シェラ さん プロフィール

  •  
シェラさん: シェラ’s文庫
ハンドル名シェラ さん
ブログタイトルシェラ’s文庫
ブログURLhttps://ameblo.jp/shera-rei/
サイト紹介文本や映画との出会いを日記にしました。 よかったら、お立ち寄りください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供69回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2010/02/13 16:05

シェラ さんのブログ記事

  • プリズンホテル 秋
  • 【中古】 プリズンホテル 秋(2) /浅田次郎(著者) 【中古】afb198円楽天極道温泉へようこそ。実力派が笑いと哀愁で紡ぐ愛と涙の傑作・極道ファンタジー巨篇。(『BOOK』データベースより) 今回は、任侠団体と警察のご一行様が、プリズンホテルで一泊することに。ほんの手違いから、二つの団体がかち合ってしまい、襖隔てて宴会です。粛々と宴会を始めるヤクザさんに反して、警察団体は、無礼講三昧!どうなることか……!?いつ [続きを読む]
  • 人は何で生きるか(トルストイの散歩道)
  • 人は何で生きるか (トルストイの散歩道)972円Amazon世界的大文豪トルストイの短編を集めた民話シリーズ。文豪だからと敬遠することはありません。100ページ前後で子どもから大人まで楽しめます。(『BOOK』データベースより) トルストイというだけで、ハードルが高いと思っていたのですが、こんなに優しい民話も書かれていたのですね。キリスト教ならではのお話ではありますが、普遍的な真理をついていると思います。お話の後 [続きを読む]
  • フーガはユーガ
  • フーガはユーガ1,512円Amazon常盤優我は仙台市内のファミレスで一人の男に語りだす。双子の弟・風我のこと、決して幸せでなかった子ども時代のこと、そして、彼ら兄弟だけの特別な「アレ」のこと。ちょっと不思議で、なんだか切ない長編小説。(『BOOK』データベースより) 常盤優我と風我、双子の兄弟のある秘密。ありえないようで、ありそうな…秘密!でも、それを利用して最強な二人になっていきます。とてつもなくハードな家 [続きを読む]
  • 日日是好日
  • 日日是好日―「お茶」が教えてくれた15のしあわせ (新潮文庫)594円Amazonお茶を習い始めて二十五年。就職につまずき、いつも不安で自分の居場所を探し続けた日々。失恋、父の死という悲しみのなかで、気がつけば、そばに「お茶」があった。がんじがらめの決まりごとの向こうに、やがて見えてきた自由。「ここにいるだけでよい」という心の安息。雨が匂う、雨の一粒一粒が聴こえる……季節を五感で味わう歓びとともに、「いま、生 [続きを読む]
  • 噛みあわない会話と、ある過去について
  • 噛みあわない会話と、ある過去について1,620円Amazon美術教師の美穂には、有名人になった教え子がいる。彼の名は高輪佑。国民的アイドルグループの一員だ。しかし、美穂が覚えている小学校時代の彼は、おとなしくて地味な生徒だった…。共感度100%、切れ味鋭い傑作短編集。(『BOOK』データベースより) どの作品も背筋がゾクッとする怖さがあります。特に、『パッとしない子』『早穂とさゆり』は、どちらも小学生時代は印象 [続きを読む]
  • さいとう私立さいとう高校野球部 (上)(下)
  • さいとう市立さいとう高校野球部(上) (講談社文庫)594円Amazon さいとう市立さいとう高校野球部(下) (講談社文庫)626円Amazon温泉めぐりとぽっちゃり系女子を愛する、健全な(?)新高校一年生・勇作。少年野球時代からえーすとして活躍してきたが、高校では帰宅部と決めていた。温泉三昧の日々を夢見ていた勇作に、美術きょうしにしてプレー経験ゼロの野球部監督が、勇作も驚くとんでもない入部条件を提示する。そして、目指すは [続きを読む]
  • ブロードキャスト
  • ブロードキャスト1,620円Amazon陸上の夢が潰えた町田圭祐は、同じ中学出身の正也から誘われてなんとなく放送部に入部することに。陸上への未練を感じつつも、その面白さに目覚めていく。果たして圭祐は、新たな「夢」を見つけられるか。心ふるわす学園青春小説。(『BOOK』データベースより) 陸上一筋だった圭祐が、声の良さから放送部へ。アスリート感覚の彼が、文科系を下に見つつもはまって行きます。湊さんですが、イヤミス [続きを読む]
  • 沈黙のパレード
