ヴァルデマール・シュトルンク さん プロフィール

  •  
ヴァルデマール・シュトルンクさん: 惨憺たるアンコウ
ハンドル名ヴァルデマール・シュトルンク さん
ブログタイトル惨憺たるアンコウ
ブログURLhttp://tatsuya1956.blog48.fc2.com/
サイト紹介文欧州自転車レースを中心に読書日記や映画、思い出話や料理、燻製や手造りビールなどを、のんびり書きます。
自由文すでに人生50年を過ぎ、欧州自転車レースもやや古い話に偏りがちです。しかし昔を知っていれば今が楽しくなることは間違いありませんよ。最近のイチオシは87年のスーパークリテリウムの記事。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供300回 / 365日(平均5.8回/週) - 参加 2010/03/08 10:11

ヴァルデマール・シュトルンク さんのブログ記事

  • 冬用シューズ
  • 東京も朝晩はだいぶ寒くなってきました。これまでの長年の経験から、ある日、朝走り出すと足のつま先が寒さで痛い、ということがなんどもありましたので、先日の通勤自転車から、少々早めですが、このシューズに切り替えました。去年オークションで手に入れたボア付き。これだと冬でもシューズカバーがいりません。こういう昔のシューズでクリップストラップペダルだと、苦労するのがシュープレートです。ヤフオクで見張ってるんで [続きを読む]
  • 史上最高のツール・ド・フランス
  • なんだか忙しく、すっかりご無沙汰ですが、拙ブログの売りは昔の自転車レースですので、久しぶりにそんな記事を。ツール100年の頃に、フランスのファンに、史上最高のツールのアンケートを取ったそうです。その結果ダントツの1位が1964年のアンクティルがプリドールに55秒差で勝ったツールだったそうです。ついに一度もマイヨ・ジョーヌに袖を通すことができなかったレイモン・プリドールが、もしマイヨを着ることができた [続きを読む]
  • 今年の総括、ゲシュケ
  • 毎年恒例の radsportnews.com のドイツ語圏選手たちの総括シリーズ、今年もやります。というわけで第一弾がゲシュケ。毎年来ていたサイタマも今年はこなかったんですね。さて、2008年にスキル・シマノでプロ生活を始めたあと、名称は変われど、ずっとこのチームで走り、15年にはツールのステージ優勝をあげ、17年のジロのデュムランの総合優勝のために大きな貢献を果たしてきたんですが、来年は10年間いたこのチームを離れ、BMCの [続きを読む]
  • 大臣って大変なのね 笑)
  • これって冗談だろ、っていう画像をFBで教えてもらいました。いやぁ、大臣って自分の意見を言えないのね。ロボットになるしかないんでしょうかね。ここまでやられると、笑うしかないよ。ただ、こういうのってマスコミでは全く話題にならないのは何故なんだろう? ここまで不誠実なことをやらかしたら、20世紀ならおおごとになっていたと思うんだけどね。日本人はこういうことに対して怒らなくなった。結局、自分の生活とは無関係だ [続きを読む]
  • 出物、腫れ物、ドーピングコントロール
  • たまには自転車のことも書かなくちゃ、自転車ブログになりませぬ。というわけで、今年の夏にフレーリンガーのブエルタツィッター日記でちょっとだけ触れられていた選手たちの組合CPAの話題が rsn に載っていました。この選手たちの労働組合CPAの議長はブーニョがやってるんですね。このCPAが、選手たちの人権を無視するようなドーピングコントロールのやり方に抗議の声を上げています。ことの発端はクイックステップのピーテル・セ [続きを読む]
  • 蓮舫対桜田 KOだな 笑)
  • 昨日のさいたまクリテは、色々あって行けませんでしたが、TVで見たら最後のアラシロくんが逃げたあたりは随分盛り上がったことでしょうね。キッテルも来ってるんだ 笑)みんな自転車乗ってたんですかね?*さて、すごいものだわ。蓮舫がオリンピック大臣の桜田に、HPを過去さかのぼって探したがオリンピックのオの字も見つからなかったが、と正したら、桜田はいけしゃあしゃあと、自分でもなんで自分が五輪相なのかわかりませんが [続きを読む]
  • 〇〇ファーストの愚
  • 昨日は今年初めて100キロを走りました。出が遅かったので、とりあえず奥多摩方向へ50キロ走って戻ってこようと決めて、なんとか100キロちょうどになりました。腱鞘炎になった手首の痛みはちょっとあるものの、まあなんとか耐えられる程度でしたし、今年前半苦しめられた腰痛も、今日になっても今の所出てないので、とりあえずは一安心というところです。閑話休題。今日、実家へ行ったらその区の区議会議員のポスターの「区民ファー [続きを読む]
