lapis さん プロフィール

  •  
lapisさん: 統一原理の生活化
ハンドル名lapis さん
ブログタイトル統一原理の生活化
ブログURLhttps://ameblo.jp/lapis-yume/
サイト紹介文宗教と科学を統一した統一原理の生活化。統一教会以外の人も仕事や人間関係に役立ててください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供40回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2010/03/12 00:05

lapis さんのブログ記事

  • 小池さんと黒田官兵衛
  • クリーンな政治を目指す。都知事戦の時は、信念を感じた。国選になると、あざとい。策士のような政治家に見える。女性初の首相のための戦か。それとも…?策士で有名な黒田官兵衛。天下取りを目指すが、表に出さない。策は当たるが、策士策に溺れて、天下取りの一歩前で、溺れた。国を治める者こそ、必要なモノは?それは、策ではなく、誠である。それがメシアの歩んだ道。朴訥に誠を尽くす者こそ、人の心に訴えるものがある。もう [続きを読む]
  • サタンの後ろは誰?
  • 私の前には、サタンがいる。いつも邪魔される。何度も閉ざされてしまう。それでも、何度も開けようと、頑張ると、ドアの向こうに、笑顔が見える。サタンの後ろには神がいる。だから頑張れるんだ。 [続きを読む]
  • 恨霊は悪霊か?
  • 我が家に、色々あった。恨霊について感じさせられた。恨霊は悪い霊と普通、思う。しかし恨霊も人間だ。色々な人生を送り、恨んだ。今は天国時代。地上も天上も解放される時代。恨霊を父母の心情で包む。全ての人が祝福を受け、天国に行く時。もう地上人も霊界人も、共に天国に行きましょう。そんな愛によって行きましょう。 [続きを読む]
  • 天国時代だからこそ大変
  • 蕩減復帰から天国時代へ。良い時代と思ったが、最近、色々大変な事が。 蕩減がないとは、裏を返せば、原理通り歩まないと、真の父母が身代わりをできない事に。原理に従えば、今までより進む。その逆もまた言える。今の時代に起きる現象は、サタンの試練よりも、神の試練、訓練による事が強い。ある意味、親の愛の期待の現れか?今、成長を見つめる神の愛の中にある。 [続きを読む]
  • 親が子供の違い
  • お母様の前のみ言「真の子女たちの事は最終的に私が責任を持つ 私が最終的に収拾するので、あなたたちは余計な心配せずに、自分達の責任分担である神氏族メシアに集中しなさい」親と子がぶつかったり、葛藤する事がある。でも親と子は出発点が違う。だから必ず解決する。それが親子なんだ。それは無知、無責任、楽観視、現実無視でもなく、みんないつか、わかるだろう。だから解決する。 [続きを読む]
  • 素朴な疑問…お母様が失敗?
  • お母様を否定する人。お母様が失敗しているなら、お父様は、真の母を立て直す?しかし、もう霊界に逝かれた。では真の父も失敗した事になる?昔、天国の門を最初に入られるなは、真の父母だと。お母様がいないなら、天国に入れない?将来、お父様の横にいるのは?単純な私は、理解できない。それとも、地上の子女の誰かが、やり直すとでも? [続きを読む]
  • 日野皓正のビンタ
  • 落ち着いたので、書くが。日野皓正が、中学生を往復ビンタした動画。週刊誌が取り上げた。あれがビンタ?率直に??? それより気にる事。テレビコメンター達が、ドラムスティックを捨てられても、手で叩く少年を、根性あると。冷静に動画見たら、あの少年、ちょっと心配になる。天才少年と言うが?将来の社会生活、大丈夫?誰も言わないが、意外と思っている人も?それにしても、愛の深さも、ビンタの強さも、無くなった現代。本 [続きを読む]
  • 神は私が必要か?
  • この道に来て、 40年目に倒れた。原点に帰ろうと思った。私の原点は何か?献身なのか?今の私に動かない体で何ができるのか?苦しんだ。その時、思った。献身ではなく、神から召命されたのだ。こんな体とわかっていた神が、再召命された。全知全能の神が、こんな私を必要とされる。だから私は行かなければ。あなたが必要と言われる神に応えていきたい。私しかできない事は何か?今も求めている日々である。 [続きを読む]
  • 天国時代なのに分派?
