がきちゃん さん プロフィール

  •  
がきちゃんさん: 美味いお魚を求めて! がきの釣り日記
ハンドル名がきちゃん さん
ブログタイトル美味いお魚を求めて! がきの釣り日記
ブログURLhttp://fwiw4296.blog81.fc2.com/
サイト紹介文関西のジギングをメインに、美味い魚を求めて日夜彷徨う者の日記である。
自由文ジギングが大好き!
明石、丹後、和歌山を主なフィールドとし、エギング、ワインド、メバリング・・・ルアーマンを名乗りながら、美味いお魚が釣れるなら、こだわり無くエサ釣りもこなすマルチアングラーである。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供49回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2010/02/20 20:42

がきちゃん さんのブログ記事

  • 極上のメジロはこうして喰らう
  • 長い間美味いお魚を求められなかったので、美味い魚を喰っていない。魚料理が自慢の居酒屋に行けば、美味い魚は喰えるのだが、釣るまで魚は喰わんと半ば意地になっていた。そんな中、先日の釣行で手に入れた、見るからに美味そうなメジロせっかくなので、思う存分堪能したい。しかし、わしは魚を喰うのは好きだが、魚料理が大の苦手釣った魚を自ら捌き、綺麗に盛り付けられた魚料理を紹介するブログなどを見るたびに羨ましく思う。 [続きを読む]
  • よし、明石の海で原点に戻ろう!
  • またしても、予定していた釣行が台風のために中止せっかくの休みなので、何とかならないものかといろいろ悩み、結局明石に行くことにした。船は、昔よくお世話になった中島丸さんこの船にお邪魔するのは10年ぶりぐらい明石ジギングの原点ともいえる船優しい船長には、いつもよく釣らせてもらった。マダコ釣りを覚えたのもこの船だった。わしのジギング歴は長いが、その分いろいろなジャンルに手を出して、つい自分のスタイルを見失 [続きを読む]
  • 高松のおもひで
  • 久しぶりに沖に出た。実にひと月半ぶりである。単に長期間過ごしていたわけではなく、もちろん釣行を予定していたが、ことごとくキャンセルなので、この日の釣行は何が何でも行きたかった。晴天の下、仲間たちと沖に出るだけでいい。別に魚なんか釣れなくてもいい。そんな釣行メンバーは、平均体重約90キロの職場の仲間たち90キロのマグロなら嬉しいが、ただのデカイおっさんは暑く苦しいだけ同じ職場とはいえ、日ごろは顔を合わせ [続きを読む]
  • 皆で美味いモンを喰う会
  • 「がきちゃん、ビワマス釣ってくるから皆で喰おう」と">チームGACHIのAN会長聞けば、隼華ガールのねーさんエスコートにより琵琶湖に出かけるらしい。ビワマスとは、琵琶湖固有の魚らしい。正真正銘の、琵琶湖でしか釣れない魚らしい。知る人ぞ知るその味は、悶絶するほど美味いらしい。生憎わしは、休みが合わず釣りには参加できないので、ご相伴に預かることを楽しみに留守番することにした。AN会長やねーさんからミッションクリ [続きを読む]
  • マイカを喰って思い出した丹後での出来事
  • 毎日猛暑が続き、いい加減うんざりしている。海水浴もサーフィンもやらなくなった今では、夏なぞ要らないと思うものの・・・四季があり、それぞれ旬を迎える魚が居るので、夏には夏の味を楽しみたい。夏といえばマイカ(剣先イカ)の季節である。透明感のある瑞々しい身は、見たままの美味さコリッとした歯ごたえと甘みを同時に楽しむことができる。わしはそんなマイカが大好きである。そんなマイカが手に入ったので、さっそく味わ [続きを読む]
  • 釣り部屋の快適化計画
  • 先日わしの釣り部屋移転の話を書いた。新しい釣り部屋は狭いけど、いろいろと手を加えて結構快適な空間となった。しかし、これから梅雨も明けて本格的な夏を迎えるにあたりエアコンがないという致命的な問題が持ち上がった。どうしたものかと頭を抱えていたわしだが、当ブログの読者から「エアコン買えばええやん」というアドバイスをいただいた。そうか、その手があったか!ということで、早速そのナイスなアドバイスに従うことに [続きを読む]
  • 明石沖でのタコ釣りの記憶
  • わしの趣味は、家庭菜園である。人混みが苦手で、かつ、極度の人見知りであるわしは、仕事を終えて帰宅すればいつも半端ない疲れを感じる。そんなわしを癒してくれるのが野菜たち肥料や害虫対策など、まだまだ覚えることも多いが、それもまた楽しみのひとつ色鮮やかに実った野菜を眺めれば、この上ない幸せを感じる。そんなわしだが、かつては釣りが趣味だった。あまり人には話したことがないが、寝ても覚めても釣りのことを考えて [続きを読む]
  • 美味すぎる豆の話