  • ガーミンフォアランナー405
  • メーターの話は先日京王閣フリマへ行って大昔のザックスユーレーのフォークにつけるタイプの奴の話をしました。僕が自転車ロードレースに興味を持ったころ、ロードにスピードメーターを付けるなんてトーシロだという雰囲気があって、ホビーチームに入ってからも周りでは誰もメーターなんかつけてる人はいなかったんですが、84年にレモンがメーターを付け始めるとちょっと雰囲気が変わります。ちょっと古いミロワールをパラパラやる [続きを読む]
  • 改めて、彼が知らせたいことと僕ら
  • このところちょっと忙しくて、なかなか考えて書けないんだけど、考えた方がいいとは限らないのでね 笑)しかし、狂ってる。自己責任だなんて言っている連中はフリージャーナリストが危険なところへ行くのを、彼らが自分の金儲けのためだけにやっていることだと思っているんだろうか? 「勝手に遊泳禁止のところで泳いで溺れた自己責任」などと言う奴すらいる。違うだろ!比喩を使うのは好きじゃないけど、例えば世の中には危険な [続きを読む]
  • 彼が知らせたいことと僕ら
  • フリージャーナリストの安田純平さんが解放された。これに対して危険なところへ勝手に行ったんだから自己責任だという連中がこの日本にはまだまだたくさんいる。一般人がいう分には、バカだなぁ、こういう人たちがその危険な場所で今何が起きているのかを伝えてくれなければ、世界がどうなっているのかがわからないじゃないかと言ってやればいいだけだ。そんなものわからなくてもいい、知らなくてもいい、という人もいるかもしれな [続きを読む]
  • マルティンのブログ、ロットNLへ移籍
  • いやはや、いろいろ忙しくてバタバタしているうちにジャパンカップも終わってしまいました。前日のクリテでデーゲが勝ったそうで、ドイツのニュースにも乗ってました。だいぶ喜んでますね。うーん、見たかった。この分だとサイタマも行けるかなぁ。。。前日友川カズキライブだし 笑)というわけで拙ブログではだいぶ前に既報済みのニュースですが、正式発表になりましたね。……今日私は皆さんに大ニュースをお伝えする。私は来年 [続きを読む]
  • 雨宮処凛の言葉
  • 「創」という雑誌を図書館で読んでたら、雨宮処凛の、あまりにうまい表現に出くわし、思わず書き写した。例の新潮45の件なんだけど、そこに書いている自称保守とか文芸批評家とかいう人たちの「弱者利権」とか中国韓国を露骨に敵視するフレーズ、そしてリベラル勢力を外国勢力に操られ、金をもらってやっているという、ネットで見かけるようなレベルの言説に対して、雨宮さんはこう書く。「この国では、すでに言葉が通じないくらい [続きを読む]
  • 安倍、デニー会談の驚愕
  • © https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1450878501682356&set=gm.1271933732938790&type=3&theater&ifg=1沖縄知事選は、デマがすごかったらしい。デマの程度もひどいものだったようだ。デマ合戦という言い方もされたようだし、デマの影響に警戒を強める「各陣営」というニュースも大手新聞にはあったらしい。だが、実際にツィードを集めて調べた琉球新報の記事では、公示直前の数日間で、9割が玉城デニーさんに対するデマだ [続きを読む]
  • 京王閣フリマ
  • 昨日(10/7)行ってみました。77年のジロと74年のツールのケネディ兄弟社の本をゲット。英語なので読むのはなかなかアレですが、写真は見てるだけで楽しいです。これでこのシリーズは友人からの預かり品も含めて10冊以上になりましたが、この話はまた別の機会に。それ以上に感激して思わず購入したのがこれ。1980年代終わりから90年初めごろ、僕が一番ホビーレースに出ていた頃に使っていた、フォークにつけるタイプのメーターで [続きを読む]
  • パリ〜ツールはゼーレン・クラウ・アナーセン
  • うまいタイミングのアタックでしたね。テルプストラとコズヌフロワの牽制を見事に突いた感じでした。コズヌフロワは去年の世界戦のU23でも、後ろから単独で、逃げるケムナを追い上げ追いついて、最後にスプリントで優勝した選手でしたが、今回も一人で後ろから追いつきましたね。だけどあれだけツキイチだと勝気なテルピーが怒りますわな。そんな二人のやり取りを見ていたんでしょうかね? ゼーレン・クラウ・アナーセン(アンデ [続きを読む]
