阿蘇地☆曳人(あそち☆えいと) さん プロフィール

  •  
阿蘇地☆曳人(あそち☆えいと)さん: 草莽崛起〜阿蘇地☆曳人のブログ
ハンドル名阿蘇地☆曳人(あそち☆えいと) さん
ブログタイトル草莽崛起〜阿蘇地☆曳人のブログ
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/assocy
サイト紹介文自虐史観の葬送のために
自由文「独立不羈三千年来の大日本、一朝人の羈縛を受くること、血性ある者視るに忍ぶべけんや。那波列翁(ナポレオン)を起こしてフレーヘード(自由)を唱へねば腹悶医し難し。僕固より其の成すべからざるは知れども、昨年以来微力相応に粉骨砕身すれども一も裨益なし。徒らに岸獄に坐するを得るのみ。(中略)今の幕府も諸侯も最早酔人なれば扶持の術なし。草莽崛起の人を望む外頼みなし。」
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供594回 / 365日(平均11.4回/週) - 参加 2010/03/04 23:50

阿蘇地☆曳人(あそち☆えいと) さんのブログ記事

  • 【アメブロでリブログ】障がい者差別にお姉ちゃん絶句
  • 《先日、私とお姉ちゃんであるテレビドラマを観ました。たまたまつけていたチャンネルで流れていたのですが、先にお姉ちゃんが見入っていました。》https://ameblo.jp/daitoaseinenkai21/entry-12222808571.html『息子は自閉症。ママのイラスト日記』ハフポスのブログコーナーで連載中のものでしょうかね。 良いものを紹介していただきました。このサイトのあなたのレビュー!https://blogcircle.jp/commu/11/topic/3 にほんブログ [続きを読む]
  • [転載]ひのきみ全国ネットによる大阪府教委への抗議文 
  •   ★ 大阪府教委による府立高校教員3名の卒業式「君が代」   不起立に対する「戒告処分」発令に抗議する! 「<許すな!「日の丸・君が代」強制、止めよう!安倍政権の改憲・教育破壊 全国ネットワーク>の小野です。重複送信をお許しください。転送・転載可です。 3月29日付、及び5月18日付の大阪府教育委員会は、大阪府立高校教員3名の卒業式「君が代」不起立に対して、「戒告処分」を発令しました。 全国の教 [続きを読む]
  • [転載]社会的労働の発展と労働疎外
  • マルクスは、仕事の分業化を行なう事で沢山の人が働け、社会が発展すると考えていながら、他方で分業する事で効率化、機械化がされ、労働に対する満足が低下するともいっていたようですが、この考えは、矛盾していませんか。 分業や機械化が資本主義的生産様式においては、労働に対する満足を低下させるというのは、事実その通りですし、マルクス自身もマニュファクチュア的分業および工場内分業の資本主義的形態の問題点として強 [続きを読む]
  • 「土地の身体や土地の内臓」--『資本論』第3部より
  • 《社会の一部分が他の部分から、地上に住めるという権利の代償として貢ぎ物を要求するのであって、およそ土地所有のうちには、土地の身体や土地の内臓や空気を搾取するという、したがってまた生命の維持と発展とを搾取するという、所有者の権利が含まれているのである。》『資本論』 第3部第46章実に興味深い文章だが、この断片から、マルクスの真意を正確にくみ取るのは、容易ではなさそうである。しかし、すくなとも、ここでの [続きを読む]
  • 「だからご存知ないと書いてませんが?」
  • >私は今の日本は帝国主義ではないと書いています。ええ。それは十分承知しております。そこでそのようにご判断なさった根拠をお伺いしています。>だからご存知ないと書いてませんが? はい。その通りですね。知っているとお書きです。そこで、その証拠を提示いただきたいとお願いさせていただいております。例えばムンジェインが、「私は親北ではありません。」と何かに記述したとしましょう。そして誰かから「親北」だと指摘さ [続きを読む]
  • [転載]共産主義からウヨク(国粋主義)への転向者たち
  • なるほど一理ある。転向者は現在の陣営に忠誠を示すために、ヒステリックに昔の陣営を叩く必要がある。・・・・・彼らはその傷のためにいつも精神の平衡が保たれていない。従軍慰安婦の問題でも、陰湿に、かつ、攻撃的にそれを消そうとするのは、そこに原因がある。 (『噂の真相』1997-1 p33 佐高信「タレント文化人 筆刀両断」)藤岡信勝 (元日共)清水幾太郎  (東大「唯物論研究会」幹事→陸軍報道班員→60年安保闘争の [続きを読む]
