がきちゃん さん プロフィール

  •  
がきちゃんさん: 美味いお魚を求めて! がきの釣り日記
ハンドル名がきちゃん さん
ブログタイトル美味いお魚を求めて! がきの釣り日記
ブログURLhttp://fwiw4296.blog81.fc2.com/
サイト紹介文関西のジギングをメインに、美味い魚を求めて日夜彷徨う者の日記である。
自由文ジギングが大好き!
明石、丹後、和歌山を主なフィールドとし、エギング、ワインド、メバリング・・・ルアーマンを名乗りながら、美味いお魚が釣れるなら、こだわり無くエサ釣りもこなすマルチアングラーである。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供72回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2010/02/20 20:42

がきちゃん さんのブログ記事

  • 絶対に外すことができない釣り
  • チビーズ2号に何が喰いたいかを尋ねたら、「魚がいい」という。今まで散々美味い魚を喰わせてきたが、やっぱり魚がいいと言われれば心の底から嬉しくなる。よし、美味い魚を釣りに行こう。お世話になったのはケイズさんスローで何でも狙いである。この漢にすべてを託す。風よし、潮よし、水温よし、ベイトよし だった。が・・・腕なしの釣果なしで終わってしまった。仕方がない。こんな日もあるだろう。しかし、貧果でもそれなり [続きを読む]
  • 条件付きで美味いヤツ
  • 工作員が所属先からミッションを携えて帰ってきた。「これ食べてみてって」といいながらカバンから取り出したのは、握り拳ほどの大きさの白っぽい塊一見してラップに包まれた魚の身だと分かる。「5切れまでやったらいけるらしいで」という言葉により無意識に括約筋が緊張した。工作員は参加していないが、先日所属先で中深海ジギング研修会があったことを思い出した。ジグの重さが600グラム〜800グラムのジグでキンメを狙うと聞い [続きを読む]
  • ええサイズのアオリの美味い喰い方
  • わしはイカが大好きである。釣るのはもちろん、何より喰うのが大好きなのである。アオリ、ケンサキ、ヤリ、スルメ、ガメラ・・・どのイカも、それぞれ食感があり、それぞれの旨みがあり、それぞれに合う料理法がある。どのイカも市場に流通しているが、美味いイカが喰いたければやっぱり釣るのが一番である。先日釣ったアオリイカは1.6キロのええサイズもともとアオリイカは、ケンサキなどと違ってコリコリとした歯ごたえよりは [続きを読む]
  • 串本沖にええサイズのレッド現る!
  • 前々から計画していた南紀の赤系アオリイカ、いわゆるレッドモンスター狙いだが、今年は黒潮大蛇行による低水温が続き、船長からもまだ来るなという忠告を受けていた。そんな中、気温の上昇とともに徐々に水温も上がり、釣果も上向きとなってきた。いよいよGO!である。同行するのは、ティップランメンバーでおなじみの修二とオーノ修二と彰なら青春アミーゴだが、コイツらは青春過ぎたエギンガーである。お世話になるのは、串本 [続きを読む]
  • さぁ、キンメだらけやでぇ!
  • そんなところから覗いてないで、中入ってきなさぁ、さ、ここにお座りおっと、見渡したってお品書きなんぞ無いぜ何せうちは、入った魚に合わせた料理を出すんだぜぇその魚をどう喰うのが一番美味いのかを知ってるのさだから、いい魚が入らなかったり、オイラの気分が乗らない時は店は開けないんだ。飲み物はビールでいいかい?飲み物も、料理に合うものをどんどん出すから、頃合いでストップって言ってくんなじゃないと、立てなくな [続きを読む]
  • さぁ、キンメまつりやでぇ!
  • 美味い魚が喰いたい。身を醤油に浸すと、パッと弾けるような脂が乗った青物もいい噛めば歯を押し返してくるような弾力のある白身魚もいいできればその両方を味わいたいが・・・  と考えて、思い当たる魚があった。一旦そう思うと、なんとしてでもその魚を喰いたくなった。喰いたい魚は自分で釣るのがモットーなので、何とか狙ってみたい。ここの所、釣行予定がことごとく荒天中止だったが、この休みは穏やかな予報最近の釣果も上 [続きを読む]
  • 田辺沖 黒くてデカいやつがいい
  • チビーズ1号の誕生日一応何が喰いたいか尋ねてやる。「お、俺なぁ〜」「分かった、みなまで言うな」「ち、違うねん 俺なぁ〜」「分かってる、わしに任せておけ」「お、俺・・・」最後まで聞かなくても分かっている。何が喰いたいのかは分かっている。その望みに応えてやろう。必ずや、黒くてデカいやつを喰わせてやろう。脂の乗った、飛び切りのやつをさっそく車を南に向けて走らせる。お世話になったのは、和歌山県田辺市の内之 [続きを読む]
  • アカムツ料理に込めた想い
  • 「がきさん、お願いがあるねん」と、釣友から連絡があった。珍しいなぁと思ったが、何やら真剣な様子その頼みとは、わしにアカムツを料理してほしいというもの聞けば、わしもよく知る者が入院中らしい。(その者をここでは「ゲスト」と呼ぶことにする。)見舞いがてらに何か喰いたいものがあるかと尋ねたら、「アカムツが喰いたい」ということらしい。リクエストを受けて、勝浦まで行ってアカムツを釣ってきたのでわしに捌いてほし [続きを読む]
  • 何が春の嵐やねん!!
