寺子屋 さん プロフィール

  •  
寺子屋さん: 清末塾
ハンドル名寺子屋 さん
ブログタイトル清末塾
ブログURLhttps://ameblo.jp/stanford
サイト紹介文古き良き旧制高等学校の教育を実践する進学塾
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供186回 / 365日(平均3.6回/週) - 参加 2010/02/14 12:45

寺子屋 さんのブログ記事

  • 大失態の言い訳をバンカラで表現する
  • 写真は昨夜11時前に就寝した息子が使っていた講義室 兼 自習室 兼 書斎 のデスク。僕が使っていた机上の乱雑さはこの約3倍。エントロピーの法則の通り、塾生達が自習したり演習講義をする前は、机上には何もないが、徐々に乱雑さが増してくる。さて、今夏は休みなく受験生と共にヘロヘロになろうと決めていたが、さすがに2日間だけ、今週の月曜日と火曜日、お休みを頂いた。日曜日の午後に真面目な野球部の少年が、今度の火曜日は [続きを読む]
  • お土産
  • お母さんの実家がある鹿児島に帰省していた朝日中学のEチャンがお土産を持って来てくれました。アリガトウございます。自習をしていた塾生と美味しく頂きました。鹿児島県指宿と言えば、最後の勤務校の同僚が、「きよチャン、友達が指宿に『菜の花館』と言うペンションを作って、これが凄く良いんだよ。今度、一緒に行こうよ」と誘われていたのだが、毎年、夏は忙しく、ついつい先延ばしにしていたら、とうとう行かず終いになって [続きを読む]
  • 帰省 都会と田舎
  • 横浜在住の親戚が帰省していて手土産を頂いた。ここのシュウマイ弁当を新幹線の中で食べるのが好きだと言う人は多いように思う。僕にとっては中華街の海員閣で食べる大きくいびつな形をしたシュウマイが大好きだが横浜市民もこのシュウマイが好きな人は多い。いわゆるソウルフードと言うものだろう。もちろん今夜の夕食は崎陽軒のシュウマイ。楽しみだ。僕の場合、生まれくる子供を何処で育てるのが一番良いのかを熟考し神奈川県か [続きを読む]
  • 大きな木を切り倒す行政と小さな木を植える民間人
  • 旧西小学校。フェニックスと銀杏、2018年8月、新中学建設のため、根こそぎ撤去。許しがたい暴挙。教育委員会が決めたと言う。別府は異常に文化度が低い。僕が教育委員長なら建築家と相談しこの2本の木を温存する設計にするし、僕が市長ならこのような蛮行は許さないが。残念ながら僕が教育委員長や市長になる可能性0%また50年後を想定して木を植えよう。 [続きを読む]
  • 卒塾生
  • 阪大に進学したG君が遊びに来ました。つい最近まで大学の講義があって昨日、別府に帰省。数日後には英国、フランス、ドイツを旅するそうです。丁度、高校生の演習講義の最中だったので、一緒に数学の三角関数の問題を解きラジオ英会話の前置詞の箇所を共に聞きました。楽しんで頂けたようです。ピアノの上手い塾生でしたが英国に興味があるので今はバグパイプを習っているそうです。最近は民俗学にも興味が湧いて来たそうです。南 [続きを読む]
  • 受験を超えて〜数学は楽しい
  • 昨日、自学自習+夏期講習(数学、三角関数 第1回目)を午後6時過ぎに終了し、即、別府公園で息子とキャッチボール。その後、ブックオフに行こう、となって移動。この本に惹かれた。ビニールが被せてあり中身も見ず購入。この著者なら間違いないだろうと思ったし、懐かしさも感じたのが理由だ。数列とベクトルに特化したものと勘違いしていたが数学ⅡBを全てカヴァーしていた。巻頭の「はじめに」を読んだが、この部分だけでも充分と [続きを読む]
  • 夏期講習のご要望
  • 今年の清末塾では実験的に夏期講習は一切やらず、大量の自学自習の時間を日中に確保することにした。今朝、ある保護者様よりお電話。午前8時台のお問い合わせなどの電話は珍しい。聞くと、数学がイマイチ伸び悩んでいるので、数学だけでも夏期講習をやって頂けないでしょうか?と言うものだった。ベンチャー企業でもIT企業でもないが、日程や演習講義内容は即決。と言う訳で、2018年の清末塾も他の多くの塾や予備校と同様に夏期講 [続きを読む]
  • 田舎の高校生が東京の一流進学塾の教材にハマる
