Carl ve meeno さん プロフィール

  •  
Carl ve meenoさん: UC愛唱歌『信仰の翼』
ハンドル名Carl ve meeno さん
ブログタイトルUC愛唱歌『信仰の翼』
ブログURLhttps://plaza.rakuten.co.jp/meru1556/
サイト紹介文マイ・オリジナルソングとUC愛唱歌の紹介です。
自由文私の今までのオリジナルソングとUCの愛唱歌の紹介をさせて頂きます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供0回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2010/02/14 00:51

Carl ve meeno さんのブログ記事

  • 「毎日訓読生活」(2017.01.19)
  • にほんブログ村「毎日訓読生活」(2017.01.19)堕落した世界の父母の愛でもそうなのに、本然の本質世界である神様の愛に属しているとすれば、疲れることがあるでしょうか。ここで初めて、私たちの人生において、神... [続きを読む]
  • 「毎日訓読生活」(2017.01.18)
  • にほんブログ村「毎日訓読生活」(2017.01.18)女性の話し声が高いですか、男性の話し声が高いですか。女性の話し声が高いのです。何がそのように高くしたのでしょうか。女性は、力が男性よりも弱いのに、どうして... [続きを読む]
  • 「毎日訓読生活」(2017.01.17)
  • にほんブログ村「毎日訓読生活」(2017.01.17)人間は愛から生まれ、愛の実体になり、愛で始まって愛で終わらなければなりません。また、愛する人に出会って、愛する息子、娘を生み、その愛する息子、娘を愛しなが... [続きを読む]
  • 「毎日訓読生活」(2017.01.15)
  • にほんブログ村「毎日訓読生活」(2017.01.15)愛の主体が満ちれば、すべてのものが満ちるのです。愛がいっぱいに満ちてこそ、すべてのものが満ちるので、無限に与えることができ、真実に与えることができるのです... [続きを読む]
  • 「毎日訓読生活」(2017.01.14)
  • にほんブログ村「毎日訓読生活」(2017.01.14)真の愛を所有するようになると、すべての悲しみと苦痛も、その真の愛の中では喜びに昇華されます。言い換えれば、この宇宙の個人的な権力をもって、知恵をもって、金... [続きを読む]
  • 「毎日訓読生活」(2017.01.13)
  • にほんブログ村「毎日訓読生活」(2017.01.13)真の愛には消耗がありません。動けば動くほど大きくなります。力学では、入力が出力が大きいですが、愛の世界では、入力よりも出力が大きいのです。ですから、愛がす... [続きを読む]
  • 「毎日訓読生活」(2017.01.12)
  • にほんブログ村「毎日訓読生活」(2017.01.12)愛には終わりがありません。すべてを終えたという終わりを感じる愛は、愛ではありません。愛する夫や妻に、「あなた、私を愛していますか。愛しているのなら、どれほ... [続きを読む]
  • 「毎日訓読生活」(2017.01.11)
  • にほんブログ村「毎日訓読生活」(2017.01.11)愛しても忘れ、もっと愛そうとするところに、生命を投入しても忘れ、もっと投入するところに真の愛が住むようになります。価値のあるものを一度に、すべてあげても忘... [続きを読む]
  • 「毎日訓読生活」(2016.12.23)
  • にほんブログ村「毎日訓読生活」(2016.12.23)天国は無限の世界ですが、そこでは愛の心情によって連結される橋がなければなりません。ですから、自分の伝道した人が世の中に多く広がっていれば、霊界に行ったとき... [続きを読む]
  • 「毎日訓読生活」2016.12.22
  • にほんブログ村「毎日訓読生活」2016.12.22私たちが行くべき道は、いずれにせよ突破していくべき道であることを考えれば考えるほど、これは私たちの力だけでは不可能です。ですから、信仰者は祈りを捧げなければ... [続きを読む]
  • 「毎日訓読生活」2016.12.21
  • にほんブログ村「毎日訓読生活」2016.12.21祈るときには、涙を流しながら祈り、汗を流しながら祈らなければなりません。「何かがぶつかっても、私を突き抜けるのであって、私は倒れない」、このような信念をもっ... [続きを読む]
