ロボライター さん プロフィール

  •  
ロボライターさん: Music news jp
ハンドル名ロボライター さん
ブログタイトルMusic news jp
ブログURLhttp://music-news-jp.blog.so-net.ne.jp/
サイト紹介文新譜、コンサート、イベント、業界情報をはじめ関西を中心にした音楽関連ニュースをお伝えします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供275回 / 365日(平均5.3回/週) - 参加 2010/02/16 09:25

ロボライター さんのブログ記事

  • 「渡辺要物語 歌は心の港」第12回  ふんどし歌手デビュー
  • ◆歌手としてデビューした渡辺要は大阪にある吉本興業の舞台に立つことになる。1992年11月20日のことである。大阪・難波千日前のなんばグランド花月では秋吉英美、三門忠司と2人による紅白歌合戦が行われた。要と永井みゆきがゲストで、「若と貴」の1曲を歌った要は、3コーラス目で着ていた着物を脱いでまわし姿になったのである。ふんどし歌手のデビューであった。「ごんたの海」はもず昌平による最初の作品だった ま [続きを読む]
  • 「渡辺要物語 歌は心の港」第11回  2足のわらじ
  • ◆渡辺要の歌手デビュー曲は1992年の「若と貴」だったが、厳密には前年の91年に、自らの要鮨開業25年の記念に「鮨職一代」(作詞・石坂まさを、作曲・渡辺よしまさ)という歌でCDデビューしていた。第2弾のCDになる「若と貴」は、最初はセンチュリーレコード、そして石坂まさをが作ったシンカレコード、心歌ジャパンで出して、さらにバップ からも合計4レーベルで出している。いずれも自主制作盤であった。 香川県 [続きを読む]
  • 「渡辺要物語 歌は心の港」第9回   歌う鮨職人に
  • ◆高松市のライオン通りで鮨店「要鮨」を経営していた渡辺要が、若花田・貴花田の応援歌「若と貴」で歌手デビューするのは1992(平成4)年5月であった。無一文に近い状態から、四国でも名の知れた鮨店にまで育てた要には好きな歌を歌うといった趣味があった。仕事の合間を縫ってはキャバレーで素人歌手の真似ごともしていたが、歌手になろうなんて思ってもいなかったのであるが、周りがそれを許さなかった。かつての要鮨の店 [続きを読む]