JAKUTAKU さん プロフィール

  •  
JAKUTAKUさん: 〜 健康への旅日記 〜
ハンドル名JAKUTAKU さん
ブログタイトル〜 健康への旅日記 〜
ブログURLhttp://kenkoutabi.blog113.fc2.com/
サイト紹介文東洋医学・西洋医学・食育・運動・自己啓発・美容などの健康情報を気の向くままに書いていく情報日記♪
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供7回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2010/03/15 18:10

JAKUTAKU さんのブログ記事

  • ハチミツで乳児ボツリヌス症
  •   蜂蜜からボツリヌス菌 生後6カ月の赤ちゃん死亡 東京・足立区で、生後6カ月の赤ちゃんが蜂蜜入りのジュースを飲んで死亡していたことが分かりました。 生後6カ月の男の赤ちゃんは、2月20日に呼吸不全などの症状が出たため救急搬送され、先月30日に死亡しました。家族は赤ちゃんに離乳食として蜂蜜入りのジュースを与えていたということです。赤ちゃんの便や蜂蜜からボツリヌス菌が検出されたことから、東京都は、死因を蜂蜜 [続きを読む]
  • 半数以上がチャイルドシートを正しく使えていない?
  • チャイルドシート、6割が誤使用 致死率29倍にもチャイルドシートの取り付け、ここに注意 チャイルドシートの約6割が誤って取り付けられていることが、日本自動車連盟(JAF)などの調査でわかった。誤った使い方では「事故での致死率が約29倍になる」とのデータもある。安全審査に合格していない製品も流通している。国土交通省が近く注意を呼びかける方針だ。 JAFが昨年11月、全国16の商業施設や動物園などの駐 [続きを読む]
  • 2017年あけましておめでとうございます!
  •     あけましておめでとうございます昨年は、ほとんどこちらのブログは放置ぎみでした…(反省)なかなか記事を書いている時間もなく、月1も更新できていないていたらく(--;)今年は去年より記事が書けるようにがんばっていく予定なので、どうぞ本年もよろしくお願いいたします! [[ 目次 / 全記事はこちらから ]]↓役に立った・わかりやすかったなど、よかったらポチッとヨロシクお願いしますm(_ _)m  [続きを読む]
  • 洗濯表示が変わりました。
  • 12月から新しい洗濯表示に変わりましたね^^;世界標準のためらしいですが、日本で使ってたやつのほうが慣れているしデザインもわかりやすかったのに…とはいえ、もう変わってしまったものに文句をいってもしょうがないので、なんとか覚えて慣れていくしかありません。なので、今回は自分のためでもありますが、新洗濯表示について書いていきます。(文章ならびに図は消費者庁公表資料(pdf)を参考・引用しています。)    [続きを読む]
  • 近赤外線でがん治療
  •  光でがん細胞を退治、全身転移にも効果   マウスで成功、3年後には人間にも治験 人体に無害な光の近赤外線を当て、がん細胞を攻撃する免疫システムを活性化させ、がん細胞を退治する治療法の開発に米国立衛生研究所の小林久隆研究員らが成功した。 まだ、マウスの実験段階だが、1か所のがんを治療すれば、遠くに転移したがんも消える画期的な効果があるという。米医学誌「サイエンス・トランスレーショナル・メディシン」 [続きを読む]
  • キスマークで死亡?脳梗塞の原因に
  • キスマークで死亡? 17歳少年を突然襲った悲劇メキシコの首都メキシコシティーで、17歳の少年がガールフレンドにつけられたキスマークが原因で死亡したと報じられている。17歳の少年フリオ・マシアス・ゴンザレスさんにとって、まさに「死の接吻」となった。インデペンデント紙によると、医師は24歳のガールフレンドがつけたキスマークが原因で脳梗塞になったと考えている。地元メディア「Hoyestado.com」によると、女性がキスし [続きを読む]
  • 夏〜秋にかけての養生法・健康法
  •   夏のお盆を過ぎるとだんだんと日も短くなり、涼しい日も出てきますよね。過ごしやすくなっていく時期はずですが、このときに体調が崩れる人もみえます。今回はそんな夏から秋にかけての注意点を紹介していこうと思います夏の不養生や疲れが出てくるのがこの時期です。過ごしやすくなっても食欲不振や倦怠感・だるさ・風邪気味などといった症状が続き、「夏バテ」ならぬ 「 秋バテ 」 と言った状態が起こります。この疲れ [続きを読む]
  • 夏の養生法・健康法