  • むっちゃ忙しかった2月やっと空いた時間ずっと楽しみにしていた釣行それなのに・・・またお前か〜!!おしまい・・・腹が立ってでも、この怒りをどう納めればいいのかが分からなくて・・・結局こうなった今度はPE1号を600メートル(^^b   ↓にほんブログ村 [続きを読む]
  • 包むだけでお刺身が美味しくなるシート
  • 包むだけでお刺身が美味しくなるシートなるものを購入した。パッケージには、「生臭みがとれて、旨味がギュッ!!」というコピーが添えられている。常々魚に生臭さなどないと考えるわしは、このコピーにそれほど心が動かないが、美味しくなるというなら是非試してみたい。パッケージを開くと、25センチ×35センチのシートが4枚入っている。これは、同じくオカモト製の脱水シートのピチットと同サイズだが、厚さはピチットと比べて [続きを読む]
  • 福岡に神7(セブン)現る
  • タイトルを見てギョっとした方も多いと思う。何やらとんでもないことが起こったのかと驚いたと思う。福岡に神7(セブン)が現れた。神?こいつらが神なのか。一体何が神なのか。一体誰が神なのか。中洲で、名物の鶏の水炊きを味わうこの中の誰かが神なのか。GACHIなるチームの会長を務めるANが神なのかすっかり電動ジギングの虜となり、ウィーン、ウィーンウィーンと怪しげな音を響かせながら「電動最高!!」と叫ぶAN会 [続きを読む]
  • 思いっきり牡蠣のオイル漬け
  • 先日、古い友人たちに会いに広島県に出かけた。広島市に住む友人が、美味い料理と酒でもてなしてくれ、皆で飛び切り楽しい時間を過ごした。わしが広島に行ったとき、土産として必ず買うのがもみじ饅頭と牡蠣のオイル漬け小さな瓶で1,000円以上もするお土産価格だが、ほんまに美味いので必ず買って帰る。旨みがギュッと詰まった牡蠣の身が、サラッとしたオイルに絡んでまさに絶品ちびりと摘まみながら、グビっとビールを飲んで、ひ [続きを読む]
  • スマホの機種変更
  • 先日スマホのカメラがいきなりブラックアウトした。カメラアプリがダメなのかと思い、試しに別のアプリを試すも改善せず。他にもQRコードも読まないし、スクリーンショットも真っ暗のままどうやら故障したらしい。ガラケーもそうだが、大体3年ぐらい使えば、申し合わしたように不具合が発生して機種変更を余儀なくされるのは、あらかじめそうプログラムされているとしか思えない。文句を言っても仕方がないので、機種変更すること [続きを読む]
  • 自分へのご褒美
  • 昨秋以降、年が変わっても何かと忙しいわし主に私的な事情だが、休みごとに役所や金融機関などと走り回っている。何とか時間を見つけて釣行を予定するも、観測史上初とかいう寒波にやられっぱなし。どうも、上手く気分転換ができていない。◎%△#×えっ!?◆&γ○%ええっ!? 「 ・・・ 頑張った自分に褒美をあげたらどうや ・・・ 」えええっ!!?そうやなぁそうやんなぁ!!ということで、頑張ったわしにご褒美をあげ [続きを読む]
  • 聞いた話をまとめると、どうやら岡山に行ったらしい
  • まず最初に断っておくが、これらはあくまで聞いた話である。先日、この時期限定の寒ビラメを釣りに行った・・・   らしい。メンバーは、チームGACHIのAN会長、中ちゃん、うっちゃんに、釣り友達の又ちゃんとmatさん   らしい。船は、岡山県玉野市のセトマリンさん   らしい。寒さも和らぎ、晴天の凪で、絶好の釣り日和「やっぱりがきちゃん居てないから好天やなぁ〜」とか話していたらしい。7時に出船し、まずは対岸の高 [続きを読む]
  • 真魚箸 魚料理へのこだわり
  • いい魚が手に入れば、当然料理する腕にも力が入る。特選の素材に敬意を表し、心を込めて仕上げなければならない。魚料理の肝となる包丁の話は前に書いた。今回は、板前さんが包丁の対として使用する箸の話「真魚箸(マナバシ)」という、魚料理の盛り付けに用いられる箸がある。「真菜箸」とも書くが、一般的には「盛り箸」で通っている。包丁式という、正装して右手に包丁、左手に箸を持ち、魚には一切手を触れずに捌く儀式で知ら [続きを読む]
  • 寒さ知らず わしのウインターギア
  • 昨年秋からしばらく釣りに行けず、復帰した頃にはすっかり冬となっていた。しかも今冬は気温が下がるのが早く、釣りをするには非常に辛い状況となっている。よくゴルフが好きな友人と、「真冬にゴルフする奴はアホや」、「いやいや、釣する奴の方がアホや」と言い合うが、お互い寒さを理由に止めるという選択肢は持っていない。かといって、コロコロに着ぶくれするのは嫌特に用を足す際には、引きこもりのチンアナゴを引っ張り出す [続きを読む]
  • GO!2018  GOGO!!
