Takuya Morihisa さん プロフィール

  •  
Takuya Morihisaさん: 眼遊記
ハンドル名Takuya Morihisa さん
ブログタイトル眼遊記
ブログURLhttps://ganyuki.exblog.jp/
サイト紹介文島根県松江市を中心に様々な生き物の写真を撮影しています。 野鳥はデジスコで撮影。
自由文オフィシャルサイト「眼遊」もよろしくお願いします。
http://www.takuyamorihisa.com/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供68回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2010/03/10 12:04

Takuya Morihisa さんのブログ記事

  • 642 石垣市 〜石垣島の居酒屋〜
  • *この記事は2017年9月19日のものです。今日は石垣市に行ってきた。初日の夜は町の居酒屋へ。沖縄にはあまり海産物のイメージがないが、どんなものが食べられるだろうか・・・まずは島らっきょう。沖縄と言えばこれっ。普通のラッキョウは大の苦手なのに、島らっきょうは大好きだ。□ ラッキョウ (Chinese Onion) Allium chinense同... [続きを読む]
  • 641 石垣市 〜4年ぶりの石垣島に到着!〜
  • *この記事は2017年9月19日のものです。今日は石垣市に行ってきた。初めて石垣島に訪れ、その自然に惚れこんでしまい、また来たいと思い続けること4年間。ついにこの日がやってきた!空港でレンタカーを借りてドライブする時点で、日ごろのストレスが全て吹っ飛ぶくらい癒す力が強い。石垣島、本当に好きだなぁ。特に行こうと思っていた訳ではないけれど、ホテルへチェックインす... [続きを読む]
  • 738 島根県 〜コガタノゲンゴロウの撮影〜
  • 今日はコガタノゲンゴロウの写真を撮影した。自分が昆虫採集に夢中になっていた少年時代、一番「偉い」虫といえば、カブトムシやクワガタムシの仲間だった。そういった典型的な偉い虫の他に、あこがれている昆虫の中にタガメやゲンゴロウなどもあったと思う。しかし、少年時代の1980年代にはすでにこれらの水生昆虫は幻になっていた。それから30年、なんと幻のコガタノゲンゴロウを拝むことができた。... [続きを読む]
  • 737 隠岐産 〜サザエのUV撮影〜
  • 今日は家で写真を撮った。友人から朝採れの隠岐土産が届いた。沢山の立派なサザエ (Turbo sazae)たち。せっかくなので食べる前にUV撮影を。蓋の部分がもっと怪しく光るかと思ったけれど、意外にも普通。しかし殻表は付着した紅藻が鮮やかに蛍光している。■ サザエ (Turbo sazae) Turbo sazae■ サザエ (Turbo s... [続きを読む]
  • 734 松江市 〜アブラゼミのUV撮影〜
  • 今日は家で写真を撮った。毎日暑い。いつの間にかセミがしきりに鳴く季節になっていた。家の前でひっくり返っているアブラゼミの亡骸を回収したのでUV撮影を試みてみる。翅脈が浮かび上がり、妖艶な美しさ。アブラゼミはその羽の色からあんまり美しい印象がないが、こうやって見るととても美しい。翅脈は他の種でも蛍光するのだろうか。今度またセミの死骸を探してみよう。... [続きを読む]
  • 588 八雲立つ風土記の丘 〜虫の美しさに気付きはじめた〜
  • 今日は八雲立つ風土記の丘に行ってきた。我が家の2歳児が風土記の丘を気に入ったようなので、再び虫捕りにやってきた。自分も小学校の低学年までは虫を捕って喜んでいたが、それ以来虫捕りはしていない。まさかこの年になってまた虫捕りをするなんて思ってもみなかった。大人になってからの虫。めちゃくちゃ楽しい・・・まずはアリの様なハチ、アリバチの仲間。腹部の第2節にある2つの白... [続きを読む]
