NAEKO SANGU さん プロフィール

  •  
NAEKO  SANGUさん: ドルチェの庭
ハンドル名NAEKO SANGU さん
ブログタイトルドルチェの庭
ブログURLhttps://ameblo.jp/dolce-piano-school/
サイト紹介文石川県金沢市にある、子供のためのクラシック専門のピアノ教室です。
自由文レッスンや演奏、趣味のガーデニングなど日々の暮らしのことを書き綴っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供100回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2010/02/24 11:49

NAEKO SANGU さんのブログ記事

  • 今川裕代先生の講座
  • 先週の日曜日、石川県ピアノ協会主催による今川裕代先生 の講座『美しい響きをつくる7つの奏法』に参加しました。ショパンの24のプレリュードとバッハのインベンションを使って、具体的な奏法を学びました。私はモデル生として24のプレリュードのハ短調の担当になっていたのですが、自宅で練習していた奏法と先生に教えていただいた奏法が全然違っていました。手が小さいので和音を掴むだけでもいっぱいいっぱいになってしま [続きを読む]
  • 9月の庭と恐怖の虫
  • 先週末からお天気が良かったので、毎日少しずつ庭仕事をしました。この夏、バラがカミキリムシの被害にあい3株が枯れてしまいました。残念その株を根っこから掘り起こす作業がけっこう大変で・・・。力仕事だったので少々筋肉痛です。今週末、石川県ピアノ協会の講座でちょこっとピアノを弾くことになっているのに、腕も指もバキバキゆったりした曲なので良かった・・・・。今、我が家のお庭では秋明菊が咲いています。この季節に [続きを読む]
  • ギロックの研究会
  • 昨日はギロックの定例会がありました。今年はギロックの生誕100年ということで、各地でイベントがあったようです。石川支部では先月、ギロックのお弟子さんだった安田裕子先生をお招きして勉強会を開催しました。ギロックは「子供達のピアノ教育を変えたい」という思いで多くの曲を作ったそうです。確かにギロックの曲は子供達に大人気。イラストのない楽譜でも子供達が気に入ってくれるので、よほど曲に魅力があるのでしょうね [続きを読む]
  • 発表会の曲選び
  • 9月に入りようやく夏の暑さが落ち着きました。私の家の庭では秋明菊が咲き始め、少しずつ秋に近づいているようです。今年最後に見た蝉最近は、12月の発表会の準備で頭がいっぱいの毎日です。まずは曲を決めなくてはいけないので、楽譜を積み重ねてあれこれ考えています。毎回、プログラムの曲がワンパターンにならないように新しい曲を入れ、曲の時代も偏らないように。また、生徒さんが毎年同じ作曲家の曲を弾くことがないよう [続きを読む]
  • 著作権の問題
  • 最近、JASRACが音楽教室に対して「レッスンでの演奏に対して著作権料を徴収する」という方針を明らかにし、騒がれています。(詳しくはこちらをご覧ください)今朝、グッドモーニングという情報番組でもその話題が取り上げられていました。ご覧になった方もいらっしゃると思います。先日のピティナのステップにアドバイザーとしてお越しくださった奈良井巳城先生が出演されるとのことで、私も見ました。著作権を徴収したい側とそれ [続きを読む]
  • ピティナ・ピアノステップ
  • 早いものでもう9月。今年も残り4ヶ月を切りました。ぼーっとしていたら、あっという間に年末になってしまいそうですさて、昨日は白山市学習センターで、ピティナ白山市くろゆりステーションのステップが開催されました。私の教室からは小学校4年生のMちゃんが参加。自分で選んだギロックの「魔法の木」と「手品師」を演奏しました。緊張していたそうですが、きれいに弾いていました夏休みの明けに本番があると、休み中の練習が [続きを読む]
  • いしかわ国際ピアノコンクールを終えて
  • 先週の日曜日に『第4回いしかわ国際ピアノコンクール』が終わり、その後、4日間の夏休みを満喫しました。そして、今日からレッスンを再開しました。この10日間ほど慌ただしく過ごしていたので、ピティナの本選からまだ10日しかたっていないのに、ずいぶん時間がたったように感じます。いしかわ国際ピアノコンクールの感動がまだ心に残っていて、時々ぼんやりしてしまうのですが、気持ちを切り替えていかなくてはいけませんね [続きを読む]
  • 石川国際ピアノコンクール 
