うらのやぶのおじいさん さん プロフィール

  •  
うらのやぶのおじいさんさん: 古希からの田舎暮らし
ハンドル名うらのやぶのおじいさん さん
ブログタイトル古希からの田舎暮らし
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/hatake400
サイト紹介文神戸の街から三木市に移住して田舎暮らしをはじめた古希のじいさんばあさんの日常を紹介します。
自由文1 田んぼを借りて家庭菜園をたのしむ。400坪と大きめの菜園ですが、落花生やゴマ、コンニャクなども有機無農薬でつくっています。 2 見ず知らずの地域にとけ込む。……老人会などを通して村にとけ込んでいく様子を紹介します。 3 裏山の竹薮を開拓する。竹を切り倒し、里山復活を目ざします。夫婦でたのしみながら挑戦しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供301回 / 365日(平均5.8回/週) - 参加 2010/02/26 15:43

うらのやぶのおじいさん さんのブログ記事

  • いとこが母を訪ねました。
  •  道子さんと同い年のぼくの〈いとこ〉が、広島から母・妙子さんに会いにやってきました。母をなでたり、さすったり、手をにぎったりして、声を掛け、気持ちの〈やりとり〉をできました。そんな機会も、もうないでしょう。このたびはゆっくり会えてよかった。 施設に案内しての帰りに、伽耶院に寄ってみました。モミジの見頃ではないかと思って。 見物客もチラホラ。見頃でした。この週末くらいがいちばんいいでしょう。   下 [続きを読む]
  • 花苗を植え込みました。
  •  先日ととのえた花壇に花苗を植え込みました。 これから冬にかけて公民館を飾ってくれます。 この土地はもともとプランターを置く場所でした。しかしプランターの間から草は生えるし、毎年7月と11月に市から花の苗が配られ、そのたびに土を入れ替えるし、面倒でした。 それで、有り合わせのブロックなどで囲んで、プランターを廃止したのです。 でもブロックでは花壇が味気ない。 どんな枠がいいか、ホームセンターでさが [続きを読む]
  • 吉村昭『熊撃ち』を読みました。
  •  高齢になると本を読むのが遅くなります。数日かけて吉村昭の『熊撃ち』という小説を読みました。人間を襲って肉を食った羆(ひぐま)は、人間を襲うようになるのをはじめて知りました。 この本は昭和54年の出版。ずいぶん古いです。しかし時間をかけて取材した事実が、引き締まった文章で書かれており、いまも圧倒的な迫真力をもっています。文庫本で長く読み継がれており、これからも生き残る本です。 ぼくが吉村昭という作 [続きを読む]
  • 村の防災訓練がありました。
  •  日曜日の朝、村の防災訓練がありました。公民館に行くと、大勢の村の人たちが集まっています。きのう草刈り/掃除をしておいてよかった。村の人たちが気付いたかどうかわからないけど。 まず公民館裏で、土のう袋の作り方を学びました。 東のお大師さんの小屋が見えます。その横で砂を袋に詰めて煉瓦のように積んでいく練習を、ちょっとだけしました。 その後県道のほうにぞろぞろ移動して、消火水栓の説明をしてもらいました [続きを読む]
  • 昼食交流会で思ったこと
  •  きのうはうちの老人クラブで、昼食交流会をしました。 まず公民館まわりの掃除や草刈り。奉仕活動ということで記念撮影。 休憩してお茶を飲んだ後は『みっきー体操』や『パ・タ・カ・ラ』の歌を練習しました。 血圧を測ってもらったり、健康について話し合ったりして昼食。 次の写真を見てください。 弁当を片付け、湯飲みを片付け、紙コップでコーヒーを飲んで、「これでおしまい」という場面ですが、そんな空気は写ってい [続きを読む]
  • 老人会の準備あれこれに忙しい日でした。
  •  明日・第二土曜日(奇数月の)は、うちの村の『老人クラブ・昼食交流会』です。今年から村の老人会行事としてはじめました。 生まれたときから互いによく知っている長い歴史の村に、似合いませんが、老人会の行事を盛り上げようと、道子さんやぼくは、チラシを配ったり電話で参加を呼び掛けたりしました。そしてなんとか14名の参加者で、昼食会を開くことができます。 明日はまず公民館周辺の掃除をします。 その作業にあま [続きを読む]
  • 片付ければ片付けるほど仕事が出てきます。
  •  きのうは一日「下の畑」を片付けました。足を引きずりながらの仕事ですから、ゆっくりゆっくり。それにしても「片付ければ片付けるほど仕事が出てくる」感じです。 まず道沿いの土手(谷間)をきれいに仕上げました。 前の日に刈った草が乾いたので、レーキで溝に集めます。それを四角の袋に入れて三度焼却炉へ引きずっていきます。道沿いのこの谷は、この11年、毎月の草刈りで一番最後になっていました。左右の土手を刈って [続きを読む]
