阿蘇地☆曳人(あそち☆えいと) さん プロフィール

  •  
阿蘇地☆曳人(あそち☆えいと)さん: 草莽崛起〜阿蘇地☆曳人のブログ
ハンドル名阿蘇地☆曳人(あそち☆えいと) さん
ブログタイトル草莽崛起〜阿蘇地☆曳人のブログ
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/assocy
サイト紹介文自虐史観の葬送のために
自由文「独立不羈三千年来の大日本、一朝人の羈縛を受くること、血性ある者視るに忍ぶべけんや。那波列翁(ナポレオン)を起こしてフレーヘード(自由)を唱へねば腹悶医し難し。僕固より其の成すべからざるは知れども、昨年以来微力相応に粉骨砕身すれども一も裨益なし。徒らに岸獄に坐するを得るのみ。(中略)今の幕府も諸侯も最早酔人なれば扶持の術なし。草莽崛起の人を望む外頼みなし。」
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供517回 / 365日(平均9.9回/週) - 参加 2010/03/04 23:50

阿蘇地☆曳人(あそち☆えいと) さんのブログ記事

  • 近代合理主義における規範としての〈自然秩序〉とディープ・エコロジー
  • ネスの思想を全体主義や全体論と捉える見解は、多分に誤解による根拠のない非難といえる面があったが、この問題は、ネスに対する批判としては的を射たものである。まず規範について説明する。規範とは、一般的にはルールのことである。法律は規範に含まれる。しかし、規範の範囲より広く、道徳や慣習も含まれる。仮に私的な願望や欲求には沿わない場合でも、それに従って行動しなければならないと我々が意識しているルール全般が規 [続きを読む]
  • 全体主義(全体論)とディープ・エコロジー
  • 《全体論(holism)とは、「全体が部分より重要だとする考えである。全体論は各部分の関係を研究すること」を意味する。近代科学は個々の部分を研究し、各部分を理解する。対照的に、全体論は「全体」が個々の部分よりも重要であると確信する。自然界はあくまでも全体として理解されなければならない。》(古田雅雄「現代政治イデオロギー序説」『奈良法学会雑誌』第24巻[2012年3月]) 《 「自然主義」は、人間存在や人間社会に [続きを読む]
  • 「平等」を目指すヤツは全部ダメなヤツです。
  • 《ウェーバーは計画経済は官僚支配を招くだけで、むしろ消費の平等化を図るべきだと主張していた》 あぁぁ、それが事実なら、ウェーバーにもガッカリですね。 (1) 何をどれだけ必要とするか人それぞれなのにそれを平等にしようだなんて、暴力沙汰でしょう。スターリンや毛沢東と何の違いもないじゃありませんか? ウェーバーやスターリンや毛沢東違って、マルクスは、「権力利は不平等てなければならない」と主張しています。 ( [続きを読む]
  • 最高裁でビデオ原本没収が確定
  • 最高裁でビデオ原本没収が確定中野 宏美日本2018年6月28日 ― 性犯罪時の様子を盗撮し、ビデオ原本の処分と引き換えに示談を求めた「宮崎強姦ビデオ事件」。しあわせなみだは、示談を求めた弁護士への懲戒請求と、研修の徹底を求める署名を、2015年3月に日弁連と宮崎県弁護士会に提出しました。賛同者は14000筆を超え、大きな反響を呼びました。そして6/26に最高裁はビデオ原本の没収を決定しました。これはとても画期的な判断です [続きを読む]
  • 「剰余労働はいいことだと思いますか?」に答える!
  • どんな社会でもある程度の剰余労働は、社会を維持するために必要です。今生きている人のための必須労働だけしか行われない状態が続くと、新たに生まれてくる人の消費物資を確保することができなくなります。また、災害などで生産が一部止まるなどした場合に備える備蓄も形成できません。災害時の備えとしては復興のための資材なども必要となります。問題は、だれが剰余労働を負担し、だれがその成果を受け取るか、だれがその使い道 [続きを読む]
  • 【質問】「労働問題について」 に答える!
  • Yahoo知恵袋より《労働問題について調べていたら労働問題の意味は「資本主義社会における労使の対立から生じる諸種の社会問題。」と記載されていました。社会主義社会では労働問題はなんというのですか? 》ポイントは、「労使の対立」というところです。厳密に言えば、労《資》の対立が正しいのですが…。資本主義というのは、いわゆる資本家(個人であるとは限らず株主の集団である社団、出資法で言う「会社」もまた法的 [続きを読む]
  • 【メモ】「交換による価値形成」説の発症原因
  • 宇野の価値形態論は、全体として荒唐無稽以外何物でもないが、端的には「すべての商品の貨幣性」の否定である。佐藤勉と富塚の誤りは、商品が客観的に価値対象性を有するということ(=価値物であるということ)と、それがそのようなものとして商品世界で実際に妥当する――他商品からそのように扱われるし、ひいては諸人格に対してもそのように振舞いうる――ということとが、別の事柄であることが理解できないということに尽きる [続きを読む]
