hiroka1913 さん プロフィール

  •  
hiroka1913さん: 建築家に終の棲家と人権を奪われた被害者の苦難の道
ハンドル名hiroka1913 さん
ブログタイトル建築家に終の棲家と人権を奪われた被害者の苦難の道
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/hiroka1913
サイト紹介文市民の税金を投入して出来た 閑静な住宅地、請負元と建築家によって欠陥住宅への道に、
自由文はじめまして、
新日鉄都市開発のコンプライアンスの問題と日本建築家協会の倫理規定の問題を問い続けます。
多くの証拠資料がありながら、裁判官の見分もありながら、請負元は「雨漏りを現認したのは原告だけ、痕跡はない」と虚偽し続けています。
手直しの最中にデモストレーション、破壊行為を受けました。
欠陥住宅全国ネット、九州代表の弁護士の先生と共に闘って参ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供398回 / 365日(平均7.6回/週) - 参加 2010/02/27 10:27

hiroka1913 さんのブログ記事

  • どんな目にあっても
  • どんな目にあっても、どんな苦しい目、どんな思いがけない大事にあっても、日常と少しも違わない、平然としてこれに対処する。これが私の言う 積極的精神なんであります。 - 中村天風 -笠木の雨仕舞・そもそも、外部からの漏水を起こさないというのは建物に求められる基本的な安全性を損なう瑕疵」について判示した最判平成23年7月21日は「漏水」が上記瑕疵に該当する場合のあることを認めている 今、思うこと、夫へのお返 [続きを読む]
  • 二枚舌にご用心、自ら襟を正さないと欠陥住宅被害者が増えていく
  • 私共が出遭った被告ら「二枚舌」「三枚舌」手抜き、質を落とす、依頼者を破壊行為で脅す、法律は守らない、隠して隠しまくり、嘘を付くことが普通、これからも欠陥の建物を増産するに違いない http://blogs.yahoo.co.jp/hiroka1913/36189565.htmlなぜ欠陥の建物が増産されるのか、泣き寝入りさせられるのか、被害者を増やす建築行政、地域に信頼され社会に貢献しなければならない、大学の教職員の倫理教育が全くなされていない 現 [続きを読む]
  • イタリア産肥育豚ドルチェポルコの贈り物
  • 先日、お世話になっている友人から贈り物が届きました。イタリア産肥育豚ドルチェポルコ少しだけ、フランクルトパイにソースを付けて今までいただいたことがない味、美味しくいただきました。次回はレシピを参考に料理をしてアップ致します。おすすめめのレシピロースハムゼリー寄せあらびきローフのスパニッシュオムレツベーコンのズッキーニ巻きフランクパイホワイとフランクのバケットピザすべての商品は加熱せずそのまま召し上 [続きを読む]
  • 人生は「心」で決まる。静寂の大切さを忘れないように
  • PHP 人生は「心」で決まる心に効く話 沈黙にひたる公園で大きなクスノキが枝を広げている姿を見ると「楠」と「樟」という二つの漢字を思い描く。「楠」は南国から渡来した木、という意味見だし、「樟」は「臭し」源らしく、昔は防虫、防臭の樟脳の原料になった。散歩のとき、その木の下にしばしたたずむならわしである。おおきな木の下には何もないけれど、このおおきさとおなじだけの沈黙がある。とうたった詩人、長田弘さんの [続きを読む]
  • 家は家族の拠りどころなのに
  • 今だから思えるのかもしれない。人生の冬は寒くない。ゆっくりと楽しめばいい。 お蔭さまで風邪もひかずに元気に断捨離に励んでいます。家は家族の拠りどころだということを忘れていたY建築家と施工業者せっせと私利私欲のために施工中・次々に仕様部材の変更。設計変更・手抜き、契約違反、脅しと思われる大声、セレモニー(設定)多くの手直しを残し、雨漏りの原因究明もせず、逃げて逃げまくった、最後は報復行為。控訴審では瑕 [続きを読む]