Chemical Sweet さん プロフィール

  •  
Chemical Sweetさん: 棺桶にシガーを
ハンドル名Chemical Sweet さん
ブログタイトル棺桶にシガーを
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/art_oda
サイト紹介文シガー吸い、ワイン飲み、女好きな不良老人の過酷で愉快な毎日。
自由文毎日の稼ぎで、時々はシガーを。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供67回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2010/03/07 14:33

Chemical Sweet さんのブログ記事

  • ロレックス・デイトジャスト
  • 「上司の時計を超えるべからず」と聞く事がある。個人的にはそんな事は気にしないし、いちいちうるせーとも思う。時計くらいは好きなものを買えばいいのだ。しかし、戒律の厳しい中洲のクラブにあっては、そうした不文律もあるのかもしれない。ならば、長のクラスであれば、やはりロレックスあたりが良いのだろう。ダイヤインデックスのゴールドのコンビは、ママさんの時計としては王道のチョイスと言えるだろう。 [続きを読む]
  • 2018年4月前半
  • だいぶ慣れて来たx100f 。まずは物撮りから。ピントの事を考えると、絞り優先でF4くらいが良いかと。iSOとシャッタースピードはオート。昔はシャッター中にISO感度を変更するという事は出来なかったが、今は出来る。その結果、絞り・シャッタースピード両方優先というモードが出来た。両方オートだと、多分手ブレ防止で、ある程度はシャッター優先になっているのではないか、と思う。動くネコも撮れた。 [続きを読む]
  • 高級フレンチで壮行会をした
  • ちゃんリーがワイハーへ短期留学するそうで、お見送りの会となりました。場所はひらまつ博多。安定の実力派フレンチを繰り出してきます。まずは恒例のシャンパン🍾デュヴァル・レロイ。2000年。知らんな〜w 知ってます?ただ、お勧めだけあって、これが美味しいのなんの。これまで飲んだ美味しいシャンパンの、トップ集団にいきなり入りました。振り向けばレロイみたいなwアミューズはハマグリとホワイトアスパラガス。ハマ [続きを読む]
  • キャバ嬢のお誕生日をイタ飯で祝う
  • 水曜日は担当サラちゃんのお誕生日でした。同伴してくれというので、快諾。まあ。そうやって誘われるのうちが華である。予約したのは、テアトロ・イウキ。いわゆるトラットリア(大衆食堂)だが、コースは結構リストランテ寄りだ。まずはフランチャコルタをオーダー。倍と少しの値付けだ。アンティパストは3皿でモツァレラチーズと、シマアジのカルパッチョ。新鮮な魚に舌鼓を打つ。もう一品、タコ🐙とホワイトアスパラガス。 [続きを読む]
  • カルティエ・タンク・フランセーズ
  • もし自分が中洲のおねーさんだったら。ついつい無難な選択になるのかもしれない。ルクルトは渋すぎるし、ブルガリは派手すぎるし。まあ、エルメスあたりの服飾系ブランドか、宝飾系でも、カルティエなら。というわけで、恐らく中洲ではプリウス並みの普及率であろう、またその中でも定番のタンクである。お似合いですよ。 [続きを読む]
  • シャネルJ12
  • 人間外見100%そして時計こそが、人を表す。というわけで、始まりました、そんな時計と女たちをセクシーに紹介するという、画期的な企画、セクシー時計日記です。記念すべき第一回は、シャネルJ12。宝飾系では、少数派ですかね。ケースもブレスもセラミックです。キラキラ系ではありませんが、流石にデザインは優れてますね。夜のお仕事にはちょっと硬い感じなので、昼間何やってんですかって聞きたくなりますね。定価なら67万円。 [続きを読む]
  • 峠を走る
