さんじゃくぼう さん プロフィール

  •  
さんじゃくぼうさん: 父さんは人間よりランボルギーニの方が大切なんですか
ハンドル名さんじゃくぼう さん
ブログタイトル父さんは人間よりランボルギーニの方が大切なんですか
ブログURLhttp://sannjyakubou.blog13.fc2.com/
サイト紹介文庶民が無理して買ったランボルギーニ・ディアブロ。燃料も満足に入れられず、大戦末期の日本軍状態です。
自由文 頭脳明晰、スポーツ万能、眉目秀麗、仕事はバリバリこなして女の子にモテモテ...な島耕作みたいな男だったら、わざわざスーパーカーなんて無理して買わなかったでしょう。酒もたばこもギャンブルも女遊びも結婚もせず、ひたすら薄給をディアブロの維持費につぎ込む自転車操業の日々。これで女の子から「ランボルギーニ? 聞いたことないわ」って言われると、せつなくなります。
 女に男のロマンが分ってたまるか!!
 
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供22回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2010/03/14 14:55

さんじゃくぼう さんのブログ記事

  • 好きなアーティストは嵐です(^○^)
  • 関ジャニ∞の完全予約制限定豪華版の発売を知ったのは、発売の10日前。何もせずに一週間無駄に過ごし、予約しようとネットで調べたら、定価8.000円(税別)のCDが、12,000円となっていました。いや、早期予約のポストカードとかいらないし〜(^_^;)(関ジャニ∞ファンの方、ごめんなさい)で、タワーレコードだと定価で入手できることを知り、タワーレコードで購入しました。めでたしめでたし( ^∀^)他に最近買ったCDは、「宇宙戦艦 [続きを読む]
  • 日大のお偉方は犯罪を認めなければそれで済むと思っているのか
  • 日大が会見をする度に「認めなければ誤魔化せる」みたいな甘いところがあり、会見を無理矢理終わらせたり、「見てなかった」などとすぐにばれるような嘘の言い訳ばかりに終始して保身を図る嫌な大人の悪い面ばかりが出て、無能にもほどがあります。ま、日大劇場に新しい役者が出て来る度にワクワクハラハラドキドキで楽しめるんですけれどねぇ。特に米倉久邦氏のお粗末な司会には笑わせてもらいました。つい米倉氏の以前いた「共同 [続きを読む]
  • またもやクラッチ・レリーズが壊れた!
  • クラッチ・レリーズはディアブロの弱点のシトツです。大体2〜3年しか持たず、対策品も無いそうです。一度はロッドまで折れました。長く持たせるためには、クラッチをいっぱいにまで踏み込まないでギアを抜いたり入れたりするしかないそうです。で、そろそろ壊れる時期だと思い、発注をかけました。風邪で金曜日は午後から休み、土曜日は一日寝ていて、日曜日は水戸に行きました。久しぶりにディアブロで。一般道で行ったのですが、 [続きを読む]
  • ゴールデンウィーク
  • ゴールデンウィークは代休消化もあり、九連休でした。しかしながら都内を少し動いたくらいで、基本は庭仕事をしていました。あまりにも畑の土が石だらけで粘土質で水捌けが悪いので土の入れ替えをしていました。ああ、開墾って大変なのね( -。-) =3( ´△`)後半は風邪をしいたのでほとんど寝ていましたが治らず、休みは終わってしまいました。ただし、五月四日はだるい体にムチ打って菖蒲を買いに行きました。1000円分買って「軒 [続きを読む]
