mp1922 さん プロフィール

  •  
mp1922さん: 失われたアウラを求めて
ハンドル名mp1922 さん
ブログタイトル失われたアウラを求めて
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/mp1922
サイト紹介文生演奏のすばらしさ、醍醐味を伝えることができれば、と思っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供189回 / 365日(平均3.6回/週) - 参加 2010/02/21 12:00

mp1922 さんのブログ記事

  • オペラ『サムソンとデリラ』(METライブビューイング)
  • ●11月20日、火曜日、11時20分より、MOVIXさいたまにて、終了は14時50分頃●【指揮】マーク・エルダー【演出】ダルコ・トレズニャック【サムソン】ロベルト・アラーニャ【デリラ】エリーナ・ガランチャ【大司祭】ロラン・ナウリ●結論から言いますと、①舞台・演出:◎から◯②歌手:◎から◯③オーケストラ:◎④総合:◎と◯の間 在京オケの定期演奏会がメインの小生にとっては、サン=サーンスというと交響曲第3番やピアノ協奏 [続きを読む]
  • 12月の演奏会 (2018)
  • 今年もだいぶ押し迫ってきた。日没も早くなり、日めくりカレンダーによると16時半頃。12月は演奏会も多いし、ダブルヘッダーも2度ある。フェドセーエフ指揮の実演は久しぶりなので、楽しみでもある。今年は久しぶりに年末恒例の『第9』も聴く。木曜日に偶然ラジオのスイッチを入れたらNHKFM放送で、『第9』。第1楽章の後半から第4楽章の初めまでを聴いて、指揮者は誰かと推量しました。テンポからトスカニーニかな?とも思いました [続きを読む]
  • ノセダ指揮のラフマニノフ:交響的舞曲
  • ●11月15日(木曜日)19:00より、サントリーホールにて、NHK交響楽団定期演奏会●①レスピーギ:リュートのための古風な舞曲とアリア 第1組曲②ハイドン:チェロ協奏曲第1番   ★チェロ:アレク・アフナジャリャン③ラフマニノフ:交響的舞曲★ノセダ指揮の実演は初めて。テレビ放送で何度か見たこともあるせいか初めてのような気もしないが・・・・・①曲の原型が16世紀のものなので、おだやかで美しい。②意識して聴いた記憶の [続きを読む]
  • 10月に読んだ本、観た映画
  •  現在、実家の冬支度で帰省中。近くの月山には冠雪あり。さすがにお盆の時期でも夜は扇風機すら必要ないだけあり、現在は既に寒い。近くのライブカメラ、雪化粧も時間の問題でしょう。読書の秋。プルーストやドストエフスキーの長編小説を再読したい気持ちも強いのですが、なかなか時間がとれず、残念至極。相変わらず「読書」と言えるほどのこともなし。サントリーホールへの往復時間に読んだだけ。ウドウロク (新潮文庫) [文庫] [続きを読む]
  • ノット指揮のラフマニノフ:交響曲第2番
  • ●11月3日、土曜日、18時より、サントリーホールにて東京交響楽団定期演奏会●①ブラームス:ピアノ協奏曲第2番   ★ピアノ:ヒンリッヒ・アルパース②ラフマニノフ:交響曲第2番①初めて聴くピアニスト。1981年生まれで初来日らしい。ロシア人のコンマスよりも体格がよいがマツーエフほどでもなさそう、ピアノは穏やかで、かなり落ち着いた様子。音量もおとなしめ。これほど穏やかなブラームスの協奏曲はおそらく初めて??? [続きを読む]
  • 鈴木雅明指揮のメンデルスゾーン
  • ●10月26日、金曜日、19時より、サントリーホールにて、読響定期演奏会●①J・M・クラウス:教会のためのシンフォニア②モーツァルト:交響曲 第39番 変ホ長調③メンデルスゾーン:オラトリオ『キリスト』作品97  ★合唱:RIAS室内合唱団(④も)④メンデルスゾーン:詩篇第42番『鹿が谷の水を慕うように』作品42 冊子によると鈴木雅明は2003年のモーツァルトのミサ曲以来15年ぶりの客演らしい。(その前が2000年のバッハ:『 [続きを読む]
  • 大野和士指揮のツェムリンスキー:抒情交響曲 op.18
  • ●10月24日(水曜日)19:00より、東京文化会館にて、都響定期演奏会Aシリーズ●① シュレーカー:室内交響曲②ツェムリンスキー:抒情交響曲 op.18●ソプラノ:アウシュリネ・ストゥンディーテ  ●バリトン:アルマス・スヴィルパ①シュレーカーの作品はあまり演奏会で聴く機会がない。オペラ『烙印を押された人々』をDVDで見て以来10年以上は経過。CDも家にはなさそうなのでさいたま芸術劇場の資料室で聴いてきた。だいぶ聴きやす [続きを読む]
  • エッティンガー指揮の幻想交響曲
  • ●10月20日(土) 18:00より、サントリーホールにて、東京交響楽団定期演奏会●①ワーグナー:ヴェーゼンドンク歌曲集  ★メゾ・ソプラノ:エドナ・プロホニク②ベルリオーズ:幻想交響曲★エッティンガー指揮の演奏会は最近は少なく、2014年8月以来久しぶり。①エドナ・プロホニクは、2011年12月新国立劇場での『こうもり』以来。『こうもり』上演の2週間ほど前には、『ルサルカ』の上演をエッティンガーと2人で聴きに来ていたよ [続きを読む]
  • マウリツィオ・ポリーニピアノリサイタル
  • ●10月18日(木曜日)19:00より、サントリーホールにて●①ショパン:2つのノクターン②ショパン:ピアノ・ソナタ第3番③ドビュッシー:『前奏曲 第1巻』★シェーンベルクとベートーヴェン作品の演奏日であったが、来日後体調不良で変更。演奏会当日②が、マズルカ、ノクターン、子守唄の小品6曲にさらに変更。30年ぶりのポリーニ。前回は平成の初めだった。当時は音楽同様、吉田秀和の文章もよく読んでいた。「こうならんだだけで [続きを読む]
  • 11月の演奏会 (2018)
  • 日没も早くなり、日めくりカレンダーによると今日現在17時04分で、夏至の頃よりも2時間も違う。11月も演奏会は多め、上旬に帰省する必要もあり、完全自営業とは言え、それなりに忙しい(かな?)ここだけの話、自営業になって8年、目覚まし時計を使用していないので冬はどうしても起床時間が遅くなる・・・・・・・1日、19時より、ティーレマン指揮のシューマン:交響曲第3番など3日、18時より、ノット指揮のラフマニノフ:交響曲 [続きを読む]
  • 大野和士指揮のフランス音楽
  • ●10月13日(土曜日) 2:00pm より、東京芸術劇場にて、都響定期演奏会●①ベルリオーズ:序曲『ローマの謝肉祭』②ラヴェル:ピアノ協奏曲 ト長調 ★ピアノ:リーズ・ドゥ・ラ・サール③ドビュッシー:管弦楽のための『映像』より「イベリア」④ラヴェル:バレエ組曲『ダフニスとクロエ』第2組曲★「ジャン・フルネ没後10年記念」「ドビュッシー没後100年記念」ということで、大野和士のプレトークあり。大野和士は芸大時代、都 [続きを読む]