コンレチェ さん プロフィール

  •  
コンレチェさん: スペインのチョコレート屋から
ハンドル名コンレチェ さん
ブログタイトルスペインのチョコレート屋から
ブログURLhttps://ameblo.jp/cafeconnata/
サイト紹介文バスク地方で家族皆で営むチョコレート屋さん奮闘記です。
自由文チョコレート発祥の地、バスク地方でエミリオお祖父さんと毎日作るチョコレートのお話です。ワイン、グルメ、観光など多岐に渡り綴っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供215回 / 365日(平均4.1回/週) - 参加 2010/02/23 07:33

コンレチェ さんのブログ記事

  • 和食の本を頂きました 浜作
  • いつもお世話になっている方から、こんな素敵な和食の本のプレゼントが届きました。京都の割烹料理浜作の和食の教科書。大正13年創業のお店なんですね。私は大変なおじいちゃん、おばあちゃん子だったので、大正と聞くだけで、もう懐かしい気持ちになるんですよね。こちらで、お料理の勉強もされている、お気に入りのお店のようです。お料理の写真がとても綺麗で、さらに器が好きな私にはたまらない素晴らしい陶器の数々。日本の [続きを読む]
  • 日本女子選手がバスクで頑張ってます
  • 夏前に仲良くなって、フランスバスク一緒に行ったり、カフェ巡りしている、私の一押しサッカー女子冨山瞳選手!先日、新聞開いたら、かっこいい写真が掲載されていました。スペイン南西部の1部リーグからアラベスにやって来て、ここビトリアを1部リーグに昇格させる為の、救世士!と、私は思っていますよ。サッカーが上手いだけじゃなく、小豆を煮込んであんこまで作ってお裾分けしてくれる、優しい子なんです。しかも、あずき上 [続きを読む]
  • スペインリオハ(Rioja)のワインをリオハ名物で!
  • 先週は友人夫婦とワイナリー見学(ラモン・ビルバオ)に行き、赤ワインのテイスティングをして来ましたが、赤ワインと言えば、やはり私の中ではリオハ名物のラムチョップ。二人をどこに連れて行こうかなぁと、迷いましたが、ワイナリーにも程近く、ワインに詳しい友人からもお勧めだよと聞いていて、行ってみたかった、ホテルレストラン(El Hotel Los Agustinos)へ行きました。結婚式も使用出来る、広い中庭を囲む石造りの回廊(Clau [続きを読む]
  • スペインのプラスチックバッグ禁止2021年 までに
  • 最近、レジ袋などのプラスチックバッグ禁止の波がスペインのバスクでも、非常に強くなって来ました。本来ならば2018年7月1日から、小売店などもプラスチックバッグを要求された場合は、有料としなければペナルティーを科されますが、なかなか長年無料だった物を有料化する事は時間のかかる作業です。最近ではいつも行っている魚屋さん、靴屋さんも、有料のレジ袋に変わりました。魚や靴を手で持って歩くとこは流石に出来ませんか [続きを読む]
  • 365日マイナス(旅行中)ぐらいのピンチョス頻度かな
  • 最近ふと思ったのですが、私かなりピンチョス生活だなと…朝ごはんは仕事の合間に遅めの朝食ピンチョス、昼休みや、仕事後友人達とピンチョス、ジムの前、後にピンチョス…↑スペインオムレツ、ツナのボカティージョ(私の普段の典型的バルでの朝食)そんなに食べて飽きませんか?と、思う方もいるかも知れませんが、種類やバルの数が尋常ではないスペインバスクでは、不思議と飽きません。↑最近、1番お気に入りのスペインオムレツ [続きを読む]
  • 友人夫婦とリオハワイナリーへ行って来ました
  • 先日友人夫婦とリオハ・アルタにある、ワイナリーRamon bilbao (ラモン・ビルバオ)へ行って来ました。大変モダンなワイナリーで、設備も素晴らしく、ワインティスティングもしっかりさせて頂けるワイナリーです。リオハのクラシックなワイナリーも好きですが、たまにはRamon Bilbao(ラモン・ビルバオ)のようなワインも良いなと思いました。アメリカンオーク樽とフレンチオーク樽に全く同じ種類のワインを熟成させて、味を比べるテ [続きを読む]
  • あひるショップ San Sebastian Duck Store
  • 先日サンセバズチャンの可愛いお店、San Sebastian Duck storeでアヒルの置物を買いました。可愛すぎます。店内狭しとアヒルがずらりと並んで居ました。マリリンモンローやボブマーレのアヒルも、最高に可愛かったです。店舗はスペインでは、サンセバズチャン、バルセロナ、マヨルカ島のみのようです。是非、バスクのお土産に如何でしょうか? [続きを読む]
  • ジャム用のメンブリージョ(かりん)の収穫して来ました
  • 先日、義弟とトマトボンドと一緒にかりんを育てている農家さんにお邪魔しました。農家のおじいさん、高齢の為、今年は自分達で収穫してくれませんか?袋や梯子は貸してあげるからね。お客様でもあるし、とても優しい方!よっしゃ、頑張るぞと出掛けて来ました。かりんの木を見上げてびっくりこんなに大きく実り、どっさり実を付ていたのです。素晴らしいかりん達。↑義弟くん収穫中このかりん実はバスク料理には欠かせない、チー [続きを読む]
  • 君は任天堂バブルバブルを知ってるか!?
