きゅう さん プロフィール

  •  
きゅうさん: Paranoia
ハンドル名きゅう さん
ブログタイトルParanoia
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/kyukyux999/
サイト紹介文自己満足に好きなことを。
自由文栽培している植物に珍しいものは何もありません。一つの植物を長く愛することを信条としています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供364回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2010/03/09 16:03

きゅう さんのブログ記事

  • 七月二十九日(日)
  • 台風は控えめに通り過ぎてくれました。ありがたいです。今日は法事だったので助かりましたよ。大雨暴風の中行かなくてはいけないのかと、覚悟してましたから。でもちょろっと雨が降ったせいで、蒸し暑さが激増です。一日でいいから、涼しくなってほしかったなあ。 [続きを読む]
  • 七月二十七日(金)
  • あ、画像取り込むの忘れてた。さて、明日は近所の小学生たちとたたかいだ。夏休みだもの。ポスター描かせなくちゃいけないもの。がんばるわ。夏休みの思い出は…。まだお母さんに怒られたことしかないらしので、また後日。 [続きを読む]
  • 七月二十三日(月)
  • 今年の花は小さかったな。そして梅雨の大雨で、あっという間に散りました。風通しのいい日陰の通路が気温四十度の時、日当たりのいい、熱がこもるベランダは気温何度だろうか。カトレアはよく耐えてるな。秋にダメージが出るかな、怖い。 [続きを読む]
  • 七月二十一日(土)
  • 黄花のセッコク。落ち着いていていいと思うけど、見る人によっては地味なだけなので、咲いたよと見せても、ああそうきれいね程度に終わりますね。盛り上がりません。どんまい。ぎんたま京都ブルルンが始まったので、生還できそうな日を必死で考えて選んでいます。スタンプラリーだなんだと、外を歩き回るからね…。 [続きを読む]
  • 七月十九日(木)
  • 昨年の秋にも咲いてしまったので、春の花が少ないセッコク。桃色ですね。ヘゴにつけたころは、真っ白だったはずなんですけどね。ご近所さんにも、白花はどうなったのかと言われましたし。あるよ。白じゃないだけで。もしかして元は桃色だったのだろうか。元気になったからとかの理由で、色が濃くなっただけなのだろうか。でも白花。白花が諦められんのよ…。 [続きを読む]
  • 七月十八日(水)
  • ヒメウツギかわいい。気温の話はやめにしよう。話したって涼しくならない。それより、シンビジュームやカトレア類の葉が黄色くなってきて美しくないのです。焼けてきた。しかし多少は焼けて、黄ばんだ葉になった方が花付きは良いという、なんというジレンマ。 [続きを読む]
  • 七月十七日(火)
  • まるで咲かなかったデンドロビューム。なんでだろう。つぼみの一つも付きませんでしたね。連日最高気温が三十九度で、三十六度を差している温度計を見て、なんだこんなもんか大したことないな、と思ったとたん、大したことあるわ!こんなもんかじゃないわ!落ち着け!冷静になれ!甘く見てるとやばいぞ!と我に返りました。慣れって怖い。庭のアルゼンチンアリの撲滅が、順調に進んでいます。 [続きを読む]
  • 七月十六日(月)
  • やたらと丈夫で、この子ばかりが増えていく…。かわいいからいいけど…。今この酷暑の中で、つぼみが出ているシンビジュームがあるのですけど、出遅れたのか、フライングなのか、どっちでしょうね。咲くかな。今日はエアコンでなくて、普通の温度計を庭に出して置いたら、三十九度でした。午後四時、庭が家の影になって、しばらくたってからでした。暑いですね。でも公園では、遊んでいるガキんちょがいるから驚きですよ。若さって [続きを読む]
  • 七月十五日(日)
  • あまりにも暑いので、シンビジュームには良くないのでしょうね。株がばててそう。昨日はエアコンで計ったら外気温四十三度と出ましたが、今日は四十五度と出ました。まあ当然ずれてるでしょうし、その時は日が当たる場所でしたしね。でも日が陰ってきても三十九度ですので、普通の液体が上下する温度計を外に出してみたところ、三十五度でした。夕方五時半です。やっぱり普通じゃありませんでした。何もかもが腐っていきそうです。 [続きを読む]
  • 七月十四日(土)
  • 大輪のせいか、あまり花が付きませんね。栄養不足かな。冬寒すぎるのかな。暑いですね。今日、さすがに耐えられなくて冷房を付けたら、気温が四十三度と出てびびりました。まあ日が当たる時間でしたし、でもしばらく四十度を下回りませんでしたね。恐ろしいです。水分は持ち歩こうと思います。 [続きを読む]
  • 七月十三日(金)
  • ちょこっとしか咲かなかった株。でもかわいい。近所のお子さんを夕方から預かったのですけど、晩御飯の後、少し遊んでから親御さんが帰ってきたので送っていって、そこでそのまま玄関で、旦那さんと峰不二子について語り合ってしまった。場所と時間を考えようか。大人なんだから。 [続きを読む]
  • 七月十二日(木)
  • 古い品種ですけど、品があって好き。以前書いた、ゆがんだトマトを作りたがっている小学生に、うちで採れた一周半ほどぐりんぐりんと曲がったキュウリを見せたところ、まきふんだっ!!!と大喜びして持って帰りました。喜んでくれて何より。農業の大変さが身に染みてきたらしいので、どこへ進むでしょうね。 [続きを読む]
  • 七月十一日(水)
  • 初めて自分で買ったデンドロビュームゆきんこ。何年たっても真っ白できれいです。うっそうと茂っていたモッコウバラを切って、すっきりしました。伸びるのが早い早い。あれはもう、鞭ですよ、鞭。枝じゃないですね。蔓だから。鞭と言えば、よく漫画や映画で出てくる長い鞭は、まともにふるうと先端が音速を超えるらしく、当たれば肉がはじけ飛ぶそうです。恐ろしい。絶対にそんなもので叩かれたくないと恐れおののいた子供の時代か [続きを読む]
  • 七月十日(火)
  • 小型のデンドロさん。つぼみのころ。おいしそうです。リビングの真ん前の軒下に、アシナガさんが築城してました。全然気が付きませんでした。アシナガさんは通いでうちに来る分には全然問題ないのですが、住みつかれるとちょっと困りますね。気の毒ですが、全員帰宅してきておねんねしたところで、一家惨殺となりました。さようなら。ごめんなさい。蜂殺しの威力すごいな。 [続きを読む]
  • 七月九日(月)
  • そういえば、勝手に発芽してのちにセッコクだと判明した株が、咲きました。やはりセッコクでした。ものすごく普通の花でした。変わり花だったら面白かったのに。そう上手くはいきませんね。 [続きを読む]
  • 七月八日(日)
  • かわいい花でしたが、何かわかりません。いつものことです。目はかゆくないのに、くしゃみが止まらなくて落ち着きません。これから目も痒くなるのかなあ。やだなあ。 [続きを読む]
  • 七月七日(土)
  • 株が左右に分かれて成長した結果、完全に二つに分かれて、成長具合に差が出てきた模様。雨すごいですね。ご無事ですか。親戚のいる九州がだいぶ危なかったようですが、何とか収まったようでほっとしています。水も早く引いてくれるといいですね。 [続きを読む]