代表 さん プロフィール

  •  
代表さん: 「我想う」
ハンドル名代表 さん
ブログタイトル「我想う」
ブログURLhttps://ameblo.jp/anshin-support/
サイト紹介文ど素人が流れで仕方なく始めた葬儀の仕事、家族が望む本音だけを模索し続け、少しづつ成長する葬儀日誌
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供226回 / 365日(平均4.3回/週) - 参加 2010/02/20 00:46

代表 さんのブログ記事

  • 1716.  傲慢な寺の檀家は散財させられる
  • 最近は減ってきましたが、いまだに傲慢な寺もあります。墓が寺の墓所にある檀家は、人質でもとっているつもりなのか、檀家の減ってる寺だろうなと思う。今回、故人となった対象者の息子は、昨年あんしん館に訪れ、うちが施行し両親を送った近所の家と同じように、最期は隣保の人達に見送って貰いたいと思ったそうです。近所の家の葬儀とは・・・自宅で納棺安置をして、火葬当日の出棺は隣保の人達にお手伝いして貰い、家族が挨拶を [続きを読む]
  • 1715.  長期自宅介護をした家族の本音
  • 10年間葬儀を続けてきた中で、僕が思っていた感覚と家族の感覚が違うものもある。その代表的なのが長期自宅介護をした家族の感覚です。多くの方は病院か施設で終幕を迎えますが、自宅介護をされ亡くなった方は、今年も数名いらっしゃいます。少し前のブログに、老々介護で疲れ果てたご主人の事を書きましたが、自宅介護ではつきもんのようです。部外者に言わせれば不謹慎かもしれませんが、介護した人達の意見は概ね共通していま [続きを読む]
  • 1714.  10年間の思い出深い葬儀で初心に帰る
  • 年間施行3件から始まり、6年間は倍々ゲームのように増え続け、会員数も当初は予想しなかった人数になった。当時の千明は、現行葬儀に対する僕の考え方を、何度も聞き、納得すればするほど、8年間が無意味であったと痛感し、今の自分が利用者を騙している気がして葬儀の営業が出来なくなったと言い、誰もが納得できる葬儀社開設を僕に勧めたのも千明でした。当時の僕は事業もしており、葬儀屋に興味はなく、ただ利用者目線で、現 [続きを読む]
  • 1713. 売れるなら 何でも売ろう 無理にでも
  • 前回、葬儀、法要の持参品で、10年前の設立時からずっと感じてる疑問を書きましたが、これは寺ばかりでなく葬儀屋も同様だという話しです。葬儀屋勤務の経験はゼロですが、葬儀を依頼するのは素人の家族ですから、葬儀屋で過去の悪習慣を学ぶ事より、家族の本音を知ることが、僕の目指す葬儀への近道と我が道を歩いて10年経ちました。時々パイオニアと呼ばれますが、業界の異端児という意味なら確かにその通りだろうと思います [続きを読む]
  • 1712. 法要の持参品が疑問一杯
  • あんしんサポート施行の葬儀は、宗教者不在が多くてぱっく60を筆頭に直葬系、次いで当方紹介の宗教者が入る家族葬、最期が菩提寺の葬儀です。直葬以外の葬儀で家族が用意するのは、遺影用の写真くらいで、あとは全てパックに含まれています。(棺の中に入れてあげたい物は別です)あんしん館での忌明けや各年忌法要は、故人の遺影と遺骨と位牌だけ持参すれば他は要りません。依頼された本位牌は法要時に祭壇に置きます。費用は『僧 [続きを読む]
  • 1711. 連続の葬儀は見極める絶好の機会
  • 昨日親族葬をされた家族は、焼骨を後飾り祭壇に安置した後、すぐに隣接市の親戚で行われる湯かんに行くことになっていました。当初は黒服を着たまま行くと言ってましたが、湯かんする場所を聞くと式場の畳の部屋だと言う。そこで翌日の葬儀にも黒服は着るのだから、普段着に着替えて行けばパンツが皺に成らない事と、畳の部屋での湯かんは始まったら遠慮せず、すぐに足を崩したほうが良いと伝えます。普段座り慣れてない人は、湯か [続きを読む]
  • 1710.『最期ですから』『ずっと供養』の霊感商法
  • 昨日は友引、夏のような暑さの前橋でした。今日はこれから親族葬儀1件です前回ブログで散骨依頼のお婆ちゃんから散骨代として5万円貰えないからの合同散骨の話しをしました。散骨については代行のみとなりましたが、一部焼骨を当方所有の永代供養墓に納骨して、33回忌まで保管、墓参りはいつでも自由、寺の墓所に建立ですが檀家にならず、水道もあるのに現時点では完全無料です。有料ですが、会員は各年忌法要、盆法要もできま [続きを読む]
  • 1709. 4月8日の合同散骨を思い出す
  • 桜の花も散り、いよいよ春本番の季節ですね。花粉さえ飛んでなければ一年で一番良い季節なのに、、春になると毎年思い出すのが4月8日、仏教の開祖である釈迦(仏陀)の生誕日と言われる日で、花まつりとも呼ばれますね。今から7年前の4月8日、初めから一度だけと決めて参加費1万円で合同散骨を開催した日です。あんしん館に集合、バス1台をチャーターして散骨場まで向かい、各々が好きな場所に散骨しました。粉骨、バス代ま [続きを読む]
  • 1708. 子供達、孫達世代の心にも響く葬儀
  • 30日は葬儀を何度となく経験してる60代70代の人達が、湯かんで話す内容のひとつひとつが身につまされるし、納得するし勉強になると途中の空き時間に列席者で話しているのを千明が聞いたようです。1日は隣接市で家族無しの火葬、職員に収骨して貰い自宅で待ってた奥さんに、手元供養する焼骨を届けてあとは持ち帰りで翌日散骨と永代供養墓納骨の予定を組んでいましたが、2日朝、施設で検案逝去の一報が入り散骨は難しくなり [続きを読む]
  • 1707.  紹介業者に依頼する葬儀の盲点
  • いゃあ、昨日はさすがにバテました。葬儀続きの徹夜明けの葬儀は、やっぱ厳しいですね。前回ブログを書きながら思い出した事があります。最近うちの葬儀に列席した親族で県外の方でした。料金や葬儀内容の話しになった時、その方は互助会を否定していましたが、大手葬儀ブローカー(紹介業)が良いのではという話題になりました。理由を尋ねると「あれだけの宣伝費を掛けて成り立つのは沢山葬儀の依頼があるからだろうし、沢山依頼が [続きを読む]
  • 1706.  うちの近くにありませんか?