  • 沈黙のパレード1,600円Amazon突然行方不明になった町の人気娘が、数年後に遺体となって発見された。容疑者は、かつて草薙が担当した少女殺害事件で無罪となった男。だが今回も証拠不十分で釈放されてしまう。さらにその男が堂々と遺族たちの前に現れたことで、町全体を憎悪と義憤の空気が覆う。秋祭りのパレード当日、復讐劇はいかにして遂げられたのか。殺害方法は?アリバイトリックは?超難問に突き当たった草薙は、アメリカ帰 [続きを読む]
  • 烏百花 蛍の章 八咫烏外伝
  • 烏百花 蛍の章 八咫烏外伝1,512円Amazon八咫烏の一族が支配する異世界・山内。世継ぎ争い、后選び、天敵の侵入と戦争―壮大な歴史の流れの中、語られなかったあの人たちの物語。(『BOOK』データベースより) 八咫烏シリーズ、本編では描かれていない、サブキャラ達の外伝です。雪哉や、若宮の后になった浜木綿の生い立ちから、澄尾の身分違いの恋…。短編なので読みやすく、一人一人への思い入れがクローズアップされています。 [続きを読む]
  • ファーストラヴ
  • ファーストラヴ1,728円Amazon臨床心理士の真壁由紀は、父親を刺殺した女子大生・聖山環菜を題材としたノンフィクションの執筆を依頼される。環菜やその周辺の人々と面会を重ねていくうちに、環菜の過去が浮かびあがり…。「家族」という名の迷宮を描く長編小説。(『BOOK』データベースより) 生い立ちの負の連鎖…。切なすぎました。家庭環境で作られてしまう心の闇。重たいテーマです。せめて、母親が味方であれば…と思わずに [続きを読む]
  • ウォーターゲーム
  • ウォーターゲーム1,728円Amazon考えるんだ。たとえ1%でも可能性があるなら。敵か味方か、嘘か真実か、善か悪か…。金の匂いに敏感な男女が、裏切りあい、騙しあいながら“今”を駆け抜ける。(『BOOK』データベースより) 『太陽は動かない』『森は知っている』のAN通信シリーズ、第3弾です。鷹野さん、やっと世代交代になるのか…?それにしても、ミッションインポッシブルの世界です。後半はハラハラしっぱなしの怒涛の展開 [続きを読む]
  • 大家さんと僕
  • 大家さんと僕1,047円Amazon1階には大家のおばあさん、2階にはトホホな芸人の僕。挨拶は「ごきげんよう」、好きなタイプはマッカーサー元帥、牛丼もハンバーガーも食べたことがなく、僕を俳優と勘違いしている…。大家さんとの“二人暮らし”の日々を描いた、奇跡の実話漫画。(『BOOK』データベースより) 矢部氏の素直な人柄が伝わってきます。大家さんと伊勢丹までおでかけしたり、一緒にご飯を食べたり…。少しずつ二人の関 [続きを読む]
  • 下町ロケット ヤタガラス
  • 下町ロケット ヤタガラス [ 池井戸 潤 ]1,620円楽天社長・佃航平の閃きにより、トランスミッションの開発に乗り出した佃製作所。果たしてその挑戦はうまくいくのか。ベンチャー企業「ギアゴースト」や、ライバル企業「ダイダロス」との“戦い”の行方は。シリーズ第4弾。(『BOOK』データベースより) 佃社長の挑戦は続きます。ロケットから農業への挑戦にびっくりですが、あのロケットの打ち上げがあったからこそ成り立つ仕組み [続きを読む]
  • プリズンホテル
  • プリズンホテル Amazon笑うか、泣くか?悪漢小説。超大型新人の最高傑作。(『BOOK』データベースより) 「超大型新人」と言われていたのですね。浅田次郎さんの初期の作品です。ホテルのオーナーが、ヤクザ。従業員もヤクザ。そこにやって来るお客さん達も、一癖も二癖もありそうな方々です。そして、主人公(?)の作家が、そのオーナーの甥で、唯一の親族。しかも、DV野郎です彼よりも、ヤクザさん達の方が、男気に溢れていて [続きを読む]
  • 姫椿
  • 姫椿 (文春文庫)604円Amazonペットに死なれた独身OL、不況で自殺を考える経営者、再に先立たれた大学教師…凍てついた心を抱える人々に、救いの手はさしのべられるのか。冬の公園の日溜まりにも似た微かな温もり。魂をゆさぶる八篇。(『BOOK』データベースより) 危うさと紙一重な感じがありつつ、ほっとしたり切なかったり。最後の『永遠の縁』が好きでした。一冊の最後にほっこりしました。 [続きを読む]
  • あやかし草紙 三島屋変調百物語 伍之続
  • あやかし草紙 三島屋変調百物語伍之続1,944円Amazon江戸は神田の筋違御門先にある袋物屋の三島屋で、風変わりな百物語を続けるおちか。忌まわしい記憶、囚われている想い、逃げ切れない恐怖…。人の弱さ苦しさに寄り添い心の澱を浄め流す極上の物語、シリーズ第1期完結篇。(『BOOK』データベースより) 三島屋の百物語も五作目です。毎回、様々なあやかしがでてきますが、宮部さんの発想には脱帽です。従兄の富次郎が、おちかと [続きを読む]
  • 億男