  • Khruangbin
  • Khruangbin;テキサス州で結成された、Laura Lee (ベース), Mark Speer(ギター) , Donald Johnson (ドラム)による3ピースバンド. R&B、ヒップホップ、ゴスペルの他、タイのファンク・ミュージックの影響も指摘されている。インストバンド。 Khruangbin - A Calf Born In Winter (Official Video)Khruangbin - August Twelve | Sofar Bristolこのサイトのあなたのレビュー!https://blogcircle.jp/commu/11/topic/3 にほんブ [続きを読む]
  • 「マルクスが言う物神の正体は何ですか。 」
  • 人々が――社会の仕組みによって――商品・貨幣に与えた社会的機能が、商品や貨幣の自然的属性だと取り違えられることを、商品・貨幣の物神性といいます。ある商品Aが、売れるのは、その商品を材料とか用具として使用しなければ、生産できない別の商品Bがあるとき、A,B双方の生産がそれぞれ独立の私的労働としてお行われているからです(同じ共同体の2つの特殊生産部門だったならAはBの生産に無償供与され、Aの生産には別の生産物が [続きを読む]
  • 【メモ】価値、人格と物象 商品に表された労働の二重性
  • 人格の物象化=人格的実践である労働が商品生産労働(物象を発生させる労働)に転化し、労働の持つ社会形成的契機(人格的力能の一つ)が商品の貨幣性として現前すること。高橋秀直氏の理解と異なり、商品と貨幣の対立は単純に、使用価値(=私的労働)と価値(社会的労働)の対立ではないだろう。商品そのものに貨幣性があり、したがって商品それ自体が私的かつ社会的な労働の対象化だからである。どんな労働も二重性自体は持って [続きを読む]
  • [転載]7月3日(火)悼 歌丸さん
  •  歌丸や桟敷に残す笑種 反戦と笑いを刻み黄泉高座 「笑点」で長く活躍し、古典落語の名手であった桂歌丸さんが、2日逝去されました。歌丸さんは、昨年テレビ番組で、「戦争を知らない政治家が戦争に触れるな」「戦争を良いものだと思っている政治家だったら、われわれは選ばない、絶対に」と語っていました。心から哀悼の意を表します。転載元: 渡辺をさむー俳句 [続きを読む]
  • [転載]企業における脱官僚支配を目指して
  • NIKKEI Biz Plusに面白い記事があったので紹介したいと思います。その記事とは、「オルフェウス・プロセス(1)――指揮者なき楽団と組織管理」 (モバイル・インターネットキャピタル社長 西岡 郁夫氏)です。 これは、モバイル・インターネットキャピタル社長の西岡郁夫氏が一橋大学大学院・モルガン・スタンレー共同セミナー「オルフェウス室内管弦楽団に学ぶ:新時代の組織運営」という催しに参加されて、お考えになったこと [続きを読む]
  • 《搾取と階級が生産手段の私的所有から生まれた》のではない。
  • 《搾取と階級が生産手段の私的所有から生まれた》との理解は、スターリン主義そのものです。マルクスは、ただの一度もそんなことを主張したことはありません。労働が所有に先立つのです。労働の自己矛盾が営利労働(私的労働)から賃労働へと展開され、それによって物象が商品から資本へ展開し、搾取と階級が発生するのです。資本主義的大工業によって既に社会的なものとなっている生産手段を自由でアソシエイトした労働の単なる用 [続きを読む]
  • [転載]安倍政権また忖度に“ご褒美” 森友不起訴の特捜部長が栄転
  • 安倍政権また忖度に“ご褒美” 森友不起訴の特捜部長が栄転 2018年6月26日 大阪地検に告発状を提出する市民ら(昨年4月)(C)共同通信社拡大する 露骨な論功行賞だ――。法務省は25日、大阪地検の山本真千子特捜部長(54)の函館地検「検事正」への異動を発表した。山本氏は、森友問題で刑事告発されていた佐川宣寿前理財局長ら38人を全員不起訴にした責任者。地検トップの検事正への異動は栄転だ。森友問題の渦中にあっ [続きを読む]
  • [転載]「西欧知の枠組み」とマルクスの〈自然〉規定
  • 基本的には勉強させていただける点の多いHPである。ただ、中には「?]という文章もある。 《よく知られるように、『資本論』第三部では「食う」ことは、人間の「自由」との対比で、「必然」(必要)の領域として置かれる。  引用すると長くなるので、要約しよう。人間は自分の生活を維持し再生産するために自然と戦わなければならない。それは「未開人」も「文明人」も同じだ。この「自然的必然」の領域で身体と生活を維持するた [続きを読む]