  • 昨夜、センター英語の語彙語法問題(第2問、2巡目)の演習終了後、高校ではこの分野に対応する教材としてネクステージではなくビンテージを採用していて毎回の小テストが大変と言う話しを聞き、そう言えば、東大王と言う番組で鉄緑会の教材、鉄壁が紹介されていて一緒に見ていたお父さんが興味を持ち即、ネットで注文し、今では家族で楽しく使っていると言う話しを聞いた。有名なところでは、昔、駿台の伊藤和夫師らが編纂した、基本 [続きを読む]
  • お中元〜新規入塾予定者
  • 昨夜、高1、K君のお母さんが、わざわざ御中元を持って来て頂きました。ありがとうございます。来ていた中学生にラスクを食べて貰いました。清末塾では特に三者面談や入塾説明会などは行っていないので、こんな時にお話しをさせて頂いています。昨夜は、結構、厳しいことを言ってしまいました。頑張って欲しいと思います。さて、今朝、バスを待っていた人が掃除をしていた僕のところに来て、この塾は「おいちゃんが教えているんです [続きを読む]
  • 氷水
  • 今年の夏は異常だ!もう何年も生きて来たが、こんな酷暑は初めて。東京の気温よりも沖縄の方が低いので、この夏の避暑地は沖縄!本当に異常だ。もしかすると、バンコックの街中より、日本の普通の地域の方が暑いのではないだろうか?現在、午前6時。九州の別府では、今はクーラーを入れなくても、扇風機の風が心地よい。昨日もそうだったが、この状態が続くと思ったら大間違い。今日も徐々に暑さは増し、灼熱の日本列島になるのだろう [続きを読む]
  • 10分遅れの黙祷
  • 8時15分にサイレンが鳴ると思っていたが、聞き逃したのかも知れないが我が家では聴こえなかった。漢字の練習をしていた息子と一緒に広島の方角を向き黙祷をした。地元の小学校生たちは、この、うだるような暑さの中、登校している。いつもより動きが緩慢なように感じる。地域の熱心な高齢者たちがいつものように横断歩道に立ち見守りをしている。息子の小学校で良いところは日教組組織率0%と言う所。初めて教研集会と聞いたときは [続きを読む]
  • 拷問とお楽しみ
  • 息子のリクエストで午後5時20分から1時間、テニス。まだまだ陽射しが強く暑い。水筒2本の氷水とかき氷とアイスコーヒーを持って行ったが全て無くなった。何度も休憩を入れ大量の汗をかいた。こんな異常気象で普通の感覚で部活を続けていてはマズイと感じる。塾生には運動部の人も多い。剣道、テニス、野球、卓球、運動部ではないが鬼のように練習する吹奏部など。どれも熱中症が気になる。さて、これから村上春樹さんのラジオが始 [続きを読む]
  • 中学受験する息子の第一志望校
  • 息子と妙なクイズをして遊んだ。昨夜、大分県内の公立高校の進学実績をネットで見ていた。公立の中高一貫校を大分県でも数年前に新設したが意外とここが伸びていた。息子と幼稚園の時の友達の一人もこの中学を志望している。さて昨夜、息子とやった奇妙なクイズは麻布から何処の大学に何人合格しているか?と言うものだった。息子が問題を出し僕が答える。東大に関しては予想を遥かに越えていた。神奈川県の栄光も挽回してきている [続きを読む]
  • 岬めぐりのバスは走る〜~~
  • 2018年7月23日三津の渡し舟に乗り(一応、市道の一部らしく無料)自転車を積み込んだ森川さんに駅まで見送って頂いた。別れ際、何と言ったのか記憶にないが、再会を約束し握手をしたのだろうと思う。今回は本当に良い旅が出来た。路面電車では地元の品の良い老婆に東京に住む孫が近々来るのだが松山の何処を案内したら良いだろうかと話しかけられた。もちろん漱石を巡る旅を推薦した。今回は行けなかったが正岡子規も忘れてはならな [続きを読む]
  • 自学自習
  • 全国の何処の予備校でも塾でも今は夏期講習の真最中だろう。今年、清末塾では方針を変えた。一時的なものになる可能性もあるが。夏期講習は一切やらずレギュラーの演習講義を何時もと同じ時間に実施。昼間はひたすら自学自習の時間に当てる。地方の公立高校では予備校や塾など行かなくても高校のカリキュラムをこなせば充分と考えている教員が多いように思う。そこで高校で出来ることは高校で、なかなか自宅では出来ないことを当塾 [続きを読む]
  • 三津の渡し舟