  • 二人とも大働きの日でした。
  •  きのうは道子さんも、ぼくも、大働きの日でした。 道子さんは、頼まれていた「黒豆の葉落とし」に午前中出動しました。実働3時間。だれかとペアになって、黒豆の畝にとりつき、両側から黒豆の葉っぱをちぎっていきます。腰を曲げ、膝をついたりしながら、横に移動するのですが、100メートル(黒豆200本)もやるとイヤになる。それを営農の人たちは朝から晩まで延々とやるのですから頭が下がります。晴れの日がつづきます [続きを読む]
  • エクラホールで音楽を聴きました。
  •  今日は、小野市のエクラホールで音楽を聴きました。『三木室内管弦楽団』の定期演奏会《オール・ベートーベン・プログラム》です。ピアノ協奏曲第3番・交響曲第3番『英雄』と大曲にチャレンジされ、たのしませてもらいました。 楽団員は30人ほどで10人余りの賛助出演が加わりますが、しっかりした音で、気持ちの入った演奏でした。三木は古くからの小さな町ですが、我が市の名前を冠する管弦楽団の見事な演奏を、誇りに思 [続きを読む]
  • 冬のハンモックもわるくない。
  •  ハンモックで昼寝することがありますが、つつまれた感じがなかなかいい。しかし寒い季節にむかうのに風邪を引かないか。 ホームセンターで見たら、防寒グッズに長い座布団があります。去年までは座布団2枚の長さでしたが、今年は3枚分・180センチ超の長座布団も。試しにその長座布団を買ってハンモックにのせてみたら、ちょうどいい。クッションを枕に長座布団に寝て、上から毛布を掛ければ気持ちよく眠れます。 セットし [続きを読む]
  • 土手の仕上げ「草刈り」をはじめました。
  •  11年前。2008年4月22日夕方、大豆畑トラスト「むーな村」から三木の家に帰る車中で。「あの畑、『使こてんか』って、言われたんやけど」「広すぎるし、半分もつくれないわ」「だけど、もし使うんやったら、早よ言わんと。向こうも何に使うか、予定あるだろうし」「おばあさんの話でしょ。息子さんはどう思ってるかきいてみないと」 おばあさんにもう一度声を掛けて帰宅。すると10分後、草を刈っていた息子さんが、息 [続きを読む]
  • 『干し柿日和』がつづきます。
  •  稲刈り日和がつづくうちに、すべての稲刈りがおわりました。 今年の秋は、朝夕冷え込み、日中はよく陽が当たり、干し柿づくりも順調です。道子さんと「干し柿日和だね」といっております。道子さんは渋柿を「皮をむいてから熱湯に3秒ひたす」やり方をスマホで知りました。村でもらった渋柿も道の駅で買った渋柿も、順調に干し柿になりつつあります。  甘いモノに目のないアライグマは干し柿が大好物です。我が家の干し柿も過 [続きを読む]
  • 「オレは平坦な道を歩いてきたんやなー」。
  •  何気なく図書館で借りた本『ガン封じ寺和尚の奮戦記』 −捨てて歩けー 高田真快 著(平成6年・国書刊行会)を見ていたら、著者の生年が目にとまりました。    昭和12年岡山県生れ。 …… オレと《同い年》や。 本を読んでいくと、高田さんは波乱万丈の人生。病気になり、巡礼し、お坊さんになり、本もいろいろ書いて、亡くなっています。 先日、池井戸潤の『陸王』を読んだときも思いました。 「陸王」の主人公は [続きを読む]
  • 西宮の芸文センターで音楽を聴きました。
  •  久しぶりに西宮の芸文センターで音楽を聴きました。若いPAC(芸文センター管弦楽団)の演奏で、モーツアルトを。清潔感のある演奏で、気持ちのいい音にひたりました。 ここの大ホールは天井が高く、10年以上たっても古びた感じがありません。壁や床、イス、フロアに固くて厚い材木がつかってあり、しっとり感がなかなかいい。 ホールに入って、天井を見わたすだけでいい気分です。 きのうは、12時に家を出て、神鉄恵比須 [続きを読む]
  • イチゴ畝/テントテラス/ができました。
  •  道子さんは「家の前の畑」にイチゴの苗120株を植え込みました。濃い土色というより浅い真砂土色ですが、「割り肥え」は野草酵素飲料の搾りかすと鶏糞などをしっかり入れています。燻炭もしっかりすき込んでいます。  この苗たちはこのまま冬の寒さに鍛えられ、春にはマルチを掛けてもらい、4月にはアライグマを寄せつけないネット・ハウスで囲んでもらいます。 そして5月には「イチゴ天国」がこの地上に出現するという次 [続きを読む]
  • 「下の畑」はほったらかしで「家の前の畑」に一生懸命
  • 「下の畑」の草を刈り、片付けるタイムリミットが迫ってきました。お返しするのは12月末日ですが、11月中には片付けを完了するつもりです。 ところが気持ちはどうしても「家の前の畑」に向かってしまい、片付けのほうに意識が行きません。困ったもんです。といいながら、今日も前の畑に屋根をつける仕事をしていました。 ポリカーボネートの屋根をつける気になっていましたが、そんな大袈裟なことをしなくても、シートの屋根 [続きを読む]
