アットマーク・インターハイスクール さん プロフィール

  •  
アットマーク・インターハイスクールさん: アメリカの通信高校アットマークインターハイスクール
ハンドル名アットマーク・インターハイスクール さん
ブログタイトルアメリカの通信高校アットマークインターハイスクール
ブログURLhttps://ameblo.jp/inter-highschool/
サイト紹介文米国ワシントン州高校卒業資格が取得できる通信制アメリカンスクール。バレエ留学生も学習しています。
自由文米国アルジャーインディペンダンスハイスクールの日本校で、進学や留学を目指している生徒、テニス、ゴルフ、サッカー、バレエやダンスなどスポーツ、芸術、音楽、芸能界で活躍している生徒たちが学習しています。
 世界中どこからでも入学、学習、卒業できます。 登校義務がありません。単位振替で最短6ヶ月で卒業できます。担任学習コーチがサポートします。取りたい資格や趣味が卒業単位になります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供219回 / 365日(平均4.2回/週) - 参加 2010/02/16 19:47

アットマーク・インターハイスクール さんのブログ記事

  • 幸せになるにはまず自分が幸せになろうと思わないといけない。
  • 良くウチの生徒含めた若者が世の中の事を嘆くことが多々あります。大学受験含めた悩みや他人が持っているものを自分が持っていないなど、悩みがあることは理解できます。まあ、悩みを持っていることがちょっとカッコイイと思っている節もありますが。 大人になると余計にわかりますが、幸せというのは待っていると来るというわけではないです。環境が変わるのを待ったり、周りを変えようとするよりも、自分から動いていくのが一番 [続きを読む]
  • 映画上映会〜Most Likely to Succeed~ まだまだ応募できます。
  • 当校で行っている映画上映会〜Most Likely to Succeed~ ですが、まだ以下の日程であれば応募できます。現在も親御様、教育関係者様と多く応募いただいております。内容も考えさせられるものですので、ご興味がある方は是非応募ください。 内容東京インターハイスクールでは映画”Most Likely To Succeed”〜最も成功の可能性のが高い教育法〜. の無料上映会を行なっています。21世紀、人工知能(AI)と共に生きていく子供たちを [続きを読む]
  • 東京インターハイスクールは誰でも入れる学校ではない。
  • 東京インターハイスクールは通信制の高校です。通信制の高校というと、正直レベルの低いイメージがあり、誰でも入れるのではないかと思われることも多いです。確かに、学力レベルは問いません。学科の試験はなく、願書の記載、課題(自由とは)の提出、入学面談のみです。事実、やる気を感じられたら誰でも入ることができる学校です。しかし、どんなに優秀でもやる気の感じられない方を入れるということはありません。例えば、願書 [続きを読む]
  • 勉強の仕方を考えている生徒は偉いと思う。
  • 大人と子供に関わらず、学習者をする人の中には、「この授業をとれば良い」「この本で勉強さえすれば良い」と思っている人がいます。これは大きな間違いです。教材はあくまで手段であり、その手段が本人も持っている課題を解決するものだとは限らないからです。学習方法について生徒に訊かれると、目標を聞きます。大概は大学受験でしょうか。目標の点数と現状の点数に乖離があり、その乖離を埋めるために学習に取り組むべきです。 [続きを読む]
  • 営業の極意は「売ろうとしないこと」?
