ぽんぽこ さん プロフィール

  •  
ぽんぽこさん: ぽんぽこ
ハンドル名ぽんぽこ さん
ブログタイトルぽんぽこ
ブログURLhttp://ponpoko.at.webry.info/
サイト紹介文九州の滝や花を紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供97回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2010/02/21 21:44

ぽんぽこ さんのブログ記事

  • 帰ってきました!
  • やっと退院して家に帰ってきました。やっぱり日本人ですね!入院中はシャワーしか浴びる事が出来ませんでしたが、湯船につかって「ふーっ!」とため息をつく一瞬の気持ち良さ!何物にも代える事が出来ません。 [続きを読む]
  • 食事指導
  • いよいよ退院も決まり、退院後の食事(栄養)指導がありました。前に書いたように完治する見込みが無い病気です。どんな厳しい制約があるか心配していましたが、普通の食事にちょっと気をつければよいようです。まずは、おかずの量ですが、今までの半分にしてくださいとの事。普通の人ならば問題ないそうですが、腎臓障害の人には通常のおかずの量では多すぎるとの事です。これはクリアできそうですね。でも、今までおかず優先で食 [続きを読む]
  • お薬が大変!
  • 私の担当医さんは、まだまだ若い先生です。腎臓の機能を治すためにお薬を飲んでいますが、これが血糖値を上げるという副作用が!そんな分けで血糖値を下げる飲み薬を服用しているのですが、やっと下降傾向になってきたというのに、先生は高すぎるのでインシュリンを打ちましょうとの事。様子見をして血糖値が更に上がるのなら仕方ないけど、数値だけを見て薬を投与するって、患者の様子を見ずに数値だけで治療方針を決めている、パ [続きを読む]
  • 腎生検
  • 予定より一週間遅れで、この入院のメインイベントである、腎生検査を行いました。注射針を腎臓に射し込んで、腎臓の細胞を採取して、実際の腎臓細胞の働きを顕微鏡で観察し、今度の治療方針を決めるとのことです。処置から十時間はベッドで超安静。さらに明朝まではベッドから起きてはダメ。オシッコも一人では出来ないので、若くて可愛い看護師さんに手伝ってもらわなきゃいけないな!ちょっと恥ずかしい! [続きを読む]
  • 暇だ!
  • 入院しながら、ちょっと元気になりましたので、暇をもて余しています。そんなわけでジグソーパズルを買いました!妹に頼んだら、めちゃくちゃ難しそうです。でも、退院までには完成させましょう。時間はたっぷりあります!?? [続きを読む]
  • 入院 3日目
  • 早いもので8月1日に入院して3日目になっています。超ヘビースモーカーのぽんぽこも禁酒・禁煙を頑張っています!今は入院して控えていますが、退院したら反動で元に戻るのかな?さて、毎日が検査の連続です。この病気に関係あるの?と言いたくなるような、歯科検診・眼科検診・耳鼻科検診なども行い、今後の投薬との是非を判断するそうです。入院診療計画書によると、病名は「紫斑病性腎炎疑い」で症状は「浮腫」と書かれていま [続きを読む]
  • こんな病室です
  • 本当は安い大部屋で良かったのですが、緊急入院という事で空いていた二人個室で入院の始まりとなりました。差額ベット代が消費税込みの5,400円です。共済の入院給付金が1万円出ればここが良いのですが、残念ながら5千円です。大部屋が空けばそちらに移動ということで、しばらくは半個室で過ごしましょう。 [続きを読む]
  • 入院することになりました
  • 肝臓障害で病院に通っていましたが、断酒したおかげで肝臓は改善の方向へ向かっていたのですが、腎臓に重大な障害があるとの事で、緊急入院することになりました。今、現れている赤い斑点や水腫などは全て腎臓不全から出る病変との事で、入院期間は1カ月以上とのことです。PCは持ち込む予定なので、腎臓障害の病院食などボチボチと紹介していきましょう。今の治療を遅らせると、腎臓透析のお世話になるとの事。じっくりと治して [続きを読む]
  • 赤い斑点
  • 日赤病院の先生から肝機能障害の症状の一つと言われた赤い斑点。出始めは今の症状が出た時からでした。最初は膝から下に赤い斑点が出ては3〜4日で消えて、又新しい所に現れるという感じでしたが、しだいに上部でも出てくるようになり、太ももまで現れるようになりました。そして、昨日気が付いたのですが、お腹まで赤い斑点が現れています。そして腕にも小さな赤い斑点が!かゆみや痛みはありません。なんかアレルギーによる症状 [続きを読む]
  • 日赤病院の結果