  • 「毎日訓読生活」2016.12.20
  • にほんブログ村「毎日訓読生活」2016.12.20涙を流しながら祈りをたくさんしなければならない時が、終わりの日です。また、涙だけでなく、血を注ぎながらでも祈らなければなりません。私たちは、涙の峠を越えてき... [続きを読む]
  • 「毎日訓読生活」2016.12.19
  • にほんブログ村「毎日訓読生活」2016.12.19心は丸く、心門というものがあります。祈れば、いつもうまくいくわけではありません。そこにも、春夏秋冬と同様の、自分の性稟による形があります。天の方向と心の方向... [続きを読む]
  • 「毎日訓読生活」2016.12.18
  • にほんブログ村「毎日訓読生活」2016.12.18祈りは、自分の気が散るような所でするものではありません。奥深い所、天を代表する所、境界線から遠い中央の地に行って祈らなければなりません。ですから、どのように... [続きを読む]
  • 「毎日訓読生活」2016.12.17
  • にほんブログ村「毎日訓読生活」2016.12.17夜も全体のために祈ってこそ、それが生きた祈りになります。そうしてこそ、何年かごとに、自分が願う祈りが変わり、題目が変化するとともに発展するのです。ですから、... [続きを読む]
  • 「毎日訓読生活」2016.12.15
  • にほんブログ村「毎日訓読生活」2016.12.15深く根を張った祈りの生活を、たくさんしなければなりません。み旨に徹した生活をしなさいというのです。そして、神様が行かれる道と教会が行く道に、自分がどれほど呼... [続きを読む]
  • 「毎日訓読生活」2016.12.14
  • にほんブログ村「毎日訓読生活」2016.12.14皆さんが真を求めようとするときには、真を求める心が必要だということを感じなければならず、天と地が喜ぶことのできる真理を探そうと願うときには、皆さんの体が自ら... [続きを読む]
  • 「毎日訓読生活」2016.12.13
  • にほんブログ村「毎日訓読生活」2016.12.13真の信仰の道というとき、真とは一つしかありません。信仰の対象とは誰かでしょうか。絶対的な神様です。信仰生活とは、神様のみ旨に合うように、神様が願う目的地を訪... [続きを読む]
  • 「毎日訓読生活」2016.12.10
  • にほんブログ村「毎日訓読生活」2016.12.10真の家庭には、真の父母がいなければならず、真の男性と真の女性、真の夫婦、真の子女がいなければなりません。一番の中心は何でしょうか。個人の目的も真の父母であり... [続きを読む]
  • 「毎日訓読生活」2016.12.09
  • にほんブログ村「毎日訓読生活」2016.12.09真の愛は誰もが願います。千年、万年たっても真の愛を嫌いにはならないのです。それを革命しようとする群れはいません。それでは、真の愛とは、どのようなものなのでし... [続きを読む]
  • 「毎日訓読生活」2016.12.08
  • にほんブログ村「毎日訓読生活」2016.12.08私たちは、先にサタン世界から抜け出さなければなりません。そして、外界の人たちとは違う感情を持たなければなりません。神様の愛を体じゅつできなければならないので... [続きを読む]
  • 「毎日訓読生活」2016.12.07
  • にほんブログ村「毎日訓読生活」2016.12.07イエス様が十字架にかけられたために、肉身をもった真の父母は実現されませんでした。すなわち神様の血統である息子は立てられましたが、霊肉ともの真の父母の顕現は実... [続きを読む]
  • 「毎日訓読生活」2016.12.06
  • にほんブログ村「毎日訓読生活」2016.12.06真の家庭には、真の父母がいなければならず、真の男性と真の女性、真の夫婦、真の子女がいなければなりません。一番の中心は何でしょうか。個人の目的も真の父母であり... [続きを読む]
  • 「毎日訓読生活」2016.12.02
  • にほんブログ村「毎日訓読生活」2016.12.02完全攻略一致するということは、自分自ら主張できる一片と心もないのです。信仰生活をしながら自分の思いどおりに主張できるところがあるとすれば、その場所は天国では... [続きを読む]