  • 蕩減時代から天国時代へ入った。なのに、分派活動。以前は外部からの迫害。今は内部からの試練。なぜか?時代に人間が追いついてないから。これがわからないと、 現象に惑わされる。天国人は正午定着の基準。言葉を変えると、絶対信仰、絶対愛、絶対服従。全て「絶対」がつく。絶対信仰とは何か?100%間違っていることを信じる。今、論戦している人達は、これがわかってない。それそれの原理基準で判断だけ。つまり相手を原理基準 [続きを読む]
  • 悪の条件で、すぐ悪い事が起こる?
  • 善悪は条件の奪い合い。善の条件を積めば、いつか善が実る。結果をだすには、時間がかかる。では悪はすぐに結果をが起きるか?悪も、ある時間がかかる。だから悪い事を、ある期間しても、何も悪い事は起きない。だから、甘く見て、このくらい、大丈夫と思っていたら、突然、悪い事が起こる。善神も悪神も、ある期間で、わかる。日々の暮らしで変わらない姿勢が大事。とくに今の時代は気をつけないと。 [続きを読む]
  • 過去を変える方法
  • 誰にでも 思い出したくない 過去がある 消し去りたい 過去がある でも どんなに頑張っても 過去は変わらない 一つだけ 変える方法があるとしたら…  未来に向うこと 未来で輝く事ができたとき 初めて あの過去があったから 今の自分がある と思える だから 未来に向って歩みだそう  過去を捨てるためじゃない過去を懐かしい思い出に 変えるために…  あなたが 新しい一歩を  踏み出せないなら私が背中をポンと [続きを読む]
  • 6数はサタン数?
  • 「原理の生活化」というブログだが、いつも意識しているのは、原理数。我が家に色々な「問題、もめ事」が起きたが、調べると、いつも月の19、20日に起きていた。 これは一か月を初旬、中旬、下旬とすると、三段階の長成期完成級となる。それを自覚して歩むと、無理なく超えた。 今は、復帰時代は終わったが、創造原理の世界でも、この期間は、成長する為の、節目となる。 6数もサタン数と言ったが、もともとは人間創造の数で [続きを読む]
  • 「岐路」…独り言
  • 今 私の前には 分かれ道がある 右に行くか 左に行くか 後ろに行くか そこに留まるか   果たして この道でいいのか そう 全ての道が それで良かった たとえ そこに留まったとしてもそこに 新しい家を建てればいい後悔さえしなければ 全ての道は幸せに導いてくれる 本当の人生の岐路は 人との出会い誰に出会ったかで 道が分かれていく 毎日 多くの人と出会うそれを ちょっとした出会いと思うかもしかしたら それ [続きを読む]
  • 悪い出来事は私の罪?
  • 私は2年前の6月に倒れ、半身不随になった。 今年、ちょうど同じ日に同じ教会の二十代の青年が、突然、心筋梗塞で朝なくなった。 私は祈った。なぜ、そのような事が起きるのか? それは私の不摂生?それとも私か先祖の罪?それとも公的な犠牲の故? 人間から見れば、色々な理由がある。しかし一つだけ言えるのは、私たちは神に「献身」した身だ。 どんな身になろうと、問題は、神の願いを果たすかどうかだ。 神のために、今も地上 [続きを読む]
  • 使い切る…使命
  • 短くなった鉛筆に ホルダーをつけて 使っている人がいた最近 見かけなくなった光景 物は最後まで使い切るきっと 鉛筆も本望だろう 使い切るのは 物だけじゃない人も同じでも朝から晩まで クタクタになるまで 働かせる事が 人を使い切ることじゃない その人の才能や個性 得意な分野を最大限に生かしてやることが人を使い切る ということ そして情報も 使い切る色んな大量の情報が 右から左へ上から下へ 流される時代 [続きを読む]
  • 復帰原理とリハビリ