  • と、いうことで新しい年を迎えた。個人的に、抱負はいろいろあるが、有言不実行となる可能性が高いので、ここでは公言しないことにする。さて、今年はどんな魚たちに出会えるのだろう。どのような方々に出会えるのだろう。何はともあれ、いい一年にしたいものである。本年も、こんなわしにお付き合いいただきたい。おしまい・・・さて、初釣りはどこに行こうか。一年最初の縁起担ぎ、できればいいスタートを切りたいものである(^ [続きを読む]
  • 田辺沖トレーニングジム ジャンボ
  • ずっと持病の腰痛が思わしくなく、それを理由についついトレーニングをサボりがちで、身体のキレの悪さを感じているところである。なので、来年は少し身体をいじめてみようかと考えていた。そう思うと、急に身体がムズムズしてきた。思い切り身体を動かしたい身体に負荷を掛けたい筋肉を限界まで使いたい欲求がどんどん強くなり、居ても立っても居られない。トレーニングは来年からでいいじゃないかいや、そんな悠長なことは言って [続きを読む]
  • こ、これがカワハギの肝なのか!
  • 先日釣った徳島産のカワハギワッペンと呼ばれるミニサイズは少なく、ほとんどが20センチ以上の良型しかも腹周りが分厚く張った固体が多かった。中から出てくるものを想像し、頬を緩めながら取り出したのがこれプルッとしたプリン様のものの中に、乳白色のクリームチーズのような極上のものも混じっている。いつもカワハギの肝は、大きくてきれいなものは肝刺しにし、やや形が崩れているものは肝醤油や肝和えに使うことにしている。 [続きを読む]
  • 南紀田辺沖 赤い怪物を求めて
  • 昨年の今頃から、水温低下とともに南の海に現れる赤系アオリイカ、通称レッドモンスターを狙おうという計画を立てていた。しかし、予約を入れても荒天中止の連続で、やっと沖に出れたときにはもうシーズンも終盤で釣果も下降ぎみ来シーズンこそ手に入れようと、再挑戦を誓い合った。そして今年すでにシーズンが始まっているというよし、行ってみよう。今回も船の手配はオーノに一任そんなオーノから「いい船見つけました」と弾む声 [続きを読む]
  • 復活の場は、徳島沖の菱形狙い
  • 全国1億2000人余りのがきファンの皆様には大変お待たせした。また、ブログも更新せずにご心配をおかけした。がき失踪!?サボり癖が付きやがった。いや、仕事が忙しくて釣りどころではないらしい・・・いろいろな憶測が飛び、多くの方からお問い合わせもいただいた。とても有難い話である。この場を借りて、お礼とお詫びを申し上げたい。さて、私事で恐縮だが、先般父を亡くした。そのために、釣りや飲み会などを控えていた。何度 [続きを読む]
  • ダートマックス
  • わしのエギング歴は長い。細いPEラインが開発され、専用ロッドが発売された頃なので、かれこれ17年ぐらいになると思う。当時使っていたエギは、ほとんどアオリ―Qまだ、各メーカーもそれほどエギに力を入れておらず、その中では定番のエギであった。その後訪れたエギングブームによりあちこちから一斉にエギが発売されたが、いろいろ使うと訳が分からなくなるので、ひたすら同じエギで通し、それなりに実績を上げた。アオリイカの [続きを読む]
  • アオリイカあり?
  • アオリイカは、今や釣りの人気ターゲットのひとつ一方、抜群の食味でイカ好きを唸らせる。釣りたいから釣り、喰いたいから釣る。わしも先日、アオリイカの独特の締め込むような引きを存分に堪能した。釣りの後には、さらに至福のときが訪れる。釣れたアオリイカは、300〜700グラムと身も柔らかくて一番美味いサイズ早速、そのシーズン初モノを味わった。美味い素材は、まずはシンプルに刺身と寿司でいただく。アオリイカの刺身アオ [続きを読む]
  • 明石沖 リアルでダイナミックな船アオリ
  • 今年の明石はアオリが不調らしい。例年なら10月なら数が狙え、2桁釣果は足り前なのだが、今年はいい日で竿頭がやっと2桁まるで11月の終盤のような釣果が続いている。そんな話を聞けば、今年好調な青物が、アオリの新子を喰ってしまったという噂も現実味を帯びてくる。だから?いい日もあれば悪い日もある。いい年もあれば悪い年もある。釣りは、竿を出してみなければ分からない。釣れてないからと行かなければ、当然釣ることなど [続きを読む]