シェラ さん プロフィール

  •  
シェラさん: シェラ’s文庫
ハンドル名シェラ さん
ブログタイトルシェラ’s文庫
ブログURLhttps://ameblo.jp/shera-rei/
サイト紹介文本や映画との出会いを日記にしました。 よかったら、お立ち寄りください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供67回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2010/02/13 16:05

シェラ さんのブログ記事

  • 王とサーカス
  • 王とサーカス1,734円Amazon2001年、新聞社を辞めたばかりの太刀洗万智は、知人の雑誌編集者から海外旅行特集の仕事を受け、事前取材のためネパールに向かった。現地で知り合った少年にガイドを頼み、穏やかな時間を過ごそうとしていた矢先、王宮で国王をはじめとする王族殺害事件が勃発する。太刀洗はジャーナリストとして早速取材を開始したが、そんな彼女を嘲笑うかのように、彼女の前にはひとつの死体が転がり…。「この男 [続きを読む]
  • BUTTER
  • BUTTER1,728円Amazon結婚詐欺の末、男性3人を殺害したとされる容疑者・梶井真奈子。世間を騒がせたのは、彼女の決して若くも美しくもない容姿と、女性としての自信に満ち溢れた言動だった。週刊誌で働く30代の女性記者・里佳は、親友の伶子からのアドバイスでカジマナとの面会を取り付ける。だが、取材を重ねるうち、欲望と快楽に忠実な彼女の言動に、翻弄されるようになっていく―。読み進むほどに濃厚な、圧倒的長編小説。( [続きを読む]
  • 出会いなおし
  • 出会いなおし1,512円Amazon「年を重ねるということは、おなじ相手に、何回も、出会いなおすということだ」…。出会い、別れ、再会、また別れ。人は会うたびに知らない顔を見せ、立体的になる。人生の特別な瞬間を凝縮した珠玉の6編。(『BOOK』データベースより) 「出会いなおし」という言葉が素敵ですね。お互い心のどこかに引っかかったまま時を経てからの再会。人との繋がりの面白さと、この先への新たな一歩を感じます。 「 [続きを読む]
  • 福袋
  • 福袋1,620円Amazonその日暮らしの気楽さ、商売のさまざま、歌舞伎の流儀、祭の熱気、男女の仲…。生き生きとした暮らしの賑やかさ、大都会だった江戸の町の賑わいを綴る時代小説短編集。喜怒哀楽にあふれた庶民の物語を描き出す。(『BOOK』データベースより) 江戸市井を生きる人々の逞しさ、優しさ、人懐こさなどが、丁寧に描かれています。みんな貧乏なんだけど、楽しそうで生き抜く強さが伝わってきます。好きだった作品が、 [続きを読む]
  • 優しい音楽
  • 【中古】 優しい音楽 /瀬尾まいこ(著者) 【中古】afb237円楽天受けとめきれない現実。止まってしまった時間―。だけど少しだけ、がんばればいい。きっとまた、スタートできる。家族、恋人たちの温かなつながりが心にまっすぐ届いて、じんとしみわたる。軽やかな希望に満ちた3編を収録。(『BOOK』データベースより) ほっこり優しい3つのお話でした。なんか秘密を抱えた彼女とその家族。不倫相手の娘を一泊預かることになった [続きを読む]
  • ぐるぐる?博物館
  • ぐるぐる?博物館1,728円Amazon人類史の最前線から、秘宝館まで、個性あふれる博物館を探検!書き下ろし「ぐるぐる寄り道編」も収録!好奇心とユーモア全開、胸躍るルポエッセイ。(『BOOK』データベースより) 茅野市尖石縄文考古館、国立科学博物館、龍谷ミュージアム、奇石博物館、熱海秘宝館、大牟田市石炭産業科学館、雲仙岳災害記念館、石ノ森萬画館、日本製紙石巻工場、風俗資料館、めがねミュージアム、岩野市兵衛さん、 [続きを読む]
  • 銀河鉄道の父
  • 銀河鉄道の父 第158回直木賞受賞1,728円Amazon宮沢賢治は祖父の代から続く富裕な質屋に生まれた。家を継ぐべき長男だったが、賢治は学問の道を進み、理想を求め、創作に情熱を注いだ。勤勉、優秀な商人であり、地元の熱心な篤志家でもあった父・政次郎は、この息子にどう接するべきか、苦悩した―。生涯夢を追い続けた賢治と、父でありすぎた父政次郎との対立と慈愛の月日。(『BOOK』データベースより) あの宮沢賢治が、幼く感 [続きを読む]
  • 強運の持ち主
  • 強運の持ち主1,337円Amazon元OLの占い師、ルイーズ吉田は大忙し。いろんな悩みを抱えた人々が相談に来る。ある日訪れた学生の武田君は、物事の終末が見えるという…。今もっとも注目の著者、1年ぶりの新作。読んだら元気が出る1冊。(『BOOK』データベースより) 元OL占い師「ルイーズ吉田」こと吉田幸子が占う(?)人々の連作短編集です。占いのスキルというより、OL時代に営業で培った話術で人気占い師となっていきます [続きを読む]
