金子朝彦 さん プロフィール

  •  
金子朝彦さん: 鍼灸さくら堂治療院
ハンドル名金子朝彦 さん
ブログタイトル鍼灸さくら堂治療院
ブログURLhttp://www.sakuradou.biz/
サイト紹介文不妊症、生理痛、腰痛、痔など辛い症状は神奈川県大和市鍼灸のさくら堂へ。中医、ツボ、病気のコラムあり。
自由文さくら堂治療院では鍼灸治療を通して皆様の心身と会話したいと考えています。最後は少しでも笑顔を見せて頂けたら、こちらが幸せな気分になれます。
ホームページは、婦人科、腰痛、旅行記、動物、コラムなどを充実させたく思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供101回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2010/03/07 23:02

金子朝彦 さんのブログ記事

  • 肝主疏泄その3
  • お疲れ様です。金澤です。肝は疏泄を主るシリーズ、3回目になります?肝は疏泄を主る  ←前々回ブログ肝主疏泄その2  ←前回ブログ 前回は”外界からのストレス刺激によって不快に感じ、気持ちがよくない状態”が肝の疏泄失調を起こす要素として挙げました。この疏泄失調が起こると、どのような症状が現れるか?他の病理もそうなのですが、多すぎて特定の症状を伝えることができません。簡単にではあります [続きを読む]
  • お譲りします。
  • おはようございます。金澤です。今日はこのブログを見て下さっている方に特典がございます!楽しみですよね〜??それはなんと!さくら堂の前にある多肉植物のエケベリアをお譲りいたします?欲しい方はスタッフにお申しつけください!数に限りがありますので欲しい方はお早めに〜 興味ない方は意味のない情報だったかもしれませんね? [続きを読む]
  • 肝主疏泄その2
  • お疲れ様です。金澤です。前回の肝の疏泄についての続きになります。前回のブログを見ていない方は、チェックした方が分かりやすいと思います。 肝は疏泄を主る ←前回ブログ 疏泄失調を起こす要素として”本人が不快に感じること”と書きました。この不快とは人それぞれ感じ方が違うので具体的には言えるものではないのですが、外界からのストレス刺激になります。なるべくわかりやすく書いてみたいと思います。ま [続きを読む]
  • 肝は疏泄を主る
  • お疲れ様です。金澤です。最近ブログがアップできていませんでした。すみませんでした(´・ω・)顔文字の使い方がわからないので使い方が間違っていたらすみません。でも使ってみたいんです!さてさて、今日のお題は肝の疏泄(そせつ)についてです('ω')東洋医学でいう肝とは現代医学的な肝臓の働きと違います。現代医学的な肝臓のイメージとリンクする部分もあるのですが、わけて考えて頂いた方が分かりやすいと [続きを読む]
  • もぐもぐ?ごくごく?
  • お疲れ様です。金澤です。意味の分からないタイトルですよね。?書く時に、このタイトルが閃いたのでそのまま採用しました。笑何が言いたいのかというとお腹減った、喉が渇いたという欲求がないのにも関わらず食べてしまう飲んでしまう方がいらっしゃいます。これを病理と捉えるかは横に置いておき、この行為自体が身体のバランスをとるためのものなのかもしれません。考えられることとしては1、咀嚼や口にものを含むことで頭顔面 [続きを読む]
  • 後期初出勤
  • 2018/9母校湘南医療さんへの後期初出勤。なかなか個性的な子たち。質問を求めたところ、最初から臨床例の話に!後屈、前屈で痛みがあり、夜間痛がない腰痛の弁証を求められる。最初からエンジン全開。中医鍼灸の特徴は弁証論治と穴性にあるが、その真意は病理第一主義。これに気づいたのはつい最近。この辺を織り込みながら伝えて行きたい。おもしろくなりそう [続きを読む]
  • 湿水飲痰