  • 東京インターハイスクールも組織なので、物やサービスを購入します。よって、営業の方も来ます。私が現状この学校の営業という立場で、過去他の会社に訪問して営業をしていたので、営業の方がどのように話をするのかというのは、とても興味があります。この営業から買いたくないなと思うのは、営業の方がその商品を売ろうとしているのが見えたときです。そうなると、ちょっとした討論会のような感じになります。こちらの考えや懸念 [続きを読む]
  • ビデオ授業を売って儲けようとしている企業は完全に時代遅れだ
  • 一昔前はオンラインでビデオの教材を売って儲ける仕組みがありました。経営者側が一旦そのビデオを作れば、それを売ることで新たなコストもさほどかからない状態で利益を出すことができます、受講者も家で学習ができます。しかし、時は流れてそういったビデオ教材が無料もしくはかなり安価で受講することが出来ます。有名どころで言えば、カーンアカデミーであったり、日本語で学習するのであればスタディプラスやトライプラス、N [続きを読む]
  • 引き続き入学者が増えています。
  • 当校(東京インターハイスクール)は毎月入学が可能ですが、生徒が入ってくる月とそうでない月があります。入ってくる月としては、やはり日本の中学校を卒業して、入学する4月がまず多いです。もう一方のピークとしては、インターナショナルスクールが一般的に始まる9月、10月が中心です。9月入学に関しては、今回は10名でした。例年に比べても結構多い方です。10月もそれに近い数字になりそうな雰囲気です。既に本日だけで2人が入 [続きを読む]
  • ICT教育会社が躍進しています。
  • ICT教育が結構世間に浸透し始めているように思えます。リクルートのスタディサプリ、トライのトライプラス等、大企業が進出をしている所にその業界が大きくなっていることがうかがえます。リクルートもトライも資金を投資でき、ある程度までのICT教材を作ることはできるのですが、やはりそこは老舗にはかなわないようです。すららネットという会社は2013年にその手の大会で賞をとり、現在塾はもちろん学校にもそのシステムを [続きを読む]
  • 割と忙しいのですが…
  • 9月に入り、入学生が10名と多く入学してきました。ちょっとは落ち着くかなと思っていたら、10月入学の願書が届き始めました。既に2通来ています。9月の勢いが結構続いています。そんなわけで私は今日も残業です。まあ、IT業界みたいに夜10時まで残業ということはほとんどないのですが、また山を越えたいと思います。 (担当:川崎純)フェイスブックフォローをお願い致します。↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓“Most Likely to S [続きを読む]
  • 仕事は命をはってまでするものではない。
  • 現在台風の影響で東京はいま強風に見舞われていますが、近畿地方は雨がひどい状況のようです。会社の中にはこんな雨風の中でも働けと命じる会社もあるようですが、学校としては、生徒も先生もすぐ帰るように指導しています。こんなブログを書いている私ですが、このあとすぐに帰る予定です。 (担当:川崎純)フェイスブックフォローをお願い致します。↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓“Most Likely to Succeed” 無料上映会のお知 [続きを読む]
  • 東京都英語村がもうすぐオープン
  • 東京に英語の特にオーラル面を強化する施設がオープンします。東京都英語村というところです。施設内には、ハンバーガーショップ、病院、散髪屋などの店があり、その中で使われる会話を実践することができます。施設内では100名位の英語教師が、各店舗の店員の役割をして、来客者をサポートします。参加者は、色々なミッションが書かれたカードをもらいそれをクリアすることで、英語力を挙げていきます。例えば、「オーダーメイド [続きを読む]
  • Most likely to Succeed 映画上映会追加のお知らせ
  • 東京インターハイスクールで「Most Likely to Succeed」の映画上映会をこれまで数回行って参りましたが、特に土日で行われたものは満員御礼になっております。今回、追加上映の問い合わせが多く、それに答える形で上映を行うことになりました。追加上映は以下の日程で行われます。9月30日(日)10月14日(日)10月28日(日)共に、10:00〜13:00??内容:映画上映会(90分)、シェア・ディスカッションなど(60分)??会場:東京 [続きを読む]
  • 中学受験ってなんでするのだろう?
  • 一昔前によく聞く話で、「いい会社に入るためにはいい大学に入って、いい大学の入るためにはいい高校に入って、いい高校に入るためにはいい中学に入って…」というのがあります。今もさほど変わりはないようです。私も実は小学校の時に塾に行っていて中学受験の勉強をしたことがあります。(結局公立中学に行きましたが)個人的にはその当時面白かったです。和差算や鶴亀算をはじめとした公式や頭を使って解く図形の問題に楽しさを [続きを読む]
  • 夏はもう終わ…らないのね
