とりのさとZ さん プロフィール

  •  
とりのさとZさん: 有機農場とりのさとから
ハンドル名とりのさとZ さん
ブログタイトル有機農場とりのさとから
ブログURLhttp://torinosato.blog.so-net.ne.jp/
サイト紹介文有機栽培による通年の野菜作りの現場の写真・リポート。愛知県知多半島の海の風景や野の生き物の写真も。
自由文脱サラ・新規就農・Iターン・有機農業という、困難のデパートをなんなく(ウソ)通過して、30年の経験になりました。栽培現場・技術の公開。平飼い養鶏も実践。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供37回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2010/03/08 19:20

とりのさとZ さんのブログ記事

  • 少しずつ寒くなりました
  •  12月上旬はようやく冬が近づいたかな、と言う感じで、5,6℃〜12,3℃くらいの気温です。北海道旭川市では、最高気温がマイナス3℃と報道がありました。こちらとは8℃の差です。また、東北以北では積雪が始まりました。中旬からは流石に最低気温が5℃を下回り、日中も10℃以下が予想され、寒さで気持ちが引き締まります。  内海川にカモが  元気そうに潜ったりしています。コウノトリは昨年今年も町には来ませんでした [続きを読む]
  • 明日から師走
  •  明日から師走だというのに、ちっとも寒くありません。気温は8,9℃〜17,18℃くらいの予報で、7日に5℃くらいまで冷え込むようです。厚着していると昼間は暑いくらいです。それで、ようやく秋が深まったという感じなのです。 野の景色  2日前に内海川でカモを見たので、撮影に来たらサギだけしかいません。風が強い日は山の池に避難しているようです。  ボランティアの人たちが町のところどころで花を植えています。三色す [続きを読む]
  • キウイ・ミカンの収穫作業、不審なメール
  •  11月の中旬になっても畑にモンシロチョウが舞っていました。今日、月曜日は雨でしたので最低気温は10℃以上ですが、下旬になると10℃以下の予報になっていて、急に冷え込むようです。午前中は雨でしたので、ブログを更新したり、派出所へ下の用件で出かけました。午後は釣りにでも、と思いましたが、海上は風が強くて無理でした。 野菜畑や果樹園の様子 ようやくキャベツが収穫できるサイズになりましたが、まだ数が足りません。 [続きを読む]
  • 11月に半袖の「小夏日和」
  •  11月になっているのに、最低気温が10℃以下になったのは数日で、この後も中旬半ばに9℃8℃予報です。最高気温も20℃を越えていて、小春日和でなくて、夏の暑さです。街ではアイスがよく売れているみたい。野原はアワダチソウとススキが競合しているだけで、何も変化がありません。 畑の風景  11月出荷用の里芋の収穫です。茎の根元を切って、子芋の頭出しをします。それをシャベルで掘り起こして  親芋から子芋孫芋を [続きを読む]
  • 短い秋で週半ばに11月
  •  心配された大型台風26号は日本に向かわなかったようで、ホッとしました。10月中は最低気温が10℃を下回ることはなかったけれども、週の半ばで11月になると下回って寒くなりそうです。 ハロウィーンって、私は全然関心ありませんが、東京渋谷では軽トラを倒す、これはイタズラでなくて犯罪です。 さて、私の農作業は、ゆっくりながらも冬に向かって進んでいます。 野菜やミカン園は  防虫ネットを掛けた小松菜も少しずつ大き [続きを読む]
  • ようやく秋かなぁ
  •  今日から10月下旬です。最高気温が25℃以下、最低気温が13℃くらいの予報になっていますが、昼間の日差しはギラギラしていて暑いです。  ピラカンサの赤い実ですが、12月には全部野鳥が食べて,無くなってしまいます。  なんとかコスモスも咲き始めています。秋に桜も普通に咲くようになったので、コスモスを秋桜とは呼ばなくなるでしょう。  野菜畑は何も変化がないです。これは小松菜を1本ずつ株間20センチ程度で移植し [続きを読む]
  • 10月に夏日36℃も
  •  36℃とは新潟三条市です。こちらでも30℃近くまで上がって、日向ではとても作業できる温度ではありません。6〜8日が暑かったです。台風も地震も多い年です。こんな異変は今年だけであってほしいのですが、温暖化の現象ならば今後も続くとの指摘も少なくないのが心配です。インドネシアの地震津波で死者千人以上も悲惨な被害です。 それでも秋 この地方には接近しなかったはずの台風25号の余波(10月6日)  どこの柿の木もど [続きを読む]
  • 明日台風24号猛接近