  • 日本の夏は高温多湿で、熱中症になってしまう人も多くみえます。今回は、そんな「 夏 」に気をつけることを、東洋医学の視点を入れながら紹介していきます 夏は、すべてのものが盛んになり美しく成長する季節です。陽気がもっとも盛んになり、万物を成長・上昇させて、身体を活動的にさせます。そんな夏は、東洋医学の五行でいうと 『 心 』 が大きく関わってきます!「 心 」には次のような働きがあります。    -  [続きを読む]
  • 今度は名古屋で不正請求か…
  •   マッサージ費水増しで返還請求名古屋市で訪問マッサージの治療院を経営する業者が療養費を水増しして請求するなどして、約1500万円を不正に受け取った疑いがあるとして、医療保険を運営する広域連合が返還を請求しました。療養費を不正に受給したとされているのは名古屋市で訪問マッサージの治療院を経営していた「MRC」です。愛知県後期高齢者医療広域連合によると、業者は去年9月、マッサージ師を高齢者の介護施設 [続きを読む]
  • 伊勢志摩サミットの影響に注意しましょう
  •   2016年5月26日から27日にかけて、三重県志摩市において「 第42回主要国首脳会議(伊勢志摩サミット) 」が開催されます。それに伴い25〜28日の間、いろいろな影響が発生しますの注意してください!三重・愛知の人だけでなく、周辺の移動や物流にも関係しますし、特別警戒は全国各地で行われるため、多くの人が注意しないといけない状況です。そのなかでも、特に影響があるのが下記の3つです↓① 交通規制の影響② 配 [続きを読む]
  • エコノミー症候群と震災
  • エコノミー症候群と震災・車中泊についてのニュース記事があったので引用させていただきました。エコノミー症候群、なぜ多発 「きわめて異常な状況」   肺塞栓症(エコノミークラス症候群)を防ぐには 「経験したことのない、きわめて異常な状況。非常に危機感を感じている」 肺塞栓(そくせん)症(エコノミークラス症候群)とされる患者が17、18日の2日間で10人搬送された済生会熊本病院の中尾浩一副院長は話す。 [続きを読む]
  • 2016年4月からおくすり手帳の制度が変わり、損をする人も!?
  • 病院での診察を終え、調剤薬局にて薬剤師 「おくすり手帳ありますか?」   A  「あ、今日おくすり手帳忘れてしまいました〜」薬剤師 「じゃあこのシールを帰ったら貼っておいてくださいね」というやりとりをして、そのまま放置。おくすり手帳を活用していない・持っていない人が結構多いのではないでしょうか^^;まぁかくいう私も活用していない一人ですが…(苦笑)しかし2年に1回の医療費の改定で、今度の4月からおく [続きを読む]
  • ロキソニンに新たな副作用が追記
  • 多くの人がロキソニンを使っているため、多くの反響が出ているみたいなのでここでも採りあげますね↓  ロキソニン、重大な副作用に大腸閉塞など      −使用上の注意に追記 医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウム内服液60mgなど)の使用上の注意について、厚生労働省が「重大な副 [続きを読む]
  • ツボ押しの注意点
  • 「ツボの探し方 その1 その2 その3」 「ツボの押し方」 の続き日常的に簡単に行えるツボ押し。簡単な反面、やり方を間違えると逆効果になることもあるので、今回はQ&A方式で注意点を紹介していきますね  Q. ツボを押していけないときはありますか?A. 急な腹痛・下痢・激しい頭痛・めまい・ひどい炎症・高熱があるときはまず病院にいきましょう。重大な疾患の場合は、病院にいくのが先決です。また、妊娠中のツボ [続きを読む]
  • ツボの押し方
  • 「ツボの探し方 その1 その2 その3」で、ツボの位置はつかめるようになったと思います今回は、そのツボに対する「 ツボの押し方 」を説明していきますね。まずツボ押しは、心身ともにリラックスした状態で行うのが基本となります。緊張して筋肉が硬くなってしまったら正しいところに指が入りにくくなってしまいます。深呼吸をしたり、軽くツボ周辺をさすってみたり、お風呂に入ったりして、まずは自分なりのリラックスし [続きを読む]
  • 運動で認知症予防
  • 脳の萎縮予防、中年期の運動が決め手に 米調査中年期の運動能力の低さと、年を取ってからの脳の萎縮には関係があるという調査結果が、このほど神経学会誌のオンライン版に発表された。脳は年を取ると萎縮して認知機能を低下させ、認知症につながることもある。しかし研究チームによれば、運動によって脳の萎縮や認知機能の低下を食い止められる可能性があるという。米ボストン大学などの研究チームは、認知症や心疾患のない平均 [続きを読む]
  • ゲームと攻撃性について
