SHINO さん プロフィール

  •  
SHINOさん: しあわせな読書時間
ハンドル名SHINO さん
ブログタイトルしあわせな読書時間
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/kiwada/
サイト紹介文スウェーデンなど北欧の児童書・絵本を中心に紹介。小学校や図書館で読み聞かせをした本も載せています。
自由文スポーツや登山に関する本も結構好き。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供46回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2010/03/01 12:02

SHINO さんのブログ記事

  • 読み聞かせ(186)
  • 小学校で読み聞かせをしました。2時間目と3時間目の間の休憩時間でしたが、ちょうど強い雨が降っていて外遊びができなかったので、低学年の子どもたちがたくさん聞きに来てくれました。今回の担当は西村敏夫さんの『いもいもほりほり』(講談社)。近年、秋になると読むことの多い絵本ですが、この小学校では未読。読んでみました。3匹のブタとネズミがいもほりに行ってたくさん掘ってやきいもにして食べる、というお話ですが、 [続きを読む]
  • ネコの住むまち
  • ネコの住むまち [−]イブ・スパング・オルセンビーエル出版2017-02-23ラウラとラッセの姉弟は引っ越してきたばかり。マンションの窓から外を眺めると、ねこのいる古いまち並みが広がっています。ふたりがさっそく遊びに出かけると、ラッセが途中でいなくなってしまい、ラウラはラッセをさがしてまち中を探検!ドアを開けると予想もしない景色が広がっていて……。現実?空想?魔法にかけられた?それとも夢?想像を超える展開に、 [続きを読む]
  • うみにおちたピアノ
  • ある夏の日、グランドピアノが海に落ちてしまいました。魚たちはピアノの奏でる音色とともに美しい時を過ごします。やがて秋になり、嵐がやってくるとピアノは壊れてしまいますが、ピアノがくれた楽しい思い出はいつまでも心に残っている、そんなお話です。スウェーデンの劇作家、ストリンドベリのはかなく切ない物語に藤城清治さんの幻想的な影絵がマッチして、素敵なハーモニーを生み出している紙芝居です。大切なものは形ではな [続きを読む]
  • 読み聞かせ(185)
  • スミセイおはなしひろばをご存知ですか?読書を通した子どもの健全育成を目的として、住友生命健康財団が幼稚園や保育園におはなし会を届ける活動で、毎年2、3の都道府県を回っています。この9月、大阪と京都で開かれたので、小学校で活動している仲間を誘って保育園で読んできました。0〜1歳児さんには『もこもこもこ』『おつきさま、こんばんは』『わんわんわん』(紙芝居)。2〜3歳児さんには『いもいもほりほり』『きん [続きを読む]
  • 読み聞かせ(184)
  • 図書館で読み聞かせをしました。【プログラム】ひげじいさん(手遊び)たまごのあかちゃん かんざわ としこ/福音館書店のーびたのびた(紙芝居) 福田 岩緒/童心社こぶたぬきつねこ(歌)いもいもほりほり 西村 敏雄/講談社ぺんぎんたいそう 齋藤 槙/福音館書店おとうふさんとそらまめさん(紙芝居) 松谷 みよ子/童心社れいぞうこ(大型絵本) 新井 洋行/偕成社だるまちゃんとてんぐちゃん(大型絵本) 加古 里子/ [続きを読む]
  • 読み聞かせ(183)
  • 図書館で読み聞かせをしました。【プログラム】『たまごのあかちゃん』かんざわ としこ 福音館書店『やさいのおなか 』きうち かつ 福音館書店『トマトさん』田中 清代 福音館書店『じゃぐちを あけると』しんぐう すすむ 福音館書店『めっきらもっきら どおんどん』長谷川 摂子 福音館書店『ぺんぎんたいそう (0.1.2.えほん)』齋藤 槙 福音館書店『かりゆしの海』まつい のりこ 童心社『がたん ごとん がたん ごとん』安西 [続きを読む]
  • エリック・カール展
  • たまごからあおむしがぽん!と生まれてから50年がたったそうです。エリック・カールの50年を160点の作品とともに振り返る原画展に行ってきました。動物、旅、家族、昔話を描いた作品は色遣い、構図ともにシンプルで迫力満点!でも一歩近づいてみると、とてもとても繊細。アンリ・マティスやレオ・レオニらとの出会いから、どのようにエリック・カールらしさが培われていったのかをたどるコーナーもありました。作品自体が持ってい [続きを読む]
  • 読み聞かせ(182)
  • 小学校で読み聞かせをしました。今回はあきやまただしさん作の『うみキリン』。想像上の動物、うみキリンを描いたお話。こんなのあり得ないとわかっていても、もしかしたら広い地球のどこかにいるかも、と思わせてくれるリアリティーがあります。低学年の男子たちは目をキラキラさせて聞いていました。私もとっても好きな絵本です。  [続きを読む]
  • ぼくのあかいボール
