maitai0404 さん プロフィール

  •  
maitai0404さん: 健康生活あれこれ
ハンドル名maitai0404 さん
ブログタイトル健康生活あれこれ
ブログURLhttp://maitai0124.blog122.fc2.com/
サイト紹介文 私自身の喘息や高血圧といった病歴について、まとめています。
自由文 喘息や高血圧以外にもアトピー、痛風、結核、高コレステロール、自律神経失調症等様々な病歴があり、現在は主に高血圧と高コレステロール、自律神経失調症などの治療に取り組んでいます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供103回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2010/03/01 20:29

maitai0404 さんのブログ記事

  • 第1772回 経済格差が医療格差に繋がっています
  •  母親の車いすへの移乗が可となり、とりあえず動ける範囲が広くなりました。ただ酸素療法を常に行っているために、移乗は出来ても携帯ボンベの扱いは一人では出来ないようで、移乗の度に看護師さんの手を煩わせています。 そのことが若干心理的負担になっているようで、ともすればトイレ等に「自力で行っちゃえ」と考えることが多いようで、この点がちょっと不安。 今週の木曜に新たな診断が出るので、その結果によって、車いす [続きを読む]
  • 第1771回 リハビリはきついけど、効果は間違いなくあります
  •  昨日も午後病院に行ってきました。母親のリハビリの様子を聞きながら、私自身が2年前に体験したクモ膜下出血の手術後の同じ病院で受けたリハビリの様子を思い出しています。 私がこの病院に転院したのは大学病院で緊急手術を受け、その後一か月近く急性期のリハビリを受けてからなので、日常生活ではそれほど動きに負担は感じていなかったです。 ただ改めてこのブログの発症当時の記事を読み返してみたら、今の母親が言 [続きを読む]
  • 第1770回 高齢者のリハビリで、子が出来ることは励ますことだけ?  
  •  昨日、午前中に短時間ですが母親の入院先病院を訪問。病室に行ってみると、母親はベッドに横たわっていて、その横に車いすが横付けに置かれていました。 その光景を見て、「なんか病状があったの悪化したのか?」という印象を持ちましたが、話を聞いてみると、朝からリハビリを行っていたようで、今は休憩のため横になっていたと言います。 どうやら先週末に行われた外科の専門の先生による画像の判断で車いすへの移動が正式に [続きを読む]
  • 第1769回 母親は車いすへの移乗、そして立ち上がる訓練に移行
  •  11/29から昨日12/4までバンコク5泊6日旅行を楽しんで、今日は午前中に母親の病院へ行ってきました。旅行に行く前日にも母親の入院先病院を訪れて、順調な回復をしているということを見届けた上での旅行です。 もちろん現状では母親の回復が最優先されることですが、同時にこの旅行は母親が緊急入院をする前にチケットを予約していたもので、すでに一度ハワイ旅行をキャンセルしていますので、今回は是非実現したいなと思 [続きを読む]
  • 第1768回 高齢者福祉は認知症の度合いが大きく左右
  •  昨日午後に母親の入院している病院へ。3階の病室に向かうエレベーターに乗ったら、たまたま2階で降りる人がいました。この病院は、エレベーターのドアが開くとナースステーションが見える配置になっています。 何となくナースステーションを見たら、一昨年私がリハビリでお世話になった若くて可愛らしい理学療法士さんの懐かしい顔が見え、「あれ?確かあの人だったよな」と思って見つめたら、向こうも気が付いたようで、ニコッ [続きを読む]
  • 第1767回 転倒防止でできること
  •  巷では当たり前のように人生100年時代という言葉が使われるようになりました。数年前はあまり聞いたことがありませんでした。この数年で突然寿命が極端に伸びたわけではありませんから、マスコミによって不安が煽られているという気もしています。 とはいうものの現実に100歳以上の高齢者が増えているとか、近所を歩いている人を見渡すと、明らかに70歳以上と思われる人が大勢歩いていて、時には市役所から行方不明者の捜 [続きを読む]
  • 第1766回 看護師さんたちとの相性が、病状を左右?
  •  昨日、妹と共に母親の病院に行ってきました。相変わらずの容態ですが、28日に再度レントゲンの撮影が行われ、その画像を見て、医師が今後の治療方針を決定すると言っていました。 現状はベッド上で骨折していない左足や上半身を使ったいろいろなリハビリが行われています。私も経験がありますので分かるのですが、1日これが3コマ、ほぼ3時間行われますので、結構病室に人の出入りがあって忙しいです。 母親にとっては良い刺激 [続きを読む]
  • 第1765回 月曜日に要介護の認定が行われることが決まりました
  •   雲が厚く、薄暗いので、実際の気温以上に寒く感じる朝です。先程今年から借りている市民農園に行って、サラダ用のサニーレタスとブロッコリー、さらに夏の間順調に実をつけていたピーマンを収穫。 ピーマンは寒さで本体そのものが弱ってきました。そろそろ露地ものは終わり。代わって大根や白菜の季節ですね。私は自分がアトピー持ちなので、農薬は全く使わず、化学肥料もなるべく使わないようにしています。 そうやって作っ [続きを読む]
  • 第1764回 回復期リハビリ病院とはどんな病院?