  • 通常の学校だと夏休み最後の週になりました。当校には基本夏休みがないのですが、生徒はやはりこの時期に帰省したりどこかに旅行に行ったりします。そんな生徒たちもボチボチと帰ってきたように思えます。お盆もとっくに終わりましたが、まだまだ暑さは続きます。当面は猛暑日のようです。昨日は24時間テレビで38度の中ずっと走っていたようですが、正直本当にこんなことをやっていたら厳しいだろうなと思います。(本当にやってい [続きを読む]
  • 下手な鉄砲も数打ちゃ当たらない。
  • 当校(東京インターハイスクール)で人員の募集をしていてまず見るところは、志望動機です。正直、大概の場合それを見てがっかりします。まず、これは最悪のケースですが、志望動機が記載されていないケースです。「この人はなんでウチに応募したのだろうか」と不思議に思えます。経験豊富な方によくあるケースが「〜の経験を活かしたい」のパターンです。それなら他に色々あるでしょう?と思ってしまいます。 何となく、志望動機 [続きを読む]
  • 新卒の石の上にも三年は本当に正しいのだろうか。
  • つい最近、当校(東京インターハイスクール)での採用面接で、候補者から「石の上にも三年」という言葉が出ました。新卒でブラック企業に入ったけれども、3年間我慢したという話でした。同じところで少なくとも3年間働いていなければ、転職時にどこの会社も取ってくれないという考えが根底にあるようです。一昔前なら通用する価値観でしょう。しかし、私は正直この価値観を認めません。会社というものは正直入ってみないとわからな [続きを読む]
  • 進学校は高学歴ニート養成所なのか。
  • ZOZOTOWNの前澤社長が、女優の剛力彩芽さんとの交際関係で世間を、特にSNSを騒がしています。経歴を少し調べると面白いですが、昔はロックミュージシャンだったようですね。そこからビジネスマンに転身して大成功を収め、人気のある女優さんと交際している彼は、ある意味「男の夢」を実現したのではないでしょうか。もう一つ面白い所は、高校は早稲田実業という進学校だったのに、大学には進学していないということです。こうい [続きを読む]
  • 8月12日(日)Most Likely to Succeed の映画上映会を行いました。
  • 8月12日、アメリカの教育ドキュメンタリー映画「Most Likely to Succeed」の無料上映会を東京インターハイスクールで開催しました。お盆休みにもかかわらず30名近くの方々が参加されました。遠くは愛知、長野からの参加された学校の先生、塾講師、保護者他、各1/3でした。みなさん人工知能、ビックデータ、IOTが広がる社会で、今の学校、教育、子育てに不安を持って参加されました。キーワードは「教育革命と不安」でした。6 [続きを読む]
  • 学校の先生は殿様営業
  • 合同説明会をしていていつも思うことは、学校というのは殿様営業だなということです。普段、売る側というのは低姿勢でお客様に応対しますが、大抵の学校はそういうことはまずしません。特に試験倍率が1を余裕で超える学校であれば、逆に上から目線で合格に必要な学力について話します。しかし、そこまで倍率の高くない学校でも、案外対応はそこまで変わりません。多分頭のどこかに「学校がつぶれるわけがない」という思いがあるの [続きを読む]
  • 夏風邪をひいてしまいました。
  • 先週の金曜日から夏風邪です。熱はないのですが、鼻づまりやのどの痛みはあります。結構ひどかったので本日午前中の病院に行き、薬を処方してもらいました。現在、薬で抑えているせいか、そこまで症状はひどくないですが、逆に薬のせいでどこかふらふらする感じがします。病気になると正直結構損な気持ちです。家に帰っても寝るだけになるので、楽しい時間をすごせません。できる限り早く治ってくれたらいいのですが。 (担当:川崎 [続きを読む]
  • 営業の場で相手を堕とすには「カウンター」が一番
  • 学校での窓口という言い方をすると聞こえはいいですが、私の役割を簡単に申し上げると営業です。シビアな言い方をすれば、生徒の獲得が仕事です。「営業に必要なことってなんだ」って聞かれると、色々な営業マンが色々なアドバイスをくれると思います。それが「愛嬌」だったり、「押し」だったりするのだと思いますが、私の場合は「人の話を聞くこと」を挙げます。話を聞くというのは、その人が望んでいることを見つけ出すためには [続きを読む]
  • 高校時代を無下に過ごした人の話
  • 高校野球が4日目を迎え、日々白熱した試合を見ることが出来ます。観客として見ていて感動するシーンも多くあります。しかし、今は試合という晴れ舞台を見ていますが、毎日の練習は厳しいものだと思われます。すごい所になると5,6時間の練習は当たり前ということになりそうです。好きでやっているとは言え、相当大変なことです。しかし、3年間続けて得るものも大きいのではないかと思われます。それは体力的なもの以上に精神的な自 [続きを読む]
  • 沖学園の生徒の行動〜とっさの時に性格が出る〜
  • 甲子園大会2日目の、南福岡代表の沖学園と南北海道代表の北照戦の9回表で、レフトを守っていた岡崎翔太選手の両足が疲労で動けなくなるというアクシデントが起こりました。3塁コーチャーにいた沖学園の上園凱斗選手がコールドスプレーをもって岡崎選手のもとに走り、他の沖学園の選手も水をもって岡崎選手のもとに駆け寄りました。担架で運ばれましたが、中断の後無事試合に復帰しました。北海道と甲子園を比べると気温の差は激し [続きを読む]