スロー さん プロフィール

  •  
スローさん: 蝶になりたい
ハンドル名スロー さん
ブログタイトル蝶になりたい
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/mildmind2
サイト紹介文熟成不足のまま、歳を重ね、干物になるには、まだまだ未練たっぷり。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供145回 / 365日(平均2.8回/週) - 参加 2010/03/09 17:52

スロー さんのブログ記事

  • 赦し合えない時は、厚顔無恥で行く
  • どす黒いドロドロとしたものが自分自身にあることを発見した。今更ではないが。もの心ついた時から。積もりに積もり、積み重なってキャラを形成している。皆さんは、そういうことには目を向けないだろう。自己防衛のために。あまり自責をやり過ぎると、病気になる。人の欠点が見えると同時に自分の欠点も見える。人も斬り、自分も斬られる。つまり、人を斬ると自分が傷つくのだ。だから、見て見ぬフリをする。互助会みたいなもの。 [続きを読む]
  • 夢を見ることは出来ない幸せもある
  • 貴女の夢はなんですか?というタイトルの質問(趣味のSNS)に、さきほど答えてきた。 「現状維持が夢」だと、答えた。 夢も面白味もない返答であるが、ねつ造する必要性もないので、ホンネを書いた。既に、やりたいことは、やった。やりたいこと自体が、少ないのは、いささかパワー不足であるが、マイ キャラである。常に一定温度。鬱一歩前の楽天家だから。 あまり、はしゃがないのだ。夢は、月や火星や水星や木星、金星、土星 [続きを読む]
  • モヤモヤ無駄に文字打ち
  • 暮れも押し迫って、なんだか慌ただしい。というのに、今日は、日記や記事をいくつも書いて、すべて、お蔵入り。途中、睡魔に襲われ、机に突っ伏して2時間ぐらい爆睡。それなら布団に入って横になれば、楽で疲れも取れるのに。何がしたいんだ?わたし。もう夕方が近づいている。また焦りの気持ち。どうも今日は、考えがまとまらない。というか、考えはまとまりかけているのだが、趣味SNSにアップするかどうかを迷っている。結局、日 [続きを読む]
  • 降りる勇気
  • 資産1兆円のセレブの妻になると仮定する。(あくまでも仮定。あ、だれもそんな本気の人はいないですね)ZO●OTOWNの前○氏みたいな。準奥さんが数人、子供も数人、愛人、恋人もとっかえ、ひっかえ。囲われている籠の鳥だが、餌がゴージャス。新しい恋人を見つけて子連れで再婚するより、半永久的に口をパクパクさせているだけで莫大な援助を受け続けられる。割り切れば素晴らしいATMである。紗●子のように、人のお金の目がくらま [続きを読む]
  • 出て行く人、残留する人
  • 昨夜、ご近所さんのAさんが、引っ越しの事後報告に来た。彼女は、子供が幼稚園から同学年同士、地域の自治会、子供会、小学校のPTAが同じ。いわゆる、ご近所ママ友。さらに私はとは同じ出身校、夫が同じ職業。かなりの共通点がある。子供が地域を離れ、活動範囲を移し、自分の行動をするようになってから、親同士の付き合いも激減した。ここ数年は、娘一家のほうが、Aさんと偶然、近所で見かけて出会う回数が多い。私は、顔を見た [続きを読む]
  • お殿様になった
  • 岡山に行った。日本三名園のひとつである後楽園。快晴にも恵まれ、結婚写真の前撮りをしている新郎新婦さんをあちこちで見かけた。後楽園は、300年もの歴史を誇る。14万平方メートルもある。これは維持管理、掃除は凄そうだ。国費から補助が出ているのだろうか。ミシュラン・グリーンガイドに選ばれたのもわかる。海外からどんどんお客さんに来て欲しいものだ。渋いオカヤマ。「きびだんご」だけじゃない。鯉がお上品。やはり鯉は [続きを読む]
  • 思い出したくもない大恥
  • 昔のことを断片的に思い出して、きゃっと真っ赤になることがある。苦しいぐらいに恥ずかしい。苦しいを通り越して、きりきり痛々しく苦痛。特に、仕事で恥さらし的なことをした時。出来もしないことをさせられ、恥をかいているのに、仕事になっている。それでお客様は代金を支払っている。支払う側も大きな会社の雇われの身だから、自腹ではないので痛くも痒くもない。しかし、なあ、、、お金をもらうからには、それに相応しいこと [続きを読む]
  • 自分を理解してもらわなくても別にいいかぁと、、、
