よんじょう さん プロフィール

  •  
よんじょうさん: フランス絵巻き
ハンドル名よんじょう さん
ブログタイトルフランス絵巻き
ブログURLhttps://ameblo.jp/franco-japonais1/
サイト紹介文南仏コートダジュールの日常、イロイロ。
自由文ニース在住12年です。その前はベルギーに2年。カゾクは仏人の旦ハン。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供373回 / 365日(平均7.2回/週) - 参加 2010/02/19 19:24

よんじょう さんのブログ記事

  • 2434.明日はロンドンの巻
  • 日本時間の明日(18日)、ロンドンに行きま。 ブログに書いた通り、マイレージ(エールフランス)の有効期限が迫り、突然「そうだ、ロンドンに行こう」と閃いたンス。共通の友人を介して、8月の銀座個展に来てくれた人がロンドン在住で、その日「今晩のフライトでロンドンに戻るんで、ギリギリ(個展に)間に合った」ってことで、香水画を買われたのだ。その彼女に(ロンドンの自宅で)再会するわけですけど、こんなことなら [続きを読む]
  • 2433.メリハリの巻
  • たまにはメリハリを、ということで”お絵かき安息日”を1日設けました。絵を創作しない日、も、結局、お菓子を創作しているという。創作から抜けられないカラダに・・・?最近、エッフェル塔関連の画を描いてたせいか、クッキーまでエッフェル塔に。職業病か?!絵に集中しない日、も、気がつくと、エッフェル塔に集中。何かに集中せずにはいられないカラダに・・?そして、ジャジャーン↓エッフェル誕生!うはー。(1人楽しんで [続きを読む]
  • 2432.NGワードの巻
  • 猫エッセー、今月号も読んでくださりアリヤト様でした。 実は、あの文章の中に、”NGワードの疑い”でひっかかった箇所があったんス。 公開後、担当者さんから”修正済”の事後報告アリ。「猫がススキと遊ぶところの表現がNGっぽいんで、”大はしゃぎ”という表現に代えております。もし、(ほかに)代替案があったらお知らせください」 ★NGの原文⇒(ネコが)”気が狂ったように”(ススキと)戯れていた。☆修正後の文⇒ [続きを読む]
  • 2431.理解しがたい広告の品ノ巻
  • 金曜日のカルフール、入り口に行列が・・・。↑ココ、宝くじ売り場だすねん。仏国では、”13日の金曜日に宝クジを買うとアタル”というジンクスがあるんスワ。 購入者は普段の3倍くらいになるよーだす。 西洋人のジンクスって日本人にはピンときまへんが、ジンクスやゲン担ぎは日本民族のほうが(ムカシから)得意分野やけどな。 ワテは宝くじを買う習慣がないんで、ジンクスの効き目はワカリマヘンが、いま流行りの引き寄せ [続きを読む]
  • 2430.ブロックがかかったらノ巻
  • 一昨日、何気にヴィテージ店によってみたンス。店の前を通りがかったんで、目的もなくフラリと。数年前、ブランドのスカーフ等を高価で買い取ってくれた店だす。50〜60年代好きのオイラとセンスが合うんで、見るだけで楽しい。(店で買い物はしたことないねん) 今回も、買う気はなかったんだ。なのに、靴を試着したら、足にピッタリやんっ! 服でも靴でも、サイズがピッタリだったら、買うてしまう傾向アリ。(←My体形 [続きを読む]
  • 2429.南仏ネコ絵巻10月号!ノ巻(追記あり)
  • 毎月12日は、月刊エッセー”南仏ネコ絵巻”(Byホーム社)の日!地球上で、たった一握りの、コアな層に高い支持率があります。しかしね、たった月1度のエッセーいうても、お題が”猫限定”ですんで、毎月、オテアゲ状態ですわ。そんな時は、”手描き”という字が、”手猫”にみえたり、”結婚”さえ”猫婚”にみえて、ハっとします。おじいさん、ハイジがこれ以上、病まないよう、山に帰してください。・・・・。というわけで [続きを読む]
  • 2428.フレンチテイストの巻
  • お察しの通り、今日も順調に寝過ごしておりま!ジャポニズム画が続いておりましたんで、本日はフレンチテイストをお届けイタス。中央はYJ風アレンジ。YJファミリーも↓おそばに。    これ、大昔のビスケット缶(1910年)ですねん。”LEFEVRE−UTILE”というのは、創業者の名前。(現在の”LU”)自分の本名、しかもフルネーム、をそのまま商品名にするって勇気が要ると思うわ。 当時は、何も考えずにそう [続きを読む]
  • 2427.ツボ第三弾の巻
