阿蘇地☆曳人(あそち☆えいと) さん プロフィール

  •  
阿蘇地☆曳人(あそち☆えいと)さん: 草莽崛起〜阿蘇地☆曳人のブログ
ハンドル名阿蘇地☆曳人(あそち☆えいと) さん
ブログタイトル草莽崛起〜阿蘇地☆曳人のブログ
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/assocy
サイト紹介文自虐史観の葬送のために
自由文「独立不羈三千年来の大日本、一朝人の羈縛を受くること、血性ある者視るに忍ぶべけんや。那波列翁(ナポレオン)を起こしてフレーヘード(自由)を唱へねば腹悶医し難し。僕固より其の成すべからざるは知れども、昨年以来微力相応に粉骨砕身すれども一も裨益なし。徒らに岸獄に坐するを得るのみ。(中略)今の幕府も諸侯も最早酔人なれば扶持の術なし。草莽崛起の人を望む外頼みなし。」
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供420回 / 365日(平均8.1回/週) - 参加 2010/03/04 23:50

阿蘇地☆曳人(あそち☆えいと) さんのブログ記事

  • 「最適汚染点」論と,それに対する批判
  • ※吉田文和『環境経済学講義』より 要約紹介 MS(限界節約)とは,企業が汚染排出量を一単位増やすことによって節約することができる排出削減費用の額である。MDは,企業が汚染排出を一単位増やすことによって,発生する被害額である。最適汚染点x*は,MSとMD,二つの曲線の交点として示される。一般に,汚染排出が増えるほど,排出削減費用をさらに節約できるが,当然汚染による被害額が増える。逆に汚染排出が減れば減るほど, [続きを読む]
  • 国家は共同体だ
  • 人間同士の協力関係が真に実在する関係であるなら、その関係がよって立つところの実在的基盤が存在するはずです。例えば自然環境、また、住居や調度品などの生活手段はその使用様式という文化の媒体です。こうした実在的基盤を持たないところに、無理に共同体を作ろうとすれば、信仰等の観念にもとづくカルト的な集団を構成するしかありません。そして、あべこべに「助け合っている」という妄想に実在性の衣を着せるために、種々の [続きを読む]
  • 【摘要】「日本・アメリカの拡大する貧富の格差」(中野洋一)
  • 《2001 年の日本のGDP は498 兆円、2007 年のそれは516 兆円であった。この間に日本のGDP は18 兆円も増えていた。しかし、同じ期間の雇用報酬は、2001 年が269 兆円、2007 年が263 兆円であった。この間に労働者の賃金は全体で6 兆円も減少した。》《ところで、この間に増加したGDP と巨額な企業収益はどこへと消えたのか。これが最大の問題である。 この問題を分析した森永卓郎(経済アナリスト)は、著作『年収崩壊』(2007年 [続きを読む]
  • [転載]韓国最高裁判所(大法院)の判決について  2
  • https://blogs.yahoo.co.jp/kounodanwawomamoru/66377398.html からの続き         3、「・・・いかなる主張もすることができないものとする」今回の韓国最高裁の判断は、「『完全かつ最終的に解決された』『いかなる主張もすることができないものとする』の中に「反人道的な不法行為をした日本企業に対する慰謝料は含まれていない」としています。判断の要点は①協定は財産権と民事請求権に関するものだが、強制動員被 [続きを読む]
  • [転載]文化が国家を評価するのであって逆ではない
  •  きょうは菊薫る文化の日です。私の住む武蔵国の空はどこまでも天色の透明感にあふれています。 さて、国家と文化(宗教も含めて)について考えるとき、私はよく文化勲章=叙勲に思いを寄せます。春と秋の叙勲に関し、審査・授与を含めて業務を管轄している機関は内閣府賞勲局です。そこで、内閣府のホームページを参照しつつ、この叙勲について、少々知識を得てみました。「栄典制度の沿革」のページを開くと、次のように記されて [続きを読む]
  • 【リテラ】徴用工判決ヒステリーの日本マスコミが触れない事実
  • 徴用工判決ヒステリーの日本マスコミが触れない事実…安倍政権が新日鉄住金に圧力をかけ“和解”を潰していた!2018.11.01 Litera《戦前、日本が朝鮮の人々を労働力として強制動員した、いわゆる「徴用工」問題。韓国の大法院(最高裁)は30日、元徴用工が求めた損害賠償について、新日鉄住金への支払命令を確定させた。 これに対し、「徴用工問題は1965年の日韓請求権協定で完全かつ最終的に解決している」という立場の日本政府 [続きを読む]
  • ハロウィン騒動もエエジャナイカ?
  • 通りかかっただけで、乗ってる軽トラひっくり返されるなんてたまったもんじゃないが、眉をひそめて「近頃の若い連中は」とかこぶしを振り上げ「下手人を厳罰に」とか言っているだけでは芸がない。とりあえず、電網界を徘徊して、気になる記事を拾って並べてみよう。純丘曜彰 ハロウィン騒動と幕末ええじゃないか Blogos 2015年11月02日 20:00《幕末の「ええじゃないか」は、豊作の分け前から取り残された使用人や若い衆の災厄払 [続きを読む]
  • 「ケアレジーム」論の検討のために(目録)
  • 1.平林豊樹 "《個人化された社会》は社会的再生産を一掃するのか"2.大沢真理 "福祉レジーム論から生活保障システム論へ"3.永島信二郎 "脱商品化論におけるG. エスピン=アンデルセンとK. ポランニー"4.今井佳奈子 "戦後日本の福祉レジームの分析―「共同体化」の制度論―(1)"5.嶋内健 "社会的包摂としてのアクティベーション政策の意義と限界"6.原伸子 "福祉国家の変容と社会的ケア――家族・雇用・ジェンダー"7.シャーラ・ [続きを読む]
  • [転載]台湾特急列車脱線事故200人以上死傷の大惨事
  • 台湾特急列車脱線事故200人以上死傷の大惨事当該運転士はシフト管理担当者乗務員勤務制度改悪を粉砕しよう!   10月21日、台湾・宜蘭県で特急列車が脱線し、少なくとも18人が死亡、187人が負傷する大惨事が引き起こされた。 ブレーキ不具合でも運行優先 詳しい事故の原因などは調査中であり、はっきりとはわかっていない。だが、列車が15分〜20分ほど遅延していたこと、当該列車が突然の停止と発車を繰り返していたこと [続きを読む]
  • 剰余生産物とは?
  • 剰余生産物…社会の年々の生産物は,大まかには,次の3つの部分に分類できます。一つは,その年以前に生産されてすでに使われていた機械や建物などのうち,老朽化や故障などによって廃棄され,その埋め合わせのために,その年にもう一度作り直した部分です。この部分を社会経済学では,再現生産手段と呼びます。二つ目は,必須生産物です。この部分は,現場作業を遂行する人々[労働する諸個人]が生活のために必要とする消費手段[衣 [続きを読む]
  • [転載]6132.台湾独立運動再び
  • <台北で独立派が大規模集会、主催者発表で10万人超が参加>AFPBB 2018年10月21日 15:59 発信地:台北/台湾 【動画】http://www.afpbb.com/articles/-/3194087?cx_part=latest【10月20日 AFP】台湾・台北市の中心部で20日、台湾独立を主張する新政治団体「喜楽島連盟(Formosa Alliance)」が主催する大規模集会が開催され、数万人が参加した。 主催者は集会の参加者数を10万人以上としており、独立の是非を問う住民投票の実施を [続きを読む]