  • 有馬温泉で骨休め
  •  前の畑ができて、いろいろ働いています。 家の前の土地は今から12年前、持ち主の方に「畑にしたいから売ってもらえないか」とお願いしたことがあります。「あの土地はバブル期に坪10万円で買いました。せめてそれに近い値で」と言われて、あきらめました。そして下の畑を借りて11年間耕作してきました。 今年なってから測量士がやって来て、前の土地を測量しはじめました。「家を建てることになりました」と不動産屋が言 [続きを読む]
  • 『山田錦』の稲刈りは順調にすみました。
  •  去年の10月は雨がひどかったのですが、今年は『山田錦』の稲刈りが調子よくできました。きのうは道子さんの用事で郵便局に出掛け、ついでに口吉川町をドライブ。笹原から旧道に入り、槇 ⇒ 久次 ⇒ 里脇/大島/南畑/保木/ …… とまわり「稲刈りが順調にできてよかった」と思いました。えらそうな視察でなく、秋を感じながら軽トラでドライブするのはちょっといいものです。 写真はうちの村の稲刈りの様子です。最後 [続きを読む]
  • 三木の音楽会をたのしみました。
  • 「今年は駄目と思ったけど〈黒豆の枝豆〉なんとか採れるよ」  と娘たちに電話したら、日曜日に採りに来ました。午前中は畑仕事をするつもりでしたが、草刈り機を軽トラに積んで「いざ出動」というとき、急に眠くなりました。 そんなことがときどきあって、その時は「眠いという〈内なる声〉にしたがう」ことにしています。 で、午前中寝てしまいました。 お昼前「今日は三木音楽協会のコンサートが吉川公民館である」ことを思 [続きを読む]
  • 畑の片付けにとりかかりました。
  •  心の中では「畑をお返しするのは12月だからボチボチ片付けよう」と思っています。でも実際に片付けはじめると、この11年間に畑でやったことがいっぱいあり、「片付けは簡単でないです」。 遊歩道の一部を片付けはじめました。いろんなモノが出てきます。そんなことをしたのを忘れてます。「そうだ。こんなこともしてたな」。思い出しながら片付けることになります。 堆肥を入れていた容器のふた(トタンの波板)に集めてみ [続きを読む]
  • 『断捨離』しながら思ったこと
  •  寒くなりました。夏の着るもので誤魔化していましたが、間に合わなくなりました。衣服を入れ替えしなければなりません。 野良着と室内着と外出用のズボンやジャンパーなどです。冬の着る物を出してみると、お金を掛けた上等のものはなくて、ホームセンターやスーパーで買った衣類で間に合わせています。夏の衣類も同じ。ワイシャツやネクタイを締めることもなく、背広を着ることもありません。わずかな衣類です。ここ数年は、1 [続きを読む]
  • テラス/物置/をセットしました。
  •  下の、大きな畑に、気持ちが全然いきません。前の畑ばかりに。 今日はコンパネ2枚のテラスと物置をセットしました。 道子さんは「このテラスにイスとテーブルを置いて、通行人を呼び込んでお茶する」といいます。この道を歩いて通行する人は一日に一人か二人でしょうが、でも「人と交流しよう」とする心構えがいいね。 テラスにはパラソルを置けばいいようなものですけど、道子さんは「屋根を付けてほしい」といいます。ぼく [続きを読む]
  • 84歳になるまでの免許証をゲットしたぞ!
  •  今日は明石の試験場に行きました。「高齢者講習終了証明書」をもって、意気揚々と。そしてスイスイと窓口を通って、新しい運転免許証をもらいました。 これで平成33年10月、84歳になるまで車を運転することができます。 では、84歳になったら自主返納するか。   そのとき、また、考えます。元気ならもうちょっと。 お昼前に「魚の棚」に行きました。今日はお客さんは少な目でした。魚も少なかった。道子さんはピチ [続きを読む]
  • 今年の稲刈りは順調にはかどっています。
  •  特に8月末の台風で、黒豆は駄目になりました。毎年、枝豆を道端で販売する口吉川町の村村も、今年は「中止」だそうです。我が家の黒豆も駄目。それでも枝豆を食べてみよう。抜いて少ないサヤを茹でてみますが、例年より粒が小さく、味が落ちます。 日曜ごとに「黒豆の枝豆狩り」に来た子たち孫たちも、今年はどうするか。多くの人と分かち合い、よろこんでもらった枝豆ですが、有終の美を飾ることはできませんでした。来年から [続きを読む]
  • 『秋の野草酵素飲料』を仕込みました。
  •  春の野草酵素飲料は、夏にほとんど飲んでしまいました。炭酸水で割り、氷で冷やした酵素飲料は実にうまい。1リットルの水筒に入れて畑に持っていってもすぐに飲んでしまう。 9月からは秋の酵素飲料ができるまで我慢していました。 そして、秋の酵素飲料を作る季節がめぐってきました。 今日は天気がいいので、手作り酵素飲料を仕込むことにしました。 秋は新芽の野草が少ないので果物が中心になります。 デッキに並べた材 [続きを読む]