ぴょんぴょん さん プロフィール

  •  
ぴょんぴょんさん: 花鳥虫日記
ハンドル名ぴょんぴょん さん
ブログタイトル花鳥虫日記
ブログURLhttp://gazo.cocolog-nifty.com/my_tiny_flower_garden/
サイト紹介文我が家の庭や菜園、近くの山野の、草花や昆虫、野鳥の四季の姿を紹介しています。
自由文菜園で、いろいろな野菜作りに挑戦し、ガーデニングで草花を咲かせ、この花に集う蝶やさまざまな昆虫の写真を撮って愉んでいます。花や虫の少ない冬期は、もっぱら、野外に出て、野鳥たちを訪ねてお友達となっています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供238回 / 365日(平均4.6回/週) - 参加 2010/02/28 22:35

ぴょんぴょん さんのブログ記事

  • サツマイモの植え付け
  • 雨の後は五月晴れ。過ごしやすい季節になりました。そして、晴れの日は、日本各地で真夏日並みの暑さが記録されたりするようになり、菜園の野菜も急に生長し出しました。今年は、サツマイモの植えつけも少し早めに植え付ける農家もあちこちで見られたので、我が家も5月19日に、近くのHCで、サツマイモの苗(ベニハルカ40本、ベニアズマ20本)を購入し、(ベニハルカ20本、ベニアズマ20本)を「丘の畑」に、残りのベニハ [続きを読む]
  • オオヨシキリ
  • 近くの蓮沼川水辺の公園脇のアシ原に、夏鳥のオオヨシキリが渡来してきて、にぎやかに囀っています。↑ 昨日の午後、久しぶりにカメラを持って蓮沼川のほとりを散策しました。オオヨシキリのにぎやかな囀りが葦原の中から聞こえるが、なかなか姿を現してくれません。 静かにして待っていたら、ようやく姿を見せてくれました。 ↑ しかし、この子はまだ人馴れしていないのでしょうか、後ろを振り向いて、やや警戒気味でした。↑ [続きを読む]
  • 落花生が発芽し、ほゞ100%本葉が出揃いました。
  • 5月6日、菜園「丘の畑」第Ⅱ区に直播きした落花生(千葉半立)が、15日頃から芽を出し始め、17日に点検したときは、ほぼ100%発芽したことが確認され、本日(19日)のチェックでは、これまたほゞ100%本葉がでそろいました。その急速な成長にビックリです。落花生(ピーナッツ)の種子は、昨年収穫した落花生のうち姿形の良いものを選別した自家採種の種子です。落花生の直播きは、移植という手間が省けるので労力的 [続きを読む]
  • 5月の菜園(1):ラッキョウ、ニンニク、タマネギ
  • 5月に入り、雨天と晴天が2〜4日のリズムで繰り返して出現し、次第に夏らしくなりました。昨年の秋に植え付けた我が家の菜園の野菜たちラッキョウ、ニンニク、タマネギが、そろそろ収穫の時期を迎えました。↑ ラッキョウ: 昨年秋9月19日に植え付けたラッキョウが無事に冬を越し大きくなりました(1018.0517 撮影)。↑ 雑草取りが大変ですが、そのほかはあまり手がかかりません。順調に育ってくれれば6〜7月頃に収穫 [続きを読む]
  • イチゴの収穫
  • 裏の僅か8?ほどの面積で栽培しているイチゴの実が、赤味を帯びて収穫の時期を迎えました。地植えなので、早く収穫しないと虫や鳥たちに狙われてしまうので、急遽、収穫しました。苺の品種はトヨノカで、我が家では10年ほどずっとこの品種を栽培しています。一昨年は収穫が、良くなかったが、今年は実付きがよく、予想を上回る収穫になりそうです。↑ 今年のイチゴは当たり年のようです。1坪足らずの土地にイチゴが沢山実をつ [続きを読む]
  • ソラマメの摘心、支柱立て・・・間もなく収穫です。
  • 5月7日 ソラマメの草丈が70cmを越えるほど繁って来たので、摘心し、倒伏予防のための支柱立てをしました。豆鞘も大きくなり、下を向きはじめたので、そろそろ収穫の準備です。↑ 4月末からの気温の上昇と、ソラマメにとってはタイミングの良い降雨だったのでしょうか、生長が急速に進みました。↑ 70cm以上を目安に伸びすぎたものは、花が咲いても良い結実が見込めないので頂部は摘心し、株の倒伏を避けるために支柱 [続きを読む]
  • 峠の野鳥 : アカハラ、ゴジュウカラ、ヒガラ、クロジ
