象師匠 さん プロフィール

  •  
象師匠さん: 霊気神気を受ける動画
ハンドル名象師匠 さん
ブログタイトル霊気神気を受ける動画
ブログURLhttp://jinjabukkaku.blogspot.com/
サイト紹介文霊能気功家象師匠が日本中の霊気神気を受ける神社仏閣霊場をご案内。
自由文霊能気功家象師匠が日本中の神社仏閣の霊気神気をご紹介である。
霊気神気を集めるべく占術を駆使して造られた空間を巡る、パワースポットマニアが泣いて喜ぶスピリチュアル巡礼ツアーである。
宇宙の創造主の神意を賜り、魂の浄化を体現し運気の上昇と運命のいやさかを願うものであるのである。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供4回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2010/03/02 00:03

象師匠 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 杉本寺(鎌倉)
  • 杉本寺(すぎもとでら)は、神奈川県鎌倉市二階堂にある天台宗の寺院で、正式名称は天台宗大蔵山杉本寺(てんだいしゅうだいぞうさんすぎもとでら)である。本尊は三体の十一面観音像である。坂東三十三箇所・鎌倉三十三箇所の第1番札所で、鎌倉最 古の寺とされている由緒正しい立派なお寺さんである。参道石段の途中に料金所があって、入場料あるいは拝観料大人200円小学生100円をお支払いすると、堂内の本尊の三体の十一面観音像 [続きを読む]
  • 白旗神社と源頼朝の墓
  • 白旗神社(しろはたじんじゃ)は源頼朝を主祭神とする神社である。この神社は頼朝の墓の入口石段の前にあるので、まあ、いわば本家とも言えなくもないのであるが、鶴ケ丘八幡宮の境内社も含めて、他にもいくつも白旗神社があるので、異論のある向きには反論する所存はないのである。この説明書きが白旗神社の前に立っているので、源頼朝について「なるほどねー」と知識を新たにできるわけであるが、あたしは霊氣と神氣の波動を受け [続きを読む]
  • 鎌倉宮
  • 鎌倉宮(かまくらぐう)は、神奈川県鎌倉市二階堂にある護良親王(もりながしんのう)を祭神とする神社である。正月の2日に鎌倉の鶴岡八幡宮(つるがおかはちまんぐう)に初もうでに行ったついでに立ち寄った荏柄天神社のついでに立ち寄った鎌倉宮である。とにもかくにも、初もうでのネタであるので、撮ってきたものは1月のうちにアップしたいわけである。ついでのついでてな言い草は祭神の護良さんに対してたいへん不遜極まりない [続きを読む]
  • 荏柄天神社(鎌倉)
  • 荏柄天神社(えがらてんじんしゃ)は、神奈川県鎌倉市二階堂にある菅原道真を祀る神社である。北条氏の末裔のお家柄のあたしとしては、毎年、鎌倉の鶴岡八幡宮に詣でることが新年の習わしである。つまりはご先祖様に新年のご挨拶ということである。一年に一度しかご挨拶をしないというのも不遜の極みであるが、まあ、象気功のモットーである「やらないよりはマシ」を念頭に、なにごともそのていで人生を送るあれこれである。それで [続きを読む]
  • 御岩屋祖師堂(伊東市川奈)
  • 御岩屋祖師堂は神奈川県伊東市川奈にある日蓮上人ゆかりの岩屋を祀ったお堂である。御岩屋祖師堂は入り口に鍵がかかっているわけでもなく、開けても誰もいないので、お暇な人はごゆっくりとご見学できるのである。まあ、あたしがお参りしたときはたまたま無人であったのかもしれないのであるが、どこからか話し声も聞こえてくるので、普段は堂内にどなたかがおられるのかもしれないということも一応申し上げておくのである。堂内に [続きを読む]
  • 海蔵寺(伊東市川奈)
  • 海蔵寺(かいぞうじ)は静岡県伊東市川奈にある曹洞宗の寺院である。正式名称は龍穏山海蔵禅寺(りゅうおんざんかいぞうぜんじ)である。ご本尊は曹洞宗であるから、釈迦牟尼仏とともに、道元禅師(どうげんぜんじ)瑩山禅師(けいざんぜんじ)を一仏両祖(いちぶつりょうそ)てなことである。まあ、それで、川奈の海辺に近い立地でるので、大地震のたびにつなみが境内に近くまで押し寄せたということで、石段の入り口から右側に、 [続きを読む]
  • 川奈三島神社
  • 伊豆半島の伊東市川奈868に鎮座する川奈三島神社である。川奈三島神社は伊豆の三嶋大社と頼朝由来の関係の神社である。祭神は大山祇神と事代主神である。創建は文治年間(1185年〜1189年)と言い張っておられるので800年有余年の歴史があるわけである。その真偽はともかく大変に由緒のある神社であるわけであるので、心して石段を登り、心して参拝しなkればならないのである。まあ、霊能者としての修行修祓の都合上、全国の霊氣神 [続きを読む]
  • タイ・アユタヤの仏教寺院ワット・パナンチューン
  • タイのアユタヤの仏教寺院ワット・パナンチューン(Wat Phanan Choeng Worawihan)である。アユタヤが首都となる26年前の1324年にすでに建てられていたのであるが、何度も繰り返されたビルマ軍の破壊から奇跡的に残った寺院であるつーことで、大変に縁起がよろしい寺として、現在もタイの多くの人々の厚い信仰を集めているので、大人気で大混雑である。寺院全体が中国風であるので、タイの他の寺院とは感じが違うのであるが、いずれ [続きを読む]
  • 富士山小御嶽神社
  • 富士山のスバルライン終点の五合目駐車場に鎮座する富士山小御嶽神社である。祭神は木花咲耶姫命(コノハナサクヤヒメ)の姉である磐長姫命(イワナガヒメ)の他に、桜大刀自命(さくらおおとじのみこと)苔虫命(こけむしのかみ)を祀っているのである。ご利益は家運隆昌、交通安全、延命長寿、縁結びと、まあ、諸事万端に渡ってたいていのことは請け負っていただけるので、お参りしておけば損はないのである。神様を損得勘定で評 [続きを読む]
  • 過去の記事 …