  • 隅田川でお花見
  • 3月31日は、浅草に行ってきました。花川戸(履物問屋街)で下駄を買うため、と云うのがありました。松屋銀座浅草店で友の会の会費を払い、いつものところで下駄を注文しました。ぼくがいつも買っているのは、黒塗りの小町、鼻緒は髑髏です。問屋だと多くの鼻緒の中から好きなものを選べ、下駄の種類も豊富で楽しい。ランボルギーニのディーラーに行った時は下駄の木屑が絨毯に付いてしまい、散々謝りました。ランボルギーニのディー [続きを読む]
  • 夜の新宿裏通り〜♪
  • なんか、街が混んでいるように感じます。活気づいてきた、って言うのかしらん?そこで、久しぶりに新宿の「どん底」に行きました。三島由紀夫先生他、多くの著名人が通っていた店です。こ、混んでる…味は普通。ワイワイガヤガヤの雰囲気が好きな方はどうぞ。ただし、今回は大声を張り上げて叫ぶ若者集団がいて、なんか居心地が悪い。何度も行ってますが、ここはこんな店じゃなかった。も少し節度のある大人の店(静かではなく、ワ [続きを読む]
  • アゴノスノコア(アゴノス)
  • 3月14日にアゴノスのファースト・ミニ・アルバム「アゴノスノコア」が発売されました〜っ!(^○^)アゴノスはアゴアニキーPーがやっているバンドです。アゴアニキはボーカロイドのプロデューサーのシトリです。かつて「アゴアゴーゴーゴー」と云うベストアルバムを出しており、その中に収録された「ダブルラリアット」と云う曲が好きで、CDを買いました。アゴアニキに会ったシトがどうして「アゴアニキ」って名前にしたのか聞いた [続きを読む]
  • 「普通は普通は」ってよく使うねぇ
  • 松本自動車とフユカイな仲間たちは、頻繁に「普通は◯◯だ」「世間は…」って、「普通」や「世間」と云う単語を使いたがります。あたかも世間一般はこうなんだ、みんなはこうだ!と言わんばかりです。ちょうどこれから紹介する松本自動車とフユカイな仲間たちのコメントに何度も何度も使われているので、それを頭の片隅にでも置いてお読みください。「それからオリンピック選手の着物の話それは貴方の着物を着る行為と、どう考えて [続きを読む]
  • 板橋のワールド・インポート・ツールズが閉店していた!
  • 板橋にあったワールド・インポート・ツールズには、数年前までよく行き、工具について多くのことを教えていただきました。ここでネプロスの工具を揃え、外国の工具を知りました。ここで揃えた工具でディアブロを分解し、ナビを取り付け、マフラーを交換したりキャリパーのオーバーホールをしたりしました。ここが無かったらキャリパーのオーバーホールはできなかったでしょう。セールのハガキが来なくなり行くのをやめていましたが [続きを読む]
  • ミネルバの梟(ふくろう)は迫り来る夕暮れを待って飛び立つ
  • ブログで長いこと松本自動車の悪逆無道ぶりや、整備工のボンクラぶりや、ヴェローチェの無責任ぶりを告発してきましたが、残念ながらまたまた犠牲者を出してしまったことは、先日お伝えしました。しかも知り合いで、同じクラブのムルシェラゴ・オーナーが。で、ぼくの場合は長いこと修理を放置されていたんですが、その間、松本自動車とフユカイな仲間たちから散々誹謗中傷嫌がらせコメントを送られてきました。彼らは匿名だからと [続きを読む]
  • やっちまったな〜、松本自動車!