  • お疲れ様です。金澤です。今回は東洋医学の水病理のお話をしていきたいと思います。水の病理といっても単一ではありません。中医用語だともう少し細分化できます。その病理の特徴によって症状の現れ方が変わってきたりします。今回は水病理のイメージについて書きたいと思います。まずは水病理に分類される呼び名を挙げてみます。湿(しつ)・水(すい)・飲(いん)・痰(たん)です。これら分類は形態の変化と各々の特徴がありま [続きを読む]
  • 掻痒感
  • 2018/9掻痒感とは痒みのこと。主訴は首の後ろの痒み。髪が当たる部分は痒くてしょうがない。見た目の発疹はなし。触ると、上半身のみ汗ダラダラ。背中、首、額から汗💦下半身はあまり汗をかいていない様子。脈、舌および諸症状から三焦の湿熱と取る。※諸症状を書くと長くなるので割愛します。鳩尾+??穴と??穴が極めて有効です。症状は追いません。症状から割り出した病理を追います。後、皮膚疾患では湿熱でもどちら [続きを読む]
  • ツボ・内関
  • 前回のブログで内関というツボを紹介しました。このツボの効能は降逆止嘔(逆流するものを降し嘔吐を止める)と理気寛胸(気を巡らし胸を開く)作用があります。方法によっては他にも作用があるのですが、ここでは割愛します。前回のブログで乗り物酔いする因子を述べたのですが、スピードの増減や揺れ、視覚情報に対してのアプローチに使うよりも、消化器の働きが低下してしまった時に対処できるものになります。ここでの内関の使 [続きを読む]
  • 乗り物酔い
  • おはようございます。金澤です。主訴で乗り物酔いでいらっしゃる方は滅多にいませんが、日常会話の中で乗り物に弱い話をよく聞きます。電車、車、船、遊園地のアトラクション、バスなどが代表的な乗り物でしょう。小さいころ、私も車で酔って、窓開けてヒーフー呼吸するように言われてた記憶があります。笑代表的な症状は、あくび、顔が白くなる、冷汗、胃の不快感から始まり吐き気、嘔吐される方もいらっしゃいます。中医学で乗り [続きを読む]
  • 痛みとお通じ
  • おはようございます。金澤です。台風21号が関西を通過しているみたいですね。今朝の通勤、台風の影響で関東も交通機関に影響が出ていました。外出される方は気をつけてください(^^ゞ最近、台風に名前ついてますよね…あれ、面白いですね!面白いの意味は読み手のご想像にお任せします。笑 さて、今日のお題は「痛みとお通じ」です!急性の激痛を伴う疾患でよく見受けられるのですが、受傷後にお通じが出にくくなる方がいら [続きを読む]
  • 初ベンチ
  • 2018/08生涯初のベンチプレスに挑戦する。いつもは機械で35?で100回挙げるので甘く見ていた。手で持った感じでいけるだろう、という感覚があった最重量24?に設定する。胸のところまで降ろすと、意外なほど重い。持ち上げようとすると、全く動かない。当然に胸が圧迫される。まずい‼ここで死んだら笑い話にしかならない?幸いに体脂肪が10%を切る身、ちょいと体を下にずらし、気道を確保。何とか頭を抜く。かなり甘く見ていた。 [続きを読む]
  • 2型糖尿病
  • おはようございます。金澤です。中医学と関係ない話ですが、糖尿病関連の本を読んだので印象に残ったことを挙げていきたいと思います。かなり抜粋し要約するので、気になる方は本をお読みください。糖質制限の真実山田 悟  幻冬舎新書・欧米人はインスリンを出す力が強い・日本人は欧米人に比べインスリン分泌能力が低い・食後血糖の急上昇に身体に負荷をかける・カロリー数は上がるがたんぱく質、脂質、食物繊維は食後血糖の上 [続きを読む]
  • 夜間尿を聞くということ
  • 問診で夜間尿の有無、回数を尋ねることがあります。中医学では、身体の中(臓腑)の力を診るのに、生活スタイルの現状を詳しく聞いていきます。今回の記事で言えば夜間尿は腎の力(下腹部あたり)を診る一つの問診になります。尿を貯める器として膀胱があり、尿を漏らさず溜め込む力や溜めた尿を排泄する機能を腎気が担っています。膀胱は器としての実体、腎気は機能的な性質として考えるとイメージしやすいでしょう。 日中起きて [続きを読む]
  • 不妊治療と中医学
