ロボライター さん プロフィール

  •  
ロボライターさん: Music news jp
ハンドル名ロボライター さん
ブログタイトルMusic news jp
ブログURLhttp://music-news-jp.blog.so-net.ne.jp/
サイト紹介文新譜、コンサート、イベント、業界情報をはじめ関西を中心にした音楽関連ニュースをお伝えします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供287回 / 365日(平均5.5回/週) - 参加 2010/02/16 09:25

ロボライター さんのブログ記事

  • にっぽんうたまつり参加店35店舗を発表 日レ商関西支部
  • ◆日本レコード商業組合関西支部(東幸作支部長)が2018年10月22日に兵庫県尼崎市のあましんアルカイックホール・オクトで開くイベント「2018にっぽんうたまつり」に参加するCDショップの店名を発表した。参加店は近畿2府4県、35店舗。イベント参加に必要な応募ハガキの配布やイベント課題曲のCD、ミュージックテープを販売し、イベントを盛り上げる。日レ商関西支部東幸作支部長 参加店で同イベントの課題 [続きを読む]
  • 「渡辺要物語 歌は心の港」 第8回 別れ
  • ◆渡辺要(日本クラウン)は2016年6月21日、人形・くいだおれ太郎で知られた大阪・道頓堀のビルの地下にあるライブハウス・道頓堀ZAZAで開かれた「道頓堀SUPER歌謡劇場」のステージに立っていた。彼はこの5日前に最愛の長男、愛一郎を43歳の若さで亡くしたばかりであった。あまりにも突然のその死は、要を奈落の底へ突き落したかのようであった。嘆き悲しむ要を慰めるかのように、同劇場を主宰する作曲・作詞家 [続きを読む]
  • 「渡辺要物語 歌は心の港」第7回 長男誕生
  • ◆この頃はまだ渡辺要の興味は歌よりも、鮨店の経営の方が大きかった。 オープンした要鮨は連日のように順番を待つ人たちの行列が出来ていた。鮨店にしては珍しく「もういいわ、というほどにお客が来た」(渡辺)ほどで、街の人たちの間では「伝説的な繁盛ぶりだった」と、オープン時の盛況ぶりは長く語られ続けていた。 それは彼のこだわりの成果でもあった。店舗は経営コンサルタントのセミナーにも参加して、念入りに話を聞き [続きを読む]
  • 「渡辺要物語 歌は心の港」第6回  高松・ライオン通りに出店
  • ◆渡辺要は鮨店を経営しながら少しづつ歌の道へと入っていく。元々子供の頃から歌を歌うのが大好きだった要は、小学3、4年になると自転車に乗って1人で、たとえ1時間ほどかかる場所であっても、素人のど自慢コンクールがあると聞くと、良く飛び入り参加して歌っていた。 歌うのはいつも三橋美智也や三波春夫であった。参加すると、きまって熱演賞などをもらっており、母親を喜ばせるのが自慢だった。彼は今でもその頃を「賞品 [続きを読む]