  • 今回はクールポコのお二人とは全く関係ありません(^_^;)(ただ、好きなだけです)さて、今回は先日のE2Cのミーティングの時のエピソードです。集合場所でメンバーから声を掛けられました。まずは、「ブログ読んでるよ」で、それから色々教えていただきました。その方もヴェローチェを通じて松本自動車の森俊匡氏がランボルギーニの修理を担当したとのこと。えっ、ぼくと同じだ。ま、まさか…で、なんでもムルシエラゴをヴェローチ [続きを読む]
  • ランボルギーニはユーザー車検
  • もう何回目でしょうか。ディアブロは10年以上維持しています。その間、ずっとユーザー車検。ただし、松本自動車の怠慢で修理を放置され、松本自動車の整備工がまともな整備ができなくて何度も修理を繰り返したりして車検が切れたままとなってしまったりしたので、◯◯年所有したから車検は◯◯回やったと言えません。記録が残っているので、そのうち数えてみます。 そうそう、ランボルギーニのディーラー様から、車検の案内状をい [続きを読む]
  • E2C新春ツーリングに行ってきた
  • 21日(日)、E2Cの新春ツーリングがありました。E2Cのツーリングに行くのは一年ぶりです。勿論、着物を着ての参加です。これからもスーパーカーに乗る時は着物を着て行きます。待ち合わせのパーキングでは、E2Cのメンバーや違う方と話をしました。最近更新が滞っているのに、「ブログを読んでます」と何人もの方から言われました。いやぁ、松本自動車とフユカイな仲間たちの皆さん、陰からこっそり見ていないで、出て来てく [続きを読む]
  • ラーメン大好き小泉さん
  • 「ラーメン大好き小泉さん」の2話を見ていたら、西荻窪の「パパパパイン」と云うラーメン屋を紹介していました。いや、その店はもう閉店したんですけれど… パパパパインに行った感想はかつて書きましたが、パイン味と云うより、パイン缶のシロップ味で、生のパイナップルはシト切れも使われておりません。器は「パパパパイン」と入った専用、パパパパインと連呼するCDもかかり(そのCDは発売していました)、スポンサーが入ってい [続きを読む]
  • 森山直太朗氏、節操が有りませんなぁ
  • たまたま教育テレビを見たら、椅子が擬人化された子供番組をやっており、聞いたことのある声です。「みいつけた!」です。サバンナの高橋さんだ…それはまぁいいのです。その番組の挿入歌を歌っていたのが森山直太朗氏。声優もしています。あれれ?森山直太朗氏は、かつてラジオ番組でネギマの曲を聞いて「アキバ系のやつだ、無くなって欲しいですね」「声優さんかな」「まぁ、ブームってこともあると思うんだけど…」などと声優の [続きを読む]
  • ガラスの仮面展
  • 8月26日、松屋銀座で行われている「連載40周年記念ガラスの仮面展」に行って来ました〜(*´∀`)西尾維新展と違い、行列も無く、混んではいましたが、まぁ、許せる範囲でした。以前竹宮恵子先生から聞いたところによると、昔は原画を全くないがしろにされ、出版社に渡してほとんど無くされてしまった、と嘆いていらっしゃいましたが、ガラスの仮面の原画は、結構残っているんですね〜(*´∀`)客層はおねーさまがたばかり。40周年 [続きを読む]
  • 沈黙する「チーム松本」
  • ここ何ヵ月も松本自動車とフユカイな仲間たち、「チーム松本」からほとんど誹謗中傷嫌がらせコメントが来ていません。あらあら、とうとう自分たちの非を認め、誹謗中傷嫌がらせコメントではぼくを沈黙させることは出来ない、と悟ったか?ただし、ちゃちなプライドが邪魔をして謝罪することが出来ない、と。いや、ミスさえ認めたくないと云ったところでしょうか。「意識だけ高い系」なんで、知識もなく、ただただ感情的に相手をなじ [続きを読む]
  • 西尾維新大辞展
  • 27日(木)から、銀座松屋で西尾維新氏の展示会をやっています。木曜日には声優さんも来ていたとか。金曜日は送別会だったので無理、土曜日は朝早くから行きました。荷物が嫌だったので車で行くと到着したのは朝の9時10分。駐車場待ちはまだおらず先頭でしたが、既に行列は松屋銀座を1/4程オーバーするくらいになり、9時半には半周しようか、くらいになって、行列が消えました。ん? 行列が酷くて中に入れたか?45分に駐車場が開 [続きを読む]