  • ツボにハマるの巻、第三弾は明治時代の壺アレンジ。(一過性の”壺ハマー”だすが。)(大きくみえるけど、プチ画だすよ)こーゆー細かい絵を延々と描いてると、「頭がどうにかなりそーじゃね?」と言われますが、まったくもって逆なのザンス。細かい作業に没頭すると、キモチが落ち着いてリラックスしているのザンス。ゆえに、何時間でも同じ姿勢で描いていられるのでござーます。 同時に、精神が整ってきますんで、絵が出来上が [続きを読む]
  • 2426.スーパーのスイーツの巻
  • 祖国は、また祝日だそうで。国旗代わりに、薔薇を掲揚しておくわ。薔薇も、その時の気分によって選ぶ色が違いまスネ〜。今回は、ピンク&ほんのり淡いピンクがかった白い薔薇。恋する乙女? さて、目には目を、薔薇には薔薇を。薔薇とともに、”薔薇&ライチのヨーグルト”(新製品)を買ってみたわ。薔薇の花びらとライチ入り。味は想像つくけど、想像通りの味。(どんなん味やねん)見た目は淡〜〜いサクラ色がかった乳白色。 薔 [続きを読む]
  • 2425.ヴァンクリフの巻
  • 香水画用のプチ額を(少量)入手+なぜかヴァンクリフと縁がある=宝石シリーズ、にしてみましたヨン。(注;同じサイズなのに、大きさが違ってみえますな)この額、もうとっくに(店に)在庫ナッシングだったのに、先日、店に寄ったらチョットだけ入庫されてましてん。ツネに”そのときの流れに従って”生きておりますんで、この額が店に入庫されていた=(プチ画を)描きなさいのサイン。入庫されてなかったら、もう描かないので [続きを読む]
  • 2424.日本で絶対ヤラナイ事の巻
  • 魚屋(←カルフール内にある)で、鮭を、丸ごと一尾買ってきた。いつもは、皮つきの大きな切り身(塊)を買い、皮と骨を取って生食用にするのだが、最近、皮付きの塊をみかけないんで、やむを得ず”全身に”したのだ。店頭で「一番小さい鮭をください、シルヴプレ。」いうたら、内臓は取ってある状態で2kgだった↓ワテが日本に住んでたら、死ぬまでやらなかったろう。それは、魚をサバクこと。新鮮な魚が、サシミや寿司になって [続きを読む]
  • 2423.バター危機の巻
  • 夕飯後、突然、脚(くるぶしの内側)が痒いっ!ガーっと掻いたら、ブワーっと赤い発疹が3つ浮き上がってサブくなった。 ほどなくして、今度は、内ももが痒いー!掻いたら、また、そこに赤い発疹が4つ。ゾゾーっ。このブツブツをみると、全身が痒くなってくる。ネット検索したら、たぶん、ダニ刺され?ダニは、咬まれた後、潜伏期間が数日もあるそうな。潜伏期間ってのが一層、寒さを増スが、米虫(コクゾウ虫)といい、ダニとい [続きを読む]
  • 2422.月夜の忍び逢ノ巻
  • ”中秋の名月”はニースからも拝めましたヨ。BUT,仏国では、月は”月食”の時しか話題になりまへん。そんな文化の差に悶えつつ(ウソウソ)、一昨日(グーゼン)、お月さんが出てくる画↑を描いてました。タイトルは”月夜の逢瀬”。元の絵は、屋形船に乗って、月の陰でお相手を待つ花魁画だったノダス。それがヨン画になると、連れてるネコが、先にお相手の姿に気づいている、という構図に↓月に半分照らされた猫の姿↓は、よ [続きを読む]
  • 2421.艶っぽい人ノ巻
  • 好評・花魁シリーズ(プチ画)この画は、ちょっと前に描いたモノ。その時のマイブームがあるんで、花魁やジャポニズムを描きだしたら、しばらくの間、そればーっかり描いて、急に方向転換するんですわ。前回、急にエジプト画にハマったみたいに、いつ、何を描きだすんか、自分でもまったくワカランねん。さて、この画。背景の掛け軸に、”艶”という字を垂らしてみましたら、途端に、(画中のYJさんが)艶っぽくみえるフシギ。” [続きを読む]
  • 2420.日本の好きなところノ巻
  • (↑”ローズ”に惹かれ買ったボデーミルク、薔薇の香りホトンド無し。なんでこれを買ってもーたかナ・・・)”SABON”のレジで、ヲエンヂ仏男の”I LOVE Japon観”を伺っておりました。おそらく、20分は熱弁していたであろう(←店員の立場を忘れとるが)、”日本を好きな理由”をまとめると次の通りザンス。まんづ、多くの外国人が言うオーソドックスな理由 ”日本人は正直で親切”。ドロボーが少ない安全な [続きを読む]
  • 2419.ヲ・エ・ン・ヂの巻
  • 乙女なワチキは、ボデーミルクを、どのメーカーの、何の香りにするか、毎回楽しみなんでし。一昨日、(ニースの)”SABON”の前を通ったら、石鹸のプチサンプル(右)をもらったんで、そのまま店内に入り、今回はSABONに決定〜。 石鹸のサンプル↓(実物は、キャラメル1粒大)店内で、ボデーミルクのテスター(全種類)を次々に腕の内側に塗り、香りを確認。塗る面積がもうなくなって、香りも混じって錯綜し、何が何かサッパリわか [続きを読む]
  • 2418.本日もツボの巻
