Feri さん プロフィール

  •  
Feriさん: オーストリアこぼれ話
ハンドル名Feri さん
ブログタイトルオーストリアこぼれ話
ブログURLhttp://wien.cocolog-nifty.com/operette/
サイト紹介文オーストリアに関連する様々な話題を扱っています。
自由文ウィーンを中心にオーストリアに関連する話題を扱っています。オペレッタやオペラといった音楽の話題から、街角で見かけた地元の皆さまもあまりご存知ではない話題まで、幅広い内容を写真入りお届けしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2010/02/14 09:24

Feri さんのブログ記事

  • 地下鉄駅のアートコーナー「Red Carpet Art Award」
  • 今日、11月9日、日本では「体育の日」でお休みですね。Feriが、子供の頃、開催された東京オリンピックにちなんで制定された祝日ですが、移動祝日になってしまったため、今ひとつ、ピンとこないですね。ちなみに、当初は1964年、東京オリンピックの開会式が行われた10月10日だったことは、ご存じのとおり。さて、今日は「芸術の話題」をお届けしましょう。Feriは、オペレッタやオペラは、それなりに愛好していますが、美術に関して [続きを読む]
  • ところ変わればGulaschの味も変わる?
  • オーストリアでは、いよいよ来週、10月15日に国民議会選挙(定数183名)が行われます。ところでウィーンでは、アパートの家賃が高騰しています。これは需要が旺盛なことが要因なのですが、家賃の値上がりがあまりにひどいため、賃貸人に有利な改正案を各党が選挙公約に掲げています。しかし、選挙後、連立政権になることは間違いないと思います。そうなると、新内閣の発足まで、時間がかかると思います。そうなると、上記の法令改 [続きを読む]
  • 連節バスは狭い道路が苦手?
  • 日本では、10月9日が「体育の日」でお休みなので、今日から3連休という方もいらっしゃると思います。「日本の秋」は、食べ物も美味しくて、良いですよね。さて、今日は「連節バスの話題」です。ウィーンでは、Feriもよく利用する13Aを始め、輸送量の多い路線には連節バスが投入されています。Wiener Linienでは、このブログでもご紹介したように、現在、運行されている最新の連節バスMercedes Citaro G2を2メートル、ストレッチし [続きを読む]
  • Wiener LinienがÖBBと連携して警備強化
  • 日本も、衆議院の解散に伴って、選挙モードに突入ですが、オーストリアでは、10月15日に国民議会選挙(定数183名)があるため、一足お先に選挙モードに入っています。国民議会の任期は5年ですが、今回は5月に議会が解散され、10月15日に投開票となったものです。連立与党の社会民主党(SPÖ)と国民党(ÖVP)の間でも亀裂が生じているため、選挙は終盤戦を迎えて、政策論争ではなく、対立政党に対するネガティブキャンペーンが連 [続きを読む]
  • 変わったお店シリーズ131回 Cafe168
  • 昨晩は「仲秋の名月」でしたが、皆さまはお月様をめでることができましたでしょうか。さて、今日は変わったお店シリーズの一環として、「CaféHouseのお話」です。ウィーンには、様々なCaféHouseが営業しており、独特の文化を創り上げていると思います。特に伝統的なCaféHouseには、独特の雰囲気がありますね。最近では、海外で見られるような軽い感じのCaféHouseも増えてきましたが、Feriは、個人的には伝統的な方が好きです。 [続きを読む]
  • 謎のピクトグラムシリーズ Kurpark Oberlaa編
  • 今日は「謎のピクトグラムシリーズ」をお届けしましょう。最近は、ウィーンでも公共施設での注意書き(禁止事項)が増えてきました。それだけ、マナーを守らない人が増えてきている‥ということなのでしょうか。残念なことです。一般的に、禁止事項が増えるのは、「実際に、禁止事項に該当する、とんでもない行動をとった人物がいた」という証ではないかと思っています。今日、ご紹介するのは地下鉄U1の延長開業で便利になった「Ku [続きを読む]
  • やっぱり地下駐車場でした
  • 今日は「駐車場の話題」をお届けしましょう。ウィーンでは、許可制ですが、路上駐車が認められています。以前もご紹介したことがありますが、車道を制限して駐車エリアにしているところも多く存在します。道幅が広いところならばわかりますが、駐車エリアを設定した関係で、片側1車線という道路も比較的多く見かけます。中にはすれ違いの際に、駐車エリアが障害になるケースも‥ちょっと日本では考えにくいですね。とは言っても、 [続きを読む]
  • オーストリアでは伊達マスク着用にご注意?