  • 724 出雲市産 〜キンセンガニを撮影〜
  • 今日はキンセンガニの写真を撮った。仕事帰りに義母から電話があった。ナミノコガイを採りに行ったら、ワタリガニを小さくした様な変わったカニが採れたから孫にみせてやりたい。これは楽しみ〜。早速ブツを受け取りに行くと、キンセンガニの姿が。このカニは歩脚がオール状になっているので、一瞬ワタリガニの仲間によく似ている。しかしよく見るとオール状になっている歩脚は4対全て。一方ワ... [続きを読む]
  • 730 松江市 〜ナナフシモドキはかっこいい〜
  • 今日は家で写真を撮った。家に帰ると玄関の虫かごに大きな虫が入っていた。なんだろうと思ってのぞいてみると、立派なナナフシモドキ (Ramulus irregulariterdentatus)が入っている。子供の頃あこがれだった虫のひとつだ。2年前まで大の虫嫌いだったヨメが捕まえてきたらしい。残念ながらもう死んでしまっていたので、ゆっくり写真撮影させてもらった。... [続きを読む]
  • 731 松江市 〜タマムシを求めて〜
  • 今日は松江市で写真を撮った。虫が好きで四六時中虫の事を考えている我が家の3歳児。春ごろから「タマムシとりたい」と繰り返し言う様になった。しかし、タマムシは生まれてこの方見たことがない。一体どんなところにいるのだろう。調べた結果、7月頃の真夏の暑い日中にエノキの大木の周りでみつかるという事だった。タマムシは法隆寺の玉虫厨子でも有名だし、何と言っても日本の昆虫で最も美し... [続きを読む]
  • 721 松江市 〜ナメクジ of ナメクジ〜
  • 今日は松江市で写真を撮った。今日も子供の虫撮りにお付き合い。選んだのは松江市にあるとある公園。朝から虫かごを持った子供を連れて歩いていると、散歩中のお年寄りが優しく声をかけてくれる。中でも、「こうやって自然の中で虫採りさせるとか、なかなかできるものじゃないですよ。素晴らしい事です。」とインテリジェントなおばあ様に話しかけられたのは、かなり嬉しかった。もしかしたら... [続きを読む]
  • 675 広島県産 〜マナガツオの西京焼き〜
  • 今日は家で写真を撮った。先日実家で購入したマナガツオ (Pampus punctatissimus)。半身がまだ残っていたので再挑戦だ。まずは刺身。2日寝かしたのでどうだろう。■ マナガツオ (Pampus punctatissimus) Pampus punctatissimus身は本当に美しい。素人が切っても絵になる。しかし、熟成によって... [続きを読む]
  • 674 広島県産 〜マナガツオに出会ってしまった〜
  • 今日は実家で写真を撮った。島根県の魚介類は一通り撮影できているが、瀬戸内の魚介類はまだあまり撮れていない。という訳で今日は瀬戸内の魚を探しに海沿いの鮮魚店へ行ってみた。気軽にタメ口で話しかけてくれる店の人たち。これが広島のいいところなんだよなぁと思いながら、いろいろと見させてもらう。まずびっくりしたのが化け物クラスのアカニシ (Veined Rapa Whelk)。... [続きを読む]
  • 673 宮島 〜20年ぶりに宮島水族館〜
  • 今日は宮島に行ってきた。今、年末の休みで帰省している。久しぶりにふと宮島水族館へ行きたくなり、宮島へと向かうことにした。宮島は約3年前に友人と遊びに来たことがあるが、宮島水族館の方はもう20年くらい行っていないと思う。どうなっているか楽しみだ〜廿日市からフェリーに乗り、宮島へと渡る。向かえてくれるのは有名な宮島の鹿たち。■ ニホンジカ (Sika Deer... [続きを読む]