  • 今週の月曜日と火曜日にピティナ・ピアノコンペティションが開催され、ホッとする間もなく木曜日から石川国際ピアノコンクールがスタートしました。木、金曜日が予選で土、日曜日が本選。「国際コンクール」なのでアジアからの参加者が数名、そして日本全国から参加者が集まってきて、レベルの高い演奏で競い合っています。中学、高校生の部門では予選通過者の殆どが県外からの参加者。普段、県外の方達の演奏を聴くことがあまりな [続きを読む]
  • 目からウロコのピアノ指導法
  • 子供の夏休みが始まり10日ほどたちました。心身共に消耗しているのは暑さのせいなのか、反抗期気味の子供と過ごしているからなのか・・・・。皆様はお元気でお過ごしでしょうか。昨日、開進堂楽器さんで開催された馬場マサヨ先生の講座に出席しました。目からウロコのピアノ指導法~譜読みが苦手…は克服できる! 先生も生徒も楽しいレッスン~/ヤマハミュージックメディア¥価格不明Amazon.co.jp先生のお話が面白くてあっという間 [続きを読む]
  • ギロックの勉強会
  • 暑い日が続いていますが、皆様お元気でお過ごしでしょうか?今日、生徒の一人に「暑くてグッタリするね〜」と言うと「全然」という返事でした。子供は暑くても平気なのでしょうか???さて、今日の午前中は月に一度のギロックの勉強会でした。ギロック協会石川支部では、8月にギロックのお弟子さんだった安田先生をお迎えして勉強会を企画しています。今回は内輪だけの勉強会で、私達は先生の前で連弾を演奏することになっていま [続きを読む]
  • 発表会の準備
  • 発表会まで半年を切りました。まだ半年もある・・・と思われるかもしれませんが、半年なんてあっという間。日々のレッスンの合間に少しずつ準備を進めています。今年の発表会は12月23日。12月に発表会を開催するのは初めてです。クリスマスの時期ということで、ソロの他に「くるみ割り人形」の組曲をみんなで連弾する予定です。生徒さん達も楽しみにしてくれていて、小4のSちゃんは、そのイメージでドレスを選んだそうです [続きを読む]
  • コンクールで学ぶこと
  • 現代のピアノ教育の世界ではコンクールが盛んに開催されています。私が住んでいる金沢でも毎月のようにコンクールが開催されているので、都心ではもっと多いことでしょう。コンクールに挑戦することで学ぶこと、得ることはたくさんありますが、私が生徒さん達に期待しているのは「他の人を知ってもらう」ということです。ピアノのレッスンは基本的に一人。前後の生徒さんのレッスンを見る以外、普段から他の人の演奏を聴く機会は少 [続きを読む]
  • 大人の生徒さんのメソード
  • 今日、私が住んでいる金沢市は30度を超える暑さでした。暑かった・・・・毎年夏になると、私は「南国の別荘に滞在している」という脳内設定で過ごしております。そうすると暑くてフラフラになっても優雅なに気分になれますので、皆様もどうぞお試しください。今日は午前中に大人の生徒さんのレッスンがありました。レッスンではコルトーのメトードを使用しています。コルトーのピアノメトード アルフレッド・コルトー著/八田惇 [続きを読む]
  • ピティナ・ピアノコンペティション予選終了
  • 先週末、ピティナ・ピアノコンペティション金沢後期が開催されました。私はレッスンのために聴きに行けませんでしたが、小学校1年生のSちゃんが参加しました。奨励賞をいただきました。おめでとうございますSちゃんはちょうど1年前に他の教室から移ってきました。元々譜読みが早く理解力もあったので、この1年間、ピアノを弾く時の姿勢、指の形、楽譜の読み方、音楽的な表現など基礎的なことをレッスンしてきました。まだ手が小 [続きを読む]
  • ドルチェピアノ教室のご案内
  • <ドルチェピアノ教室のご案内>○ドルチェピアノ教室では、もう一歩進んで、「ピアノを通してお子様の知的好奇心を育んでいく」ことを大切にしています。ピアノを習うということはピアノに向かって弾くだけではありません。作曲家の生まれた国、時代背景、当時の楽器、楽譜に書いていないことを楽譜から読み取る、ということまでお子様に学んでもらいたいと思っています。そして、一つの曲を通してどんどん知識が広がっていく楽し [続きを読む]
  • ハイドンが使っていた楽器
  • ハイドンのソナタを練習している生徒さんがいます。古典派の作曲家が活躍した時代は鍵盤楽器が大きく変化していった時代なので、そのソナタがピアノかチェンバロのどちらで作曲されたものなのか調べてみました。以前読んだ本を何冊も引っ張りだしてきて読んでみましたが、決定的な記述がないためネットで調べてみようと思い、あれこれ検索しているうちに見つけたのがこちらのページ。桐朋学園のHPの中の音楽史講座。楽器と作曲者の [続きを読む]
  • 鍵盤のフタを外すと
