代表 さん プロフィール

  •  
代表さん: 「我想う」
ハンドル名代表 さん
ブログタイトル「我想う」
ブログURLhttps://ameblo.jp/anshin-support/
サイト紹介文ど素人が流れで仕方なく始めた葬儀の仕事、家族が望む本音だけを模索し続け、少しづつ成長する葬儀日誌
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供232回 / 365日(平均4.4回/週) - 参加 2010/02/20 00:46

代表 さんのブログ記事

  • 1626.  これが、あんしん館式場の祭壇です
  • 前回のブログを書いて掲載してから気づいた・・・『それにうちの祭壇は何も供えなくも豪華だからね』って見せてもないのに、豪華もへったくれもないと・・・こりゃあかん・・・って事で20日の葬儀が済んで、片付終わって何も追加して無い、会員は誰でも使える祭壇の写真を撮りました。・最上段には十三仏のA2サイズ電照板・祭壇下に高さ150cmの回転灯篭1対・青い灯りの回転灯篭が祭壇横に2対・白色灯篭が1対・祭壇最上段 [続きを読む]
  • 1625.  売上下げてる犯人は・・・自分だった
  • 葬家に行くと今日も故人の兄弟姉妹らが揃って話していた。故人を安置している部屋を閉じ、ドライアイスの確認や補充確認をしている間、千明は湯かんと葬儀の人数、料理の数、生花名札の確認などをした。補充確認が済み、襖を開け皆さんが揃っている部屋に座ると故人の娘さんから「缶詰の入ってる籠をお願いできますか?」と言われる「誰が出すの?」と聞く僕に「私です」と娘さん「なんの為に出すの?」「よく子供や孫の名前で供物 [続きを読む]
  • 1624.  夜空にオリオン座、もう冬だね
  • 布団の中で温まって、あと10分ほどで日付が替わろうとしていた時、いじっていたスマホが鳴った。相手は千明・・・搬送確定・・・1年半まえに葬儀をした親戚の方が、自宅で亡くなったという電話らしく、医師の死亡診断等で90分後行くと伝えましたとの事でした。ちょうどウトウトし始めた頃だし、寒いし、布団から出るのが辛いなぁと思いながら着替え、途中でドライアイスを調達してからあんしん館に向かう。先に来ていた千明の [続きを読む]
  • 1623.  会員制にしている2つの理由
  • 最近来館された会員さん達の多くに「ブログ見てますよ」と入会相談、集金業務を担当している千明は言われるそうです。結構読んでくれてる会員さんが多いかも、、とは思っていましたが僕の予想以上に多いのかもしれません。そこで、いい機会ですから『会員制』にしている理由の中で最大の2つについて書いておこうと思うます。1『我々が受けるべき人を断らない為』です何事にも限界はあり、我々が受けられる葬儀も同じです。順序よ [続きを読む]
  • 1622. 2倍サイズの会葬礼状を作ってみっかなぁ
  • 葬儀の中で不要だと思う物はいくつもありますが、その代表のひとつに会葬礼状がある。無料なら有っても良いとは思うけど、礼状・封筒・塩で1組100円くらいはしているでしょう。僕は極普通の会葬礼状なんて読んだこと無い・・・多分、多くの人達は『塩』だけ欲しいんじゃないかなだから、あんしん館には塩がいつでも置いてあります。こう言うと『忌引き休暇願に必要』なんていう人が今もいるでしょうが、死亡診断書のコピーで通 [続きを読む]
  • 1621.  10年経っても変わらぬ思い
  • 「武井さん最初からそこまで安くせず、10万円くらいの料金設定をして、経営が成り立つと分ったら、その分だけ料金を下げれば良いんじゃないの、5万円の火葬って当然利益なんて無いでしょ? 経営が成り立たないと分かった時はどうするつもりなの?」懐かしい話しですが、こう言われたのが設立当初でした。我々の事を心配して言ってくれている有難い言葉です。でも、僕の返答は・・・「心配してくれているのは重々承知の上で、あ [続きを読む]
  • 1620.  料金体系の見直し完了
  • 今年の夏場から時間を見ては、葬儀で使用する葬具の原価各ランニングコストの見直しを進めてきました。主なポイントは次の2点です。》現在の各パック料金設定は当社に於いて適切か否か》各単価はパック料金との兼ね合いも含めて適切か否かその結果、どちらも問題がある事が分りました。現在の単価は、設立当初に設定された単価を基にしているものであり、パック料金のみ引き下げ傾向にあり、単価の合計額とパック料金に大きな格差 [続きを読む]
  • 1619.  仕事をしている時が一番落ち着く自分に驚く
  • 7日の葬儀が終わり、8日水曜日の午後は時間が空いた。午後3時前、昼飯を食べるとパチンコ屋さんに行ってみた。スロットを数時間していると落ち着かない自分がいる。落ち着かない自分に若干の驚きを感じる・・・この現象は前職の社長時代にも感じた事があった。休みの日も事務所に来て、椅子に座ってパソコンを開いてコーヒーを入れ、YouTubeでクラシックを聴きながら飲むのが、いつもしているルーティーンでした。更に特別急ぎ [続きを読む]