  • 暴力的なゲームで遊んだ子どもは「攻撃的」になるのか:英国の長期調査1991年から1992年にかけて生まれた1,800人の子どもに対する長期調査で、8歳のころに暴力的なゲームで遊ぶとその後の攻撃的行動やうつ的な傾向につながる可能性はあるかが分析された。子どものころに暴力的なゲームをプレイすると、暴力に走りやすい性格やうつ的な傾向が生じやすいかについて、長期調査に基づく論文が発表された。英国に拠点を置く研究者のグ [続きを読む]
  • カフェイン中毒にはご注意を
  • 昨年末に20代男性がカフェイン中毒でなくなるという事件がありました。  カフェインで中毒死  20代男性 眠気覚まし 飲料常用 九州地方で今年、眠気覚ましをうたうカフェイン入り清涼飲料水を長期にわたって日常的に飲んでいた20代男性がカフェイン中毒で死亡していたことが、福岡大法医学教室の分析で分かった。胃の内容物にはカフェイン錠剤の可能性がある破片も混じっていたが、同教室は飲料の大量摂取が原因とみ [続きを読む]
  • ツボの探し方 その3
  • 前の記事は  ツボの探し方   その1   その2前回は、? 目印となる骨やシワ・筋肉を見つけ、 ? 目印から指で距離を測ったり、骨をたどったりしておおまかな位置をつかむ というところまで説明しましたね^^ここから ? ツボの反応みて、正確なツボの位置を探る ということなんですが、これがけっこう難しいです。まずおおまかな位置をつかんでもらいましたが、そこから指先の感覚を集中させてツボの反応を見て [続きを読む]
  • ツボの探し方 その2
  • 前の記事は ツボの探し方 その1前回は、指を使うことを説明しましたね今回はさらに詳しい話をしていきます。    〜 ツボ探しの流れ 〜 ? 目印となる骨やシワ・筋肉を見つける ? 目印から指で距離を測ったり、骨をたどったりしておおまかな位置をつかむ ? ツボの反応みて、正確なツボの位置を探る ? ツボに適度な刺激を与えるこれがツボ探しのおおまかな流れです私たちプロでも、この流れで探していきます。 [続きを読む]
  • ツボの探し方 その1
  • これから色々な“ ツボ ”を紹介していきますが、それも正しく刺激することができなければ、期待通りの効果を出すことはできません。なので、ツボを紹介する前に 「 ツボの探し方 」 と 「 ツボの押し方 」 について説明していきます。今回は「 ツボの探し方 」を採りあげていきますねまず、よく鍼灸のツボ探しには“ ○○から指2本分上  ”などという記述が出てきます。ツボの位置を測るときには、自分の指の横 [続きを読む]
  • 日常使えるツボの話 - はじめに。
  •           鍼灸や東洋医学のことを知らなくても、 「 ○○のツボ 」「 この症状にはこのツボを押したほうがいい 」 など、 “ ツボ ”という言葉を一度は見聞きしたことがある人が大半だと思います。一般的に “ ツボ ” と呼ばれるものは、専門的には “ 経穴(けいけつ) ” と呼びます。経穴は身体におきている異常に対応して現れ、経穴を刺激することで身体のバランスを調整したり、症状の緩和を [続きを読む]
  • 今年のインフルエンザワクチンは高い?
  • 10月に入って少しずつ寒くなってきましたね^^こうなってくると、そろそろインフルエンザの話が出てくるわけですが、今年はそのインフルエンザのワクチンの事情が違うようです・・・  インフルエンザワクチン 今季は大幅値上げへ インフルエンザの流行を前に、今シーズンのワクチン接種料金が、昨年より大幅に値上げされそうだ。ワクチン効果を上げようとしたために製造原価が上がり、医療機関への卸価格が、昨年の5割増 [続きを読む]
  • 精油が身体に作用するメカニズム その1
  • 精油はすばらしい効果を持っていますが、「どうやって身体に効いているの?」と疑問に思っているかたもみえるかもしれません。今回はそのメカニズムを説明していこうと思います精油は、心と体に効果をもたらす理由はそのメカニズムにあります。その経路とは・・・  ? 嗅覚のルート (鼻から大脳へ)  ? 肺からのルート (鼻から肺へ)  ? 皮膚からのルート (皮膚から血管へ)この3つの経路を通って体内に吸収さ [続きを読む]
  • キスすればアトピーが良くなる!?
  • アトピーにはキスが効果的? イグ・ノーベル賞に日本人 世の中を笑わせ、考えさせた研究や業績に贈られる今年の「イグ・ノーベル賞」の発表が17日、米ハーバード大であった。キスをするとアトピー性皮膚炎患者のアレルギー反応が弱まることを示した大阪府寝屋川市の開業医、木俣肇院長(62)が医学賞をスロバキアの研究者らと共同受賞した。日本人の受賞は9年連続となった。 木俣さんは授賞式には出席せず、19日にマサ [続きを読む]