  • 584 山陰産 〜先日買ったカマスと甘鯛を食らう〜
  • 今日は魚の写真を撮った。先日購入したアカカマス (Red Barracuda)とアカアマダイ (Red Tilefish)は魚屋さんのおすすめで、冷蔵庫で寝かしていた。熟成というやつだ。購入してから5日目。これだけ寝かせたのは初めて!大丈夫だろうか。まずはアカカマス。カマスの仲間は水分が多いので、釣れたときはよく一夜干しにしていたなぁ。こちらはキッチンペーパーにくるん... [続きを読む]
  • 728 写真探索・釣魚1400種図鑑 小西英人著 〜究極の釣魚図鑑〜
  • 高校生の頃に釣りに目覚め、その魚をフィルムカメラで写真に残すようになってから、魚の美しさとその種類の多さに夢中になった。自分が釣った魚はなんという種類なのだろう。図書館に行って図鑑を広げて調べていたけれど、当時の図鑑は生態写真(水中写真)や絵が中心で、標本写真の図鑑はあまりない。あっても死後で色が変わってしまったもので、釣った魚の写真との絵合わせでは到底分からないと... [続きを読む]
  • 585 雲南市 〜2歳児のおみやげニホントカゲ〜
  • 今日はニホントカゲの写真を撮った。仕事から戻ると、家の虫かごにニホントカゲ (Japanese Skink)が入っていた。どうしたのこれ?と尋ねると、我が家の2歳児が遠足で捕まえてきたらしい。ニホントカゲはすばしっこくて、お父さんは子供の頃なかなか捕まえられなかったぞ〜!すげ〜な〜ニホントカゲは白バックで撮影したことがなかったのでとても嬉しい。じっくり撮影させてもら... [続きを読む]
  • 586 八雲立つ風土記の丘 〜ジョーカーという名前の虫とは〜
  • 今日は八雲立つ風土記の丘に行ってきた。最近虫が好きになってきた2歳児を喜ばせようと、虫が沢山いる公園が近くにないかと探している。島根県松江市は大多数の人が想像するように田舎のど真ん中にある町だ。大自然に囲まれているようだが、いざ虫を探すとなると車で30分以上走らなければ難しかったりする。色々と情報を集めていると、同僚が八雲立つ風土記の丘がいいよと教えてくれた。子供の頃にこ... [続きを読む]
  • 718 玉湯町 〜世界初!撮影に成功!シンジコフナムシの脱皮〜
  • 今日は玉湯町で写真を撮った。生物の写真を撮ったり、観察したりしている人は、珍しいものに出会えた時に強い喜びを感じる人が多いと思う。自分もそんな人間のひとり。こういう人たちは、その土地にしか生息していないEndemicな種、つまり固有種が大好きだ。旅行で遠方へ行き、そこでしか見られない生物に出会えると本当に幸せな気持ちになる。そして、我が生活圏内、宍道湖にはシンジコフナムシ... [続きを読む]
  • 720 玉湯町 〜ジンガサハムシの撮影は難しい〜
  • 今日は玉湯町で写真を撮った。雑草の上にキラリと光る何かをみつけた。そこにはまさに黄金と呼ぶにふさわしいほど光り輝く小さな虫。透明な殻の真ん中に金色の本体があるような、そんな不思議な身体をしているジンガサハムシ (Aspidomorpha difformis)だ。■ ジンガサハムシ (Aspidomorpha difformis) Aspidomorpha difform... [続きを読む]
  • 723 玉湯町 〜シマヘビの幼蛇〜
  • 今日は玉湯町で写真を撮った。今日現れた生物はシマヘビ (Japanese Striped Snake)の幼蛇。田舎なので毎日野生動物が見られて嬉しい。シマヘビは最も普通に見ることのできる蛇。褐色の下地に黒い縦縞が入った模様をしているのだが、幼蛇は全く模様が違うので別種かと勘違いしてしまいそうだ。赤い色が入っているので毒でも持っていそうな雰囲気。■ シマヘビ... [続きを読む]