  • 1618.  我々泣かせ自宅逝去の巨漢遺体
  • 4日夕方、医師から24時間持つかどうかと言われたとの連絡が入り夜中の搬送を覚悟していましたが、逝去電話が来たのは翌朝の7時でした。自宅で亡くなり、いつも往診に来ていた医師が死亡診断をしてくれるそうで、電話を受けた千明によると、8時頃にあんしん館に出社すれば大丈夫との事。59才の男性で、癌で3年自宅療養してきたようです。数日前、対象者の奥さんの母親が入会相談に来てくれましたが、娘夫婦には聞かず独断で [続きを読む]
  • 1617.  仕事は我慢するものでなく楽しむもの
  • 前回最後に小さな楽しみを見つけては仕事をする日々です。と書いて、ふっと思ったことがあります。サラリーマン時代、社内の数人でお茶をしながら仕事の話などしていると圧倒的多数の意見が『仕事は我慢するもの』という結論になりました。ついでに上司の悪口が定番ネタです。確かに能力の低い上司もいるから、初めは笑って聞いてもいますが、そのうち人格について、とやかく言う始末・・・こうなると、愚痴、嫉妬、妬みにしか思え [続きを読む]
  • 1616.  紅葉を見ながらのドライブも仕事
  • 10月は台風の影響もあって初旬に一度、下旬に一度だけという散骨になり、下旬は7名を背負って散骨場まで登る細い坂がきつかったですから、とにかく行ける時行こうと火葬に入れると、収骨は後見人さん達に任せ散骨の準備。11月3日、文化の日、前日に引き続きいい天気の前橋市、お昼少し前、あんしん館を散骨に出発、紅葉を見ながらの散骨ドライブの予定でした。ところが、あんしん館を出発してすぐ渋滞・・・あれ? 祝日だか [続きを読む]
  • 1615.  取材した記者も驚く業界の異端児
  • この数日、ちょっと寝不足気味で葬儀が終わると、睡魔が襲ってくる11月になっています。昨日、自宅安置の方をお迎えに行くと道路両側の街路樹が結構な紅葉をしているに気づきました。この数日で色づきの速度を速めているようです。先日チラッと書きましたが、介護施設を中心とした業界の新聞記者さんが取材にいらっしゃいました。最近は営業電話も多いから、千明の報告を受けた時は広告宣伝の記事営業かと思っていましたが違うよ [続きを読む]
  • 1614. 何事も『自分だったら』と考える
  • 10月末の前橋は晴れですが、冬が近づいているのが分るくらい、今朝は寒いと思う自分がいました。ちと気は早いけど、あと2ヶ月で正月なんですね。年を増すごとに一年が早くなる感じです。うちの千明は、つい先日おせちを食べたばかりなのに・・・なんて言いますが、ちょっと言い過ぎだよね。湯かん納棺の1時間、早い段階で伝えることがあります。「これからの1時間、その後も含め葬儀の全てが終了するまで、その都度、自分が故 [続きを読む]
  • 1613.会員さんから自宅に実ったミカンの差し入れ
  • 台風が去って晴れたと思ったら、上州名物の空っ風か!?ありゃ、、もう冬なのかな・・・朝起きて部屋のカーテン開けた瞬間、寝ぼけた頭で思ったことです。テレビをつけると今日は全国的に強風のようですね。いつものように事務所に来ると、今日は葬儀もなく午後に介護施設関係の業界新聞取材があると言ってました。時間のあるうちに支払いに行くと千明は出掛けました。風は強いですが、のんびりした時間が流れています。音楽を聴き [続きを読む]
  • 1612.  不器用だけど実直に生きたい
  • 今、来年配布するパンフレットの作成に入っています。10年目となるから改めて全項目の原価を出しました。少しづつ原価が値上がりして、物によっては料金を決めてから、何度か値上がりしているものもありました。特別支援パックの直葬パックと直葬+遺骨供養のぱっく60、散骨+永代供養墓だけは、何とか現行料金で残すつもりでいますが、他のパックは2万円ほど値上げになりそうです。湯かん葬パック 149.000家族葬パック  199 [続きを読む]
  • 1611.  葬儀の何が分らないか、分らない人達
  • 先月、今月と入会者数が多いように感じます。最近は事前相談の大半は千明が担当していますが、それでも時々呼ばれることがあります。呼ばれる圧倒的多数は、金銭的に余裕の無い家族です。お金が無い人達の葬儀をどうするかです。僕の感覚ではギャンブルして、酒を飲み過ぎて、遊び過ぎでなどの理由でお金が無いのは、誰でもが思うように自業自得だと思う。しかし入院してたり、施設に入ったり、自宅介護をするしかないなどの理由で [続きを読む]
  • 1610.  終わると入る10月の葬儀