  • 不妊症で鍼灸治療を受けにくる患者さんの8〜9割ほどは、不妊クリニックと併用されています。検査数値、基礎体温、月経周期・日数などから、患者さんの治療の方向性をつけていきます。大きくではありますが、月経、基礎体温のタイプ別に分けてありますのでご参考にしてください。・不妊症と治療の方向性・タイプ別・基礎体温・月経から体質分類する・婦人病あれこれ [続きを読む]
  • ドライアイ
  •  ?ドライアイ?  ドライアイは、肝が差配する血量が減少したときによく起ります。中医学でいう血(けつ)は、いわば栄養素と保湿の役割をします。その血を各組織に「分配−供給する」のが肝の役目と考えてください。 目は私たちが考える以上に大量の血を消耗します。そのため肝が血を届けても、届けても補充が間に合わず、ついには肝自身が疲労困憊し、その活動力を恒常的に低下させてしまうのです。  そ結果、慢性的な目の乾 [続きを読む]
  • 腹痛
  •  ?腹痛?  腹痛を論じると、とても項が足りません。日頃よく見る症状からお話しします。 まず腹痛があり、排便して後も痛むのはガスが溜まっています。中医学では大腸の気の滞りです。ストレスにより大腸の動きが悪くなっています。ただしこの場合の腹痛は脹った感じの腹痛です。  差し込む感じなら、里急後重(りきゅうこうじゅう)といって暴飲暴食や胃腸型感冒の一部で見られます。  全く排便がなくなるケースもあり [続きを読む]
  • 今と昔の夏の暑さ
  • お疲れ様です。金澤です。また暑さが戻ってきましたね!またビールが気持ちよく飲めますね。汗をかいた後のビールは最高です。笑治療中に昔と今の気温の話になると”先生はまだ生まれてないでしょ〜”と言われます。昔の度合いによりますけど小学生くらいの時の記憶ではもっと気温低かったと思います。めざま〇テレビで毎日、天気予報みてました? 自分のことはいいとして気になったので気象庁のデータ拝見しました!平 [続きを読む]
  • 腰痛関連
  • このページは腰の養生法、ぎっくり腰の回避方、西洋医学腰痛疾患、中医学視点の考え方などの記事をアップしてます。・腰痛のまめ知識・腰椎椎間板の養生・腰筋労損の養生・ぎっくり腰の回避法 [続きを読む]
  • 腰痛の知識
  • このページは腰の養生法、ぎっくり腰の回避方、西洋医学腰痛疾患、中医学視点の考え方などの記事をアップしてます。随時アップしていく予定です。・腰痛の種類(西洋医学・東洋医学)・腰痛のまめ知識・腰椎椎間板の養生・腰筋労損の養生・ぎっくり腰の回避法・腰痛のブログ [続きを読む]
  • HP工事します!!
  • お疲れ様です!タイトル通り、ホームページ(以下HP)を整理整頓しております。HPが閲覧できなくなることはございません。機械に疎いスタッフが行うので何か不備があると思います。(不備がある前提で言うか?( ゚Д゚)HPで不備がありましたら教えて頂けたら幸いです!笑よろしくお願い致します。 [続きを読む]
  • 腰痛の知識
  • このページは腰の養生法、ぎっくり腰の回避方、西洋医学腰痛疾患、中医学視点の考え方などの記事をアップしてます。随時アップしていく予定です。・腰痛の種類(西洋医学・東洋医学)・腰痛のまめ知識・腰椎椎間板の養生・腰筋労損の養生・ぎっくり腰の回避法 [続きを読む]
  • 東京穴性研究会
  • お疲れ様です。金澤です。昨日は某大学病院の鍼灸治療室に勤めている先生のお話を伺いました。講義を受けた印象は病院の中で東洋医学行うことは色んな苦労があるんだなーと思いました(余計なお世話ですね)そこは置いておき…面白かった事を一つだけ挙げてます。大体のツボには複数の効能を持つ。異なる効能を引き出すための手技や道具の違いもある。このツボのAという効能を引き出したい時に再現性があるのか?というとこ [続きを読む]
  • 今日の新患さんの矛盾
  • 2018/08今日の新患さん。主訴は第ニ子不妊。年齢(48歳)、言葉尻から最後のチャレンジをしたいという意向がうかがえる。詳細ははぶくがかなり重度の子宮内血瘀。E2の数値や脈診から腎精不足。活血化瘀を第一義治療とし、益精を絡ませるという戦略で良いだろう。ただし、左心経が触ると冷たい。動悸の有無を尋ねるとよくあるとのこと。甲状腺機能低下でチラージンを飲まれていた、という話もあり、冷え症を予想する。これが予想外 [続きを読む]