  • 最近トマトボンド君が、任天堂のクラシックミニと言うゲーム機をいきなり買って来ました。もういい歳なんだからぁ〜、そんなゲーム機買っちゃって〜。 冷めた目で眺めていたら…そんな事言うなら、コンレチェはバブルバブルを知らないんだろ!このバブルバブルはなぁ!バブルバブルはなぁ!そんなに、興奮気味に話さなくても…僕が10代の時に、ゲームセンターで1番人気があったゲーム機なんだぞ!ドンキーコングやマリオブラザー [続きを読む]
  • すっかりバスクは秋の気候になりました
  • 暫く、アラブの話ばっかり書いておりましたが、私の夏休みはとっくの昔に終わっていて、ちゃんとお仕事しておりますよ。最近はビトリアからリオハのワイナリーが近いと言う事で色々通訳のようなお仕事をご依頼頂いて、ワイン好きな皆様との楽しい交流が多くありました。特にこれからの季節はワイナリーの葡萄の木が実を付け、収穫が始まり、リオハは大変活気のある季節です。紅葉にはまだ少し早いのですが、11月頃は葡萄畑がまる [続きを読む]
  • ドバイの朝食は珍しい食べ物が沢山
  • ドバイの朝食ブッフェには、勿論、アラビア料理が沢山並んでいました。特に私がハマったのが、Kibbehと呼ばれる、茶色のコロッケみたいな、シリアやイスラム、レバノンで親しまれている食べ物。Kibbehはブルグルに牛肉やラム肉のミンチを混ぜ合わせ、コリアンダー、ターメリック、ナツメグ、シナモンなどのスパイスで味付けをして、揚げた物のようです。スパイスの効いた、メンチカツみたいな感じでした。他にも、フムスはどのホ [続きを読む]
  • 気球がビトリアに大集合!
  • 朝、店の前を熱気球が飛びかっていて、びっくり!ビトリアの公園から飛び立った、インターナショナルコンペティションで、ビトリアのサンプルデンシオ協会の50周年アニバーサリーイベントだそうです、太っ腹ですねぇ。どうやら、この熱気球セレドン君人形を探している競技だそうです。面白いね。今夜、Armentia上空を20:30から、音と光のナイト飛行もするそうです、突然楽しいね、ビトリア。因みに、ビトリア市長が乗ってるほか、 [続きを読む]
  • ドバイでレバノン料理に夢中
  • テキスタイルスークの帰り道、レバノン料理が食べたいよね!となり、道中レバノン料理の看板を探しつつ、パーキング出来る場所を探しました。それにしても、ドバイのレストランエリア全然パーキング空いてないですね、金曜日だったからかな?車で通過中、数件発見した内の一軒のレバノン料理レストランに入ってみることに。↑フムス(hummus)とピタパンレバノンは????ドバイからも近い、中近東にある岐阜県ほどの国だそうです [続きを読む]
  • ドバイのスターバックス ドライブスルー
  • ガソリンを入れたいと思い、ガソリンスタンドを探していた所、スターバックスを見つけたので、興味があり、入ってみました。外壁はすっごくシンプルで、この近辺に似合う建物、内装はいたって普通のスターバックスです。ドライブスルーまであって、ドバイ人にも人気あるようで、大変混み合っていました。??チョコドーナツ、何故か四角、きっと意味があるような気がして、しばし色々考えましたが、分かりません。(誰か分かる人い [続きを読む]
  • ドバイモールで20年振りのスキーを!
  • ドバイには、世界一大きな室内スキー場が完備された、モールオブジエミレーツと言うショッピングセンターがあります。ちょっと見学するつもりで言ったのですが、スキーが小さい頃から大好きな、北スペインバスクの雪を愛する男トマトボンド。羨ましそうに、窓越しに眺めていました…私スキーは20年振りだから、言わない方が良い一言を言ってしまった…(因みに、学生時代はスノーボード派でしたから、スキーは2回くらいしか経験な [続きを読む]
  • ドバイの美味しいパキスタン料理 レストランRAVI
  • 今回の旅行では、本当に色々な珍しいお料理を食べる機会がありました。 ドバイは沢山の移民労働者が暮らしていて、沢山の本場の人が作る多国籍料理を食べる事が出来る事が魅力でした。地元民や旅行者に人気のパキスタン料理があると聞いて、車で行って来ました。ホテルのあるエリアとは全く違った雰囲気の、ローカルな生活が垣間見れるSatwa地区、とても活気がある地区でした。RAVI Restaurant(ラヴィ レストラン)は、カレーやタ [続きを読む]
  • 台風大丈夫でしたか?
