横浜のtoshi さん プロフィール

  •  
横浜のtoshiさん: 琉球沖縄を学びながら、いろいろ考えていきたいな〜
ハンドル名横浜のtoshi さん
ブログタイトル琉球沖縄を学びながら、いろいろ考えていきたいな〜
ブログURLhttp://totoro820.ti-da.net/
サイト紹介文TI-DAブログで民話を書いている、横浜のtoshiです。宜しくお願い致します。
自由文はいさい、ちゅーうがなびら。
(こんにちは。)
はじめてぃーやーさい。
(初めまして。)
横浜のtoshi、でーびる。
(横浜のtoshi、です。)
ゆたしく、うにげーさびら。
(宜しくお願い致します。)

琉球沖縄を、のんびり学びはじめています。
青い海、白い砂浜、輝くティーダ(太陽)、咲き乱れる南国の花々、けだるい三線の音、
素適な出会いに、感謝しながら。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供48回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2010/02/14 15:49

横浜のtoshi さんのブログ記事

  • 勇武くんのライブ、成功〜
  • はいさい、今日拝なびら。お友達の謝花勇武くんを、僕は応援しています。勇武くんに頑張ってもらって、彼を中心に、車イスの人たちが、もっともっと活躍して欲しいと考えています。11/4のライブですが、仕事があって沖縄に行かれず、横浜から成功を祈るばかりでしたが、無事、成功に終わったようです。おめでとう。今後とも、勇武くんを、ゆたしくうにげーさびら!※支援寄付して頂ける方はコチラhttps://readyfor.jp/projects/143 [続きを読む]
  • 沖縄の人、ぜひスイカやパスモ対策を!
  • こんにちは。ついに、東京に、現金が使えないレストラン(ファミレス)が登場。使えるのは、クレジットカードや電子マネーだけだそうだ。主な目的は、人員削減のため(支払いのやり取りカット)。現金は現金だけの価値でしかなく、クレジットカードや電子マネーは、使うとポイントがたまり、例えば関東首都圏では、電車もバスも(定期券も)スイカかパスモ。ポイントが貯まるので、消費者側にも、メリットがある。だから、別に驚かな [続きを読む]
  • 嘉弥真(カヤマ)島に行ってきました〜
  • はいさい、今日(ちゅう)拝(うが)なびら。ご訪問、ありがとうございます。いやはや、今回は、予定していた旅と、まったく違う旅に、なってしまいました。すべては、台風のせいです。石垣島に1泊の予定が2泊。そして一番の目的が、行ったことがない鳩間島にゆく事!ところが予想はしていたものの、船は欠航。取り敢えず、離島ターミナルで、その時に、時間がちょうどよかった、由布島へ行くことに。由布島へは何度か行ってますが、単 [続きを読む]
  • 沖縄の離島の旅も、あと少し〜
  • はいさい、今日(ちゅう)拝(うが)なびら。ご訪問、ありがとうございます。今日は、いつも通りバイク出勤のため、明日からの荷物を、背負って出勤しました。明日、終業後に羽田空港に向かって、夜には那覇入り。いつもよくして頂いている民宿に宿泊。荷物は、そこで、ステイ。翌日、金曜の始発で、石垣空港へ。宿は、離島フェリーターミナル前の東横イン。目的は、2日間の、どちらかで、来間島にゆく事!あともう1日は、どこかの離 [続きを読む]
  • ちばりよ、とは?
  • はいさい、今日(ちゅう)拝(うが)なびら。むかし、沖縄の、あるオジーがおっしゃってた事ですが、やはり「頑張(がんば)れ」という言い方では、思いがどうしても伝わらない、やはり「ちばりよ」でないと、と。ご存じの方も多いけれども、沖縄の言い方に、頑張れという意味の「ちばりよ」があります。ところが、なぜ「ちばりよ」と言うのか、という点になると、いくら色々な沖縄の人に聞いて回っても答えはさっぱりでした。そこで調べ [続きを読む]
  • 「しーやーぷー」とは?