  • 現在時刻、31日午前5時30分・・・1時間ほど寝た午前3時、搬送依頼の電話が入った。隣接市公営住宅の4階で自宅逝去の会員さんです。エレベーターはあるけど、ストレッチャーは入らずで久しぶりに、ちと大変な搬送でしたが、何とか安置も済んで一休み、31日は午前8時出勤ですから今から帰っても寝られる時間はないと、とりあえずブログを書いて、早朝に霊柩車の洗車、その後シャワーを浴び午前9時から納棺師、午後1時過 [続きを読む]
  • 1705.  本音相談が年々増えています
  • 29日午後8時現在、あんしん館には3名の方が安置されていますが、30日2名の直葬と親族葬、31日1名の家族葬ですが、今晩搬送が無い限り今月施行は完了ですが、桜の花が満開の時期って確かに毎年葬儀していますが、もう少し暇な月だと思っていました。何となく良い季節だから、病気の方々や老人の方々が元気になるような気がして、錯覚かもしれません。今月を見ると家族葬系が数件で、あとは、ぱっく60を中心に直葬系ですが [続きを読む]
  • 1704. 家族の生活が守れない葬儀は受けない
  • うちで葬儀をした友人に、自分達も助けて貰ったから、相談してみろと言われ、息子夫婦が来館し話しを聞き、それを父親に話し、父子で話しを聞きに来館した。お金は無いけど、昔から知ってる寺に父子が相談に行き話しを聞いてきたという。対象者は奥さんであり、お母さんです。住職の話しでは、信士信女戒名付きで30万円だけど、10万円現金で支払い、あとは月に3万円づつで良いと言われたからと話されました。って事は、うちの [続きを読む]
  • 1703. 施設長が家屋管理人で死亡届申請できます
  • 昨日は夜になり雨が降ってた前橋も、午後10時頃は雨も止んで11時前、帰宅準備を始めると電話が鳴る。隣接市の施設に入所されている方で、数日前に危ないとの連絡を貰っていた方でした。医師の死亡診断と処置が済む時間に合わせ、ご安置の準備をして12時出発です。東の空はカミナリが光っています。カミナリは夏にあるものと思っているだけに違和感はありますが、落雷の音は聞こえませんから遠いです。国道を東に走ると隣接市 [続きを読む]
  • 1702. 歌とコメントで泣いた
  • ブログを書く時は音楽を聴きながら、パソコンを打つのが習慣・・・クラシックが多いけど今日は昔の歌を聴きながら文章を打っていたら、僕の手が止まり暫し曲に聴き入った・・・逢いたくて〜  逢いたくて〜  この胸のささやきがあなたを探している ・・・ あなたを呼んでいる〜♪知ってる方も多いと思いますが、1993年、今から25年前にリリースされた スターダストレビューの『木蘭の涙』が流れました。聴いてるだけで涙 [続きを読む]
  • 1701. 自宅介護の現実を熱く語るご主人
  • 先日葬儀をされた家族に聞いたと、一昨日入会にきた方から、昨日の午後8時前、対象者逝去の一報が入る。指定先の病院までお迎えにいき、あんしん館にご安置すると、末期の水ををとり、線香を供えて最終確認と死亡届出書の記入をするのが、いつもの流れです。少し話しが進むと、7年間の介護生活を語りだした。多系統萎縮症という難病の奥さんを介護したそうです。気道が塞がってしまうらしく、喉下に穴をあけ気道の確保をしたよう [続きを読む]
  • 1700.  人は環境で育つと我が足跡で知る
  • 春分の日は事前相談3件と法要1件です。10時から事前相談の様子がモニターに映っています。夫婦らしき2人と机を挟んで千明が対応していますが、身振り手振りを交えて話し、聞いてる2人がその都度頷きながら聞いているようです。以前は100%僕自身が相談を受けてきましたが、最近千明が相談を受けるケースが増え、僕は葬儀になって初めて顔を合せる家族も増えてきました。葬儀の世界では僕よりずっと先輩ですが、10年前の千明 [続きを読む]
  • 1699.  彼岸です。故人を思い出しましょう
  • 彼岸は仏教言葉で対岸、向こう側の事で悟りの地とも言えますが、簡単に言えばあの世の事です。春と秋の彼岸は墓参りをする日として有名です。勿論、墓参りをするのもひとつの方法ではありますが、大切なのは墓参りでなく、故人を思い出すことです。家族親族が、皆さん墓の近所で暮らしている訳ではありませんし、仕事の都合で出掛けている事もあります。或いは海外で生活しておられる方もいるでしょう。このような人達にとって墓参 [続きを読む]
  • 1698.  人生を楽しむ、謳歌するってなに?
