イズラー さん プロフィール

  •  
イズラーさん: イズラー日記
ハンドル名イズラー さん
ブログタイトルイズラー日記
ブログURLhttp://hachibei.i-ra.jp/
サイト紹介文水泳、バイク、将棋、ピアノ、その他日常のことを書いています。
自由文どこにでもいる無芸で平凡なおやじです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供50回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2010/02/13 14:14

イズラー さんのブログ記事

  • 久々の長距離ドライブ
  • 5年ぶりに車で帰省した。4日間で約1,200km走った。行き帰りの往復だけで900kmほどになる。あとの300kmは向こうで走った距離である。その結果、腰が痛い。腰だけの話しなら、まだバイクの方がましである。親戚、友人、知人に会うことができ、運転は疲れたが行った甲斐があった。帰りは石川県から岐阜県に抜けることができる白山白川郷ホワイトロードを利用した。ここを利用しようと決めたのは、通行料金が約半額に引き下げられた [続きを読む]
  • 1ヶ月漬けの効果があった
  • 今日は沼津の将棋大会だった。地元なので、原則参加である。1ヶ月前から練習を開始した。一夜漬けならぬ1ヶ月漬けである。その効果か、C級で4位に入賞することが出来た。6局指して、勝ち、敗け、勝ち、勝ち、勝ち、勝ち、だった。最終局の相手は小学生。必敗形になったが、最後の最後に逆転した。小学生相手に大人気なかったかな(笑)。 [続きを読む]
  • 六十の手習いがバイクとは
  • 昨日同級生から、1年前からバイクに乗り出したと聞いた(メールで)。かつて乗っていて復活したのではない。全くの人生初バイクである。若い頃に免許は取ったが、両親の猛反対に断念したそうだ。いわゆる跡取り息子はこのパターンが多い。バイク=危険のイメージは今も昔も変わらない。今は楽しくて楽しくてたまらない時だと思う。六十を過ぎているので、無理な運転もしないだろう。とにかく安全に、少しでも長く楽しんでほしい。 [続きを読む]
  • 1ヶ月漬けスタート
  • 7月下旬に沼津で将棋大会がある。地元なので、参加しようと思っている。4月の将棋大会以来、全く指していない。さすがにこのまま大会に臨んでは大敗がみえているので、ネット将棋などで少し練習しておきたい。一夜漬けならぬ1ヶ月漬けである。地元の大会に参加するのには他にも理由がある。参加しないと、かつての将棋仲間から「イズラーさんは死んだのか」と思われてしまう恐れがあるからである。 [続きを読む]
  • 人間ドッグ
  • 現役中は職場の定期健診だけで済ませていたが、退職後は人間ドッグを受けている。今日がそうだった。血糖とコレステロールは昨年同様イエローゾーンだった。意識して過ごしてきたつもりだったが、改善には至らなかった。結局のところは、もっと食事から塩分と糖分を減らすしかないようだ。このままの状態が続くと、いつかポックリ逝きそうである。 [続きを読む]
  • 水泳大会喜んだり悲しんだり
  • 今日は短水路熱海大会だった。チームからの参加は7名と少なかった。この会場を敬遠した人がいたようだ。2週間前に、「全く調子が上がらない」と書いたが、100m個人メドレーは昨年大きくダウンしたタイムの半分を挽回することが出来た。この結果に喜んだ一方で、参加者が少なかったことにより25m×4リレーに駆り出されていたが、油断して召集に遅れ、棄権となってしまった。久しぶりのリレーで楽しみだったのに泳げなかった。しかし [続きを読む]
  • 無くなると寂しい
  • 2,750km→2,310km→2,300kmここ3年間のバイクの年間走行距離である。2年前から無職になり、自由時間が増えたが、特に走行距離は増えていない。1回の走行距離は100km以下で、しかも月2〜3回。これでは距離が伸びるわけがない。最近は直ぐ疲れてしまい、長い距離が乗れなくなった。維持費と走行距離を対比すると、いわゆるコストパフォーマンスが下がっていることだけは確かである。しかし、手放して全く乗れなくなってしまっては寂しい [続きを読む]
  • 泳げるか心配になってきた
