うらのやぶのおじいさん さん プロフィール

  •  
うらのやぶのおじいさんさん: 古希からの田舎暮らし
ハンドル名うらのやぶのおじいさん さん
ブログタイトル古希からの田舎暮らし
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/hatake400
サイト紹介文神戸の街から三木市に移住して田舎暮らしをはじめた古希のじいさんばあさんの日常を紹介します。
自由文1 田んぼを借りて家庭菜園をたのしむ。400坪と大きめの菜園ですが、落花生やゴマ、コンニャクなども有機無農薬でつくっています。 2 見ず知らずの地域にとけ込む。……老人会などを通して村にとけ込んでいく様子を紹介します。 3 裏山の竹薮を開拓する。竹を切り倒し、里山復活を目ざします。夫婦でたのしみながら挑戦しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供200回 / 330日(平均4.2回/週) - 参加 2010/02/26 15:43

うらのやぶのおじいさん さんのブログ記事

  • 映画『モリのいる場所』を見ました。
  •  雨で外仕事はできません。口吉川町のグランドゴルフ大会は延期になりました。仕事はお休みにして「年寄りでも安心な映画を見に行こう」という話になり、三田シネマに出掛けました。『モリのいる場所』という、地味なお爺さんお婆さんの映画です。 映画の途中で眠くなりました。退屈でした。でも、まあ、最後まで見て、「あんな庭を映画で見るくらいなら、うちの裏山を見てたほうがよかった」。 トカゲとかカマキリがちょっと出 [続きを読む]
  • クララの苗をさし上げます。
  •  写真はクララの苗です。 苗というより、苗を植えて4年目になる『根』です。宿根草で、毎年生えてきます。地下ではしっかり根を張っている(と思います)。 この苗(根)をさし上げます。ただし掘るのは結構力がいります。それにかなりの根ですから、自分で掘って持ち帰られる方にお願いします。2本あるので、一本ずつ限定2名の方に。  もしご希望でしたら、コメント欄に連絡先を入れてください。打ち合わせて、掘りに来て [続きを読む]
  • お通夜に思ったこと
  • 「ホロホロ」はハワイの言葉で「ぶらぶら歩くこと」だそうです。「ホロホロ、ホロホロ」と声に出して歩いてみると、いかにも「ぶらぶら歩く」感じです。 用事がなくても、なんとなくニコニコしながら、ホロホロ(ぶらぶら歩く)。どの町や村にもそんな人がいそうな気がします。「うちの村にそんな人は ……」と思いめぐらしてみると、やっぱりおられます。 ニコニコしながら土手をのぼって畑に来られ、野菜づくりのおしゃべりを [続きを読む]
  • 「三木室内管弦楽団」の演奏会を聴きました。
  •  三木の管弦楽団演奏会を、去年から聴いています。きのうは文化会館小ホールで、ブラームスの交響曲第一番とブルッフのバイオリン協奏曲。どちらも馴染みのある曲です。気持ちの入った演奏で、快く生の音楽を聴きました。 名前は〈室内〉のつく管弦楽団ですが、人数は補強メンバーを含めて50人超。立派なオーケストラで、音もしっかり響きます。11月には、また小野市で〈ベートーベン・プログラム〉の演奏会があります。カレ [続きを読む]
  • 『物忘れ』をどうするかなー。
  •  歳をとると「物忘れ」をするようになる。それは仕方がない。そのことに、年寄りはどう向き合って生きるか。 ぼくの場合、急にフラッシュバックするように「えーと、あれはどこにやったかなあ」と不意に思うことがあります。自動車の鍵/携帯電話/カメラ/財布を入れたカバン/病院の保険証/とか。これは年寄りの「宝さがし」で「財布がないない」と毎日探していた女性を思い出します。「あった!」。「でもなんでこんなところ [続きを読む]
  • 今夜から枕を高くして眠ります。
  •  錦織圭がローマ大会で準々決勝に進出して、昨夜の11時から試合の予定でした。で、10時に起きて、気分をととのえて、テレビ観戦の構え。ところが前の試合が延びて2時間以上待たされました。 午前1時を過ぎてやっとはじまった試合で、錦織は11連敗中の相手を圧倒し、「今日は勝つぞ!」と思いながら応援しました。ところがだんだん形勢がわるくなり、最後は負けました。終わったのは午前4時前です。いまから寝て、6時に [続きを読む]
  • お客さんとおしゃべり、いっぱい。
  •  きのうは神戸と姫路のほうから道子さんのお友だちが訪ねてきました。街とちがって、駅にお迎えに行き、家のまわりを案内し、「いいわねー!」「いいわねー!」と感心され、心地のいい一日でした。イチゴもまだ採れるし、いろんな花が咲き、来客のベスト・シーズンです。 こっちは、来客を歓待して、あちこち案内して、説明することが自慢になるし、感心してもらえるし、いい気持ちです。 裏山のデッキでコーヒー・タイム。藪蚊 [続きを読む]