  • 満月の泥枕
  • 満月の泥枕1,836円Amazon娘を失った男、母に捨てられた娘。ろくでもない生活の終わりは、いつくる?哀しき人、公園の池に沈めたのは…。生の悲哀、人の優しさが沁みわたる人情ミステリー。「毎日新聞」連載を書籍化。(『BOOK』データベースより) 娘を亡くし離婚した二美男が、亡き兄の小学生の娘、汐子を引き取ることに。心に傷を持つ二人ですが、仲が良く汐子の関西弁の突込みも可愛いです。その二人を中心に、汐子の同級生一 [続きを読む]
  • 罪の声
  • 罪の声1,515円Amazon京都でテーラーを営む曽根俊也は、ある日父の遺品の中からカセットテープと黒革のノートを見つける。ノートには英文に混じって製菓メーカーの「ギンガ」と「萬堂」の文字。テープを再生すると、自分の幼いころの声が聞こえてくる。それは、31年前に発生して未解決のままの「ギン萬事件」で恐喝に使われた録音テープの音声とまったく同じものだった―。(『BOOK』データベースより) 戦後最大の未解決事件、 [続きを読む]
  • キラキラ共和国
  • キラキラ共和国1,200円Amazon亡くなった夫からの詫び状、憧れの文豪からの葉書き、大切な人への最後の手紙…。伝えたい思い、聞きたかった言葉。店主・鳩子の「ツバキ文具店」は、今日も大繁盛。バーバラ夫人も、QPちゃんも、守景さんも、みんな元気。『ツバキ文具店』続編。(『BOOK』データベースより) ゆったりと流れていた「ツバキ文具店」、賑やかになってきました。それでも、佇まいは変わりません。今回の依頼では、タ [続きを読む]
  • あのこは貴族
  • あのこは貴族 Amazon東京生まれのお嬢様・華子と、地方生まれのOL・美紀。出会うはずのなかった女2人が同じ男をきっかけに巡り合って…。東京の「上流階級」を舞台に、結婚をめぐる女たちの葛藤と解放を描く、渾身の長編小説。(『BOOK』データベースより) 華子と美紀、それぞれ違う育ちの二人。でも、女同士の義理で繋がります。なんとも素敵な関係でした。お嬢様育ちの華子、どうなることかと心配しましたが、ホッとしまし [続きを読む]
  • なりたい
  • なりたい (新潮文庫) Amazon誰もがみんな、心に願いを秘めている。空を飛んでみたくて、妖になりたいという変わり者。弟を思うがゆえ、猫に転生した兄。そして、どうしても子を育てる親になりたい女――。それぞれの切実な「なりたい」を叶えるために起きた騒動と、巻き込まれた若だんなの本当の望みは?願いをめぐる五つの物語がつまった「しゃばけ」シリーズ第14弾。(文庫版 裏書より) 「しゃばけ」シリーズ、もう14弾な [続きを読む]
  • これでよろしくて?
  • これでよろしくて? Amazon上原菜月は38歳。結婚生活にさしたる不満もなく毎日を送っていたのだが…。とある偶然から参加することになった女たちの不思議な集まり。奇天烈なその会合に面くらう一方、穏やかな日常をゆさぶる出来事に次々と見舞われて―。幾多の「難儀」を乗り越えて、菜月は平穏を取り戻せるのか!?コミカルにして奥深い、川上的ガールズトーク小説。(『BOOK』データベースより) ひょんなことから入会(?)し [続きを読む]
  • アトミック・ボックス
  • アトミック・ボックス Amazon父には知らない顔があった。美汐27歳。28年前の父の罪を負って、瀬戸内海の逃避行。追手はあまりにも大きい…。原爆、国産プロジェクト。震災後文学最高峰、「核」をめぐるポリティカル・サスペンス。(『BOOK』データベースより) ハラハラドキドキの逃亡劇!先に、『キトラ・ボックス』を読んでしまったので、なんとなくイメージついていたのですが、ドキドキしっぱなしでした。美汐さん、海の [続きを読む]
  • 紙つなげ!彼らが本の紙を造っている 再生・日本製紙石巻工場
  • 紙つなげ! 彼らが本の紙を造っている: 再生・日本製紙石巻工場 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫) Amazon「8号(出版用紙の製造マシン)が止まる時は、この国の出版が倒れる時です」2011年3月11日、日本製紙石巻工場は津波に飲み込まれた。本の紙の供給にはなくてはならない工場だ。閉鎖が噂されるほどの壊滅的だったが、工場長は半年での復興を宣言。その日から、従業員の壮絶な闘いが始まった。工場のため、地元のため、 [続きを読む]
  • 沈黙の町で