  • 今日の前橋は朝からどしゃぶり、もう何日雨が続いているのか分かりませんが、今晩から明日の朝にかけてが台風の影響を強く受ける予報のようです。何事もなく日本を通過してくれると良いのですが・・・今年の10月は初めての経験をしながら22日まで来てる。こんな事ってあるんだなぁって感じです。1日の搬送から始まって、今月は夜中の搬送もなく、葬儀期間は2日間から、長くても3日間ですが今月最初の葬儀から、終わるとその [続きを読む]
  • 1609.  うるさい親戚の叔母さんを巻き込む
  • 今回は家族目線の際たる部分であり、かなり高度な話術を必要とするお話しです。10月葬儀をした家族の話しでもあります。入会されたのは今から2年半前、対象者は母親で脳梗塞で倒れ、生死の境を彷徨った時、兄妹で入会にきました。その後2年半は何の連絡もなく、突然、母親逝去の一報をくれたのです。当初入院していた病院でなく、何年も入院できる病院名を電話で聞かされた千明の報告を受けた時、ある想定をした。倒れた当初か [続きを読む]
  • 1608.  たまには弱気な面も書いてみます
  • 基本強気な性格で、常に前向きなのが取り柄のようです。とはいえ人間ですから、弱気になる事があったり、気力低下する時もあるのが現実です。気力の低下では分かり難いですね。単刀直入に言うと、仕事が嫌になることもあります。最も多いのが葬儀の前日や直前でしょうか・・・面倒臭ぇなぁ・・・ 人に気を遣うの疲れるなぁ・・・という感覚になることはよくあります。納棺師の1時間を迎えるのが憂鬱に感じることもあります。一方 [続きを読む]
  • 1607. 消費者目線の勘違い、それ自分目線だよ
  • 先日友人から電話があり、仕事の話しをしていた時、改めて『やっぱこの感覚かぁ』と感じたことがある。この感覚で失敗している人はとにかく多いです。僕の経営理念の基本は『我が店はお客様の為にあり』ですとブログにも書いた事もあります。その話しをすると自分も同じだと言う人は結構多いのですが、例え話しを聞くと『・・・・』となる人が多い。先日の電話では弁当屋を経営していた当時の話・うちはいい米を使ってきた・おかず [続きを読む]
  • 1606.  慣れの怖さを知るからの頑固さ
  • 昨日のブログで霊安室にも平気でいられると、慣れとは凄いものだと書きましたが、一昨日の『家族が希望する葬儀』の懇談会で、我々が食える事、我々の健康が優先と心配をしてくれる家族の言葉を少し書きました。実にありがたい事だし、その通りで何一つ間違っていません。お誘いして「あいよぉ」って快諾してくださる方々ですから、尚のこと我々の身体や生活も心配してくれるのです。人は自分がある程度満たされていなければ、他人 [続きを読む]
  • 1605.  夜7時出発、お迎えドライブ400km
  • 昨日15日の葬儀は一件だけでしたから、のんびり片付や整理をして、そろそろ飯を食いに行こうと思っていた午後5時(昼食ですが・・・)会員さんから電話が入った。依頼者は前橋ですが、対象者が神奈川県横須賀市の病院という珍しいというか、、遠過ぎるというか、、単純計算をしても370から380km走る事になりそうです。ドライアイスの準備をし、棺を積んで、病室へのお迎えも想定すると、スクープストレッチャーと簡易棺 [続きを読む]
  • 1604.  これから必要な葬儀の在り方を話し合う
  • 14日土曜日、午前11時から理事さんや最近葬儀をした家族11名と我々2人の13名で、既存葬儀の疑問点やら今後必要な葬儀の流れについて話し合いをしました。最近葬儀をされ、家族条件の違う方々ばかりに、声を掛けさせて頂きましたが、皆さん快く引き受けてくれました。葬儀をされた家族の皆さんが、我々の進む指標を決める為だけに無償で集まってくれる。 ありがたいことです。2時間の予定でしたが、2時間30分の話し合 [続きを読む]
  • 1603.  我が道を開拓しながら進むだけ
  • 先日葬儀をした家族に言われた。「あんしんサポートの葬儀って、料金もだけど、考え方も他と一味違うし、あんなに明るくて笑いのある湯かんって初めて経験したけど、確かに温かく送れた感じはしたよね。それって誰かに教わったものですか?」「ん? それって納棺師の事? 湯かんの事?」「あれとか、これって言うより葬儀の全てだよね」ご夫婦が言うに何度となく葬儀に出ているし、親の葬儀もしてきたけど、自分達の知ってる葬儀 [続きを読む]
  • 1602.  健康であり続けるために
  • 今日の前橋は秋晴れのいい天気です。街中では前橋まつりが行われていますから、相談者の来館も無いであろうと、これから散骨と納骨に行く予定です。今回は赤城山南面道路を通って、墓閉じ依頼を受けている墓の確認も兼ねていきます。帰りは永代供養墓への納骨、赤城山を一周して戻ってくるようなルートですから150kmくらい走るでしょう。今朝千明がコンタクトを入れたら、ビリッっと痛みが走ったらしく、目が真っ赤になってて [続きを読む]