  • 今日は「大働き」「盛り沢山」の1日でした。
  •  火曜日は、軽トラを車検に出し(一日車検)、神戸の水田種苗店にサツマイモの苗を買いに行きました。べにはるか(バイオ):30本/安納芋:30本/ナルトキントキ(バイオ)30本を買いました。次の雨(金曜日)までに植えるつもりです。 そして16日(水)は、盛り沢山の一日になりました。やったことを順を追って書いてみます。① 畑に出て、「芽出し」した小芋を植えました。まず小芋を掘り出し、黒マルチにカッターで [続きを読む]
  • 西村京太郎の小説を読みました。
  •  600冊も、本を書いて、広く読まれている、西村京太郎の、推理小説を、一冊読んでみよう。と、思って、『京都駅0番ホームの危険な乗客たち』を、図書館で借りて、読みました。 で、「もう、読んだ。これで、納得した。」と思いました。 この文は、西村京太郎の、真似を、しています。彼の文は、句読点が、やたらに多い。小説の一部を、引用してみます。 この後、十津川と亀井は、北海道に、飛んだ。 事件が発生したとき、 [続きを読む]
  • 朝の瞑想の前に『すわいしょう』をとりいれます。
  •  12日には、おさるさん(植田弘一さん)に「ラフター・ヨガ」をリードしてもらいました。 ※ 「植田弘一さん」と呼ぶより「おさるさん」と呼ぶほうが実感がもてる人です。このブログでは「おさるさん」と呼ぶことにします。 おさるさんは、『すわいしょう』からはじめました。ネットで検索すると「スワイショウ」とカタカナ書きになっていますが、ぼくは「すわいしょう」と平仮名書きのほうが好きです。そんな感じの体操です [続きを読む]
  • ラフター・ヨガは盛り上がりました。
  •  今日は、おらが村の老人クラブ『第一回・昼食交流会』の日です。案内チラシをあれこれ工夫して、戸別に配り、デザートなどの準備も、すすめてきました。参加者は多くありませんが、参加される人たちの気持ちが盛り上がりますように。 ラフター・ヨガのインストラクター:植田弘一さんにリードしてもらい、途中からみんな、ぐんぐん元気になってきました。 昼食のあと撮った写真にも、そんな、いい雰囲気が、写っています。 こ [続きを読む]
  • 35ミリのネガフィルムが出てきたけど、どうするか。
  •  屋根裏部屋を整理したら、35ミリカメラで写した家族や旅行の写真フィルムが出てきました。数えてみたら50本以上あります。我が家の歴史が入っている。「認知症になったら《むかしの懐かしい写真》を見るといろいろ思い出すことがある」という話をききます。道子さんやぼくが認知症になったときに、役立つかもしれん。 でも〈ネガ・フィルム〉のままではどうしようもない。こんなに大量のフィルムを全部プリントするわけにも [続きを読む]
  • 屋根裏部屋を片付けました。
  •  田舎暮らしを志向して2006年(12年前)に小さな家を建てていたとき、ぼくは神戸から「建築手伝い」という名目で現場に日参しました。なかでも大仕事は「屋根裏部屋を作る」でした。棟梁に教えてもらいながらコンパネを天井裏に上げて、床を張りました。 屋根までの高さは最大120センチと低いけど、コンパネ20枚(20畳)の物置き部屋ができました。25年暮らした神戸の家から引っ越すときは、家具や本や布団や衣類 [続きを読む]
  • また、また、枕を高くして寝ることに。
  •  7日から錦織圭のテニスの試合が始まったのですが、一回戦で負けました。夜11時からの試合を見られるように、午前・午後としっかり寝て、夜の応援体制をととのえたのに、あ〜あ。 夕食後は、寝過ごしを心配しないで8時頃から寝ます。枕を高くして。  雨がしっかり降って田んぼに水がたまり、蛙が鳴きはじめました。 緑が濃くなり、いい季節です。 [続きを読む]
  • 連休のおしまいは盛り沢山でした。
  •  GW最後の日曜日は盛り沢山でした。 萌ちゃん一家大志くん一家が集合して「イチゴ狩り」をしました。採れたイチゴの一部を、みんなでまず食前デザート風に平らげました。(大皿に盛ったイチゴは食後デザート用です) 次はおじいちゃんがセットした緑陰バーベキュー。毎度おなじみのセットなので裏山の上のほうから撮りました。風が強く、紙皿が飛ばされます。大志くんが「両面テープでお皿をとめよう」とアイディアを出して、う [続きを読む]
  • 黒マルチで地温をあげてから植えます。
  •  今日は、小芋の畝/サツマイモの畝/にマルチ掛けをしました。まずたっぷり水をかけ、それから畝間を耕運して土をほぐし、135センチ幅のマルチを掛けます。  50メートル巻のマルチでカツカツ掛けられました。これで地温が上がり、サツマイモを植えられます。苗は水田種苗店のバイオ苗がいい。連休が終わったら買いに行きます。 マルチを地面にとめるのにトンボやピンを使いましたが、風でめくれてしまいます。やっぱり両 [続きを読む]