  • ご近所回覧板ぐらいの閲覧数に、ぎょっとしてブログ記事をアップした。アップして間も無く、あらら、不思議な怪奇現象が、、、。閲覧数がいつもぐらいに増えていた。数字が戻った。そんな、あほな。時間別閲覧数ではなく、1日の集計閲覧数だったのに。信用できない。が、まあ、結果良ければ全てよし、とするか。て、AIもミス多発なんですね。信用するのは自己責任か、、、それもちょっとキツイと思うが。最近、わたしの話したり書 [続きを読む]
  • どん底
  • 閲覧数を見て、絶句した。もちろん、悪い意味で。ブログ村の注目記事、今朝見ると、第5位にランキングされているが、昨日の閲覧数は、な、なんと。ご近所の回覧板で回った軒数ぐらい?著しい、この乖離。どうなってるんだろう。一昨日から見ると6分の1、いつもの10分の1、良い時の20分の1。これって、なあに?放置すると空き家も、あばら家になり、いずれは倒壊の危険性あり、ということか。ちょっと、こころを入れ替えてみよう。 [続きを読む]
  • ゲーム依存性
  • 趣味関係の知り合いでゲーム依存性の人がいる。大の大人が、、、といっても、大人を通り越して、還暦過ぎたおじいちゃんが、、、小学生の隣でスマホの画面を夢中で覗き込む。 小学生もゲーム。同じゲームだったりして。彼は、ゲームをやめよう、やめようと自主規制しているが、どうしてものめり込んでしまうらしい。あまりある暇な時間をゲームに費やしたら、なにもすることがなくて鬱になるよりいいではないか、と、わたしは思う [続きを読む]
  • 子供のまま
  • わたしが、わたしが、、、と子供のように自分のことを書いてみたくなった。「ねえ、聞いて聞いて、あのさー、あのさー」と保育所に通う孫はアピールする。そうでもしないと大勢いる子供から一斉に話しかけられる先生の注意を引けない。家でもその癖が抜けないようだ。さて、わたし。ねえ、聞いて聞いて、ではないのだが、自分で面白がるために。他人が聞いてもなんも面白くない。見て見て、と自分の孫の写真を見せられる他人のよう [続きを読む]
  • 自己評価が低すぎる弊害に直面した
  • ここのところ、こちら蝶ブログで書いていない。一昨日、夜中に布団の中で入力してアップしたつもりが、朝になって見てみると、なんの足跡もなかった。寝ぼけ操作は、あきません。子守唄代わりに、ブログ投稿は、イマイチである。睡眠導入剤になっている。仰向けになって入力していると、時々、突然、顔面にスマホがガツンと降ってくる。痛っ!という瞬間。目にでも当たったら大変だ。笑うに笑えない。で、電車の中で書く。行きに書 [続きを読む]
  • 大嫌いな人に、無理やり擦り寄る
  • またまたブログ村人気記事ランキングと、アクセス数には、全く関係がない状態を実感する。なんでだろう?ランキングに入らない時のほうが、高アクセス数って、どうして?説明していただきたいものである。自分のブログのアクセス数は、デタラメではないとして、そうすると、ランキング人気記事ランキングが、根拠なく適当ということだ。もう何十回と同じ経験をすると、自分なりの考察が打ち出される。あまりランキングには期待して [続きを読む]
  • お互い様の悪口
  • 行きつけの趣味SNSで、気に入らないことがある。たんに、わたしの嗜好と違うだけなんだけど。 あちらで、こんな嫌な悪口をアップすると差し障るので、ここに書く。どちらに書いても、非公開にすればよいだけの話なのだが。そこは、人間の業。(て、なんやねん)これだけ前置きすれば許されるかというと、別に免罪符にもならず。たんなる、魔除けのおまじないのお札。で、、、。リアルで趣味分野では顔が広く知られている人。ハン [続きを読む]
  • もの思う秋、、、
  • わたしの父は教養至上主義。母は無教養。母のポリシーは、「教養があるからって、何?そんなこと考えるヒマがあれば、働け〜」である。馬車馬のごとく、体を酷使して意識を失うまで働くのが、母流。父も教養もあるが、働き者でもあった。さて、こんな親に育てられると、、、。「何? そんなことも知らんのか。レベルが低い奴め」と父目線。「学校で一体、何を習っているんや。何しに行ってる? 遊んでるんか? 働け〜」と母目線。 [続きを読む]
  • 睡眠中に今朝、見た夢
  • 明け方、夢を見た。舞台は、わたしが小学5年〜22歳まで住んでいた家。家に帰ると布団に人の入っている気配。見ると小学1〜2年の長女。(現在30代半ば)学校を休んだこともない彼女が、なぜ、布団の中に、、、さらによく見ると、幼稚園児の次女も布団奥深くにいた。(なぜか、息子の姿はなかった)どうしたのかと、あちこちの話を合わせてみると、、、学校の方針と、長女の方針が合わないという。エコ精神旺盛な長女は、使い捨て器 [続きを読む]
  • 秋の夜長に