  • ぼくのあかいボール [−]イブ・スパング・オルセンビーエル出版2017-02-20赤くてまるいぼくのボール。いつもいっしょに遊んでいた大事なボール。なのに、ある日ボールは逃げだした。満員バスに飛び乗って、また飛び出して今度は公園へ。ボールはころころ、ころころ、ころがって。ボールはどこまで行くのかな?躍動感とユーモアのある個性的な絵で読むものをひきつけるオルセンの絵本がテンポのいい新訳で再刊されました。ボールは [続きを読む]
  • 読み聞かせ(181)
  • 図書館で読み聞かせをしました。【プログラム】あめぽぽぽかたつむりのひみつはっぱのおうち(大型絵本)天の川にかかるはし(紙芝居)たなばたバス(大型絵本)ぺんぎんたいそううみキリン(大型絵本)今回は幼稚園の年少さんのお友だちがたくさん集まってくれました。梅雨、七夕に関係する絵本を選びました。雨の音を表した絵本、カタツムリの生態を説明する写真絵本、草の陰で雨宿りするお話、などまずは梅雨の時期ならではの絵 [続きを読む]
  • 読み聞かせ(180)
  • 小学校で読み聞かせをしました。梅雨だから「水」についての科学絵本『みずたまレンズ』を読みました。自由自在に形の変わる水。レンズになっていろいろなものを映す(しかもさかさまに!)水。見てて飽きませんよね。そんな楽しさが子どもたちにも伝わったらうれしいな。じっと見てくれる子どもたちが多かったように思います。雨というと洗濯物が乾かない、カビが生える、買い物に行くのが億劫。まずそんなことばかり頭に浮かんで [続きを読む]
  • 読み聞かせ(179)
  • 図書館で読み聞かせをしました。【プログラム】1. ひげじいさん(手遊び)2. いないいないばあ3. まゆげちゃん4. せんろはつづく(大型絵本)5. バルボンさんのおでかけ(大型絵本)6. どうぶつしんちょうそくてい(大型絵本)7. ぺんぎんたいそう8. きんぎょがにげた9. ちびゴリラのちびちび(大型絵本)今回はあいさつのあと乗り物に乗って、動物園に行って楽しみました、という流れを作りました。私の少ない経験から、読む本と [続きを読む]
  • わたしのせいじゃない
  • 【大型判】わたしのせいじゃない せきにんについて [大型本]レイフ・クリスチャンソン岩崎書店2017-02-17男の子が泣いている。私は知らない、私のせいじゃない。言い訳が続きます。この絵本は友だち関係を題材に責任について書かれています。みんながやってるから。わたしには関係ないし。何言っても聞いてもらえないし。こんなふうに、直接は誰かを傷つけていなくても、放っておくことはよくあることです。でもそれは事態を悪くす [続きを読む]
  • 読み聞かせ(178)
  • 図書館で読み聞かせをしました。【プログラム】歌:ひげじいさん絵本:いないいないばあ絵本:みずたまレンズ絵本:ブービーとすべりだい絵本:つかまえた!絵本:ぺんぎんたいそう大型絵本:もぐらバス朝、雨が降っていたので「みずたまレンズ」、そして次の日の「母の日」に合わせておかあさんが出てくる「ブービーとすべりだい」「つかまえた!」、旬の食材「たけのこ」が出てくる「もぐらバス」を選びました。1冊目に「いない [続きを読む]
  • トントゥミッラと魔法のスプーン
  • トントゥミッラとまほうのスプーン [大型本]迫村 裕子文溪堂2016-11-15サンタクロースのお手伝いをする妖精トントゥのミッラは、サンタさんに頼まれて、クリスマスパーティで歌をうたうことになりました。さっそく練習しようとするけれど、大変!声が出ないのです。ネコのにやーにゃーもフクロウのペータンもおにいさんのマッティも、ミッラの声が出るように魔法のスプーンにお願いするのですが、ミッラの口からは変な声が出るばか [続きを読む]
  • 読み聞かせ(179)
  • 小学校で読み聞かせをしました。今回は選んだのは『くすのきだんちは10かいだて』。10階まであるくすのき団地には管理人のもぐさんのほかいろいろな動物たちが住んでいますが、7階と8階は空き部屋になっています。ある日、かけすさんが部屋を見に来て7階に住むことが決まりました。引っ越し後はお嫁さんも一緒に暮らし始め、たまごも生まれました。そんなある日、へびさんが部屋を見にきました。でも大変!たまごを狙っているみ [続きを読む]
  • 読み聞かせ(178)
  • 図書館で読み聞かせをしました。前回の読み聞かせの3日後だったので、大型絵本の調達が間に合わず、前回、使用したものを中心に選書しました。今回は前回よりも小さなお子さんたちが来てくださる時間帯。図書館の前回読んだ『たまごのあかちゃん』『タマゴ イスにのり』『あむあめぱらん』『みんなでんしゃ』『やさいさん』『キャベツくん』『はらぺこあおむし』から『みんなでんしゃ』『やさいさん』『はらぺこあおむし』を使う [続きを読む]
  • 読み聞かせ(177)
  • 図書館で読み聞かせをしました。【プログラム】1. たまごのあかちゃん2. タマゴ イスにのり3. あむあめぱらん4. みんなでんしゃ5. やさいさん6. キャベツくん7. はらぺこあおむしたまごは春が旬だそうです。なので、1冊めに読むことにしている「こんにちは」の絵本の中から、今回は『たまごのあかちゃん』を選びました。2冊めはたまごつながりで『タマゴ イスにのり』。こういったナンセンスなお話でも、1歳ごろのお子さんた [続きを読む]
  • うちってやっぱりなんかへん?