  •  猛烈な台風24号が日本列島を縦断する予報で、こちらでは明日30日・日曜日午後から暴風雨になる見込みです。どうなるのかわかりませんが、どちら様も十分お気をつけてください。事前の警戒と言っても、ここまででも何度も暴風雨に遭っていますので、何もできないです。 野菜やミカン畑の様子  サトイモの収穫作業開始です。25m×7ウネありますが、出荷一か月分ずつ掘り出しますので、すべて手作業になります。まず、茎を根 [続きを読む]
  • 9月中旬はまだ夏の暑さ
  •  暑いです。19日でも最高30℃ありましたが、早朝は20℃くらいに下がってちょっと寒いです。昼間はこの気温でも少しでも遅れている作業を進めてはいますが、なかなかはかどりません。その暑さの中、秋らしい景色もあります。  彼岸花が畑の脇に出ました。  この造形は芸術だと思います。  台風21号で並木の間のビワの木が倒壊しました。若夫婦は圧倒されたみたいで、誰も片づけないので、私が処理しました。倒れたのは他に牧 [続きを読む]
  • 20・21号台風、M7北海道地震
  •  9月4日に四国に上陸した台風21号は神戸に再上陸して日本海に抜けたが、ご承知のように関西空港や市街地に大被害をもたらしてしまいました。その2日後の6日未明に震度7の地震が北海道南部に発生、全道に停電、山という山々ががけ崩れ地滑りを起こした写真には驚愕しました。すでに報道された被害だけでなく、twitterやfacebookでも私の知人の友人が北海道で家屋を失ったという知らせもあるし、被害の全貌はまだ明らかにされてい [続きを読む]
  • 夏終盤の畑・夏の海
  •  お盆が過ぎて、さすがに暑さも一服かと思いきや、数日後から更に激しい暑さが続きました。なにしろ朝の8時前から夕方も4時過ぎまでギラギラと強い日差しでは、もう野良仕事はアウトです。日陰で出来る仕事はそんなに無いし・・・。それでもちょっと草を抜いて、長く休憩というサイクルです。 夏も終盤の畑で  志摩半島へ上陸し、西日本に逆走した台風12号で、ゴーヤのネットがひっくり返ったのを補修したのですが、それも四国 [続きを読む]
  • お盆過ぎ酷暑一段落
  •  17日までは各地で39℃、40℃の暑さが続きましたが、こちらでは18日朝は25℃に下がって、ちょっと寒さを感じるくらいでした。この後は雨の予報もあり、ようやく涼しくなりそうです。畑の周りの木立からツクツクボウシが聞こえてきて、秋が来ている感じがします。一方、台風12号での畑の被害が少しありましたが、その後も発生接近が続いて、19号20号が近づいている予報です。温暖化で海水温が高く蒸発量も多いことがその原因のよ [続きを読む]
  • 各地の暑さ新記録で野菜畑は
  •  国内だけではないですが、各地で暑さの新記録続出で、40℃超あるいは39℃超というのが日本中に出ました。こちら知多半島は海に接していることで35,6℃になっていますが、暑いです。でもここ数日、午後3時過ぎから涼しい秋のような風が吹いています。台風13号は関東地方から東北海岸に向かいましたが、早くも14号が発生しています。先のことを心配してもしょうがないですが。  今年はセミの声が目立たないように思いました。  [続きを読む]
  • 台風12号前後
  •  台風12号は志摩半島に上陸後、大阪市を通過し、現在岡山県から広島県に進んでいる模様で西日本豪雨の被災地を直撃するかのようで、心配です。こちらの被害は下に書きますが、たいしたことはありませんでした。 こちらでは早稲は穂になっています。  セミは少ないです  鳴き声も弱いような 野菜畑・ミカン畑は  台風12号が接近するので、筋交いを補強したのですが・・・、これでもダメでした。  ズッキーニを支柱に結ん [続きを読む]
  • 農作業できない激暑続く
  •  7月の真ん中に海の日関連で3連休ができたのですが、西日本豪雨の被災地では既に死者が200人を超えている惨事で家屋や道路の片付け作業に追われている報道でした。お見舞い、お悔やみの言葉が軽いようで、とても書けないです。 農場周辺では  合歓の木の花です  案山子だらけで気持ちが悪い水田です  まだセミは少なく、鳴き声も弱いです  こちらではツバメが木にも止まります   こんな週間予報は初めて見ました。と [続きを読む]
  • 西日本七夕豪雨の大災害で梅雨明け
  •  7月6日7日の広島県愛媛県など西日本を中心に梅雨前線の停滞による豪雨で、死者行方不明者100人以上ばかりでなく、2階までも泥水に浸かった被災も今後の大きな負担になることが案じられます。北大阪地震についでの惨事になってしまいました。お悔やみお見舞い申し上げます。 他にも大きく報じられた事件が続いているのは承知していますが、それらは他の方にお任せすることにして、いつものブログペースの中身です。 季節の話題 [続きを読む]