  • 壺画つづき。(また寝過ごしたー)この壺画は、先日の↓”ヴァンドーム広場・記念塔”と同じパターンざんす。そこに山があるから登り、壺があるから入るという・・。今回は、YJさんがオカッパ↑なのと、 壺に”YJファミリー”が↓隠れているのもツボかな〜。 壺といえば、以前、拙ブログに書いた谷崎潤一郎説がツボの真髄だす。谷崎テンテー曰く、『女遊びをサンザンした男は、中年期から、骨董趣味にハマる』テンテー本人の [続きを読む]
  • 2417.そこがツボの巻
  • 最近は、壺にツボっていたわ。明治時代の作者不明の壺(有線七宝焼き)。いかにもジャポニズム、のようでいて、実は、仏国に大昔から同じ技法(クロワゾネ)があるんでふ。もちろん、知らんかったけど。さて。このプチ画のタイトルは”胡蝶の夢”。浮世離れしたこの画から、”この世は一炊の嫁”、ちゃうがな(わざとらしい)、”一炊の夢”のフンイキが漂ってましょ。寝ている間に見るのが夢です。しかし、起きている今も、夢を見 [続きを読む]
  • 2416.刺身の盛り付け方の巻
  • ニース在住の日本友と超久々にランチだす。ニースのジャポネなら誰でも知ってる和食屋さんダス。昔は(長い間)”神戸”という名だった。店名も経営者も変わって、早くも数年経った。今の店になってからは数回しか来てまへんが、”刺身定食”の盛り付けに、エンターテイメント性が加味されていた・・↓中央の”お立ち台”にマグロが鎮座し、左のサーモンのたたきには”甘いソース”。アメリカンちゃうねんからっ。ワテが板前だった [続きを読む]
  • 2415.あなた松の木ノ巻
  • 「よんじょうさんが花魁を描けば、その絵で、怨念を晴らせる(=浄化される)人がたくさん出てきます。必ず描いてください」というセリフに、この8月、遭遇したんですわ。「???」でしたが、素直なワチキは、「へええ?ほんじゃあ、花魁シリーズ描いてみよう」というハコビになったのだ。実際、描いてみると、そんな気がするで。とくに、この人なんて・・↓・・・。怨念を晴らす、というのは、生霊を飛ばしてやっつける、という [続きを読む]
  • 2414.コートダヅールからボンヅールの巻
  • 帰国中は、何かと忙しい生活が好きですが、ニースではノンビリ、マイペースな生活が快適。ウチは、テラス”だけ”が広いアパートメントで、(家の中では立って寝ています)、眺めはトレビア〜ン。(朝、テラスからの風景↑↓)というわけで、テラスで、MYブレックファースト。 おままごとのよう。 元来、ノンビリ屋(ノンキ気質)なんで、ガチャガチャ、セカセカした空間は大苦手。と、いっても、何かをパっと思い立った時の行動 [続きを読む]
  • 2413.コラボってる時代ノ巻
  • 脳内地図では、日本時間の早朝にブログ更新予定だったンスガ・・。仏時間の夕飯後、パソコンの前に座ると寝落ちする体内地図の書き換えが間に合ワズ・・。「寝てはいけない」と思うとかえって寝てしまいますな。そこで、「寝てもいい」と”自分に許可”(←巷の流行りワード)したら、やっぱり寝とんねんっ。連日、ウタタネがそのまま爆睡になるんで、「これはいかん。」とベッドに移動すると、その途端、眠気がさめるンヨネー。ベ [続きを読む]
  • 2412.ヴァンドーム広場ノ巻
  • ジャポニズムに傾倒しているわけでもなく、フレンチ画も続投しとりまスヨ〜。(↓ヴァンドーム広場・プチ画)(画中のYJさんがメガネ↑をかけているのは、目の位置がビミョーに気にいらなかった為。←メガネで調整)画の中心にあるのは↓ヴァンドーム広場にある記念碑(円柱)のカタチをした”ライター”であります。(1950年・ヴァンクリフ製)ナポレオン1世が戦争に勝って建てた記念碑。I am歴史オンチ、なんで、グーグル検 [続きを読む]
  • 2411.仏国で食べたいモノの巻
  • あれほど日本に長くいたのに、(むしろ長くいるせいで?)、”日本で買って帰りたい食品は何か?”、滞在中はワカランよーになるんですわ。不足感がないと気づかんもんね。豆腐が無くなって、はじめて、豆腐のありがたみを知るみたいな。病気をして、はじめて、その臓器を意識するみたいな。子供が巣立って、はじめて、夫婦が向き合うみたいな。 ニースに戻って、「あー、うどんが食べたかったんやー!」って思いだしてん。 ( [続きを読む]
  • 2410.越前裁きノ巻
  • 数日前、古い本をめくっていたら、トラと目が合い、モーレツに気になったんですわ。そういう時は、そのトラを描きま。本の中のトラはめちゃ怖い顔だったんス。それをマネて描いたのに、ワテが描くと、どーしても怖くならない(・・)。意図してへんのに、どこかユーモラスな表情になってしまうンヨネー。絵は、同じ対象を描いても、描く人によってぜんぜん違うものになるし、見る人によっても、また、まったく違う解釈になるところ [続きを読む]