  • 森の時計
  • 昨年の11月に日本橋横山町にある森の時計でドイツ製山小屋からくり鳩時計(オルゴールはスイス製)、モデルNo.86740T(356,400円!)を買ったのですが、8ヶ月足らずでからくりが動かなくなりました。で、電話で症状を話すと、着払いで送ってください、とのことでした。それから三日程(土日をカウントしないと1日)で電話が来て直ったとのこと。なんでもドイツの職人の中にもうまい下手があって、あまりうまくない職人が仕上げただろう [続きを読む]
  • パッソの整備
  • パッソを買って5年。ここ半年のパッソは消耗品の交換時期にきているようです。昨年の12月、2〜3ヵ月前からどうも右後ろのタイヤの空気が抜けるようになり、一ヶ月もすると1.8くらいにまで空気圧が下がるようになりました。タイヤ店に行くと「パンクしています」と言われました。釘が刺さっていたようです。最近のタイヤは性能が良すぎです(^_^;)パンクとは分からなかった??前日まで普通に動いていたのに、朝、エンジンがかから [続きを読む]
  • まだ神様が眠っているあいだに
  • えっ、川越美和さんが9年前に亡くなっていた!? デビュー当時は特別好きなわけではなかったのですが、「〜1991〜 まだ神様が眠っているあいだに」と云うアルバムを聞いてからファンになりました。写真集も買いました。そんな彼女が酒浸りと薬漬けの日々で最後は羽田空港近くのアパートで孤独死だったのかぁ。切ないものですね。それでは今日は「フェラーリ乗り」さんからの長いコメントに対して答えていきましょう。『「稚拙なアン [続きを読む]
  • リチャード・ダッド生誕200周年
  • リチャード・ダッドはイギリス生まれの画家です。生年月日は1817年8月1日。つまり、今年は生誕200周年の記念年になります。波乱万丈の人生を送った画家は多いのですが、リチャード・ダッドはその中でも群を抜いて惨めな人生を送りました。若くして才能を発揮したダッドは24歳の時にお金持ちのお抱え画家としてヨーロッパ及び中東旅行に随行しますが、「このままではおかしくなる」と感じて旅の途中で自宅に戻ります。25歳の時に父 [続きを読む]
  • しいたけ栽培
  • しいたけ栽培も始めることにしました〜( ´∀`)まず原木を買ってきます。「しいたけビット」と呼ばれるコマ打ち専用のドリルの先を買ってきて、リョービのマイドリルで穴をあけようとすると…すぐに噛みます( ´_ゝ`)しかも逆回転ができないので、外れません(ToT)一日悪戦苦闘して打てたこまは100コマ程。すぐに噛むので一度木工ドリルで穴を開けてからしいたけビットで穴を開けることにしましたが、木工ドリルさえ噛んで動かなく [続きを読む]
  • 軒菖蒲(のきしょうぶ)
  • ゴールデンウィークは代休消化もあり、9連休となりました。こんな長い休暇は何年ぶりでしょう! しかしながらどこにも遊びに行かず(買い物には行きましたが(^_^;))、庭の整備に精を出しました。この休暇間に、薪小屋の薪の乾きが悪いのを解消するため、下をコンクリート打ち(正確にはモルタル打ち)することで地面からの湿気を防ぐことにしました。枠で囲い砂利を敷きモルタルを流し込む。薪小屋が風で飛ばされないようにアンカー [続きを読む]
  • 薪ストーブの手入れの講習会に参加
  • 15日(土)は、ファイヤーライフ埼玉西での講習会に参加して来ました。煙突を外し、煙突掃除や本体の手入れのやり方について教えてもらいました。分かったことがあります。たくさんあった本棚を燃やしたんですが(父の本はぼくの本がいっぱいで書庫に入りきらなかったので、二束三文で売った)、それのせいで煤が多く出て煙突の内側にタール付着して煙突が詰まり、継ぎ目から煙が出たようです。薪が悪いとそうなるのだとか(^_^;)本棚な [続きを読む]