コンレチェ さん プロフィール

  •  
コンレチェさん: スペインのチョコレート屋から
ハンドル名コンレチェ さん
ブログタイトルスペインのチョコレート屋から
ブログURLhttps://ameblo.jp/cafeconnata/
サイト紹介文バスク地方で家族皆で営むチョコレート屋さん奮闘記です。
自由文チョコレート発祥の地、バスク地方でエミリオお祖父さんと毎日作るチョコレートのお話です。ワイン、グルメ、観光など多岐に渡り綴っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供186回 / 365日(平均3.6回/週) - 参加 2010/02/23 07:33

コンレチェ さんのブログ記事

  • 台風心配だなぁ
  • 今日は朝からチョコレートトリュフ作りでした。スペインのチョコレートトリュフは丸い形が多いんだけど、私達のお店は偶然にもスペインでは珍しく設立当初から日本と同じ四角形です。嬉しい偶然。それにしても、日本に近づいてる超大型台風が気になります。最近は大雨で河川が氾濫したりするから、心配です。私の実家の東海地区も直撃しそうだし。台風め!消えて無くなれー?? [続きを読む]
  • ピンチョス巡り
  • 本日は栗チョコレートの箱詰めです、12個入りと8個入りタイプが人気です。最近はマラソンで足首を痛めてから、プールやテニスに移行しているのですが、特にプールの後は猛烈にお腹が空きますね。昨夜は近所の日本人のお友達とプールに行ったのですが、空腹でバルを四軒はしごして食べ歩きをしました。木曜日はお値打ちな日だったようで、ワイン一杯にピンチョス一皿で1.50ユーロでした。ピンチョスも小さくなく、普通サイズなんで [続きを読む]
  • 美味しいジャム出来ました メンブリージョ
  • 昨夜は今年初物のお店で毎年作るメンブリージョジャムを食べました。今年は近くの町リオハから仕入れた、メンブリージョを使用して作っています。昨年よりも、色が鮮やかで更に美味しい。スペインのスーパーなどでもこの時期大きなメンブリージャは売られていますが、私達がジャム作りに使うのはメンブリージョと呼ばれる、小粒でうっすら皮に産毛のような毛があります。小粒なので、皮を剥くのも一苦労です。茹でて、丁寧に時間 [続きを読む]
  • 栗の季節のはずですが…
  • 今日はエミリオお祖父さんと、栗チョコレート作りで1日格闘しています。マロングラッセを生地に練り込み、チョコレートでコーティングした、栗チョコレート中は柔らかくて、チョコレートはパリっとしていて好きです。まだ、まだ沢山作りますよ。あーぁ、秋だねぇと言いたいところですが、真夏のように今年は暑さが長引いています。今日は最高28度らしいです…バスクの10月にしてはかなり珍しく、皆さんびっくりしてます。さぁ、月 [続きを読む]
  • 遂に日本上陸 抹茶のポルボロン!!!LA PEÑA DULCE
  • 遂に、私達LA PEÑA DULCEのポルボロン抹茶味がフェリシモさんのご協力で日本のクリスマスでも食べる事が出来るようになりました。 スペインの伝統お菓子ポルボロンをお店の協力で抹茶味に仕上げてもらって、数年前からお店でも販売していて大好評なんです。スペインにお嫁に来る前から、気になっていたポルボロンというクリスマスの不思議なお菓子。日本に上陸出来るなんて、本当に感激です。 ほろっと口の中でとろける、不思議 [続きを読む]
  • 砂の城アート
  • 先日見たビアリッツのビーチの砂アートがあまりにも素晴らしく、少しお金を払い撮影させて貰いました。よく見かけるのですが、今回のはあっぱれ!綺麗過ぎて、足を止めずにはいられない観光客の皆さんがいっぱいでした。砂の城お隣も、ダイナミックに何やら描いてました。一種の大道芸みたいなコンセプトで、チップ入れがありますので、そこに1ユーロくらい支払うと、彼らも嬉しい、見た私も嬉しくなると言うお話。どうやって作る [続きを読む]
  • バスク人気の観光スポット サンファンデガステルガチェ