  • 『漢字ナンクロ』にはまっています。
  •  4/30・5/1と2日間畑仕事を頑張ったら疲れてしまいました。5/2は雨、3日は骨休めです。 いつの頃からか仕事をしたら疲れが「遅れて出てくる」ようになりました。「昨日頑張ったから今日は疲れて休む」という単純な、わかりやすい、疲れでなく、「えーと、なんでこんなに疲れてるのかなー」としばらく考えないと思い当たる仕事が浮かびません。 今日が疲れのピークのようです。雨は降ってないけど一日机に向かって漢 [続きを読む]
  • 近く、レストラン『梅園』で食事します。
  •  きのうは夕方6時過ぎまで畑の畝をつくりましたが、排水が心配でした。今朝6時過ぎに起きて天気予報を見ると「雨」。でもまだ降っていません。「今のうちに畑の雨水を流れるようにしたら、雨のあとでも小芋やサツマイモをすぐ植えられる」。 瞑想/朝食/を後まわしにして畑に出ました。水がうまく流れるよう畝を整えた写真です。 畑仕事を1時間してから瞑想、朝食。10時ごろに用事と買い物で街に出掛けました。 今日は雨 [続きを読む]
  • 小芋の畝をつくりました。
  •  畑に埋めて『芽出し』をしている小芋が地面に芽を出してきました。その小さな葉を、小さな虫が食っています。安心して生長できるように、早く『本植え』しなくては。 雨の前に畝づくりをしよう。 …… と今日は頑張ってしまいました。 まず『割肥え』です。 鶏糞を2袋。野草酵素飲料のシボリカスを入れ、さらに堆肥を入れました。 その写真です。 それから両脇を耕運機で畝立てを通し、ジョレンで土寄せをします。レーキ [続きを読む]
  • アライグマの檻を仕掛けました。
  •  4月の畑の草刈りは終わりました。夕方溝をさらえて仕上げ、写真を撮りました。 道のこちらと手前の田んぼの畦は、まだ草が刈ってありません。このあたりの村村は連休に土手や畦の草刈りをします。連休の終わる頃には、土手や畦がきれいになるでしょう。ほどなく田んぼに水が張られ、蛙が鳴きだします。そして田植え。日本の原風景。 イチゴはぼちぼち採れています。アライグマ対策は万全を期そうとしていますが、彼らは「イチ [続きを読む]
  • 畑の畝づくりを急がなくては。
  •  畑に埋めて「芽出し」している小芋が芽を出しています。芽のやわらかい葉っぱを、ムシが食ってるようです。早く本植えしてやらなくては。 大雨の降る前に畝をつくっておけばよかったのですが、やっぱり「畑が手にあまるようになってきた」ということかな。 小芋の畝つくりには「野草酵素飲料のしぼりかす」を割肥えに入れます。これが作物にとてもよく効くという話です。自称「小芋博士」の友だちが、野草酵素のしぼりかすで立 [続きを読む]
  • 浴室の窓から見える景色
  • 「失敗だった!」と今でも思うことがあります。 2006年の秋、小さな我が家を建築中のことでした。ぼくは毎日のように神戸市須磨区から三木市の建築現場に通いました。こころやさしい棟梁に教えてもらい、屋根裏に物置きをつくりました。天井は低いけれど、コンパネ20枚=20畳の物置きです。 田舎暮らしをする気持ちも、聞いてもらいました。 窓のサッシ業者が来た日、ぼくは建築現場に行けませんでした。棟梁から電話が [続きを読む]
  • 2018年の土手の草刈りスタート。
  •  きのうは草刈り足場にのって刈るところを全部刈りました。 思い起こせばはじめてこの畑の草を刈ったのは、2008年4月24日でした。前々日の22日の夕方、この畑を貸していただく話が急に決まり、翌日ホームセンターに草刈り機を買いに出掛けました。 大豆畑トラスト「むーな村」の土手の草刈りのために、草刈り機は持っていたのですが、安物だったし、古くて性能は落ちるし、大きな土手の草刈りには不向きでした。そこで [続きを読む]
  • 枕を高くして寝ることになりました。
  •  プロ・テニスの試合は、先日のモンテカルロ・オープンの決勝戦が終わると翌日から、バルセロナ・オープン ⇒ マドリード・オープン ⇒ ローマ(イタリー)・オープン ⇒ 4大大会の一つ=全仏オープン と連日のように試合が続きます。 錦織圭はモンテカルロで一週間に6試合戦いました。一試合が2時間〜3時間。連日。 疲れが極限まで出てきたのでしょう。バルセロナ・オープンは途中で棄権してしまいました。残念だけ [続きを読む]
  • 80歳になって新車に乗る。
  •  注文していた軽自動車を、雨の降る日に受け取りに行きました。80歳といえば「運転免許証返上適齢期」です。それが「80歳になって新車に乗る」なんて。 まえにも書きましたが、いまの車は安全対策がほどこされているらしい。自分では安全運転を心掛けているつもりでも、年寄りは「とっさにアクセルとブレーキを踏み間違えて事故を起こすことがある」。もしそんな事故を起こせば、自分が死ぬより人を殺すことになる。 これか [続きを読む]