  • 2918年7月23日興居島で森川さんが作った最後の朝食を食べ(トースト、ハムエッグ、トマトジュース、コーヒー) 7時に再び三津浜港に向け出港。フネの燃料を販売する商店の桟橋を1晩借りられることになった。ゴミ捨て、清水補給などを済まし、いよいよ下船。昨日も三津の渡し舟を見たが、これに乗るのはまたの機会だろうと諦めていたが泊地を確保出来た関係で運良く乗船することが出来た。僅か数分の舟旅だが情?があって良い思い出が [続きを読む]
  • 興居島の夜
  • 3泊4日のクルージング旅も終わりつつあった。種子島を出港直後に貰った電話では別府でフネの修理をしたいことを聞いていた。森川さんのフネを上架する設備は別府のヨットハーバーにはなく飛行場近くの武蔵のマリーナに行く必要があった。深島で7年ぶりに再会し聞くと修理はフネにクーラーを付けることと雨漏りの修理の2点だった。フネのエンジンや船底の修理ならヨット業者に依頼しなければならないが、この程度なら日曜大工の延 [続きを読む]
  • 三津浜港 から 興居島 へ
  • 松山観光を予定通り終え、食料調達を済ませ乗船。今夜の泊地を興居島の船越港にし、午後4時、三津浜港出港。今まで書かなかったが今回、大分県と宮崎県のほぼ県境にある深島も含め、多くの流木のためフネをより安全に走らせるためのワッチ(見張り)は必要以上に行った。松山に関しては実は1番ゴミが多かった。流木も時々大きな物もあったが竹が多くプラスチックのゴミも多く見かけた。今回の豪雨の大きさを実感する。さて、この日も [続きを読む]
  • 束の間の 松山 観光
  • 2018年7月22日青島に寄港せずに松山に停泊したお陰で、松山を観光する機会を得た。松山と言えば漱石であり旧制松山中学校を見学したかったが、何しろフネを遅くても5時迄には何処か別の場所に移動させなければならないと言う制約もあり、2カ所だけ訪れることにした。お約束の道後温泉。この日も暑い日だったが風呂上がりに飲んだ熱い緑茶が美味しかった。室蘭の森川さんと。路面電車はクラーが程よく効き、Wi-Fiも入っていてとても [続きを読む]
  • 松山 三津浜港 入港
  • 17:00 三津浜港 入港この港は歴史を感じる落ち着いた場所だった。小さな造船所があり漁船が多く停泊している。なんとか泊地を見つけるが翌日の夕方5時迄には移動しなければならない。港の近所に電車の駅があり松山観光をするには申し分ないし漱石ゆかりの駅のようだった。入港する直前、小さな渡し船が運行しているのを見かけた。 [続きを読む]
  • 部活 合宿
  • 先週、鶴見と上野の女子硬式テニス部の合同合宿が九重であったようで、最初はあまり行きたくないようなことを言っていたが、宿泊所の食事が美味しく気温も随分低く楽しかったようです。今回はテニス合宿1泊2日だったのですが、今年ほど猛暑が続くのなら大手塾や一部予備校が実施している勉強合宿も悪くないと思います。 [続きを読む]
  • 佐多岬から青島へ
  • 8:00 佐多岬燈台下の名もなき小さな漁港を出港青島に向けコースを維持青島 目視。途中、スコール並の雨。青島へは一日2往復の定期便が就航している。われわれが入港したすぐ後に船が到着の予定だったので、青島入港15 分ほどで出港。青島沖約1マイルの海で飛び込み。海は綺麗だが透明度が高くないので潜れどクラゲくらいしか遭遇しない。この日も陸上は暑かったので、とても気持ちが良い。その後、まだ日没までに時間があったので [続きを読む]
  • 佐多岬にて
  • 2018年7月21日朝、5時前、フネの前を通った地元の釣り人らしき人と話し、八島と青島ではどちらが良いか聞くと、そりゃ〜猫の島がエエわ〜と言うことだったので、次の停泊地を青島にする。しばらくすると外から「お客さん〜」と呼ぶ声が聞こえる。どうも我々のことらしいので外に出ると先ほどのご夫婦が魚をあげるので取りに来なさいと言う。彼らの漁船に行くと、こんな大きなハマチを頂いた。シャケかと思うくらい大きなハマチでい [続きを読む]
  • 午後の出港
  • 2018年7月20日息子の小学校の終業式。前期、後期の2学期制なので通知表はなし。帰宅予定時間12時30分。夜の講義を全てキャンセルし最後の日本一周中の森川さんとクルージングに行くことにする。朝見神社で水汲み。食料の調達。猛暑のため大汗。別府出港予定時刻。13:00深夜、コースの確認。佐多岬 入港予定時間 17:00新若草漁港を出港した瞬間から風が心地よく猛暑とおさらば。途中、雨。心地よい。佐多岬燈台 目視。佐多岬燈 [続きを読む]