  • 秋はなんだかセンチになる。じゅうぶん幸せなのに。この幸せを維持できたら、もっと幸せ。でも、心のどこかで隙間風が吹く。なぜだろう?満ち足り過ぎるのも、幸せではないのかも知れない。少し足りないぐらいが、ちょうど良い。あと少し、あれがああなったら、、、これがこうなったら、、、そう願うぐらいが幸せなんだろう。祖母が晩年、よく言っていた。「幸せ過ぎて、はやく(あの世から)お迎えに来てほしい」と。わたしはその [続きを読む]
  • イジメの思い出
  • わたしの幼稚園の思い出。同じ学年の男の子には、ブランコを漕ぎながらイジメられた。不思議なイジメられ方だが、なにしろブランコ。どうやってイジメられたのか、思い出せないが、なにしろ、いつも、ブランコを使ってイジメられている感はあった。想像するに、揺らし過ぎるだの、スピードを上げるだの、ぐるぐる回されるだのではなかろうか。まあ幼稚園児だから、ブランコは日常ツール。(ブランコイジメのイジメっ子は医師になっ [続きを読む]
  • 舞い降りた蝶
  • ブログ村エッセイ、蝶のタイトルにつられて、泣ける話を読んだ。読んでいるのは電車の中で今からお出かけなのに、涙で付けマツゲが落ちたらどうしよう、、、と心配したが、大丈夫のようで、ほっとした。わたしも幼い頃、仕事をしていた母が、仕事に出ない休日は、母にまとわりついた。ゆっくりした朝、まだ布団で寛いでいる母の背中に、よく乗っていたものだ。鮮明に覚えている、4〜5歳頃に見た夢は、特急列車で遠くに行ってしまう [続きを読む]
  • 笑顔になりたい
  • 刹那しか覚えていない母。兄のところにも母は度々訪れる。兄が、ぽつりと言った。「俺もDNAを受け継いでいるはずやから、ああなるんやな」そう呟き、すべて忘れてしまう母を責めるでもなし。わたしも、まったく同じ思いである。わたしも、ああなる。いずれ、ああなる。家のお向かいさん。50歳をとおに超えた独身息子とお母さん。今日も息子の怒鳴り声が聞こえる。かわいそうなお母さん。認知症が出ているのだろう。罵声に近い。ガ [続きを読む]
  • 制御不能、壊れかけの自分
  • ある日、本当にある日、憑き物でも落ちたかのように、趣味のダンス熱が引いた。大賑わいの会場、見慣れた顔の皆さん、ほんと、お互いによく見る。(でも挨拶するのはごく一部)昨日は混んでいて、芋の子洗い一歩手前。雷に打たれた、の別バージョンで、雷状の滝みたいなものが、頭上からドカーンと降ってきて、熱情を洗い流したかんじ。別に何があったわけでもない。自分が見る光景は、音楽が消え、満員の人々の顔や踊りだけが、淡 [続きを読む]
  • ストレスフリーは、他者にストレスを押し付けているだけ
  • ストレスは病気になるモトらしい。ストレスを溜めないためには、一日のうちの、ほんの数分でもいいから、何も考えない時間を持つことらしい。禅の教義にも通じるところがあるとか。頭を空っぽにする。と同時に、こころも。こう教えてくれた人がいた。あれ?わたし、いっつも空っぽの時、多いです。意識して意図して空っぽにしなくても、空っぽです。上記の教えの場合は、頭にぎゅーぎゅー詰まっている人のストレス発散、解決策らし [続きを読む]
  • 痛い目に遭わないと、人は変わらない
  • ものの考え方。これを書こうと思う。若い人や、これからのポテンシャルを活かす人には不向きだ。わたしのような、もうあとは、いかに楽してあの世に行くか、という人向けである。一応、若い頃はそれなりに、わたしなりに頑張ってきた(つもり)。(そう言うと、笑う人が必ずいるが、無視)じつは、この記事、趣味SNSから影響を受け、わたしがその正反対、対極の位置にあるので、あちらに書くのはやめた。やめた理由は、ある一人の [続きを読む]
  • 友達がいない
  • 今夜、Eテレ、NHKのハートネットTVを見た。高校時代、友達がいなくて、一人で過ごした教室。固定された仲間同志の付き合いをスクールカーストと呼ぶらしい。番組ディレクターが高校時代から20年を経て、こころの空洞を埋めていく。とても興味深かった。友達がいないことに対して、自分がどう思うかではなく、友達がいないことを周りにどう思われるか、に囚われていたとディレクターは言う。これ、姑が、夫を亡くした時によく言って [続きを読む]
  • 人のことを心配するヒマがあれば、、、
  • ある、憧れの上級ダンサー女性Aさん。わたしより10歳近く若い。しかし、家庭の事情は大変良くない。小さな生鮮食品卸小売の自営業のため、毎朝、3時起き。早朝から仕入れ、夜まで店を開けている。夫と、夫の母親と同居。普通は、同居の場合、夫が妻と母親の間に挟まれて、すったもんだ苦労することが多いが、このダンナは、飲み屋のお姉ちゃんフィリピーナに入れあげている。アホ息子と嫁の間を取持ち、苦労しているのは、お母さん [続きを読む]