  • 今年も大連休を利用して、4月28、29日に標高1470mの峠に行き、新緑の薫気を浴びながら鳥見を楽しんできました。連泊の鳥見行で、初日はお目当てのコマドリは、ようやく午後になって出てくれたが、写真は逆光でイマイチ。しかし、翌日は、コマドリのほかキビタキもバッチリ撮ることができました。峠では、このほかに、アカハラ、ゴジュウカラ、ヒガラ、クロジなどにも会うことができました。平地でも見かける鳥たちですが [続きを読む]
  • 峠のソウシチョウ(2018/04/28)
  • 標高1400m余の峠の朝方は、新緑の芽吹きの頃で、やや肌寒かったが気分爽快でした。しかし、お目当て夏鳥は声はすれども、なかなか姿を見せてくれませんでした。10時30分頃になって外来種のソウシチョウ(想思鳥)が、それではあんまり可哀想だと思ったのでしょうか(*´v゚*)ゞ、ひょこり姿を見せてくれました(○゚ε゚○)。ソウシチョウは群れで来たのか、単体で来たのか、私にはわかりませんが、あれこれ1時間近く飛び回っ [続きを読む]
  • 峠の夏鳥(4): キビタキ(2018/04/29)
  • 峠の周辺では複数の箇所でキビタキの声が聞こえたが、4月29日は、下の沢の水場でキビタキを観察しました。↑ キビタキは、水場周辺に、朝10時少し前から、午後2時少し前までの間に、(私の計算では)11回も姿を見せて様々なポーズをとって愛嬌をふりまいてくれました。↑ 今シーズンはキビタキの渡来が早く、もう見飽きたというバーダーさんもおられるかと思いますが、この柳沢峠のキビタキさんたちは、わたくしにとって [続きを読む]
  • 峠の夏鳥(3):コルリ(2018/04/28)
  • 4月28日 峠での探鳥の第一の目標はコマドリに会うことでした。しかし、そのコマドリは、午前中には会うことができず、諦めて、少し林道の上流側に歩いて登ったところ、一人のカメラマンさんがじっと道路脇の一点を見つめているのに目が留まりました。そっと、近づいて何がいるのですかとお訪ねしたら、コリルがいるとのこと。一緒に撮らせていただけるとのことで、2人でしばらく待つと、待望のコルリが姿を現してくれました。 [続きを読む]
  • 峠の夏鳥(2):囀るコマドリ(2018/04/29)
  • 峠のコマドリは、昨日は、複数の場所で観察されたが、重い機材をかずいて坂道を動き廻るのはしんどいので、29日は峠の茶屋から最も近い下の沢の水場で、あまり動かず、待ちの観察をすることにしました。結果的には、この選択が功を奏し、午前10時47分から、12時45分までの約2時間ほどの間に、、何と、この日は11回も、たて続けにコマドリが水場に出現して、その美声を披露してくれました。感謝・感激です。嵐のようなカ [続きを読む]
  • 峠の夏鳥(1):コマドリ(2018/04/28)
  • 大型連休が始まりました.。 旅行好きの人にとっては、まさにゴールデンウイークです。私もその旅好きの一人で、毎年どこかに出かけています。若いときは、遠出をしましたが、最近は、近間で比較的、混雑が少ない連休の前半を旅の期間に当てて、もっぱら温泉と鳥見・鳥撮ができる旅を楽しんでいます。そして、ここ3年ほどは、この時期に姿を見せて、美声を奏でてくれる柳沢峠のコマドリに魅せられて、毎年出かけています。鳥見・ [続きを読む]
  • 春の花5:オダマキ(2018/04/12)
  • オダマキが咲き出しました。花弁が青紫色で先端が白いオダマキで、ミヤマオダマキを園芸化した品種と見られます。丈夫で、地植えですが、病虫害に強く、耐寒性もあり、毎年忘れずに綺麗な花を咲かせてくれます。↑ オダマキ: キンポウゲ科  多年草 (撮影 2018/04/12)。 ↑ 「キョ(距)」と呼ばれる花の構造がユニークです。↑ 花は、横向きないしは下向きに咲く。 [続きを読む]
  • 春の花4:ブルーベリー(2018/04/11)
  • 今年はブルーベリーが沢山花をつけました。我が家には、庭の片隅に品種の異なるブリーベリーが2本、少し離れたところの「まさる畑」に2本植えてありますが、4本とも4月11日ごろに花を咲かせ始めて、いま満開です。たった4本ほどのブルーベリーなので、果実は毎年生食でほとんど消費されてしまいます。が、・・・ひょっとすると今年は、ほんの少しですがジャムが作れるかもしれません(*´v゚*)ゞ。「捕らぬ狸のなんとやら・・ [続きを読む]
  • ツバメの巣づくり(2017/04/20):巣材集め