  • はいさい、今日(ちゅう)拝(うが)なびら。ご訪問、ありがとうございます。むかし、沖縄の方からこんな質問を受けて、わからないので調べてから返事する、そう言ったままになっていた、話題です。質問の内容は、「『しーやーぷー』って、どういう意味ですか。」です。その後、色々と調べてみたものの、いまだに意味が分からない、というのが現在の私の答えです。しかも、この質問を受けてから、気づいたのですが、みんな分かっていな [続きを読む]
  • 皮弁冠について
  •  「皮弁冠(ひべんかん)」琉球時代(りゅうきゅうじだい)、当時(とうじ)の中国(ちゅうごく)(明(みん))との「冊封(さくほう/さっぽう)」の際(さい)に、冊封使(さくほうし/さっぽうし)は琉球(りゅうきゅう)の王(おう)に、玉冠(ぎょくかん)を授(さず)けました。もちろん、中国(ちゅうごく)の皇帝(こうてい)から琉球王(りゅうきゅうおう)に授(さず)けられる冠(かんむり)であるわけです。(※他(ほか)に、中国(ちゅうごく)の礼装(れい [続きを読む]
  • 車椅子の歌手、謝花勇武くんのライブ情報!(11/4)
  • 【謝花勇武くん、ライブ】沖縄の、みなさま、こんにちは。ti-daブログやFBで長年のお友達で、車椅子で頑張っている沖縄の歌手、謝花勇武君の、ライブの、お知らせです。【ConstantGlowth one man live】【日付】2017年11月4日(日)【時間】開場17:30〜 開演18:30【場所】ムーンテラス東崎「音楽堂」(西原町東崎22-3 キラキラビーチ向かい)【料金】前売¥2,500 当日¥3,000 ※中学生以下入場無料ぜひぜひ、ご家族お誘い合わせ [続きを読む]
  • 「山原(やんばる)」って、ご存知でしょうか?
  • 「山原(やんばる/ヤンバル)」について みなさまは、「山原(やんばる)」という言葉で、沖縄本島の、どの辺(あた)りをイメージなさるでしょうか。 私は、沖縄の方々によって、かなり差があることに、以前、気がつきました。 また、さまざまな観光の案内に使われる時なども、実際のところ、かなりまちまちに使われているのが現状(げんじょう)です。 「山原(やんばる)」という言葉ですが、現在の「恩納村(おんなそん)の周辺より北( [続きを読む]
  • 出じれー旅
  • こんにちは。はいさい、今日拝なびら。昔、ある沖縄のオバーにひどい目に遭って、ふらふらコザの街をさまよっていたところ、この世の天使のようなオバーに出逢いました。地獄で天使。まさに素適な沖縄のオジーやオバーは、日本一やっさー。ふと急に、そんな素適なオバーとの出逢いを、思い出しました。たくさん、色々、教えてもらったけれども、出(ん)じれー旅、という言葉も。最高、上等です! それが沖縄。 [続きを読む]
  • なんくるないさ vs ちゃーにかいさ
  • はいさい、今日拝(ちゅううが)なびら。ご訪問、ありがとうございます。2012年3月31日の記事です。昨日は、国際通り周辺を、徘徊(はいかい)しておりました、誰か止めてくれぇ〜。このままだと本当に、す〜み〜サンになってしまう。 (^_^;)私は、沖縄の事は、少し知っていますが、うちなーぐちは、よくわかりません。それでも、有名ないくつかは、聞いたとか知っているのではなくて、きちんと調べて、わかっているつもりです。昨日 [続きを読む]
  • 悪質な書き込みがコメント欄にありました。ご注意を!