  • レッスンをしていると、ピアノのフタの隙間から鉛筆や付箋、生徒さん達が使っているクリップなどがピアノの内部に落ちてしまうことがあります。今日は朝一人目のレッスンの時に、赤青鉛筆が落ちてしまいました落ちた辺りの鍵盤を弾くとカタカタと音が鳴るので、レッスンの合間にフタを外して鉛筆を取り出しました。他にも付箋とシールも落ちていました。フタを外すのは簡単ですが取り付けるのはすぐには上手くできないので、仕方な [続きを読む]
  • ホフマンの試弾
  • 2週間ほど前のことになりますが、楽譜を買いに楽器店に行った際、「試弾してみませんか?」とスタッフのHさんに声をかけていただきました。どんなピアノかな〜と興味があったので見せていただいたピアノがこちら。ベヒシュタインのブランドの一つ、ホフマンのグランドピアノ。                                    ヤマハのC1と同じサイズとのこと。弾かせていただくと、とても豊かな音がし [続きを読む]
  • 楽譜を見るためのに・・・楽譜の間違い探し
  • 楽譜を注意深く見る、ということを楽しんで学んでもらうために、久しぶりに「楽譜の間違い探し」をレッスンの中に取り入れています。黒河好子のさぷりキッズ 「楽譜の間違い探し レベル1」【シール付】 ~譜読みが速くなる! 譜読.../ヤマハミュージックメディア¥価格不明Amazon.co.jp私が使っているのはレベル1。いろんなメヌエットやブルグミュラー25の練習曲、チャイコフスキーの小品などが入っています。左側のページが元に [続きを読む]
  • ピティナ・ピアノコンペティション
  • 昨日は金沢市アートホールにて、ピティナのコンペティション(金沢西後期)が開催されました。この時期のコンペとあって、殆どの方が2回目の参加のようでした。1回目残念な結果だった方が再度挑戦されていたり、既に予選を通過しているけれど、全国大会に向けて2つ目の本選出場を目指していたり。または、本選出場を2本決めたうえで、本選のリハーサル的な目的で検定を受けている参加者もいるようでした。中学生、高校生の参加 [続きを読む]
  • 調律師
  • 生徒さん達に読んでもらいたくて購入した本「ピアノ調律師」。私も先日読みました。息子夫婦を亡くした調律師と孫娘のお話です。調律師は孫娘にピアニストになってもらいたいのですが、本人はおじいちゃんの仕事をしている姿を見て調律師に憧れています。ピアノ調律師 (末盛千枝子ブックス)/現代企画室¥価格不明Amazon.co.jp調律師は孫娘の行動にハラハラしながらも温かく見守っていて、読み終えた後、優しい気持ちになれます。調 [続きを読む]
  • ギロックの勉強会
  • 2ヶ月ぶりにギロックの勉強会に参加しました。今年の夏、ギロックのお弟子さんだった安田先生をお招きして勉強会を開催するので、今日はその時に弾く連弾の練習をしました。キャサリンロリン ダンスフォーツー ダンススタイルによるピアノ連弾曲集/全音楽譜出版¥価格不明Amazon.co.jpこの楽譜はバラエティに富んでいて、子供から大人まで楽しめる曲がたくさん入っています。私は演奏の途中でタップが入る「タップ狂想曲」がお気 [続きを読む]
  • 読み聞かせ
  • 今日はお昼の時間、久しぶりに小学校へ読み聞かせに行ってきました。子供が小学校に通っていた6年間、図書ボランティアに在籍して活動していました。春に卒業しましたが、微力ながら読み聞かせのお手伝いを続けることにしました。低学年が殆どでしたが、70人ほど図書館に集まってくれました。小学生達、みんな可愛い〜私が読んだのはこちら。ちからたろう (むかしむかし絵本 (5))/ポプラ社¥価格不明Amazon.co.jp小さい子達が次 [続きを読む]
  • 生徒さんたちがんばりました!
  • 6月10、11日の2日間、金沢市アートホールにてピティナ・ピアノコンペティションが開催されました。私の教室からは5名が参加。皆さんよくがんばりました。A1級  努力賞 ・奨励賞  各1名       B級        優秀賞   2名C級        優秀賞   1名5人のうち3人が初参加でした。お母様方もドキドキされたようで、「緊張していて子供の演奏が記憶にない」とか、「朝食にヨーグルト2口しか [続きを読む]
  • 6月の庭
  • バラのピークが過ぎましたが、まだまだきれいに咲いています。お天気の良い日の午前中、30分ほど庭に出て花ガラを摘んだり雑草をむしったり、水やりをしたり、植物の手入れをしています。この季節はあっという間に雑草が育つので、きりがありません今年のナエマは花数が多く、素晴らしいです。香りも色も良いのでお薦め。フレンチレース。花の形が優雅なバラです。香りも良いし淡い色合いがきれいなのですが、頑丈な刺が数多くつ [続きを読む]