  • 先日母が、生協でポチった種が無事に実った。記念すべき、家庭菜園の収穫第1号となったのはこれえんどう豆だが、成熟すると鞘が鮮やかな紫色に色づく。普通のえんどうやいんげんなら知ってるが、こんな豆は見たことがない。当の母に聞いても、「けったいな豆やなぁ〜」と無責任な返事ネットで調べてみると、紫いんげんという種類だということが分かった。別名は、「やらず豆」美味すぎて、人にはやれないというのがその名の由来な [続きを読む]
  • おふくろの味
  • 「そういえば昔よく喰ったよなぁ」と、ふと懐かしい味を思い出した。今から15年ほど前だろうか、まだわしらが小さかったころ、よく母が押し寿司を作ってくれた。当時は、握り寿司など特別な日にしか喰うことができず、寿司といえば、母の手作りの押し寿司かばら寿司であった。いわばおふくろの味である。押し寿司のネタは、甘辛く煮付けたなまり節これがやや甘めに合わせた酢飯とよく馴染んで美味い。そう思うと、無性に喰いたくな [続きを読む]
  • ある梅田の肉バルの話
  • 先日、大切な友人達と久しぶり飲むことになった。せっかくなので、梅田で美味い肉でも喰おうやということになった。幹事はわしこれは絶対に外す訳にはいかない。金晩なので、これという店はすべて満席それでも諦めず、ネットを駆使してよさそうな店を探していて、とある肉バルを見つけた。プレミアムコース創作イタリアン×石焼ステーキ 生ビール付き飲み放題で5,000円ミディアムレアに焼き上げられたステーキと、程よくサシの入 [続きを読む]
  • 釣り部屋の移転の話
  • 我が家のリフォームに伴って、部屋の再編が検討された。わしの釣り部屋は、2階の南東角の6畳部屋で日当たりが抜群再編と聞き、前々からその部屋に目を付けていたチビーズ1号が早速動いた。「俺、あの部屋がええねん」しかし、居心地のいい部屋をそうやすやすと明け渡すわけにはいかない。「いや、あの部屋は夏場の暑さが尋常じゃないので、君は西側の部屋にしなさい」「暑かろうが、寒かろうが、俺あの部屋がええねん」と食い下 [続きを読む]
  • 殿、平政でござる!
  • 殿、今日はいい魚が入ってござる。何やら、加賀の輪島町のものらしいでござる。いや、鰤ではござらぬ。よく似るが、平政という、たいそう美味い魚でござる。我が家臣が殿に喜んでいただこうと、わざわざ輪島町に出向いたものでござる。その魚を、腕の立つ者に調理させてござる。さささ、どうぞお召し上がりください。まずは、三日間寝かせためじろ程度の大きさのものから平政の刺身これは、まだ身が若いので薄く切ってござる。コリ [続きを読む]
  • 輪島でドーン ヒラマサがバーン!
  • 石川県の輪島沖がアツいことは聞いていた。モンスターが数多くキャッチされているのを聞いていた。「がきさんも一度輪島のポテンシャルを味わってや〜」と前々からお誘いいただいていたところ、やっとタイミングが合った。GO! GO!! である。メンバーは、チームFreeRunのK太代表をはじめ、SKちゃん、NAKAI君、マサちゃんにきはらっちの総勢6名お世話になったのは、輪島の名船 諏訪丸さん状況を聞けば、今シーズンは、まだほ [続きを読む]
  • ニベの刺身と「お刺身が美味しくなるシート」
  • 先日の釣行でAN会長か釣り上げたニベ魚の姿を見た瞬間に「な、何やこの気持ち悪いヤツは」と叫んでいた。無理もない。待望のマダイのアタリを捕らえたと思ったのに、上がってきたのは口からベロンと浮き袋を出した、見たことのない魚要らんと言うので、わしがいただいた。気になる味は、一般的に「水っぽい」という評価一夜干しが美味いが、もともと味は悪くない。捌いてみると、予想以上に状態がいい。ひと切れ味見してみたら、 [続きを読む]
  • ミタっちゃん、鯛釣らしてや〜
  • そろそろマダイが釣りたいなぁ一日のんびりと鯛カブラ巻きたいなぁマダイと言えば、やっぱりあの船長のところやなぁ久しぶりに毒舌聞くのも悪くないなぁそう明石でマダイといえばミタチ丸鯛のミタチ丸である。チームGACHIのAN会長と、職場後輩のメンバーと共に乗り込んだ。今回の出船を控え、ミタチ船長は「鯛なぁ、あんまり調子よくない、でぇ」「サビキやったら釣れてるけどなぁ、カブラはなぁ」と弱気な発言を繰り返していた。 [続きを読む]
  • 突然家庭菜園に目覚めたわし
  • うちの母は、生協で買い物をするのが大好きである。いつもカタログを眺めては、気に入ったものを注文している。「あまり余計なものを買うな」という忠告もお構いなしに、嬉しそうにあれこれと購入している。いわばわしらがネットショップでポチるのと同じなのだろう。つい余計なもの?を買ってしまうのは同じなのだろう。それはいいとして、最近やたらと野菜の苗や種を購入するのに閉口している。「プチトマトの種買っといたで」と [続きを読む]
  • チヌ三昧