  • 新年度のスタートは、ショップ主催の朝ツーでした。ルートは何時もの、というか、ずっと行っていなかった道の駅「小石原」です。大雨の災害で、朝倉市の山間部は、バイクで走れる状況ではないらしかったのですが、片道通行が二箇所あったものの、秋月-小石原ルートは楽しく走れました。桜の季節、新年度の始まりに、ホームコースに戻れた事に、また復旧に尽力して下さった皆様に感謝です。 [続きを読む]
  • 2018年3月後半
  • 年度末ですね。新年度というのは、正月や誕生日より、よっぽど節目を感じます。新学や就職の輝きが、こっちまで伝わるような。私も毎年スラックスを新調します。後半はあまり写真がありません。だいたいブログに載せたもので。時計と自転車そんなとこでした。 [続きを読む]
  • トレジャラー・ブラック
  • 今回ご紹介するのは、通常販売の紙巻としては最高価格となります、「トレジャラー・ブラック」(2100円)です。何が豪華って、パッケージですね。金/黒という分かりやすい豪華さで、全面がおおわれています。アルミボックスを開けると、金色の紙、その下は黒/金の煙草が10本×2列で並んでいます。さて、うやうやしく1本吸うのですが、いやな匂いではないものの、スモーキーでカーボンな感じ。バージニア100%につられて、 [続きを読む]
  • 花見
  • 毎年欠かさない花見ですが、今年は元ワインサークルのメンバーよりお誘いがありました。男4女5の集まりです。まあ、私も昔ほど頑張る気は無いので、戦場というよりは、OB会的な雰囲気でした。(戦場シリーズ書庫に入れてますがw)そんな古参兵の風情ある花見🌸、私は唐揚げとブルゴーニュのシャルドネを持参です。ワインは私の一本だけだったので、すぐに空いてしまい、その後は日本酒を飲みました。花は8分くらいで、好天に [続きを読む]
  • リニューアルしたリストランテで新鋭の料理を楽しむ
  • 今年、リストランテASOは、リストランテKUBOTSUとなった。ちゃんリーと早々に伺いたかったのだが、安室ちゃんのコンサートなどの都合により、ようやく3月となった。ガラスのカトラリーを多用したクールで都会的なイメージから、和モダンな感じへ、独自的な福岡のイタリアンを作ろうという意欲を感じさせる。先ずはシャンパーニュ。ドンペリニヨンが「これフルボトルですよね」と確認するお値段だったので(注:ドンペリにハーフボト [続きを読む]
  • 海辺のワインディングロード
  • 北部九州の日曜日は曇り時々晴れ。17℃から21℃くらいで、ツーリングはまだまだ冬寄りの装備。バッファローバックスキンのジャケットが丁度よい感じです。さて、今回の参加車両のご紹介。まずは、イタリアの名門ドゥカティ・モンスター・1200S。世界一カッコいいです(異論認めず)。続きましてホンダCB1300スーパーボルドール。安定感ありますね。シート下の収納もいいし、燃費もいい(たぶん)。スズキGSX75 [続きを読む]
  • Gとシースー
  • フレンチ好きではありますが、たまには寿司も良いですね。先付けの後は、とらふぐの造りそして唐揚げ。とらふぐは10年ぶりかもそして握りが7貫のうちやっぱトロうめえ最後はフォアグラ巻きで楽しかったです。 [続きを読む]
  • 反動で日和見
  • 恒例であるバックラッシュ受注会に参加しました。年度末となり、ようやく寒さも緩んできたかなぁと思うこの頃で、もう2019年を見越した秋冬のオーダーである。今回の個人的なテーマは「年相応」そりゃ、バックラッシュの集まりとか、バイク乗る時とかは威圧的なほどに革を着てますが、さすがに寄る年波だ。普段から、反社会的でロケッケンロールな姿勢ではいられなくなってきた。テーラードジャケットのセットアップで、隅で黙 [続きを読む]
  • アパレル系OLとビストロで寛ぐ
  • 「カジュアルで美味しいものを食べたい」というリクエストを受けた時は、レストランではない。スーツに身を固め、食べる際に気持ちを研ぎ澄ませ、構成がどうとか、火入れがどうとか、語るのも楽しいが、リラックスには欠けるというものだ。ここはビストロに席をとり、ダメージ・デニムに革ジャンを羽織り、料理はアラカルトで注文して、赤ワインでも開けながら、つもる話でも聞こうじゃないか。ビストロと言えども大事なのは、料理 [続きを読む]
  • 新しいスーツでモダン・ガストロノミーを楽しむ