  • 億男 [ 川村元気 ]1,512円楽天宝くじで3億円を当てた図書館司書の一男。浮かれる間もなく不安に襲われた一男は、「お金と幸せの答え」を求めて大富豪となった親友・九十九のもとを15年ぶりに訪ねる。だがその直後、九十九が失踪した―。ソクラテス、ドストエフスキー、アダム・スミス、チャップリン、福沢諭吉、ジョン・ロックフェラー、ドナルド・トランプ、ビル・ゲイツ…数々の偉人たちの“金言”をくぐり抜け、一男の30 [続きを読む]
  • ビロウな話で恐縮です
  • ビロウな話で恐縮です日記 (新潮文庫)680円Amazon日記。それは自意識との戦いであり、記録に対する人間の執念であり、己の欲望の表明である――。弟に罵られ、母とケンカ、父の独り言を聞き流し、祖母とテレビ談議に花を咲かす。オタク仲間と萌え果たし、海賊になった夢を見る。山積みの仕事は捗らずとも、山盛りの趣味は無限に順調だ。妄想力の申し子にかかれば日常が一大スペクタクルへ!豪華脚注と最新日記も収録した爆笑エッ [続きを読む]
  • 空飛ぶタイヤ
  • 空飛ぶタイヤ (実業之日本社文庫) [ 池井戸潤 ]1,080円楽天「名門巨大企業VS弱小運送会社ひとつの命をめぐる感動巨編」走行中のトレーラーから外れたタイヤは凶器と化し、通りがかりの母子を襲った。タイヤが飛んだ原因は、「整備不良」なのか、それとも……。自動車会社、銀行、警察、記者、被害者の家族ら、事故に関わった人達の思惑と苦悩。「容疑者」と目された運送会社の社長が、家族・仲間とともに事故の真相に迫る。圧倒 [続きを読む]
  • 真実の10メートル手前
  • 真実の10メートル手前1,512円Amazon高校生の心中事件。二人が死んだ場所の名をとって、それは恋累心中と呼ばれた。週刊深層編集部の都留は、フリージャーナリストの太刀洗と合流して取材を開始するが、徐々に事件の有り様に違和感を覚え始める…。太刀洗はなにを考えているのか?滑稽な悲劇、あるいはグロテスクな妄執―己の身に痛みを引き受けながら、それらを直視するジャーナリスト、太刀洗万智の活動記録。日本推理作家協会賞 [続きを読む]
  • 呼んでみただけ
  • 呼んでみただけ Amazon人生の特別な時間の、一瞬のきらめき…。通り過ぎてしまった、でも、いつも胸の奥にある子ども時代。大切な愛おしい時間をともに過ごす家族の、7つの「おはなし」入りの物語。(『BOOK』データベースより) 6歳の遊太に自作のお話を聴かせるママ。お話は苦手だけど、遊太との会話を大切にしているパパ。日々の中にあるほんの一時を切り取ったお話の数々です。さりげなく、遊太くんが成長している姿に心な [続きを読む]
  • 海馬の尻尾
  • 海馬の尻尾1,728円Amazon二度目の原発事故で恐怖と不安が蔓延する社会―良心がないとまで言われる男が、医療機関を訪ねた…。人間、どこまで変われるのか。何が、変えるのか。(『BOOK』データベースより) 荻原さんには珍しいヤクザ物…と思いましたが、やっぱり優しいなぁと再確認しました。アル中で、恐いもの知らずのヤクザ、及川頼也。「反社会性パーソナリティー障害」という、診断を受け、もろもろの理由もあり入院するこ [続きを読む]
  • いまさら翼といわれても
  • いまさら翼といわれても1,598円Amazon神山市が主催する合唱祭の本番前、ソロパートを任されている千反田えるが行方不明になってしまった。夏休み前のえるの様子、伊原摩耶花と福部里志の調査と証言、課題曲、ある人物がついた嘘―折木奉太郎が導き出し、ひとりで向かったえるの居場所は。そして、彼女の真意とは?(表題作)。奉太郎、える、里志、摩耶花―“古典部”4人の過去と未来が明らかになる、瑞々しくもビターな全6篇! [続きを読む]
  • 家族シアター
  • 家族シアター (講談社文庫)778円Amazon息子が小学六年の一年間「親父会」なる父親だけの集まりに参加することになった私。「夢は学校の先生」という息子が憧れる熱血漢の担任教師は積極的に行事を企画、親子共々忘れられない一年となる。しかしその八年後、担任のある秘密が明かされる(「タイムカプセルの八年」)。家族を描く心温まるぜん編。(『BOOK』データベースより) 近すぎて疎ましくなったり、逃げ出したくなるけど、大 [続きを読む]
  • さよなら妖精
  • さよなら妖精 新装版 [ 米澤穂信 ]1,836円楽天雨宿りをする彼女との偶然の出会いが、謎に満ちた日々への扉を開けた。忘れ難い余韻をもたらす、出会いと祈りの物語。初期の大きな、そして力強い一歩となった、鮮やかなボーイ・ミーツ・ガール・ミステリをふたたび。書き下ろし短編「花冠の日」巻末収録。(『BOOK』データベースより) 遠いユーゴスラビアからやってきたマーヤ。ひょんな出会いから、マーヤの滞在を支えることにな [続きを読む]