  • NPOと営利企業の違い
  • NPOを例に、営利企業との違いを以下に図示する。NPOは、事業収益を上げることも、支援対象者から対価を受け取ることも、スタッフに賃金を支払うことも、禁じられていない。言い換えれば、「特定非営利活動法人」の「非営利」は、「NPOは儲けてはいけない、黒字を出してはいけない」という意味でも、「スタッフは無報酬でないといけない」という意味でも、「サービスや物財の提供は無償で行わなければならない」という意味でもない [続きを読む]
  • 物質代謝と社会的再生産
  • 直接的生産過程での必要物の自然からの摂取によって非有機的身体が提供され、それら非有機手身体の消費を通じて人間各自の有機的身体が維持・再生産される。有機的身体の維持・再生産のためには、この有機的身体からの排出物と社会的な排出物(不要となった非有機的身体=物質的財貨)の処理が不可欠である。さらにそのようにして有機的身体のうちに再生産された労働力が再び非有機的身体の生産のために支出される。こうして円環的な [続きを読む]
  • 「共産主義」が嫌いな"あなた"へ
  • 「共産主義がそんなに好きなら、共産主義国へ行け!」という方がいます。そういう方に僕は、よく次のようにお答えします。「共産主義」が嫌いで良いのです。それが正しいと思うんです。ところが、あなたは、せっかくそのような正しい心を持っていらっしゃいながら、ご自分でも気づかぬうちに「共産主義」とよく似た考えに近づいてしまっています。「共産主義」が資本主義に勝るなどという呆れた考えにとりつかれた若者を赦してはな [続きを読む]
  • 剰余価値率=労働の搾取率
  • ☆ 価値増殖の度合いを表す二つの比率:利潤率と剰余価値率            ◆ 利潤率P’=剰余価値m/(不変資本c+可変資本価値v)[×100%] 資本家から見れば、労働力(可変資本)も生産手段(不変資本)も同じように価値増殖に貢献するように思える                  資本家にとっての利得    ‖投下資本(c+v)に対する剰余価値(m)の比率     ‖資本家にとってのコスト  *利潤率は、 [続きを読む]
  • 【タイトル変更】家族主義的福祉レジームと労働する諸個人の再生産
  • 労働する諸個人の自己再生産の基盤となりうる社会的な組織体の条件は、再生産の労働する諸個人自身による自律的調整を可能とするような組織体であることである。自律性は、物象の支配からの自由、人格的依存からの自由、行政権力からの自由によって確保される。 ベヴァリッジは、男性稼ぎ手モデルを政策が実現すべき理想の家族像と位置づけた。それは、多くの保守主義レジーム採用国においても同様であった。そこでは、「家族」は [続きを読む]
  • [転載]福祉国家の形成
  •  〈社会保障制度の整備〉 社会保障制度は、ひとまとめのものとして一気に実現されたわけではなく、各項目独立に、またどの項目も徐々に段階的に時間をかけて整備されていった。その順序もスピードも国ごとに違っていた。 イギリスの場合、労働組合の法認と工場法による労働時間規制・労働環境の安全・衛生面での改善が先行した。1824年の労働者団結法によって、労働組合が合法化され、1848年には、女子・児童労働において10時間労 [続きを読む]
  • 資本主義以前の市場
  • ☆資本主義以前には、以上は存在してはいても、一国の社会全体の経済に影響を及ぼすようなものではなかったのです。それゆえ、資本主義以前の経済の仕組みを「市場経済」とは決して呼びません。「市場経済」という言葉が「資本主義」とほとんど同じ意味のように使われる理由は、そこにあります。☆資本主義以前の市場は、大部分の品物が自給自足だった時代に、たまたま余った品物や、必要性はそれなりにあるものの自分の地域ではど [続きを読む]
  • 【アメブロでリブログ】“反日学者に税金から金をやるな。”
  • 《政府批判だって、政府から金もらってたら少しは考えるだろうに。/反日するんなら、日本から金を貰うなよってことです。/それを指摘されたわけじゃなく、どういう目的で金を確保したのか明らかにしろってだけで「ぷぎゃああ」してるですよ。/攻撃する相手から金もらいたいって、ホントやってる事が汚いと思わんのかね。》税金は政府の金ではない。労働する諸個人の労働成果を政府に預けているだけである。 労働する諸個人が拠出し [続きを読む]