琵琶玲玖 さん プロフィール

  •  
琵琶玲玖さん: 軍事費削って!5秒に一人、飢えで命を落とす子ら
ハンドル名琵琶玲玖 さん
ブログタイトル軍事費削って!5秒に一人、飢えで命を落とす子ら
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/biwalakesix/
サイト紹介文世界の軍事費は,年間約1兆ドルと言われています。その1割で、飢餓で命を落とす子らを救う事が出来ます。
自由文1929年の第一次世界恐慌発生の年に生まれ、傘寿をこえました。
人類は今宇宙時代を迎えI.T.よって、瞬時にすべての地球上の人々と意思を通わす事が可能になりました。
自然科学の進歩に比べ、政治、経済の分野の立ち遅れの結果、武力紛争、飢餓、貧困等の解決を克服できないでいます。
残りの人生、この現実を、改善するために力をそそぎたいと願っています。
心ある方々よりのアクセスをお待ちしております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供16回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2010/03/13 08:13

琵琶玲玖 さんのブログ記事

  • ■オスプレイ反対⇒地位協定改定⇒日米安保条約廃棄へ
  •  全都道府県、市町村で、日米地位協定改定へのうねりを起そう! 亀井静香氏も、日米安保条約廃棄で、志位和夫氏と意見一致 北海道議会における、全会一致の地位協定改定意見書原案は、共産党議員団  沖縄知事選でのデニー氏の圧勝等、オール沖縄の力に押され、米日政府は、日本全土の基地化、別けてもオスプレイの全国配備が強行しようとしています。 しかしその結果、安保法制や、オスプレイ配備反対の火の手も、全国的に強 [続きを読む]
  • 「沖縄で、オスプレイが墜落したとき!」(決議文に替えて)
  • 「沖縄で、オスプレイが墜落したとき!」(決議文に替えて) 沖縄で、オスプレイが墜落したとき沖縄の人々は気の毒だなーと思ったけど私はなにもしなかった沖縄は特別だなーと思っていたから! 佐賀にオスプレイが配備されたとき佐賀の人々はなぜオスプレイを受け入れるのだろうと思ったけど私は何もしなかった佐賀の事は何も知らなかったから! 横田にオスプレイが配備されたとき横田の人々はなぜ人口密集地にオスプレイを受け [続きを読む]
  • 今度は、日米地位協定改定と、消費税ゼロ、原発ゼロ!
  • ★今度は、日米地位協定改定と、消費税ゼロ、原発ゼロ! 沖縄知事選勝利をうけ、10月7日(日)全国各地で集会!! 着々と進む、市民+立憲諸党の共同 ★寺尾介伸 ― 【日米地位協定改善を求める47(フォーティセブン)プロジェクト】を転載させていただきました。 昨日の講演会、前半は面白くなかったが、後半は面白い話題が出た。地位協定改定、明治維新後の歴史が重要、消費税0、地産地消。「この人達も知ってるんだな」と [続きを読む]
  • 大規模豪雨災害ー捜索救助、救援復旧に総力を
  • 2018年7月10日(火)主張(しんぶん赤旗)大規模豪雨災害捜索救助、救援復旧に総力を 西日本を中心にした記録的な豪雨は各地で河川の決壊、土砂崩れなどを多発させ、多くの死者と行方不明者を出すなど甚大な被害を広げています。犠牲になった方にお悔み申し上げ、被災者の方にお見舞い申し上げます。水没した地域では取り残された人の救助・捜索が行われ、土砂に埋もれた家屋では懸命の捜索が続きます。雨がやんだ被災地は猛烈な暑さ [続きを読む]
  • 「働き方」法案審議、根拠は総崩れ 廃案しかない
  • 主張(しんぶん赤旗2018年6月26日付)「働き方」法案審議根拠は総崩れ 廃案しかない 安倍晋三政権が「働き方改革」一括法案の参院厚生労働委員会での採決強行に向けた動きを強めています。「残業代ゼロ制度」(高度プロフェッショナル制度)などを柱とする同法案は、歯止めのない長時間労働で過労死を促進させる「働かせ方」大改悪案という他ない中身が参院の審議の中で次々と明らかになっています。「働く人のニーズがある」 [続きを読む]
  • 安保法制違憲訴訟の原告としての意見陳述書。
  • ★地元の斎藤道俊弁護士よりお誘いを受け、6月19日(火)に釧路地裁で行われた安保法制違憲訴訟の原告として、意見陳述を行う機会をあたえられました。 以下、その陳述書原文をお届けします。 意見陳述書 1 私は1929(昭和4)年8月5日、滋賀県彦根市琵琶湖畔の零細在村地主の3男として生まれました。同年10月24日には、後にBlack Thursday(暗黒の木曜日)と呼ばれるようになった株価暴落が起り、満2歳の時には [続きを読む]
  • 太平洋戦争開戦76周年記念日に当たって