  • エフェネプールのこと
  • 今年の世界戦ジュニアで、何しろ突出していたレムコ・エフェネプール。すでに書いたように、7月半ばのヨーロッパ選手権でTTとロードに優勝し、世界戦でも同じくTTとロードで優勝。しかも勝ち方がすごいです。ヨーロッパ選手権のロードでは2位に10分差の独走、世界戦ロードでは落車で1分以上遅れたのにじわじわ追いついて、最後は20キロ以上一人で先頭を引いた挙句、一度も先頭に出なかったツキイチ選手をちぎって独走ですからね。 [続きを読む]
  • マルティンのブログ、シーズン終わりに向けて
  • とーとつですが、今年の5月から我が家には猫がいます。これが、保護猫なので笑っちゃうぐらい懐かない。しかもものすごいビビリ。ようやく、餌をくれてトイレ掃除をする私の連れ合いには少し慣れてきたかな(と言ってもまだ撫でさせてくれたりはしません)というところですが、私や子供達がちょっと動くと、慌ててケージに逃げ込みます 笑) 触らしてくれるのはいつのことやら。以上、まるで関係ないですが、マルティンのブログ [続きを読む]
  • 久しぶりの自転車
  • 以前書いたように右手親指の付け根が腱鞘炎になり、注射を打って少し改善したようだけど、どうも自転車に乗るのは見送っていたんですが(暑かったり雨だったりしたせいもありますが)、今日の午後2時間弱ほど多摩湖周辺を走ってみました。多摩湖サイクリングロードは昨日の台風のせいで通行止めのところがいくつかありました。こんな木が倒れるほどの強風だったんですねぇ。で、問題の右手親指付け根ですが、ブレーキブラケットの [続きを読む]
  • やれやれ、バルベルデかぁ。。。
  • 残り10キロでヴァルグレンが30秒リードした時は、ひょっとしてと思ったんですがあっという間でした。去年もデンマークはコルト・ニールセンが最後に逃げてえっ?と思ったものでしたし、デンマークの伏兵は強い!と思ったんですが。バルデのスプリントじゃあバルベルデには太刀打ちできないだろうなぁ、と思ったらやっぱりね。ウッズのスプリントはどんなか分からなかったけど、もしウッズが優勝したら世間が許さんだろうなぁ。。。 [続きを読む]
  • U23はマルク・ヒルシ
  • 昨日のジュニアのエフェネプールの圧勝ぶりにやや酩酊状態ですが、この選手のことをちょっと調べたら、今年のヨーロッパ選手権でもTTとロードの両方で勝ってて、しかも、あんた! 個人ロードの方はすごいよ!! 118キロのコースで2位の選手に9分44秒という大差をつけて独走優勝!! あんた、コッピか?コーブレットか?メルクスか? 笑)さて、U23の方ですが、こちらはスイス人が優勝。U23というカテゴリーになってからは初め [続きを読む]
  • これは一つのいわゆる怪物ですかね
  • いやあ、ジュニアのTTで2位に1分半の大差をつけて、メルクス再来と言われるエフェネプール。強い強い。本当に強い。とんでもないね。漫画みたい。残り70キロぐらいのところで集団落車に巻き込まれ、トップから1分以上遅れたのに、そこからどんどん追い上げ、前を行く小集団で少しづつ休みながらアタック、休みながらアタックで、途中ベルギーチームのアシストがあったとはいえ、結局残り40キロで先頭に追いつくだけでなく、3人の逃 [続きを読む]
  • 田野大輔「愛と欲望のナチズム」
  • 題名がちょっとキッチュだなと思いつつも図書館で借りてきたら、これが結構面白かった。ナチスは政権を取るや否やすぐに結婚資金貸与制度を制定し、夫婦に1000マルクを無利子で貸与して、子供が一人うまれるごとに25%を返済免除、4人生まれれば完全免除になるような制度を作った。ただし無論健康な純粋なアーリア人種であることが絶対条件だけど。あるいは1941年にはSS長官のヒムラーは子供のない結婚は国家が援助するに値しない [続きを読む]
  • マルティン、ロットNLユンボへ移籍
  • 腱鞘炎は注射のあとだいぶ良くなってきて、もう自転車にも乗れるかな、というところなんですが、東京はずっと雨。まあ、無理してもしょうがないけど、一月以上乗らなかったのっていつ以来だろう?というわけで期待したU23TTのケムナも、エリートTTのマルティンとシャハマンもあきまへんでした。マルティン以外はトップテンにも入れず。しかし、ローハン・デニスは今シーズン出場したTTは全部勝ってるんじゃない? まあ、調べてな [続きを読む]