  • マインドフルネス歩行瞑想
  • みなさん、こんにちは。 マインドフルネス歩行瞑想を始めて数年経ちますが 不思議と犬の歩き方も以前よりずいぶん落ち着いてきました。 でもそれはもしかすると自然なことで私から犬に伝わる何かが彼の反応になっているいるということなのかもしれません。 いずれにしても二人(一匹+一人)で共につかんだちょうどいい加減のリズムで歩くのは実に心地いいです。 こんなふうに私の朝は歩行瞑想から始まりますが ただ歩く とい [続きを読む]
  • 楽しんじゃいけない禁止令をはずしましょ。
  • みなさん、こんにちは。 最近の私はパン作りを楽しんでおります。 というのも実は少し前にパン焼き器を購入したのです。 私の新しいオモチャ。(^^) それでカボチャとか、とうもろこし、ホウレンソウなど家にある野菜を入れて、毎朝、野菜パンを食べることにしたのですが これが実に美味しい〜! それゆえ今宵もノラ・ジョーンの音楽を楽しみながらついでにダンスなども楽しみつつさつまいもと黒ゴマのパンをセットしました。 [続きを読む]
  • 他者に嫌われるのが怖い
  • みなさん、こんにちは。 自分のことが他者に気に入れられているかどうかということが気になり過ぎてなかなか自分らしくふるまえないという悩みをよく聞きますが それは言い換えると他者に気に入られてないと自分は守られていない という不安があるからではないかと思います。 それゆえ相手の利害を優先したりまた相手が望むようなことを頑張るのですが しかしながらそのような関係性によって得られるものは安心ではなくむしろ不 [続きを読む]
  • 頑張り過ぎてない? 燃え尽きてしまう前に自己診断を。
  • みなさん、こんにちは。 社会においては頑張ったら頑張った分だけの結果を出すことができる目標達成型のタイプ人がよく評価されますが でも実はこのタイプの人は 非常に燃え尽きやすいという危険な側面を併せもっていることがよくあります。 思うに通常はある目標に向かって常に結果を出し続けていくためには 自分のもつエネルギーのほとんどをできるだけそのことだけのために集約して注ぐ必要があるかと思います。 しかしなが [続きを読む]
  • いつも自分を責めてしまう人へ
  • みなさん、こんにちは。 うつになりやすい人の性格特徴のひとつとして自責傾向が強いということがよくあげられますが そこで今日は最初に加藤諦三氏(社会心理学者)の「自信」という本から抜粋した文章をご紹介します。 自分が自分をもっともよく知ること、自分についての事実を知ることで、私達は自信をもてるのである。 そのためには様々なことに挑戦し、さまざまな行動をし、失敗し、成功しなければならないだろう。 いろい [続きを読む]
  • 残暑お見舞い申し上げます。
  • みなさん、こんにちは。 今日はまず最初に残暑お見舞い申し上げます。 台風の後も荒れた天候の中をその心配ともに過ごしてきましたが 次には少し前から温度はググ〜っと上昇。 いやはや、日本の夏(特に残暑の時期)はほんと強いです。 でも川の近くの山際に住んでおりますと その強さゆえ、自然の美しいコントラスがあるということに気づくことがよくあります。 今は大地の木や植物がさんさんと強い光を浴びてそのエネルギーを放 [続きを読む]
  • 自信がない・・・。それは自分を守り過ぎているからかもしれません。
  • みなさん、こんにちは。 私達は大なり小なり自分のことを守りながら生きているものです。 しかし自分のエネルギーのほとんどをそのことに費やしてしまっているため生産的なことに遣うエネルギーはわずかなまま頑張って生きている状態にある人もいます。 またそのように自分を守ろうとすることに必死になっているときは 自分自身が周囲にいる他者のことを敵意的にみていることに、気づいていなかったりします。 たとえば「誘われ [続きを読む]
  • いかに自分は無意識に判断しているかということに、気づいてますか?
  • みなさん、こんにちは。 今日は明け方から激しい雨と雷雨があり本日の予約は全て違う日に変更となりました。 警報が出ている場合、特に遠方から車でいらっしゃる方には無理をしていただきたくないと思っているので今日のように荒れた天候の日は予約を変えていただくのは、私も安心だったりします。 でも仕事モードに切り替わっていた私はちょっとひょうしぬけ。 スケジュール変更に一瞬とまどうも今日はどうみても「おとなしく家 [続きを読む]
  • こころと呼吸
  • みなさん、こんにちは。 さて前回の記事では呼吸は精神にダイレクトに影響するものであるということを書きましたが たとえば 落ち着く必要がある と思ったときなどはまず息をゆっくり吐き出すと次第に落ち着きが戻ってくるはずです。 反対にあれもやらなくちゃ これもやらなくちゃと思っている時の息は、浅くて不規則です。 それゆえ忙しさにこころを奪われているときはよく 息つくヒマもない とか息切れする などと言われ [続きを読む]
  • 症状を消しさることに囚われすぎるのは、よくないかもです。
  • みなさん、こんにちは。 対人恐怖症にカテゴライズされている中に赤面症とういうのがありますが このような症状で悩んでいる人の多くは どうしたら人前で話す時に顔が赤くならないようにすることができるかということを目的として来院されることがほとんどです。 他にも、たとえば何度も手を洗わなければ黴菌がついてるようで落ち着かないとか ガスの元栓を閉めたかどうかということが気になり何度も確認しないと不安になるなど [続きを読む]
  • 浮浪雲を眺めながら流れる
  • みなさん、こんにちは。 私が40代の頃は、ほとんど毎日ジムに通っていました。 そこでは筋トレを始め、エアロビクスなどいろんなクラスを体験しましたが 最終的には水泳(ほとんど毎日)とヨガ(時々)が自分に合ってたようでこの二つはかなり長く続けていました。 でも犬を家族に迎えてからはジムに行く時間を取ることは難しくなりその代わり犬と毎日歩くようになりました。 家の犬は家の中では排泄しないため雨が降ろうが雪が [続きを読む]
  • 相手を愛しているつもりなのに、疎まれてしまうのは?
  • みなさん、こんにちは。 久しく私は恋愛をしておりませんが実は過去を辿ると恋愛だらけ。 そしてそれらの恋愛を振り返ってみますとそれが終わる原因は、どちらかが相手を捕えようとするからであるということに気づきます。 考えてみたら 捕らえようとするならば 虫さえ逃げるんですから それはわざわざ自分から相手を遠ざけてしまうようなことだといえます。 でも恋愛の最中にあるときは 動くものそれは相手のこころがどれだ [続きを読む]