  • 今日は、これからオーストリアをご旅行する皆さまに、大切な話題をお届けします。2017年10月1日からオーストリアで、公共の場所(公共交通機関内を含む)においてイスラム教徒のブルカなど、顔を隠す服装を禁じる「覆面禁止法」(Anti-Gesichtsverhüllungsgesetz)が施行されました。この法律は、オーストリアに住むイスラム文化圏の女性が、こちらの風習にいち早く溶け込むことが主目的と説明されています。ただ、実際には宗教に [続きを読む]
  • 粋な水飲み場を発見
  • 10月最初の話題は「水飲み場のお話」です。最近は、日本でも激減しているようですが、こちらでは、以前から、公共の場所に「水飲み場」は少ないような気がします。もちろん、「全くない」という訳ではなく、公園の中など、場所が点綴されているという意味ですが‥また、最近では、ウィーン水道当局が、積極的に水道水が飲料に適しているというPRを各種イベントで行っています。そして、夏は市内に仮設の水飲み場を設置するようにな [続きを読む]
  • 広報雑感 非常通報装置を使って重大事故を防ごう
  • 今日は「Wiener Linienの広報活動にまつわる話題」をお届けしましょう。最近、日本の鉄道会社でも、プラットホーム上の事故防止に関する啓蒙活動を盛んに行っていますね。万が一、プラットホームからお客さまが転落した場合、それを見かけた方は、躊躇なく非常停止ボタンを押してください‥というポスターなどを見かけた記憶があります。そう言えば、日本でJRなどに乗車していると、“非常停止ボタンが押されたので、安全確認のた [続きを読む]
  • 「嵐」の季節
  • 先日、このブログでお伝えしたように、今週末、ウィーンでは「Wiener Weinwandertag」(ワインハイキング)が開催されます。お天気に恵まれると良いのですが…Wineがお好きな方はご存じのように、11月11日の「Martinstag(聖マルティヌスの日)」に向けて、この時期は新酒の仕込みが佳境を迎えています。そして、この時期ならではの「お楽しみ」がSTURM。STURMはドイツ語ですが、本来の意味は「疾風」といったニュアンスです。この [続きを読む]
  • あっ、大金がターンテーブルを回っている
  • 今日は「奇をてらったコマーシャルの話題」です。日本でも、現在、数字選択式宝くじが数種類発売されていますね。LOTO7の場合、申込み数字が、本数字7個と全て一致した場合、1等になりますが、キャリーオーバー制度があるため、当せん金の最高金額は10億円だそうです。実際、8億円が当選した方は存在するようですから、仮に当たったら、色々な意味で大変ですね。さて、日本からウィーンへ戻って、シュヴェヒャート空港のバゲイジ [続きを読む]
  • “オレンジ色の憎いヤツ” CityBikeにライバル出現ですが‥
  • 先日、ウィーンでは自転車を、「都市内でのパーソナル交通手段の一つ」と位置づけているという話をしましたが、今日は、それに関連した話題です。このブログでも、何回かご紹介していますが、ウィーンでは、市当局が中心となって無料の自転車シェアシステム“CityBike”が運営されています。試行錯誤の末、クレジットカードによるデポジット制が採用されてからは、安定した運用ができるようになりました。最近では、ステーションも [続きを読む]
  • 変わったお店シリーズ130 書店+BREZEL
  • 今日は、「変わったお店シリーズ」をお届けしましょう。最近、日本でも書店の中にカフェコーナーを設けているところがありますが、先日、Westbahnhofで、面白いお店を見かけました。Feriも以前、利用したことがある書店「P & B」ですが、入り口付近に「BREZEL KÖNiG」というBäckreiができあがっていました。もちろん、営業中です。「P & B」は、書店と言っても、駅の構内にあるため、雑誌や新聞を中心とした品揃えです。また、絵 [続きを読む]
  • Westbahnhofの駐輪場を拝見
  • 今日は「駐輪場の話題」をお伝えしましょう。最近、日本で「新幹線への自転車持ち込みが可否論争」になっているという話を耳にしました。このブログでもお伝えしているように、こちらでは自転車は「環境に優しい有力な都市交通手段」と位置づけられており、オーストリアでもRailJetなどの長距離列車には専用の自転車搭載スペースが準備されれている他、ラッシュ時間帯をのぞけばウィーンの地下鉄やS Bahnでも自転車の搭載が可能で [続きを読む]
  • “U-Bahn-Stars”地下鉄駅でデビュー
  • 今日は、「ちょっと変わった音楽イベントの話題」をお伝えしましょう。ウィーンにいらっしゃった皆さまは、街頭で大道芸人がパフォーマンスを行っているのを見かけたことがあると思います。以前もご紹介したことがありますが、ウィーンでは街頭でのパフォーマンスは許可制になっており、無許可で行えば、警察の取り締まり対象になることもあります。街頭のパフォーマンスも一定のルールの下、振興していこうという当局の考え方が、 [続きを読む]