  • こんにちは。ものすごく悪質な書き込みが、コメント欄にありました。どうぞ、みなさま、くれぐれも御注意を!名前は「Timothy Six」外国の大人向け、悪質サイトに誘導するURLを、コメントに書き込むもの。TI-DAブログ会員として、書き込んでいます。数ヶ月前には、ニセブランド品購入サイトに、誘導するURLを、コメントに書き込んだ者がいます。すぐコメントは削除しました。みなさまも、同様に削除するか、承認しないようにしまし [続きを読む]
  • 沖縄が舞台の映画やドラマ 所蔵DVDについて
  • こんにちは。ご訪問ありがとうございます。ある沖縄の友達とメール交換していて、沖縄が舞台の映画やドラマについての、特にロケ地などの話題になりました。つい、DVDを10本ぐらい持っている、そう答えてしまったのですが、今日の朝、数えて見たら・・・・・・もしもこの記事をご覧の方で、内容はじめ聞きたい事がありましたら、ご質問ください。そういえば、観よう、DVDを買おうと思って、忘れてた作品、あるなあ。(見たけれど [続きを読む]
  • 間違いだらけの沖縄。 沖縄? 奄美? それってどこ?
  •  「沖縄(おきなわ)に行ってきた」「奄美(あまみ)に行ってきた」という話(はなし)をよく耳(みみ)にしたりします。 ところが沖縄県と奄美諸島を合わせた南西(なんせい)諸島の島々を旅してきた私には、ちんぷんかんぷんであり、直(す)ぐに沖縄や奄美のどこに行ってきたのと質問せざるを得(え)ないのです。 つまり、南西諸島の海域が、いかに広大(こうだい)で広(ひろ)いのかを理解していない人が、本当に多(おお)いのです。 特に、 [続きを読む]
  • 沖縄・奄美で「ありがとう」とは?
  • 「ありがとう」の地域の言い方ご訪問、ありがとうございます。さて、みなさんは、「ありがとう。感謝。」という言葉、どれだけ、知ってますか?これで、あなたも、沖縄通(つう)! 奄美通! 琉球通!ついでに位置で、地理の勉強。※これでも、まだまだ落ちてると思います。奄美大島〜「ありがた/ありがっさま/ありがてさまりょおた/ありがっさまりょう〜た/ありがてぃさま/ありがとさま/ありがっさまりょん/あいぎゃとーさ [続きを読む]
  • 琉球における蝶(チョウ)の意味
  • 琉球における蝶(チョウ)の意味 今日は琉球沖縄、つまり今の沖縄(おきなわ)や奄美(あまみ)における虫(むし)、「蝶々(チョウチョウ)」について書(か)いてみようと思(おも)います。 沖縄(おきなわ)では「蝶(チョウ)」を「ハベル」、または「ハーベールー 」等(など)と、そしてまた奄美(あまみ)では「ハベリ」等(など)と呼びます。 実は、日本の古代(こだい)の人々(ひとびと)が、そもそも蝶(チョウ)や蛾(ガ)を「ハベル」と呼び、そ [続きを読む]
  • 隠された真実 〜琉球の秘密〜
  • 隠された真実〜琉球の秘密〜   琉球(りゅうきゅう)の歴史とは何か。   琉球を学ぶ者にとって、やはり琉球國(りゅうきゅうこく)の歴史抜(ぬ)きに、それを理解(理解)することはあり得(え)ません。   ところが琉球國(りゅうきゅうこく)の歴史の基本が嘘(うそ)と偽(いつわ)りにまみれ、しかも公然(こうぜん)とその嘘(うそ)偽(いつわ)りが今でもまかり通っています。   昔はともかく、今でもそうなのは、一体、誰(だれ)の責 [続きを読む]
  • 琉球沖縄のモノノケ、大集合!(2017.8版)
  • 最新・琉球沖縄の妖怪「もののけ」たち〜大集合/総集編〜(2016.11版) 50音順アカカナジャー 伊平屋島でのキジムナーの呼び名。「赤い髪」という意の伊平屋の方言。 キジムナー参照。アカガンター 赤い髪の毛を、お河童(かっぱ)にした、童子(どうじ)のような格好(かっこう)をした妖怪。赤い衣を着ている場合もある。古い家の広間などに現れて、枕返しをしたり、寝ているのを押さえつけたりする。姿や習性が似ていることから、 [続きを読む]