  •  母親が入院している病院は回復期リハビリ病院と位置づけされているようで、通常の病院とはちょっと形態が違うようです。建物は3階建てですが、1階中央に大きなメイン通路があります。 このメイン通路の一方には、運動療法を行う広い空間があり、ここにマットやら手すりや、その他運動で使うボールといった運動器具が置かれています。 私もその場所でリハビリを経験しましたが、最初は車いすで連れていかれ、その車椅子を [続きを読む]
  • 第1763回 介護認定の申請を行ってきました
  •  母親の入院先の病院で、今後の介護認定について手続きの説明があり、とりあえず介護認定の申請を早いうちに行った方が良いとのことだったので、昨日昼ちょっと前に最寄りの市役所に行ってきました。 窓口で「介護認定の申し込みをしたい」と告げると、「それではこちらへ」と案内されたのが高齢者福祉と書かれたコーナー。担当者と思われる女性と30分ほど面談。 内容は本人確認と入院中の病院名と主治医の名前。さらに現在の状 [続きを読む]
  • 第1762回 右大腿部骨折治療の現状と今後
  •  母親の転院も3日目。金曜日に転院し、私は妹と共に土曜日に様子を見に行きましたが、元気にリハビリを受けていました。しかし87歳になった母親が、理学療法士さんの指示のもとに手足を曲げたり伸ばしたりしている様子は、普段見慣れない光景です。 高齢者になっても、一定の体操は必要なんだなと思いますが、逆に言えば高齢になって体が硬くなるからこそ普段からこういったストレッチが必要だとも言えそうです。 つまり [続きを読む]
  • 第1761回 母親はリハビリ病院生活二日目、会話の重要性を認識
  •  母親の転院二日目。午後1時半頃病院に行くと、ちょうど理学療法の実施中。入院日は検査や問診が続きかなり疲れたようですが、その分個室のため「ゆっくり寝られた」と言っていました。 個室の場合は、1日8000円程度の差額ベッド代が必要なので、一か月で24万円という大きな金額になります。それ以外に、通常の医療費が月15万ぐらいと言われていましたので、一か月あたりの支出額は40万ぐらい? ここから母親が受給している年金 [続きを読む]
  • 第1760回 転院時の検査や説明は大変
  •  今日は朝方かなり冷え込んで、明け方に5時半頃寒さを感じて目が覚めてしまいました。もう少し寝たいなという気もしたのですが、今日は母親のリハビリ病院への転院日なので、エアコンの暖房を使って少し早めに起床。 朝食を食べ、9時に病院へ。病室に行くと気の早い母親は、身の回り品をすでに整理して待っていました。しかし大腿部の骨折で入院しているのに、荷物の整理という名目で上半身を動かしていたのでは、骨折は股 [続きを読む]
  • 第1759回 明日転院することが決定しました
  •  急性期治療を受ける病院ですが、ネットの情報を見ると、「一か月程度で追い出された」という苦情、もしくは恨みの声が出ています。 今の日本の治療体制はそんなもんなんだろうと思うわけですが、どうやら一か月程度で、病院側が受け取る入院の費用が変化する様で、病院側としては長く入院されると儲けが減るという実情もあることが分かってきました。 つまりどんどん患者の回転をよくすれば収入も増えるということのよう [続きを読む]
  • 第1758回 転院先予定の病院で面談をしてきました
  •  ちょっとCOPDの話からそれますが、今日は母親が現在の急性期の治療を終えた後で、専門的なリハビリを行ってくれる病院への転院を希望しているので、その該当病院で担当者と話し合いをしてきました。 最近の病院は、自分の経験でも分かってきたことですが、患者の症状に合わせて、入院は急性期病院と回復期病院に分担しているようですね。 つまり前者の病院で、対象になった病気の治療を専門に行いますが、その期間は一か [続きを読む]
  • 第1757回 タールの影響も数十年の禁煙で除去される?