  • 先日の釣行で唯一の釣果のチヌ(黒鯛)チヌといえば、野武士のような厳つい風貌からファンが多い魚である。また、その雑食性と生息地域の広さから、各地で様々な釣法が確立されているのも人気の証拠わしもひと昔、タモを背負って波止上を歩き、水面に浮かぶ目印に目を凝らしたものである。釣りものとして人気が高い一方で、臭い、水っぽいなどと、味の評価はイマイチ良くない。確かに時期や海域によっては、その評価も当てはまるの [続きを読む]
  • アウェーの海で、アウェーな釣り
  • いよいよゴールデンウィークに突入前半は好天に恵まれるようだが、後半は荒れ模様らしい。わしはカレンダー通りに休めずに、あまりゴールデンウィークは関係無いが、それでも連休の合間を縫って出掛けてきた。三重県の鳥羽沖で、なかなかおもろい釣りができるところがある。ハタ系中心に、底物のいいのが狙えると前々から気になっていた。人気船なのでなかなか予約が取れない中、何とか乗ることができた。事前の情報では、ジグは10 [続きを読む]
  • 絶対に外すことができない釣り
  • チビーズ2号に何が喰いたいかを尋ねたら、「魚がいい」という。今まで散々美味い魚を喰わせてきたが、やっぱり魚がいいと言われれば心の底から嬉しくなる。よし、美味い魚を釣りに行こう。お世話になったのはケイズさんスローで何でも狙いである。この漢にすべてを託す。風よし、潮よし、水温よし、ベイトよし だった。が・・・腕なしの釣果なしで終わってしまった。仕方がない。こんな日もあるだろう。しかし、貧果でもそれなり [続きを読む]
  • 条件付きで美味いヤツ
  • 工作員が所属先からミッションを携えて帰ってきた。「これ食べてみてって」といいながらカバンから取り出したのは、握り拳ほどの大きさの白っぽい塊一見してラップに包まれた魚の身だと分かる。「5切れまでやったらいけるらしいで」という言葉により無意識に括約筋が緊張した。工作員は参加していないが、先日所属先で中深海ジギング研修会があったことを思い出した。ジグの重さが600グラム〜800グラムのジグでキンメを狙うと聞い [続きを読む]
  • ええサイズのアオリの美味い喰い方
  • わしはイカが大好きである。釣るのはもちろん、何より喰うのが大好きなのである。アオリ、ケンサキ、ヤリ、スルメ、ガメラ・・・どのイカも、それぞれ食感があり、それぞれの旨みがあり、それぞれに合う料理法がある。どのイカも市場に流通しているが、美味いイカが喰いたければやっぱり釣るのが一番である。先日釣ったアオリイカは1.6キロのええサイズもともとアオリイカは、ケンサキなどと違ってコリコリとした歯ごたえよりは [続きを読む]
  • 串本沖にええサイズのレッド現る!
  • 前々から計画していた南紀の赤系アオリイカ、いわゆるレッドモンスター狙いだが、今年は黒潮大蛇行による低水温が続き、船長からもまだ来るなという忠告を受けていた。そんな中、気温の上昇とともに徐々に水温も上がり、釣果も上向きとなってきた。いよいよGO!である。同行するのは、ティップランメンバーでおなじみの修二とオーノ修二と彰なら青春アミーゴだが、コイツらは青春過ぎたエギンガーである。お世話になるのは、串本 [続きを読む]
  • さぁ、キンメだらけやでぇ!
  • そんなところから覗いてないで、中入ってきなさぁ、さ、ここにお座りおっと、見渡したってお品書きなんぞ無いぜ何せうちは、入った魚に合わせた料理を出すんだぜぇその魚をどう喰うのが一番美味いのかを知ってるのさだから、いい魚が入らなかったり、オイラの気分が乗らない時は店は開けないんだ。飲み物はビールでいいかい?飲み物も、料理に合うものをどんどん出すから、頃合いでストップって言ってくんなじゃないと、立てなくな [続きを読む]
  • さぁ、キンメまつりやでぇ!
  • 美味い魚が喰いたい。身を醤油に浸すと、パッと弾けるような脂が乗った青物もいい噛めば歯を押し返してくるような弾力のある白身魚もいいできればその両方を味わいたいが・・・  と考えて、思い当たる魚があった。一旦そう思うと、なんとしてでもその魚を喰いたくなった。喰いたい魚は自分で釣るのがモットーなので、何とか狙ってみたい。ここの所、釣行予定がことごとく荒天中止だったが、この休みは穏やかな予報最近の釣果も上 [続きを読む]
  • 田辺沖 黒くてデカいやつがいい
  • チビーズ1号の誕生日一応何が喰いたいか尋ねてやる。「お、俺なぁ〜」「分かった、みなまで言うな」「ち、違うねん 俺なぁ〜」「分かってる、わしに任せておけ」「お、俺・・・」最後まで聞かなくても分かっている。何が喰いたいのかは分かっている。その望みに応えてやろう。必ずや、黒くてデカいやつを喰わせてやろう。脂の乗った、飛び切りのやつをさっそく車を南に向けて走らせる。お世話になったのは、和歌山県田辺市の内之 [続きを読む]