  • 6月下旬は雨少なく曇り時々夏日
  •  6月もあと1日になり、奄美地方では梅雨明けとかですが、下旬後半は雨は少なくて、曇り、真夏日が24日、25日と二日程度でした。でも東日本や山間地では豪雨もあったようです。 この間には、北大阪地震、新幹線内殺傷事件、交番襲撃殺傷事件があり、その報道は今も続いています。私個人にもちょっとした事件がありましたが、それは下の方に。  この時季ツバメが孵るので、ご覧のように農場への道の上は多いです。2週連続の音符 [続きを読む]
  • 6月後半は雨続きで農作業渋滞
  •  昨日17日までは比較的に晴天が多かったのですが、今日18日以後雨続きの予報があったので、17日の日曜日はしっかり野菜の世話をしてしまい、疲れましたよ。おかげで野菜の手入れが進みましたが、まだまだです。  梅雨空でも元気に農場周りを飛び回るツバメたち、音符ですが、まだ半分くらいでしょうか。  アジサイは元気ですね 野菜の様子  トウモロコシの穂を切り取って、アワノメイガの被害を少なくしました。茎に侵入跡 [続きを読む]
  • 6日に梅雨入り
  •  中部地方から関東地方までが6日に梅雨入りしました。昨年よりも15日早い入梅、九州四国地方は5月中に入梅して、23日も早い。早く始まれば早く終わるというものでもないので、この先どうなるでしょうか。台風5号が接近していて、夜から明日にかけて強い雨、暴風雨も予報されています。心配です。 野菜畑では  草刈りしたのは少し前だったのに、もう伸びてしまい、また草刈りでした。  収穫のために車が入るので、通行しやす [続きを読む]
  • あと二日で6月に
  •  5月下旬は雨はなくて、曇りと夏日の繰り返しでした。この間に畑の草処理、ミカンの摘果作業、倉庫の建設作業などをしていました。  庭先のユスラウメ、たくさん実がつきました   羽化したばかりのタマムシのようです。成虫も見たことがありますが、10年に1回くらいです。 月初めの連休に田植えが始まったのですが、今では水田は青々としています。アオサギと。  水田地帯です  海辺の喫茶店のストレッチア、別名ゴク [続きを読む]
  • 皐月中旬は夏日が続きました
  •  中旬後半は夏日が続いて暑いので、長袖下着は短袖に替えて、薄手のセーターもやめて長袖シャツに。それでも夏日の日は暑かった。28℃程度だったと思われます。風があると涼しく、気温の高さを感じません。 この間、ずっと山の畑の倉庫の建設作業を半日、畑の草刈り作業を半日の連続でした。  季節はツツジ・サツキやフジが終わり、写真はキンケイソウ(金鶏草)。道端に広がっています。外来種なのですが、この時季には競合す [続きを読む]
  • 夏日は少なく気温低めです
  •  春の連休中は晴天続きでしたが、終わったとたんに雨続き。その連休も夏日があったようだけれども、こちらではそんなに暑くなくて、地方によってはヒョウが降ったりして気温も低めでした。新しいデジカメも届いて、やれやれです。  その後も春のいただきものが続きました。あ、タケノコを食べてない。まだ出てるんで、取ってきます。  ずっと倉庫解体などに半日以上かけているために、畑のほうは菜の花が伸びたり、雑草も繁っ [続きを読む]
  • 連休前の作業は混乱
  •   今日は5月1日になってしまい、春の連休に入っています。29日・日曜日は海岸を中心に行楽の車で渋滞していました。愛知県蒲郡の竹島海岸では3500人が潮干狩りで大賑わいとのことですが、知多半島では伊勢湾側は今年も中止、三河湾側の5か所でアサリ採りができます。   食卓にいただいたアサリ、それからフキ、さやエンドウが並びました。このサヤエンドウは畑のものではないのが残念です。エンドウは実エンドウだけは無 [続きを読む]
  • 倉庫解体と建設作業が続く
  •  4月中旬はこちらでは葉桜の季節となりましたが曇りと雨ばかりで、もう冬着ではないので冷え込んだように寒かったです。それでも次の日曜日は30℃近くまで気温が上がるようで夏日の予報になっています。数日前には三河湾で震度4の地震があり、ちょうど熊本地震2周年と重なって、ちょっと不安を感じさせました。 半島の伊勢湾側奥田で連続放火が続き、11か所目。放任荒れ地や海苔作業場が燃えましたが、民家の被害は今のと [続きを読む]
  • 真夏日のち雨と冷え込む4月
  •  4月上旬前半は夏日もありましたが、後半には雨や寒さが戻りました。明日までは冷え込むもののその後は最低気温が10℃以上になり、陽気が回復しますが、11,14,15日と雨の予報もあります。 野の風景  畑に向かう途中の信号交差点角の農家の畑にチューリップの数百本がきれいに咲いています。  更に奥には百合らしい葉が広がっていて、通行する人たちを楽しませてくれています。菜の花畑よりもこちらが鮮やかですね [続きを読む]