  • 4月20日朝、2階の窓を開けて、いつもの如く先ずは観天望気。天気は快晴で、夏野菜の植えつけも進捗しそうです。やや離れた農地に目を移すと、ツバメが、道路脇の水たまりにときどき降り立つ姿が望まれました。先日、初見・初撮りしたツバメ のようです。さてはと思って、カメラを携え、その場の近くに行ってみたら、ツバメが巣づくりのための巣材集めをしているところでした。ツバメは、お隣のSさんのお家で巣づくりを始めたツ [続きを読む]
  • 春の花3(2018/04/19):ジャーマンアイリス(白花、紫花)
  • ジャーマンアイリスの白花と紫花が咲き出しました。 我が家には、白花と紫花のほかに黄花のジャーマンアイリスもありますが、この子は毎年少し遅れて開花します。↑ ジャーマンアイリス(白花)がが先に咲き出しました(撮影 2018/04/14)。↑ 白花のジャーマンアイリス。↑ 続いて、紫花のジャーマンアイリスが咲き出しました(撮影 2018/04/16)。↑ 紫花のジャーマンアイリス。↑ 複色のジャーマンアイリスもあったのですが [続きを読む]
  • 春の花2(2018/04/18):ハナニラ、オオアマナ、シャガ
  • 庭のハナニラ、オオアマナ、シャガが次々と咲き出しています。 今年は春の訪れが早くて、花もそれに歩調を合わせて咲き出し、次の花へと足早に交替しているように見えます。↑ ハナニラ: ヒガンバナ科(旧ユリ科)ネギ亜科 球根植物(多年草) (撮影 2018.04.16 )。 ↑ 原産地:中南米(メキシコ、アルゼンチン)。 漢字名:花韮  別名:セイヨウアマナ。 ↑ 葉のない花茎に1個の花をつけます。 ↑ オオアマナ: [続きを読む]
  • トウモロコシ発芽(04/16)でトンネル栽培
  • 4月11日に播種したトウモロコシ(ピーター早生1号とゴールドラッシュ)が、16日に発芽したので、今日(17日)、それまでのベタ掛けを、同じ防虫ネットを使ってトンネル掛けにしました。↑ 4月11日に播種した、エダマメ(左の畝)とトウモロコシ(右の畝)は、穴あき黒マルチをして、手間のかからない「ベタ掛け」にしました。このうち、トウモロコシの方がエダマメより先に、4月16日に発芽しました。播種から発芽まで [続きを読む]
  • トマトの植え付け完了。イチゴはいま花盛りです。
  • 13日に、ナスやピーマンなどを植え付けた後、すぐにトマトを植え付ける予定でいましたが、14、15日は天候が悪化して、風雨となったので、本日ようやくトマト(桃太郎4株、レッドオーレ1株)の植え付けを終わりました。これで、夏野菜第1陣の植え付けは終わりましたが、引き続いて第2陣夏野菜(小玉トマト、キュウリ、カボチャ、ヅッキーニなど)の植え付けをする予定です。裏の畑に植え付けたイチゴ(豊の香)が、今年は [続きを読む]
  • 春の花1(2018/04/15):チューリップ、スノーフレーク
  • 今年は春の出だしが早い。早春の花が次々と咲き出しました。 しかし、自然は常に躍動しています。静穏の日ばかりではありません。荒れた日もあります。陽の光を浴びて、チューリップとスノーフレークが咲き出しました。無情に思える雨が降り風が吹いて、花は乱れてしまいます。花の命は短いのにゆっくりと鑑賞しているいとまがありません。写真を撮るのが精一杯。掲載が遅れ気味です。ご容赦のほどを。↑ 3月31日 チューリッ [続きを読む]
  • 春咲きクリスマスローズがまだ咲いています
  • 2月末に咲き始めた春咲きクリスマスロ-ズが1か月以上も経った今でも元気に花を咲かせています。同じ頃に花を咲かせたジンチョウゲは、もうとっくに散ってしまったのに、このクリローの花の寿命が長いのには驚かされます。↑ 春咲きクリスマスローズ・ルーセホワイト(2018/04/14 撮影)雄蕊や蜜腺の大部分が落ちてしまって、残った子房が徐々に膨らんでいます。↑ 花数は多くなってきたが、相変わらず、うつむき加減で花を咲 [続きを読む]
  • ムスカリ
  •  球根植物で、球根を移植した覚えはないのに、いつの間にか増えて、庭のあちらこちらに青い花を咲かせはじめました。種が飛び散って、それが芽生えて花を咲かせたようです。↑ ムスカリ : ユリ科 球根植物(2018/03/23 撮影)。↑ 青いスズランのような花を咲かせて、愛らしい(2018/03/23 撮影)。↑ 花は、下から上へと咲き進みます(2018/04/04 撮影)。↑手間がかからず、病気もせず毎年元気に花を咲かせてくれ [続きを読む]