いであ さん プロフィール

  •  
いであさん: NPO法人京都・奈良EU協会
ハンドル名いであ さん
ブログタイトルNPO法人京都・奈良EU協会
ブログURLhttp://eurokn.seesaa.net/
サイト紹介文フランス語クラブ、英語クラブ、映画研究会、コンサート、講演会、料理会
自由文自転車クラブ、留学生・研修生のお世話、等々ヨーロッパと京都・奈良との文化交流を推し進めてゆきます!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供35回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2010/02/21 23:40

いであ さんのブログ記事

  • 奈良フランス語クラブ:リヨン出身のカミーユたちを囲んで…
  • フランスの美しい街、リヨンにある、理工系高等教育機関の一つで、欧州における高等教育機関の中心的存在となっている学校で土木工学を学んだCamilleが友人とともにまた来てくれます。日本が好きで日本語も熱心に勉強していたのが印象的です☆彡気楽に話しましょう。通訳ありです。■日時 10月20日(金)18:45-20:45 近鉄学園前駅前スタバ上 西部公民館 5階第4講座室■会費:1500円、学生750円【初めての参加は無料です】(予約不 [続きを読む]
  • 【奈良県大芸術祭参加】第15回音楽サロン《Salon des Six》
  • 〓第15回音楽サロン《Salon des six》〓〓日時 10月22日(日)14:00-16:30〓 奈良市高畑町1358-1のカフェ「ろくさろん」http://tabelog.com/nara/A2901/A290101/29003676/・JRまたは近鉄奈良駅から市内循環バス等に乗り破石町(わりいしちょう)下車、徒歩8分〓無料:ワンオーダー制です〓?長嶺知永子(語り)今井恵理(作曲とピアノ)<日本とヨーロッパの“木”をつなぐお話>・『木の精の話』…佐藤家の昔話(山形)・『年と [続きを読む]
  • 10/13(金)英語クラブです…Caitoと“迷信”を語りましょうヽ(*^ω^*)ノ
  • ・みなさまへ…ギリギリになって申し訳ありませんヽ(*^ω^*)ノ英語クラブのお知らせです。カイトさんが10月13日に英語クラブに来てくださいます。◎英語クラブ:Caito Battibugliさん☆彡■日時 10月13日(金)18:45-20:45 近鉄学園前駅前スタバ上 西部公民館5階【第4講座室】■会費 1500円(学生750円)(予約不要)【はじめての参加は無料です!】・今回のThemeは superstition…迷信(めいしん)です。今回はちょうど(^_^;)13 [続きを読む]
  • Duo NaKaNaKa ― 4手連弾の歓び ―in 青山記念音楽館(8/10)
  • 〓Music Festa in McDonald's in Nara:音楽を通してたくさんの人たちと繋がりたい…☆彡■日時:8月20日(日)14:00-17:00〜グランドピアノのちかくにフラッと来てね…■会費:無料(飲食費は別途)■場所:マクドナルド奈良店(近鉄奈良駅下車、東向き商店街の中ほど)https://tabelog.com/nara/A2901/A290101/29005244/〓2011年4月の東日本大震災チャリティコンサートから毎月開催〓若い歌い手たちが自分で作った歌を熱唱する [続きを読む]
  • 【関西で初開催!】e-Educationの全てがわかる活動報告会【6/25(日)14:15〜】
  • ネパールで一年間教育支援をしていた中尾知美さんが今週の日曜日に活動報告会も兼ねたイベントを行います。「国際協力・教育・NPO」に興味のある人々が集まり交流する中で、何か新しい気づきがあったり何か新しいことに挑戦してみたくなるような出会いがたくさんあるような会になるそうです。今まで関西にはなかった熱い場になりそう! 【関西で初開催!】e-Educationの全てがわかる、活動報告会を開催します【6/25(日)14:15〜】 [続きを読む]
  • EU英語CLUB:OXFORD大学東洋学部出身のThomas Heatonさんを迎えて
  • 〓EU協会英語クラブ:OXFORD大学出身の国際交流員Thomas HEATON(トマス・ヒートン)さんを迎えて〓〓日時:4月6日 (木)18:45-20:45■近鉄学園前駅スタバ上西部公民館部屋5階第3講座室■会費:1000円(学生500円)(予約不要)?はじめての参加の方は無料です?〓今回の英語CLUBのゲストはいろんな意味で特別です。現存する大学としては世界で3番目に古く(11世紀末)しかも世界的にもトップレベルとされるオックスフォード [続きを読む]
  • "HAIKU"をテーマ with ギーゼラ先生
  • 今月の英語クラブはギーゼラ先生をお迎えして、"HAIKU"をテーマに語っていただきました。明治時代にヨーロッパに紹介された日本の俳句は、伝統的なソネットなどと違い、制約の無い、自由な新しい詩の形として新鮮に受け止められ、広く受け入れられていったそうです。様々な国でコンテストも行われているとのことで、具体的にいくつかの国の入賞作品などを例として紹介して下さいました。フランス語やイタリア語は全くわかりません [続きを読む]