  • うちってやっぱりなんかへん? [単行本]トーリル・コーヴェ偕成社2017-02-16親友ベネディクテのおうちはとってもすてき。でもうちはちょっと変わってる。ベネディクテのお父さんは格好いいし、お母さんはいつもうちにいてくれる。うちのお父さんは口ひげを生やしていて左目がほとんど見えないし、お母さんとは服の趣味が合わない。でも、突然、ベネディクテのお父さんがおうちを出ていって…。考えさせられる絵本です。人は人、自分 [続きを読む]
  • ムーミン絵本の世界展
  • 「ムーミン絵本の世界展 トーベ・ヤンソンの原作から、描きおろし新作絵本ができるまで」を見に行ってきました。モノクロで描かれている童話やコミックスとは違う色鮮やかなムーミン絵本、リーナ&サミ・カーラ夫妻による最新のムーミン絵本の原画が展示されています。それから どうなるの? (講談社の翻訳絵本―トーベ・ヤンソンのムーミン絵本) [単行本]トーベ・ヤンソン講談社1991-05-10ムーミン谷へのふしぎな旅 (トーベ・ヤ [続きを読む]
  • ムーミン絵本の世界展
  • ムーミンは、トーベ・ヤンソン(1914〜2001)が書いた童話に“ムーミントロール”として登場しました。さらにコミックスや絵本、アニメーションなどを通して世界中に広がっていき、今では世代を超えて多くの人々に愛されています。その中でもトーベが残した3冊のムーミン絵本は、モノクロで描かれている童話やコミックスとは違い、彼女の豊かな色彩を楽しむことができる人気のシリーズです。リーナ&サミ・カーラ夫妻は、トーベの [続きを読む]
  • 北欧女子オーサのニッポン再発見ローカル旅
  • 北欧女子オーサのニッポン再発見ローカル旅 (メディアファクトリーのコミックエッセイ) [単行本]オーサ・イェークストロムKADOKAWA2016-07-21スウェーデン出身の作者による日本国内旅行を綴ったマンガエッセイです。出かけたのは、山形、宮城、会津、京都、広島、大川(福岡県)、沖縄。私たちが当たり前だと思っていることを驚くエピソードがたくさん紹介されていて、私の方が「へー!そうなんだ!」の連続。地域による文化や考え [続きを読む]
  • 絵本と児童書の専門店 キンダーブック 林林
  • 大阪市南森町にある「絵本と児童書の専門店 キンダーブック 林林 」に行ってきました。オフィスビルの一室にその店はあります。ソファーも置かれた居心地のよい空間に、ゆったりと並べられた絵本の冊数はそれほど多くはありません。けれど、とても魅力的な本屋さんです。翻訳絵本が多い、というのが第一印象。それも繊細で美しく、幻想的な雰囲気を持つ絵本、ファンタジックな児童書が多いように思いました。店長さんにおうかがい [続きを読む]
  • 読み聞かせ(176)
  • 図書館で読み聞かせをしました。春を感じられる絵本を選びました。【プログラム】ひげじいさん(歌)こんにちは(わたなべしげお 文 / おおともやすお 絵 / 福音館書店)はなをくんくん(ルース・クラウス 文 / マーク・シーモント 絵 / 木島 始 訳 / 福音館書店)はるかぜ とぷう(小野かおる / 福音館書店)かばががばー(堀浩 監修 / 内山晟 写真 / 村川二久 イラスト / ひさかたチャイルド)おなべおなべにえたかな( [続きを読む]
  • 読み聞かせ(175)
  • 小学6年生の教室で読み聞かせをしました。この学年は3クラスあり、日を変えて1クラスずつ読ませてもらいました。読み聞かせは2人で行い、相方は「むかでのおむかえ」「まんじゅうこわい」といったクスッと笑えるお話を、私は『半日村』を読みました。『半日村』は私自身が大切にしている絵本のひとつです。少年がたった一人で始めたことが、多くの人を動かし、何十年もかかって大きな仕事を成し遂げるというスケールの大きな物 [続きを読む]