  • 皆様の地域は台風大丈夫でしたか?今年は本当に大型の台風が日本に連続して上陸していますね。私達も帰省中、台風で停電となり電気の無い不便さを実体験しました。災害に対する事前の準備が本当に今更ですが、必要だと強く感じました。バスク地方も台風のようなかなり強い突風が吹く季節があります、そんな時はあまり出歩かないようにしていますが、皆様も台風通過後も通勤、通学、くれぐれもお気を付け下さいね。 [続きを読む]
  • テキスタイルスークはドーベルマンと行くべし!?
  • テキスタイルスーク(市場)では、激しい呼び込みに圧倒されて、なかなか店内に入る店を決めかねて歩き回ること数分後、少し静かになったエリアで入店することに。あっ?日本人ですか?僕の店はるるぶに掲載されてますよ!人懐っこい店主が色々な種類の、パシュミナを見せてくれました。この子は友達!と、るるぶに掲載されている女の子を指差して、にっこり。なんだか、調子が良すぎて…絶対、嘘だ!と、思って内心は疑っていまし [続きを読む]
  • テキスタイルスークとヌー大群の大移動
  • 色々あるスークの中で、1番楽しみにしていた、パシュミナが豊富なテキスタイルスークに到着。色々下調べした情報だと、売付けが激しく、客引きもしつこいとの話。テキスタイルスークから歩いて数分でパシュミナを数枚巻き付けられるとか…はい、その通りでした。テキスタイルスークに入って、約2分かな?下の写真と同じデザインの生地が私の後方から、肩めがけてシュルシュルと飛んで来ました。違ーう! これは、そちらの男性の [続きを読む]
  • ゴールドスーク(市場) 世界一大きなゴールドの指輪
  • 翌日、アブダビを出発して、再びドバイに車で戻りました。まだ、行っていなかった、ゴールドスーク、テキスタイルスーク、スパイススークと呼ばれる、地元の市場へ。たまたま、金曜日の夜になってしまい、イスラム教徒にとっては、礼拝の日だったようで、かなり混雑していて、駐車場を探すのにかなり苦戦しました。正直、タクシーで行った方が無難ですよ。ゴールドのアクセサリー実はまだあまり興味がないのですが、小ぶりの可愛 [続きを読む]
  • ルーブルアブダビ美術館
  • 翌日ホテルの受付で、2017年にオープンしたばかりの、アブダビにルーブル美術館がある事を知り、早速、車で行ってみることになりました。こんなとこを曲がるの??辺りは一帯、開発中のエリアでほぼ何も無い所に、突如アブダビルーブル美術館登場。お金があれば、ルーブル美術館までも自分の国に運べるんですね。まだ、展示数がフランスのルーブル美術館に比べると少ないからなのか、列もなくあっさり入場出来ます。水上に浮かぶ [続きを読む]
  • シェイクザイードグランドモスク内へ
  • シェイクザイードグランドモスクはアラブ首長国連邦内で最大規模のモスク、世界では3番目の規模。1996年に建設プロジェクトが始まって以来、12年の歳月をかけ2007年に完成。 お祈りの部屋は7000人収容する事が出来るそうです。 10万トン以上のギリシャ産ホワイト大理石を使用して作られた、モスク内は装飾に花柄などが描かれて、上品でとてもエレガントでした。 私が想像していた、金ピカコテコテのイスラム教のモスクとはだ [続きを読む]
  • シェイク・ザイード・グランド・モスクで大苦戦
  • 今回ドバイとアブダビの旅の中で最も辿り着くのに苦労したのが、アブダビの巨大モスク、シェイク・ザイード・グランド・モスク。巨大だから簡単に到着出来ると考えた事がまず失敗でした。 更に、9月の昼間40度を超えるこのアブダビで、宗教上の理由で手首・足首、頭まで覆った服を着て、太陽が降り注ぐ大理石のモスクを見学する事は無理と判断して、夜見学する事も仇になりました。道路は綺麗なのですが、くるくる八の字を描くカ [続きを読む]
  • アブダビ王宮 レンタカーでお邪魔しました
  • ホテルから車で5分程の地区にアブダビ王族の暮らす宮殿がありましたので、レンタカーで近くまで行って来ました。絶対に、誤発進とかはやめてね、慎重に運転してね、何処かにぶつかったりしたら嫌だからね。一人怯える、小心者の私。これが王宮かぁと、遠くから眺め近づいてみると、単なる入口でした…スケールが大き過ぎます。安倍晋三首相も今年8月にアブダビの王宮を訪れ、苺を仲良く食べている映像がyoutubeにありました。なん [続きを読む]