  • 葬儀は手段であり目的ではない、目的は誰もが死後の費用を心配することなく、自分の人生を精一杯楽しみ謳歌して生きられる世の中であって欲しい・・・その障害となっているのが、現行の高額葬儀であるし、葬儀の在り方を考え直す時が来ている。本来行政が行うべき事と思うが、現実は全く違う訳でなら吠えるより動いたほうが早い。その結果『あんしんサポート葬儀支援センター』誕生であり、これが、僕の根底にある理念です。人生は [続きを読む]
  • 1697. ブログの文字サイズと書体の変更
  • 今回もひとつ勉強しました(利之一句)昨日、NPO法人閉鎖に向けホームページの変更やら、懸垂幕や看板類の変更について話しました。おっと、勘違いしないでください。事業は今まで通り存続しますが、冠のNPOを外して法人でなく、個人事業に変更するだけの話しです。この点については、後日じっくり書きたいと思います。法人閉鎖するとNPOや特定非営利活動法人の文字を消去する必要がありますから、懸垂幕、ホームページな [続きを読む]
  • 1696. 故人の為でも、家族の為でも、答えはひとつ
  • 今日の前橋は暖かく桜も開花しそうです。本日の朝一で火葬された方は、元葬儀社に勤務しておられた方で、あんしんサポート会員には、僧侶や元葬儀社社員という会員が数名づつおられます。過去に葬儀された方もいますが、この方々には共通点があります。 現行の葬儀社と宗教者に対して無用論です。さらに残る家族を最優先した自身の葬儀を希望します。1件だけ父の一般葬儀を行いましたが、他は全て直葬系葬儀を行った現実をどう受 [続きを読む]
  • 1695. 故人だって花より団子でしょ
  • 今朝は午前朝一火葬があり、午前7時30分過ぎ日課のシャワーを浴びていると、突然風呂場のドアが開いた。大きな音で呼び出し音が鳴ってる携帯を差し出す奥さんから、受け取ると千明いつもの声で「搬送依頼です」本日14日当初の予定は、朝一の火葬で拾骨が済んだら、5名の散骨とイチゴ狩りをしてくるはずでした。電話が入った時点で全て変更になりました。午前9時20分、前橋斎場に棺を搬入、火葬炉に入るとすぐに指定された [続きを読む]
  • 1694. 後見人依頼、71才の死に想う
  • 今朝、生前予約されていた71才の方が逝去、指定先の病院から搬送、あんしん館ご安置、明日は友引で火葬場休場のため、明後日の朝一火葬の予約をした。71才、、昭和21年生まれ、終戦の翌年に生まれた方ですから、団塊世代のはしりって事になります。医師、看護師以外は誰にも看とられることなく、逝去後処置が終われば、我々が搬送して安置、線香を供えます。火葬の法的手続きを済ませ、予約日時に火葬、火葬場の職員が拾骨、 [続きを読む]
  • 1693. 葬儀屋にして、葬儀屋にあらず
  • 新規の方でも、事前相談、事前入会される方々の多くは会員さんの紹介が圧倒的多数ですから、葬儀の内容とか料金とか、人間性についても聞かされての来館が多い。このケースは説明が短縮できるので非常に助かります。ところが最近たて続けに、全くの新規で事前相談に来館された家族が続きました。当然ですが、我々の立ち位置から説明する必要があって話しを始めますが、同じ立ち位置の葬儀社など全くないわけだし、前例もありません [続きを読む]
  • 1692.  『平均』と『例え話』に惑わされない
  • 先日葬儀をされた家族が、自宅置き分の返礼品を持って精算に来館、その際に出た話しです。あ、葬儀後に線香を供えに来てくれる方々の為に自宅に置く返礼品は、自分で持ってくれば25%割引きです。安置する後飾り祭壇と経机、線香具一式も自分で持って行き組立て、最大49日まで置き、自分で持ってくれば3.000円で済みます。 と、この部分は余談です。家族との話しの中で葬儀関連の『平均』と『例え話』が出ましたが、惑わされ [続きを読む]