  • 沈黙の町で (朝日文庫) Amazon中学二年生の名倉祐一が部室の屋上から転落し、死亡した。屋上には五人の足跡が残されていた。事故か?自殺か?それとも…。やがて祐一がいじめを受けていたことが明らかになり、同級生二人が逮捕、二人が補導される。閑静な地方都市で起きた一人の中学生の死をめぐり、静かな波紋がひろがっていく。被害者家族や加害者とされる少年とその親、学校、警察などさまざまな視点から描き出される傑作長篇 [続きを読む]
  • キトラ・ボックス
  • キトラ・ボックス Amazon奈良天川村‐トルファン‐瀬戸内海大三島。それぞれの土地で見つかった禽獣葡萄鏡が同じ鋳型で造られたと推理した藤波三次郎は、国立民俗学博物館研究員の可敦に協力を求める。新疆ウイグル自治区から赴任した彼女は、天川村の神社の銅剣に象嵌された北斗が、キトラ古墳天文図と同じであると見抜いた。なぜウイグルと西日本に同じ鏡があるのか。剣はキトラ古墳からなんらかの形で持ち出されたものなのか。 [続きを読む]
  • か「」く「」し「」ご「」と「
  • か「」く「」し「」ご「」と「 Amazonみんなは知らない、ちょっとだけ特別なちから。そのせいで、君のことが気になって仕方ないんだ―きっと誰もが持っている、自分だけのかくしごと。5人のクラスメイトが繰り広げる、これは、特別でありふれた物語。共感度No.1の青春小説!(『BOOK』データベースより) 登場人物5人それぞれが特殊能力を持っていて、さりげなく他人の感情を察知できます。男女5人なのですが、ドロドロとし [続きを読む]
  • また、同じ夢を見ていた
  • また、同じ夢を見ていた Amazonきっと誰にでも「やり直したい」ことがある。学校に友達がいない“私”が出会ったのは手首に傷がある“南さん”とても格好いい“アバズレさん”一人暮らしの“おばあちゃん”そして、尻尾の短い“彼女”だった―(『BOOK』データベースより) なるほど…、いろんなからくりが少しずつ分かってきます。「幸せとは?」こんな丁寧な授業をしてくれる先生、素敵ですね。真っすぐで賢いんだけど、人には [続きを読む]
  • 森に眠る魚
  • 森に眠る魚 Amazon東京の文教地区の町で出会った5人の母親。育児を通してしだいに心を許しあうが、いつしかその関係性は変容していた。―あの人たちと離れればいい。なぜ私を置いてゆくの。そうだ、終わらせなきゃ。心の声は幾重にもせめぎあい、壊れた日々の亀裂へと追いつめられてゆく。(『BOOK』データベースより) 文教地区に住む家族5組。同じ幼稚園に通わせていて、ママ友同志仲良かったはずなのに、子どものお受験が絡み [続きを読む]
  • クローバーナイト
  • クローバーナイト Amazon何が“普通”になるのかは、誰にもわからないのだ。ママ友の不倫疑惑、熾烈な保活、過酷なお受験、驚愕のお誕生会、そして―。保育園に通う一男一女を抱える鶴峯家。家族の幸せを守るべく、新米騎士が右往左往しながら奮闘中!VERY連載時から話題沸騰!!直木賞作家、待望の最新刊!(『BOOK』データベースより) なるほど、子育てあるあるですね。何はともあれ、夫と話し合える環境が第一ですね。子 [続きを読む]
  • 一人っ子同盟
  • 一人っ子同盟 (新潮文庫) Amazonノブとハム子は、同じ団地に住む小学六年生。ともに”一人っ子”だが、実はノブには幼いころ交通事故で亡くなった兄がいて、ハム子にも母の再婚で四歳の弟ができた。困った時は助け合う、と密かな同盟を結んだ二人は、年下の転校生、オサムに出会う。お調子者で嘘つきのオサムにもまた、複雑な事情があって――。今はもう会えない友だちと過ごし板あの頃と、忘れられない奇跡の一瞬を描く物語。( [続きを読む]
  • ブヒ道
  • ブヒ道 Amazon自分をとらえる。自分にならう。自分を信じる。なまけ者のサムライ豚兵衛が禅と剣の道を知り、心と体を解きほぐしていく。禅僧・沢庵の名著をベースに、自分を探していく新しい「心」の本。(『BOOK』データベースより) 笑って学ぶ「武士道」です^^vボケ担当の豚兵衛くんが、師匠の教えをしっかと(?)実践に持ち込みますが!?思わず突っ込みたくなりますが、言葉の羅列よりわかりやすいです。『武士道』『葉 [続きを読む]
  • 硝子の太陽 R-ルージュ
  • 硝子の太陽R-ルージュ Amazon祖師谷で起きた一家惨殺事件。深い闇の中に、血の色の悪意が仄見えた。捜査一課殺人班十一係姫川班。警部補に昇任した菊田が同じ班に入り、姫川を高く評価する林が統括主任として見守る。個性豊かな新班員たちとも、少しずつ打ち解けてきた。謎の多い凄惨な事件を前に、捜査は難航するが、闘志はみなぎっている―そのはずだった。日本で一番有名な女性刑事、姫川玲子。凶悪犯にも臆せず立ち向かう彼女 [続きを読む]