  • 今月のちゃんリーとの定例会はレストラン・アレナにしました。仕上がったラルディーニのスーツに、始めて袖を通します。まずはシャンパーニュ。去年よりミュズレ収集家になったちゃんリーのために、毎月シャンパーニュを変えています。レストランでは結構大変だ。それでもアレナはメニューが豊富なので、この日はゴッセのグラン・レゼルブをチョイス。マロラ発酵なしの、広がりのある酸味が主体で、魚介類の料理との相性が抜群だ。 [続きを読む]
  • 2018年2月前半
  • フジフィルムX100F、少しづつ慣れてきました。もの撮りにおいて、「開けすぎるな」というのを学習しました。最大F2.0まであるんですが、近接撮影だとF4.0くらいが丁度いいあと、フィルムシミュレーションもいろいろやったのですが、結局は基本のプロヴィアがお食事には良さそうですね。ホワイトバランスも自動でぴったり!良いカメラです📷 [続きを読む]
  • 払い屋稼業
  • 「誰の挑戦でも受ける」というストロングスタイルを貫くため、この夜も俺はレストランへ向かった。ホテルニッコーと言えば、博多であってもパリ直伝のエスプリが味わえる名店である。税理士Mは、すでにロビーにいた。稼ぎのない俺に税理士は不要だったが、別に納税の相談に来たわけではない。ただの職業萌えだ。席につき、まずはシャンパーニュを入れる。グリーンが入った彼女の髪の色に合わせて、アンリ・ジローのエスプリ・ナチ [続きを読む]
  • ダンヒル・ライト・ファインカット
  • 現在吸っているタバコです。かれこれ35年前、タバコを吸い始めた頃「何を吸うか」を決めようと、買える限りの銘柄のタバコを試喫した事があった。国内銘柄はマイルドセブンが発売されて4年、まだまだ種類が少なく、簡単にコンプリート出来たが、洋モクは吸いごたえがあった。すでにヨーロッパ好きだったので、出来ればゴロワーズあたりを好きになりたかったが、そっち方面がどう贔屓目に見ても美味しいとは思えない。中でもドイツ [続きを読む]
  • 2018年1月後半
  • 今回は中洲の人形小路を紹介します。カメラ買う前から、いつかここは撮りたかったです。まあ、良いのが撮れるまで、あと何回か立ち寄りたいとは思ってますが。最後の行きつけのバー、アクアビテで、マティーニを呑んで帰りました。🍸別の日、中洲の橋の下。遊覧船乗り場です。人口の5%が殺し屋という(漫画の話ですよ)博多らしい感じですね。でも、夜景がこんなに明るく撮れるとは、大したものです。これでもまだISO16000で [続きを読む]
  • "Manners maketh man."
  • 初秋に注文したスーツがようやくイタリアはアンコーナより到着した。後は袖と裾を直すだけである。スーツについて語ると、玄人の方々から怒られるので、良いと思った感想だけ。何の変哲もない体型ゆえか、基本的には既製服でも「誂えたようにぴったり」なのだが、それでもオーダー品はフィット感が増す。「枚数を抑えてでも、オーダーで」とは聞くが、その通りで間違いない。加えて、ラルディーニは肩に芯などを殆ど入れていない分 [続きを読む]
  • 寒い夜は温もりのレストランでくつろぐ
  • 月例ちゃんリー会、今月はデフィ・ジョルジュマルソーだった。まずはシャンパーニュでボランジェ。やっぱり食事の時はこれが一番かも知れない。アミューズは椎茸の天ぷら。和食屋か?もちろんお箸でいただきます。アントレには豪華な海鮮が出てきた。まったく豪華すぎて、店に申し訳ないと思うくらいだ。ポワソンはサワラ。どこか中華っぽい味わいが良い感じだ。メインは和牛ほほ肉の赤ワイン煮込み。プラス1500円でフォアグラを添 [続きを読む]
  • 牡蠣ツー
  • 今日の福岡は好転に恵まれました。チーム・バックラッシュで糸島へ、牡蠣小屋へ朝ツーに行ってきました。九州北部の海岸沿いに並ぶ「牡蠣小屋」も、すっかり風物詩となりましたね。今回は軒を連ねる中でも、「みわちゃんカキ」へ。某TV番組で有名になったので、並ぶかと思いきや、11時前という時間もあってすんなりと席へ通されました。3人で牡蠣を2ダースとサザエなどの海産物を焼き、合計は5000円程度。ノンアルコールのビールは [続きを読む]