hiroka1913 さん プロフィール

  •  
hiroka1913さん: 建築家に終の棲家と人権を奪われた被害者の苦難の道
ハンドル名hiroka1913 さん
ブログタイトル建築家に終の棲家と人権を奪われた被害者の苦難の道
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/hiroka1913
サイト紹介文市民の税金を投入して出来た 閑静な住宅地、請負元と建築家によって欠陥住宅への道に、
自由文はじめまして、
新日鉄都市開発のコンプライアンスの問題と日本建築家協会の倫理規定の問題を問い続けます。
多くの証拠資料がありながら、裁判官の見分もありながら、請負元は「雨漏りを現認したのは原告だけ、痕跡はない」と虚偽し続けています。
手直しの最中にデモストレーション、破壊行為を受けました。
欠陥住宅全国ネット、九州代表の弁護士の先生と共に闘って参ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供303回 / 365日(平均5.8回/週) - 参加 2010/02/27 10:27

hiroka1913 さんのブログ記事

  • ニュースを読んでふと過った言葉「誠意とは」
  • https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180628-00000006-khks-soci<浪江町長死去>巨大権力への怒りを再生の原動力に 妥協許さず6/28(木) 10:48配信 福島県浪江町の避難指示解除から1年3カ月。本格的な復興へと歩み出した古里の姿を見送るように、馬場有町長は逝った。東日本大震災と福島第1原発事故からの再生を率いた原動力は、国や東京電力という巨大な権力への強い怒りだった。【浪江町長辞職へ】「町のこし」道半ば…無 [続きを読む]
  • 欠陥住宅は人災
  • 夫は5月、6月と博多へ講習会に出かけた。5月(日曜日)は朝の10時から5時半まで昼休みは1時間しっかりと勉強したようだ。6月(土曜日)午後からの講習も溢れんばかりの人数。建築業界の一部だと思うが私どもの経験からとにかく勉強はしない。業者に丸投げ、業者は下請け業者に丸投げの図式で欠陥住宅が生まれる。嫌というほど味わった、平然と嘘をつく、思いつきの発言、失敗した時、適当に依頼主をごまかす、饒舌な言葉で [続きを読む]
  • 時折、先生との思い出がこみ上げては涙が溢れます
  • 幸田雅弘先生書かれた準備書面 29、かなりご病気が悪い時期、多い時は週に二度、福岡の病院で打ち合わせ、毎日のようにメールや電話でも打ち合わせでした。偶然にも幸田先生の入院先は夫の高校の関係者、次の病院も高校の同級生が勤務、夫はでき得る限り先生が安心して入院できるようにお願いをいたしました。幸田先生は大変喜んでいただいていつも自分は何もしてあげられないのに・・・。壮絶な闘いの中、一所懸命、準備書面に [続きを読む]