  • この絶景をカメラに収める為に、バスクでグッゲンハイム美術館の次に人気があると言われている、San juan de gaztelugatxeへ登って来ました。息を呑むほどに美しい小さな島に人工的に架けられた橋は1000年も前のお話。何世紀にも渡り、戦いの舞台となったサンファンデガステルガチェ。こんな所で戦っていたなんて、本当に信じられません。並大抵の脚ではこの241段あまりの階段を登り戦い抜く事は出来ないと、登って改めて実感しま [続きを読む]
  • 葡萄の美味しい季節です in Elciego (Rioja Alavesa)
  • 先日ワイン生産が盛んな小さな近くの田舎町にお友達夫婦と出掛けて来ました。Elciego(エルシエゴ)という名前の人口1000人程の中世の建物が美しく保存された町です。Rioja Alvesa(リオハアラベサ)に属するこの町の周りには約1400ヘクタールにも及ぶワイン製造用の葡萄畑が一面に広がっています。ちょうど今の季節9月下旬は葡萄畑にはこの辺りの90パーセントを占める葡萄品種テンプラニージョが実を付けています。近くのフルーツシ [続きを読む]
  • 中世のマーケット終わりました
  • ビトリア旧市街で開催された中世のお祭が終わりました。最終日夜、少しお祭を見学して来ました。とにかく人が多く、マーケットの数も凄いです。ビトリアの旧市街の規模は他のバスクの街と比べると規模が大きく、要塞の保存状態も良いと言われているので、夜のライトアップは特に綺麗でした。観覧車も木造の主導で人が動かしている、中世を意識した造りで大変趣があります。やっぱり、このお祭が大好きだと再認識しました。是非、 [続きを読む]
  • サッカー選手の給料と車
  • 昨日は地元アラベスVSレアル・マドリード戦がビトリアで開催されたのですが、結局2-1でアラベス負けてしまいました。なかなか勝てないね…せめて一勝お願いします!話は変わりますが、最近読んだ新聞記事でとても興味深かったのですが、サッカー選手の給料で彼らが所有する車をどれだけ働けば買えるかと言う記事。読んでいて、働く気力を奪われましたよ。フェラーリF430 Spiderが31分とか、(メッシの場合)ブガッティVeyron Grand [続きを読む]
  • レアル・マドリードが街にやってきた
  • 本日は地元アラベスVSレアル・マドリード戦です。昨夜は大好きなセルヒオ・ラモス選手とベル選手に遭遇出来ず悲しかったのですが、本日遂に昼休みに運良く見る事が出来ました。直射日光に当たりながら、ホテルで待つ事1時間半、やっと選手達が出て来ました。セルヒオ・ラモス選手、クリスチアーノ選手、ベル選手、皆んなに手を振ってバスに乗り込んで行きました。ジダン監督は一番最後。監督が1番スタイル良いですね、流石、元選 [続きを読む]
  • スペインオムレツと赤ピーマン
  • 今夜の夜食はスペインオムレツとビールだけ。今週から叔母2人が旅に出たので、かなりバタバタしています。アルバニア、モンテネグロ、マケドニア、クロアチアを8人のお友達と旅してくるそうです。 83歳?84歳??もう何歳か分からなくなりました。(誕生日に毎回聞くのですが、絶対教えてくれません)本当に元気だ!お友達もみんな元気なんだろうなぁ、凄い! 朝一から中世のマーケットの準備が始まっていました。素敵なハンドメイ [続きを読む]
  • 明日から中世のお祭りです
  • 明日からビトリアの旧市街で中世のお祭りが始まります。(金曜夜から3日間)街には沢山のマーケットが並び、皆さん中世の時代の衣装に仮装して街を盛り上げます。私も大好きな祭りの一つですよ。更に週末土曜はレアル・マドリードがアラベスと対決する為にビトリアへやって来ます。私達は祭りの最中なので行けませんが、セルヒオ・ラモス選手見たいです。イスコ選手にベル選手アラベスは現在なんと、最下位…全然勝てないんです… [続きを読む]
  • 牛スジがホロホロ裂ける煮込み料理
  • 大量に買い込んだ肉達が、トマトボンドのお陰で美味しいお料理に生まれ変わってます。今週は風邪をひいていて100%ではない、私…牛スジ肉を野菜たっぷりで煮込んで出ただし汁のリゾットを作ってくれました。赤ピーマンは産地Tormantos の瓶詰めを使用していて、絶品です。(この村の記事も今後書くつもりです。)私達家族はこのTormantosの村に訪れ赤ピーマンをケースで買い置きして、使っていますよ。お豆料理とも相性抜群で、オリ [続きを読む]
  • 焼き蟹料理と肉アタック!