  • 月曜日に日赤病院に行ってきました。まずは肝機能の検査です。心配していた肝硬変までは進んでおらず、脂肪肝と周辺の水泡との事。これは禁酒と薬で何とかなるだろうという事で、お酒が飲めないのは寂しいけれど、頑張っています。それと十二指腸潰瘍が見つかっていたので、炭酸飲料を控えてきましたが、痛みが無くなり数日たちましたので、ノンアルコールビールを飲んでみました。久しぶりに喉を刺激する快感に満足。これからは晩 [続きを読む]
  • 病院に行ってみた
  • 前にも書きましたが、この頃体の異常が普通ではありません。足の痛みが少し和らいだので、胃痛と下痢について内科で診察を受けました。1日目は元医院長の年寄先生の問診です。大病院には無い昔からの地元のかかりつけのお医者さんという感じで、パソコンと向かい合うことなく、私の様々な症状を聞き出していきます。専門医がそろっている大きな病院の方が良いと勝手に思っていましたが、患者一人一人の全体をみて、現在の症状を見 [続きを読む]
  • 体が変
  • 6月上旬ぐらいから始まったと思われる体の異変。始まりは瞼を虫に刺されて腫れた事が始まりでした。目が開けないほど腫れましたので皮膚科に行きお薬を処方して頂きました。これは薬の効果ですぐに収まりました。次は農協用水路の草刈りで、またまた右腕を虫に刺されて腫れてきました。かなり腫れましたがこれも以前に頂いた薬で腫れはひいて行きました。ここまでは普通の虫刺されなのですが、ここから異変が始まりました。右手の [続きを読む]
  • やっと滝の姿が見えました!
  • 2008年に「伊万里 松尾優」さんから教えて頂いた「しいたちごう」。何回も通いましたが滝として水が落ちる姿に出合う事は出来ませんでした。前回の訪問時は田植え前でまだ椎立湖の水は落ちていませんでした。そして今回の訪問で10年越しの滝を見る事が出来ました!!総落差は35mとの事ですが遠景では上段部分しか見えません。でも、初めて滝としての姿を見る事が出来た正に「まぼろしの滝」です。 [続きを読む]
  • 小河内(こかわち)谷の滝マーク
  • 宮崎県椎葉村大字松尾の岩屋戸の発電所の横を流れる小河内谷には二つの滝マークがあります。下流の滝マークの滝までは何とか行けそうだと訪問してみましたが、入谷ルートが分からずに、これも残念の滝になってしまいました。村道?のヘアピンカーブの所にある堰堤を越えて行くのが正解のようですが、私は下降ポイントを探しながら上流へと村道を進みました。滝マークが記されている所は、降りるのは絶対無理と感じるような急傾斜と [続きを読む]
  • 吐野々の滝(仮称) 下段
  • 宮崎県椎葉村の小丸川上流に吐野々という集落が有り、本流に国土地理院の地図に滝マークが記されています。これもHP地学切手のページさんの情報で訪ねてみましたが、上段の滝までのルートが見つからずに、残念の滝となってしまいました。 [続きを読む]
  • 残念の滝
  • 今回の椎葉村の滝巡りのメインはHP地学切手のページで紹介されている「小ヶ倉の滝(仮称)」が有る堺谷?を散策する事でした。この為に一泊二日で出かけましたが、初日の現場確認で堺谷トンネル工事で国道からは入る事が出来ません、村道?を登って行くと谷の中流部で川を渡りますが、そこから下降してまた登っていくのも今の体力では無理と判断し、諦めました。そんな訳でHP地学切手のページに紹介されている未訪問の滝を見る [続きを読む]
  • 滝の落差を考える
  • 九州の色んな滝を見て来ていますが、一番怪しいのが落差でしょう。3m程度の滝を5m以上と感じたり、5m程度の滝を10mと感じる事が沢山あります。そんな訳で見た感じよりも少し低くブログの中では紹介していますが、それでも見た目の落差は当てにならないのが現状のようです。落差を測るための機器やプログラムが有る事は知っていますが、未だに見た目で落差を記載しています。 [続きを読む]
  • 椎葉村の滝巡り
  • 今回はHP地学切手のページで紹介されているまだ未訪問の滝を見るために宮崎県椎葉村を訪問してきました。結果から言うと、大半が残念の滝巡りとなってしまいましたが、その中で唯一見る事が出来た滝から紹介していきましょう。滝の名前はHP地学切手のページに従います。 [続きを読む]
  • 観音の滝
  • モースさんから教えて頂いた滝です。福岡県桂川町大字土師(はじ?)の弥山岳登山口がある「湯の浦キャンプ場」にある滝で、水系は遠賀川支流穂波川支流泉河内川の支流になります。この滝は検索しても出てこない滝なので、水量が少ない小さな滝と想定して訪問しましたが、想定通りの滝でした。落差は3mぐらいかな。 [続きを読む]
  • 宿ヶ峰尾峠の滝
  • 熊本県山鹿市から大分県へ抜ける県道9号線を走っていると宿ヶ峰尾峠で道路の真ん中に車が停まっていました。「なんて迷惑な奴!」と思っていると子供夫婦?子供?に両肩を支えられたお母さん(片足が不自由なようでした)らしき人。しばらく見ていると、湧水?の水くみ場まで連れていくようです。お母さんが水くみ場まで到着すると、お父さんらしき人がやっと車を移動して通れるようになりました。その時に見つけた小さな滝。 [続きを読む]