  •  母親の状況ですが風邪の症状が軽減するとともに、呼吸も楽になっている感じえす。またこれまで朝1回利用していた気管支拡張剤を夜1回に変更したら楽になったと言っていました。 私も小さいころから喘息で苦しんでいたので状況は良く分かるのですが、風邪をひいたりすると気管支粘膜からの分泌物が増えるため、気道が狭くなり、呼吸が苦しくなるということのようです。 また夜になると副交感神経の働きも強くなるので、その影 [続きを読む]
  • 第1756回 禁煙するとニコチンの影響が72時間で消える
  •  先日母親が撮影した3回目の大腿部のレントゲン写真では、骨折部分が少しずつくっつき始めている兆候が伺えるというものでした。10/20に骨折し、すでに3週間ぐらい経過しています。 高齢者であるにも関わらず、良く回復してきたなと感じています。この調子で問題が無ければ、予定通り今月末あたりに他の回復期リハビリ病院への転院になるのかなと思っています。 この回復期病院については、以前私がクモ膜下出血の手術後のリハ [続きを読む]
  • 第1755回 ニコチンは、COPDの直接的な原因ではないかも
  •   昨日からの続きです。医療関係者の間では、基本的にCOPDは症状が進行すると薬等では改善しないとされているようです。しかし病院で主治医からそういった話を聞いても、現に目の前で母親が呼吸に苦労している様子を見ると、「何かできないか?」と思ってしまいます。 というわけで、もしニコチンやタールといったタバコの成分が、肺のいろいろな組織の表面に付着することによって細胞が傷つくということであるならば、このニコ [続きを読む]
  • 第1753回 COPDの対策は、禁煙以外にほとんどないのが実情?
  •  私がCOPDについていろいろ調べたり書いたりしているせいか、ブラウザーのトップページに指定しているヤフーニュースの画面には、COPDに関する記事が良く表示されています。 だいたいはCOPDの原因と対処といった記事が多いのですが、そのどれもが基本的には同じ内容。要するにCOPDの原因は喫煙の影響が大きいということが第一。 ただなぜ喫煙すると肺胞の組織が破壊されるのか、というメカニズムに関して詳細に記述してい [続きを読む]
  • 第1752回 私がお世話になったリハビリ専門病院に母親の転院を希望
  •  私自身の風邪の症状は咳払い程度で、そこから先が時間がかかっています。病院に行くと母親も同様で、時折痰が絡んだ咳をしています。 母親は10/20に躓いて骨折したのに、検査等を嫌がって結局25日に救急車で病院に搬送。それも妹からの電話で、「どうしよう?」という相談があって、私が「すぐに救急車を呼べ」と伝えてからようやく入院となったわけで、その間の4日間ぐらいが、治癒に悪影響を与えているのではと若干危惧 [続きを読む]
  • 第1751回 心理面と物理面、両面からのアシストが必要不可欠
  •  土曜日曜と更新をお休みして、私自身の風邪の回復に努めていました。といっても出来ることは限られていて、しっかり食べる、水分補給、良く寝るぐらいですね・ 食事は毎回きちんと3食ほぼ手作りで食べています。水分も補給も意識し、更にビタミンC補給だと思い、ミカンを少し多めに食べ、たまたま土日だったので朝は少し寝坊。 いつもは6時半から7時ぐらいまでの間に起きるのですが、土曜は7時半、日曜は8時半まで [続きを読む]
  • 第1750回 介護保険の適用が必要な事態になっているようです
  •  病院に見舞いに行ったら、どうやら母親がひいていた風邪がうつってしまったようで、水曜日の夜はのどの痛み、昨日の木曜日は鼻水と症状が進んだので「これはまずい」と思ってこのブログの更新もいったん休憩。 昨晩は9時半過ぎという早い時間帯にベッドに入り、今日は7時に起床。長時間寝ましたが、深夜に鼻水が垂れてくる気配を感じて何回も起こされたので眠りは浅かったようです。 それでも鼻水症状は収まったようで、 [続きを読む]
  • 第1749回 今日の面談内容は、骨折治療後をどうするかというものでした
  •  今日の午後、3時半より母親の主治医と面談をしてきました。40代の短い頭髪、眼鏡を掛けたすっきりした印象の主治医で、話も分かりやすかったです。 ただ現状の説明と今後の見通しはちょっと厳しいようでした。面談に先だって今日の午前中に再度大腿部のレントゲンを撮影。先ずその画像についての説明がありましたが、骨折してから10日、入院してから8日が経過した現在、骨折の部位は早い話がくっついていないということでした。 [続きを読む]
  • 第1747回 病室内で発熱
  •  10月に入って母親は就寝時に息苦しさを感じるようになり、寝ていられないということで、いつもの診療所で紹介状を書いてもらい、自宅近くの病院で検査。 血液検査やレントゲン検査、血中の酸素量等を測定し下された診断がCOPD。というわけで、酸素療法が必要ということになり入院。 2週間ほど入院しましたが、その結果低濃度の酸素が供給されていれば、特に問題なく過ごせるということが分かり、退院して在宅酸素療法を行うこ [続きを読む]
  • 第1746回 大腿部の曲げ伸ばしのリハビリ開始です
  •  朝は雨が降っていましたが、9時ぐらいには雨も上がり午後からは青空が見えるという忙しい天気ですね。7時に起きて、クモ膜下出血の手術、リハビリ、退院後からず〜っと続けているストレッチを行い、最後に片足立ち。 病気の後遺症というか高次脳機能障害の一種だと思うのですが、常時ふらつきを感じるので、それを少しでも軽減できればと思い片足立ちを毎日行っています。 病院でこれを理学療法士さんに教えてもらい、両側にバ [続きを読む]