  • 短水路熱海大会まで2週間ほどになった。この大会に向け練習を続けているが、全く調子が上がらない。25mも泳ぐと直ぐ疲れてしまう。100m個人メドレーにエントリーしているが、最後まで泳ぎ切ることが出来るか心配になってきた。タイム云々より完泳が目標が変わりつつある。とは言っても、ゴールしたときに拍手されることだけは避けたい。まだ2週間あるから、練習内容を見直すなど最後の悪あがきをしよう。今回の結果によっては100m個 [続きを読む]
  • 左が強すぎる
  • GWはどこにも出掛けていないので、また手習いの話題。帰省していた子供に演奏を聞いてもらったら、『左が強すぎる。右があまり聞こえない』。以前から自分でもそんな感じていたが、やはりそうだったか。そうなる原因を尋ねると、『左の方が簡単だから』。確かに私が練習している曲のレベルでは、左は同じ音の連続であったり、和音の繰り返しだったりするから、簡単と言われればそうかもしれない。今後は左を弱く右を強く弾くこと [続きを読む]
  • バイエル95番相当挑戦
  • 家にある楽譜集に「バイエル何番相当」と付記されているものがあった。10曲ほど収められているが、一番大きな数字が95だったので、その曲の練習を始めた。GWはどこも混んでいるから家で過ごすのが一番である。弾けるようになれば、「バイエル95番相当のレベルです」と自慢げに言える。独学の六十の手習いでも、バイエルレベルぐらいになりたいものである。しかし、始めてみて出だしでもうつまづいている。前途多難である。 [続きを読む]
  • 今年もホテルサンバレー富士見で同期会
  • 昨夜、いまや恒例となった同期会が、昨年同様ホテルサンバレー富士見で開催された。今回の参加者は26名だった。県外から14名の参加があった。遠方から来てくれる同期のためにも、沼津在住者は強制参加である。参加者は無職が増えてくる一方で、まだまだ働いている人もいる。話題は家族や健康のこと。仕事の話しは昔話が中心だった。翌朝(今朝)は朝食後流れ解散。ひとりを三島駅まで送ってから、帰宅した。これは沼津在住者の [続きを読む]
  • 1000Hzとは? 4000Hzとは?
  • 暇つぶしです。人間ドッグ等で聴力検査をすると、1000Hzと4000Hzの音がどれくらいの大きさの音で聞こえるか検査される。これまで何気なく受けていたが、ピアノを始めてみて、その周波数は音階ではどこに相当するのか気になって調べてみた。1000Hzは一般的なドレミファソラシドから1オクターブ上のシ辺り。普通に弾く範囲である。4000Hzはそこから更に2オクターブ上のシ辺り。ちなみに、その隣りのドが88鍵ピアノの最高音(最右端 [続きを読む]
  • ラジオが身近に
  • 毎日、現役中にはほとんど聴かなかったラジオのお世話になっている。朝の散歩の時にラジオを聴くと退屈しないで歩くことができる。家の中でもラジオなら、いわゆるながら族でネットを見たり本を読んだりすることが出来る。コミュニティFMを含めて聴取できる放送局はいくつもあるので、番組表をチェックしながら選局している。ラジオと言えば、小学生の時、雑誌の付録に付いていた鉱石ラジオは魔法のようだった。たった数個の部品 [続きを読む]
  • 将棋大会はそろそろ限界
  • 今日は職団戦(団体戦)だった。1チーム5人なのに4人しか集まらなかったので、チームは2勝がやっとだった。予想通りの結果と言える。それなら参加しなければよかったと思う人もいるだろうが、参加しないと会社が潰れたかと思われるのが嫌だった。個人成績は2勝3敗。2局終わってもうヘトヘトだった。3局目以降は夢遊病者のようだった。将棋大会はそろそろ限界だと思った。大会参加は今年で最後になりそうである。 [続きを読む]
  • 水泳練習休止中
  • 10日ほど前から左脇の筋肉が痛くなった。泳ごうとしても、左腕でかいた途端に激痛が走り、全く泳げない。肋骨が折れたのかと心配になって病院で診てもらったが、レントゲン検査で骨折は認められなかった。お医者さんが言うには肉離れだそうだ。何が原因で脇の筋肉を傷めたのかさっぱり判らない。1週間ほど、処方してもらった湿布を貼っているが、あまり良くなってはいない。長期戦の様相である。回復が遅れれば練習不足となり、5月下 [続きを読む]
  • 4人では絶望的
  • 来々週は静岡将棋職団戦(団体戦)である。今日、世話役から連絡があったが、4人しか集まらなかった。1チーム5人で戦う団体戦を4人で戦うと、不戦敗1敗のハンディを背負うことになるため、4人の内、3人が勝たないとチームとしての勝ちはない。これは大変困難なことである。B級に落ち、A級復帰を狙うはずが、B級を維持することすら厳しい状況になってしまった。こうなっては、目標は個人3勝以上である。チーム成績は気に [続きを読む]