  •  開戦当日朝起きると、父は居間の神棚の側に置いてあるラジオの前に座って、開戦を告げる放送に「いよいよ始まったか」と深刻な顔をして呟いていました。 当日は彦根では珍しく10数センチの雪が積もっていたような記憶があります。当時小学校6年生だった私たちはいつものように2年年上の高等科2年(現在の中2生)に引率されて、2列縦隊の隊列を組み、子供の足で約40分ほどかかる学校に向かいました。興奮して「アメリカ兵が [続きを読む]
  • 新人議員は石川香織さんただ一人参加の「加藤浩次vs政治家」
  • ★と題してFNNが5日19時〜22時にわたって放映した、各党の若手政治家17人の政治討論番組を視聴した感想をお知らせします。  冒頭いきなり石川さんが登場します。石川さんは新人とは思えない落ち着きで、堂々と抱負を述べていました。  次いで石川知裕さんが登場します。ところが司会者は、このあと知裕さんは退場し鈴木宗男氏との会食にのぞむことをあかし、香織さんの秘書役と鈴木宗男さんとどちらが大事かなどと茶化し [続きを読む]
  • 日本国憲法公布71周年記念日に当たって―琵琶玲玖
  • 憲法を暮らしの中に活かす十勝ネットワーク準備会幹事長 琵琶玲玖  私が敗戦を迎えたのは、旧制彦根中学(現彦根東高校の前身)の4年生(現在の高校1年生)、満16歳の誕生日8月5日から10日目のことでした。  私たちは中学生とは名ばかり!3年生の新学期からは、彦根城の地先の松原内湖を干拓して水田にするという干拓作業に狩り出されていました。学校に登校したのは大雨か大雪の20日間もあったでしょうか。  連日目 [続きを読む]
  • 善意は権力を脅かす
  • 善意は権力を脅かす作家、笙野頼子(しょうのよりこさん)   共産党の議席は減り自民は勝った。だけど安倍首相は笑ってはいない。当選者の名前に花を付けていても、妙におとなしい。   選挙直前の演説で触れるほどに、権力は野党共闘をこそ恐れている。怖いのは立憲民主党の数ではなく、共産党の献身。  普通あり得ないその戦略である。  他党のため覚悟して身を削って、それで議席を減らしても相手を祝福し、感謝してい [続きを読む]
  • 【第48回衆議院議員選挙に関する見解】市民連合(東京)
  • 【第48回衆議院議員選挙に関する見解】市民連合(東京)  10月22日に投票が行われた第48回衆議院議員選挙において、自民党・公明党の与党が3分の2の議席を確保する結果となりました。市民連合は、安倍政権がこの多数基盤の上に、憲法の基本精神を破壊する方向でその改定を具体化することを強く危惧します。 選挙戦の中で行われたいくつかの世論調査では、内閣支持率が低下し、不支持率を下回るものもありました。その意味で、国 [続きを読む]
  • 市民連合のあるべき姿は!
  • 琵琶玲玖数秒前 ? ●市民連合のあるべき姿は!琵琶玲玖数秒前 ? ●市民連合のあるべき姿は! 今度の選挙の特徴は、「安保法制の廃止と、立憲主義の回復を求める市民連合」が、全国的な展開を見せていることです。私の住む、帯広、十勝地方でも「市民の風とかち」が立ち上がり、私もお誘いがあり、参加させていただきました。この機会に、私の描く、「市民連合像」をまとめておきたいと思います。★間口は広く360度解放 以前は [続きを読む]
  • ●遂に逆転、安倍内閣支持率39.8%。 不支持率41.8%
  • ●遂に逆転、安倍内閣支持率39.8%。不支持率41.8% 日本テレビ6月18日午後6時〜「真相報道バンキシャ」 しかも、支持率逆転を最初に報じたのが安倍政権寄りとみられている日本テレビであったことは、政権へ大打撃となるでしょう。 ★それにも拘らず、自民党支持率は約3%減、民進党支持率は約3%増ですが、自民党支持率は依然として30%を超え、野党の支持率は4党合わせても20%に達しません! 何故野党支持率はそれ [続きを読む]
  • ●内閣不支持93%、支持7%の衝撃!
  • ●内閣不支持93%、支持7%の衝撃! 十勝憲活NW(準)速報号外。2017.6.17発行 TBSラジオ「森本毅郎、スタンバイ」(月〜金6:30〜8:30) ★6月16日(金)『リスナーの御意向を聞く忖度まつり』調査 安倍内閣支持しない93%。支持する7%。応募数701通 ★ラジオのしかも、しかも多分に「忖度」を交えた調査であり、鵜呑みにはできない。 然し、早朝わずか2時間の応募総数701通は異常に高い。 ★更に、支持しない [続きを読む]
  • 今こそ憲法を全国民の暮らしの隅々まで活かす、 国民大運動を!
  • 今こそ憲法を全国民の暮らしの隅々まで活かす、 国民大運動を! 日本国憲法の前文および103条にわたる全条項を、全日本国民の暮らしの隅々まで活かす、ネットワーク(略称『憲活NW』)の結成を呼びかけます。 間もなく、憲法施行70周年を迎えます。 敗戦時16歳で旧制彦根中学4年生(今の高校1年生)だった私達は、敗戦の前日まで、琵琶湖周辺の沼を水田に変える干拓作業に全学年が従事していました。 小学校 [続きを読む]