  • 今日は仕事の後に私達のお気に入りのバルで一杯飲んでから、夜ご飯を食べに行ってきました。雰囲気が大好きなこのバルは数年前に高橋由美子さんも案内して、凄く気に入って下さったバルです。オーナーはカクテルのスペシャリストで世界の大変珍しいアルコールが沢山置いてあります。今夜は新しく作られたMade in京都のジンまで入荷していました。なんとデザインは私の大好きな京都唐長さんだそうです。 センス良すぎ。(デザイン画 [続きを読む]
  • 肉買い過ぎですよ スープがたっぷりトマトソースのパスタ
  • 突然トマトボンド君が肉を行きつけの肉屋で大量に購入して来ました。ドカンとテーブルに置かれた肉の量に、コンレチェは本当にびっくり‼?私達は確か2人暮らし…ここは相撲部屋かっ!鶏肉、胸、手羽、ミンチ、牛肉、ヒレ、頬肉、スジ肉、ミンチ 、ラム肉 etc..数えたら24パックありました、一袋辺り500gはありそうです。今夜は早速、鶏肉ミンチのパスタトマトソースを作ってくれました。パスタはコンキリエと呼ばれる貝の形をし [続きを読む]
  • コナ(Kona)と言えばコナコーヒー農園 in ハワイ島
  • 日没後なんとかホテルに辿り着いた私達、疲労からぐっすり眠れたので、翌日から再びアクティブに活動開始。(気づけば、毎日150km-200kmを車で走らせていたようです)初日は曇りだったので、ビーチを早々に切り上げて、ホテルから南下してコナコーヒー農園を巡ることにしました。コナ(Kona)地区にあるコーヒー農園は、日本人と大変強い繋がりがあるようです。1885年にハワイ政府と明治政府が官約移民の契約を結び、山口、広島、熊本 [続きを読む]
  • レンタカーにて出発 in ハワイ島
  • NY-ホノルル-ハワイ島(コナ空港)まで入国はスムーズに行ったのですが、実はホノルルからハワイ島の便にメンテナンスの為に次便に強制変更の通知をNYのホテルで受け取りました。私達の旅程は乗り継ぎがトータル9回ある旅だったので、何処かでそんな事もあるだろうと思っていましたが、嫌な所で発生。ホノルル空港での待ち時間が更に長くなり、日没後の到着になってしまい、慣れない道でホテルを探す羽目に…空港近くのレンタカーシ [続きを読む]
  • ハワイ島一周の旅
  • 夏休みは既に終了して、9月から元通りビトリア生活に戻りました。今回のリュックサックの旅は移動が多過ぎて、途中からすっかりBlog更新出来ませんでした。記憶が薄れる前に、少しずつ旅記録しておきたいなと思います。ニューヨークからホノルル空港を経由して、目的地ハワイ島にやって来ました。数年前にマウイ島一周を2人でしたので、次の目標はハワイ島一周です。ニューヨーク→ホノルル空港が飛行時間11時間ホノルル空港→ハ [続きを読む]
  • ヘルズキッキン in NY
  • ワシントンは頑張れば徒歩で巡る事が出来る街だったので(徒歩の範囲の個人差はあると思いますが…)なかなか歩き甲斐がありました。再び5時間掛けてバスでNYへ戻りました、行きよりもNYへ向かう景色が綺麗で大満足、遠くからしか見えないだろう景色、復路はお勧めです。ホテルは前から泊まってみたかった、モダンなホテル、ホテルハドソンニューヨークセントラルパーク、セントラルパークと飲食店が多いヘルズキッチン地区。思っ [続きを読む]
  • アメリカ合衆国議会議事堂 in ワシントン
  • アメリカの政治の中心、アメリカ合衆国議会議事堂に歩いて行って来ました。ここで決められた事が、世界に大き過ぎる影響を与えているのかと思うと、最近のドナルドトランプの演説での言葉に恐怖を感じずにいられません。2日前にもCIAの元お偉いさんが、彼が核爆弾のボタンを持っているなんて、本当に恐ろしい事だとTVで語っていました。それにしても、彼に沢山のアメリカ国民が投票した事が未だに驚きと衝撃です。私の中のアメリ [続きを読む]
  • キング牧師 in ワシントン
  • ワシントンには本当に沢山の偉業を成し遂げた方々の記念碑が市内のあちらこちらにありました。これはキング牧師の記念碑、私の印象より膨よかな感じでした。 1968年39歳で暗殺されるまで、黒人に白人と平等の権利を与える為の運動を非暴力によって率いた人。随分若くして暗殺されてしまったのですね、残念です。沢山の彼の言葉が今も記念碑の近くにずらりと彫られていました。DARKNESS CANNOT DRIVE OUT DARKNESS ONLY LIGHT CAN [続きを読む]
  • 地下鉄事情 in ワシントン
  • お値打ちなバスでNYからワシントンへ辿り着いた私達を待ち受けていたのは、本当に分かりにくい地下鉄の券売機。(地下鉄カードを2ドルで買ってチャージしていくシステム、一度覚えたら大丈夫ですが…)アメリカの首都で全然ハイテクでは無く、かなり旧式の券売機でびっくりしました。地下鉄は核シェルターの役割も兼ねているようで、なんだか重厚な薄暗い感じ。最高に腹が立ったのが、地下鉄係員の不親切さ、無愛想で全く助けようと [続きを読む]
  • バルセロナでのテロ
  • バルセロナでテロがあったニュースを観て心配してメッセージを沢山頂きまして、有難う御座います。夏休み期間で日本からの旅行者の方も沢山いらしてびっくりされたのではないかなと思います。何となくスペインは安全なのかなと思っていた矢先に起きたテロ、残念です。自分達の身勝手な憎悪を無実の人々に向けた最低なテロリスト達。話題になる事で更に賛同者を募るなら、あえて無視。そんな人達に毎日懸命に生きている人達の小さ [続きを読む]