  • 難所を乗り越えられない
  • 水泳や将棋は書くような話題がないので、また六十の手習いのこと。今、練習中の曲は全体的に私のレベルでは難しいのだが、一番の難所がここである。 (テンポはModerato)リズムがめちゃくちゃ難しい。符点音符が曲者である。左手と右手を別々に弾くならそれほどでもないが、いっしょに弾くとパニック状態になる。ここから先に進められず、まるで泥道に足を取られたようである。今さら諦めるわけにもいかず、苦悩の日々が [続きを読む]
  • もう3月なのに、はかばかしくない
  • 今年も2ヶ月が過ぎた。1月から新しい曲に挑戦しているが、はかばかしくない。練習している曲(楽譜)は、ちょっとピアノが弾ける方なら初見で弾けそうな曲であるが、2ヶ月過ぎても満足に弾けない。だいたい弾けるようになってから、間違いなく弾けるまで時間がかかりすぎている。時間にまわせる時間はたっぷりあるから、諦めずに続けていくのみである。上達に近道は無い。 [続きを読む]
  • 早咲きの桜
  • 伊豆の河津桜は早咲きの桜として有名になったが、熱海の糸川桜や土肥の土肥桜も徐々ではあるが知られるようになってきた。昨日はその土肥桜を見てきた。ややピークは過ぎた感じだったが、桜を見ることができた。次はそろそろ見頃を迎える河津桜かな。10日ぶりのバイクも楽しかった。少し暖かくなり、バイクの楽しさを再認識した。 [続きを読む]
  • 誰と対局しているのか
  • 最近は将棋盤をはさんでの対局は滅多に無く、もっぱらネット将棋である。将棋は相手がいなくては出来ないが、自宅で、いつでも、将棋を指せるのは便利である。ネット将棋にも段級があり、通常は同じレベルの人と指すことになる。しかし、指してみると、同じ級なのに、この人強いなあと思うことがある。相手が見えないから、もしかして自分より強い人の助言を受けて指しているかもしれない。また、近年格段に強くなった将棋ソフトで [続きを読む]
  • 寒さを言い訳に(その2)
  • 同様にバイクもあまり乗っていない。今日は寒波も一段落したので、バイクで1時間ほどの梅の名所まで出掛けた。早過ぎて、やっと蕾みがちらほら見られる程度だった。梅は外れだったが、バイクを動かせてよかった。動くものは動かさないと調子が悪くなるので、冬でも2週間に1回は動かしたいと思っている。 [続きを読む]
  • 寒さを言い訳に
  • ここ1週間、練習をサボり気味である。理由は寒波である。ピアノが置いてある部屋は北側で日中もほとんど日が射しこまず、気温が上がらない。たくさん着込んで防寒対策しているが、昨日や一昨日は手がかじかむほどであった。暖房を入れればいいのだが、当然お金がかかる。年金生活者は節約が何より大事。ピアノの練習のためだけに暖房を長時間入れるのを躊躇してしまうのである。子供に、「手がかじかんで、ピアノの練習が出来ない [続きを読む]
  • こつこつと水泳の練習
  • 今年の大会は5月下旬の短水路大会熱海会場まで無い。実は3月にもあるのだが、申し込みしなかった。会場が遠くて、行くだけ疲れるからである。まだ4ヶ月ある。それまで週3〜4回はプールへ行き、こつこつと練習である。結果は期待していない。マスターズ水泳界の底辺を支える底辺スイマーの役割だけはしっかりと果たしたいと思っている。 [続きを読む]
  • 5回で途切れた
  • 一昨日は熱海梅祭り将棋大会だったが、野暮用で参加できなかった。連続参加が5回で途切れた。昨年はC級で準優勝だったので、今年はB級で指してみようと思っていた。まず勝ち越しは無理だっただろう。次の将棋大会は4月の静岡職団戦の予定である。こちらは団体戦である。チームの力が年々落ちているので、結果は期待できない。チームの力が落ちている理由は高齢化である。還暦前後のメンバーばかりで若手を擁するチームに勝てる [続きを読む]
  • 4ヶ月できれいさっぱり
  • 年が明けたのでしばらく弾いていなかった曲を弾こうとしたら、物の見事にきれいさっぱり忘れていた。全く指が動かなかった。超初心者は自転車操業と同じ。足を止めれば直ぐ倒れることを実感した。ただ、以前練習したことは無駄ではなかった。1週間ほどで8割ぐらい戻った感じがする。早くあと2割を取り戻そう。とまあ、2018年はこんなスタートになった。 [続きを読む]