  • 琉球沖縄のモノノケ、大集合!(2017.8版)
  • 最新・琉球沖縄の妖怪「もののけ」たち〜大集合/総集編〜(2016.11版) 50音順アカカナジャー 伊平屋島でのキジムナーの呼び名。「赤い髪」という意の伊平屋の方言。 キジムナー参照。アカガンター 赤い髪の毛を、お河童(かっぱ)にした、童子(どうじ)のような格好(かっこう)をした妖怪。赤い衣を着ている場合もある。古い家の広間などに現れて、枕返しをしたり、寝ているのを押さえつけたりする。姿や習性が似ていることから、 [続きを読む]
  • 琉球沖縄のモノノケ、大集合!(2017.8版)
  • 最新・琉球沖縄の妖怪「もののけ」たち〜大集合/総集編〜(2017.8版) 50音順アカカナジャー 伊平屋島でのキジムナーの呼び名。「赤い髪」という意の伊平屋の方言。 キジムナー参照。アカガンター 赤い髪の毛を、お河童(かっぱ)にした、童子(どうじ)のような格好(かっこう)をした妖怪。赤い衣を着ている場合もある。古い家の広間などに現れて、枕返しをしたり、寝ているのを押さえつけたりする。姿や習性が似ていることから、 [続きを読む]
  • 琉球沖縄のモノノケ、大集合!(2017.8版)
  • 最新・琉球沖縄の妖怪「もののけ」たち〜大集合/総集編〜(2017.8版) 50音順アカカナジャー 伊平屋島でのキジムナーの呼び名。「赤い髪」という意の伊平屋の方言。 キジムナー参照。アカガンター 赤い髪の毛を、お河童(かっぱ)にした、童子(どうじ)のような格好(かっこう)をした妖怪。赤い衣を着ている場合もある。古い家の広間などに現れて、枕返しをしたり、寝ているのを押さえつけたりする。姿や習性が似ていることから、 [続きを読む]
  • 三山統一前の「沖縄」
  • 三山(さんざん)統一より前の「琉球沖縄」ご訪問、ありがとうございます。三山統一より前の「琉球の起源を知りたい」、というメッセージが届きましたので、自分なりにまとめて書いてみたいと思います。三山統一以前は、一般的に「古代沖縄世(ユー)」などと、呼ばれています。時代順に、次の、1、2、3、三山(鼎立(ていりつ))時代、続いて、統一国家・琉球國が誕生し、琉球國時代が明治まで続いたとされ、定説となっています。1、瞬 [続きを読む]
  • 男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花
  • はいさい、今日(ちゅう)拝(うが)なびら。本日の話題は、これ。『男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花』言わずと知れた、日本を代表する国民的映画です。寅さん映画とも呼ばれて48作ありますが、特別篇(へん)の第49作を含(ふく)んで、「全49作品」からなります。特別篇は、本来、49作になるはずだった、『男はつらいよ 寅次郎花遍路(はなへんろ)』の撮影前に、寅さんこと渥美(あつみ)清(きよし)さんが死去され、48作で幕を閉じた「 [続きを読む]
  • 「ちゅら」は、清か、美か?
  • はいさい、今日(ちゅう)拝(うが)なびら。本日の話題は、これ。沖縄の方言の一つである「ちゅら」。先ずは、これを見ていただきましょう。本の表紙、特に、題に非常な好感がもてます。私にとって、ずっと以前から気になっていた一つが、「ちゅら」に「美」を当てる表現の激増。そこで、今はどうなっているかと、ネットで「ちゅら」を検索。すると、こんな解説がまっ先にヒットしました。沖縄の方言で「美しい」とか「きれい」という [続きを読む]