  • 病気で倒れて2年の終わりを6月に迎える。長成期の完成期で峠だ。退院した時より、もっと辛い体の状況。私は自分なりのリハビリのやり方をしている。普通は筋肉の動きを正常にする訓練をする。私は神経自体を刺激するやり方にした。つまり筋肉より、足裏と足指、手指を刺激した。そこに一番、神経が集中しているからだ。原理から考えて、逆の径路にしてみた。神経が切れて筋肉が動かない。リハビリは筋肉を動かして神経を繋がせる。 [続きを読む]
  • みどりの日…「風のさと」
  • 窓を開けたら 小さな風が 舞い込んできた 風は花びらを揺らし ソファーに座った 「どうしたの?」 『ちょっと疲れて…』風はしばらく 休んでいた 別の窓を開けたら  小さな風が いくつも 舞い込んできた 風の子たちが ささやいた「一緒に遊ぼうよ」 『 …… うん』 小さな風は 窓から飛び立った青い青い 空高く  これから何を見て 何に出会って 何を感じるのだろう 舞うのに疲れたら また帰っておいで いつで [続きを読む]
  • 大人と子供の違い
  • 大人と小人(子供)の違い 大人は背が伸びている背が伸びると 外では 高い所が見えてくる広い世界が見渡せる 家では 入り口が低いので自然に 頭を下げて入る 心も同じ 大人になるにつれて 高い理想と志を持ち広い見識と包容力を持ついつも頭を下げる謙虚さを持つ これがホントの大人だよ あなたの心の背は どのくらい伸びましたか?  たまにはポチポチしてね〜         ↓↓     [続きを読む]
  • 真の父母と子女の「距離感」
  • 原理の授受作用で大事な一つは距離。主体と対象の距離、位置、高さ、強さが定まって、正しい授受ができる。内的にも外的にも言える。キャッチボールを見れば、よくわかる。この距離が近くても遠くてもキャッチはできない。 人間関係でも同じだ。相手を見るにしても、遠いと見えない。近すぎても、全体がわからない。 亨進様の「瞬間」という、お父様の写真集がある。本当に近距離の顔の写真だった。一般の人は撮れないだろう。心情 [続きを読む]
  • 春の日と三位基台
  • 春は「三人の日」と書くね夫婦に子供ができると 三人で お家に春がくる実という字も「ウ冠(家)に三人」だから 子供は愛の結「実」  子供がいなくても 三人の力を合わせることが大事机がしっかり安定するには 三本の足 二本でも四本でも安定しない あなたにとって 三人とは誰ですか?力を合わせてくれる もう二人を探そうそこに 幸せの鍵が あるかも知れないよ 〜〜〜 三位基台って大事です。  たまにはポチポチして [続きを読む]
  • リンちゃん事件と犯罪心理
  • リンちゃん事件はショックが走った。死体遺棄の犯人が同学校のPTA会長、しかも保護者会長だったから。この心理が常識では理解出来ない。しかし以外とそういう人がいる。子供を守ろうという思いはウソなのか?実は本心の場合がある。私は、犯罪ではないが、二重人格者者にいくつか会った事がある。例えば保育園長が虐待したり。刑事が殺害を繰り返したり。こりは背景の霊界の影響だ。その保育園長の先祖は、猿回しの座長で、一座の [続きを読む]
  • 長寿と三対象目的
  • 三対象目的は、四位置基台を確立する事。三つの対象がしっかり定まれば幸福が確立する。そして長寿も確立する? テレビで脳科学の観点から長生きを研究があった。全国の長寿の人達の行動を調べた。共通の行動があった。 それは家にこもらず、社交で外に出ること。これだけだと、普通のこと。最も長寿の人たちは、一つの社交の場でなく、三つの社交の場に参加していた。四つでもなく、三つが長寿が多い。そして、三つの社交は種類が [続きを読む]
  • 主流と支流の違い
  • 大きな流れの途中に支流がある。分派はこの支流に似ている。どういう人が支流に行くのか? 主流は、幅が大きい川である。その真ん中を船で下っていたら、最後まで主流のままで下る。 しかし中心からズレ、岸沿いの端を行けば、いつの間にか支流に入っていく。そして支流に行っているつもりはない。逆に主流の方が、支流に見えてくる。 主流の真ん中は、正午定着である。さて私は、主流の中心から、どのくらい外れて [続きを読む]