つるびねった さん プロフィール

  •  
つるびねったさん: miu'z journal *2  -ぼんやり系音楽会日記+α-
ハンドル名つるびねった さん
ブログタイトルmiu'z journal *2 -ぼんやり系音楽会日記+α-
ブログURLhttp://zerbinetta.exblog.jp/
サイト紹介文ぼんやり系音楽会日記。クラシックコンサート、オーケストラ、オペラ、バレエ、室内楽などなど。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供4回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2010/02/13 08:27

つるびねった さんのブログ記事

  • カオスのエロス 大友/群響 トゥランガリーラ
  • 2016年3月20日 @すみだトリフォニードビュッシー:牧神の午後への前奏曲メシアン:トゥランガリーラ交響曲児玉桃(ピアノ)、原田節(オンド・マルトノ)大友直人/群馬交響楽団群馬交響楽団、しばしば練馬交響楽団と間違えるんだけど、前に一度聴いたし(しっかりした地方オーケストラの印象。地方のレヴェルもすごく上がっていますね)、わたしには縁のない土地だし(わたしは地元優先主義)、今年はいいか〜と思って、チケッ [続きを読む]
  • パパ来たる K.ヤルヴィ/都響 ペルト、ライヒ
  • 2016年5月18日 @サントリーホールペルト:「フラトレス」、交響曲第3番ライヒ:「デュエット」〜2つの独奏ヴァイオリンと弦楽オーケストラのための、   「フォー・セクションズ」クリスチャン・ヤルヴィ/東京都交響楽団なんかとってもアウェイ感の強い音楽会でした。踊る指揮者クリビーを見に来ました〜。クリビーというと、最初に聴いたのが中南米の作曲家の特集だったのでそちらの人かと思ったら、パパヤルヴィさんの息子 [続きを読む]
  • 謎はなかった インバル/都響 ショスティ15
  • 2016年3月29日 @東京文化会館モーツァルト:ピアノ協奏曲第27番ショスタコーヴィチ:交響曲第15番クンウー・パイク(ピアノ)エリアフ・インバル/東京都交響楽団都響と深いつながりのあるインバルさんとの音楽会。来月のサントリーホールでの「カディッシュ」は聴きに行けないので、こちら。ショスティとアヒルの群れにぽつんと白鳥の雛が混じっちゃったようにモーツァルト。インバルさんとモーツァルトがどうしても結びつかな [続きを読む]
  • 出逢いそして別れ ツァグロゼク/読響
  • 2016年3月17日 @サントリーホールベンジャミン:「ダンス・フィギュアズ」コダーイ:組曲「ハーリ・ヤーノシュ」ベートーヴェン:交響曲第3番「英雄」ローター・ツァグロゼク/読売日本交響楽団あとで気がついたら、今日がわたしの読響さんのシーズン最後の音楽会になってしまいました。来シーズンはサブスクライブしないので、読響さんとはお別れです(お客さんとしていくつかの公演はシングル・チケットで聴きに行きますよ)。 [続きを読む]
  • 夜と歌おう カンブルラン/読響
  • 2016年2月12日 @サントリーホールモーツァルト:アイネ・クライネ・ナハトムジークマーラー:交響曲第7番シルヴァン・カンブルラン/読売日本交響楽団タイトルは、今日の音楽会のチラシのコピーそのまんま。だって、あまりにも秀逸なんだもん。誰、これ考えたの?夜’に’でも夜’を’でもなく夜’と’。夜が擬人化させられて、何だか友達のよう。そんな音楽でしょ。「夜の歌」と呼ばれることもあるマーラーの交響曲第7番って、 [続きを読む]
  • 自然と人間 ヤンセン、P.ヤルヴィ/N響
  • 2016年2月13日 @NHKホールブラームス:ヴァイオリン協奏曲ニールセン:交響曲第5番ジャニーヌ・ヤンセン(ヴァイオリン)パーヴォ・ヤルヴィ/NHK交響楽団兄ビーとN響、前回のブルックナーに引き続いて、今度はブラームスとニールセン。ニールセンの交響曲がもう楽しみ。あの小太鼓をどう処理するのか興味が尽きません。そして、前半にはヤンセンさんの独奏でブラームスの協奏曲。ずいぶん前に、ヤンセンさんが弾くこの曲を聴い [続きを読む]
  • 爽快な登山の余韻 東京楽友協会第100回演奏会
  • 2016年4月3日 @すみだトリフォニーウォルトン:戴冠式行進曲「宝珠と王杖」レスピーギ:バレエ組曲「シバの女王ベルキス」シュトラウス:アルプス交響曲橘直貴/東京楽友協会交響楽団首都圏の社会人アマチュア・オーケストラで歴史が古いとこ、どこだか分かりますかー?多分一番は、OB交響楽団 1937−(定期演奏会の回数189)(学生オーケストラはもっと古くからあるのいくつかあります)で、次に都民交響楽団 1948−(121)、 [続きを読む]
  • 兄ビーはレオナルド! P.ヤルヴィ/N響 ブルックナー5
  • 2016年2月7日 @NHKホールマーラー:なき子をしのぶ歌ブルックナー:交響曲第5番マティアス・ゲルネ(バリトン)パーヴォ・ヤルヴィ/NHK交響楽団主席指揮者兄ビーとN響の定期公演、今回はブルックナー。中でも壮大な交響曲第5番。ブルックナー・トイレも長くなりそう。女子には関係ないから、余裕でチラリと見物しちゃった。ブルックナーの前には、マーラーの「なき子をしのぶ歌」。マーラーの歌曲の中で最高傑作と勝手に思って [続きを読む]
  • 創立60周年 ただ今絶好調 新交響楽団第232回演奏会
  • 2016年1月24日 @東京芸術劇場芥川也寸志:交響曲第1番エルガー:交響曲第2番湯浅卓雄/新交響楽団新交響楽団、絶好調でした。新交響楽団の創立60周年演奏会その1です(今年がその年なので、今年の音楽会の分、その4まであります)。曲目は、新交響楽団の創立に深く関わっている芥川の交響曲となぜかエルガーの交響曲第2番(第1番に比べて滅多に演奏されない曲ですけど(ロンドンの4年間で1回も聴かず)、なぜか日本のアマチ [続きを読む]