小説塾「遊房」公式ブログ さん プロフィール

  •  
小説塾「遊房」公式ブログさん: めざせ!公募小説新人賞
ハンドル名小説塾「遊房」公式ブログ さん
ブログタイトルめざせ!公募小説新人賞
ブログURLhttps://ameblo.jp/gesaku/
サイト紹介文小説、シナリオ、公募、小説指導などに心当たりのあるかた必見です
自由文これまで多くの新人作家を、公募から世に送り出してきた、本格小説塾「遊房」の提供する公式ブログです。小説の書きかた、発想法など、役に立つものが満載です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供475回 / 365日(平均9.1回/週) - 参加 2010/03/15 14:46

小説塾「遊房」公式ブログ さんのブログ記事

  • 希望の党の凋落は本当に「排除」だったか?から学ぶ、ストーリーとしてのことばのあり方
  • 「排除」発言を引き出した記者が見た「小池百合子の400日」 https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171024-00053285-gendaibiz-polこのブログはこの記事を受けてのものですが、この記事の稚拙さを指摘するものではありません。また、私自身は小池嫌い人間ですが、どちらの味方でなく、解説していることを理解ください。 私は排除ということばに、小池の失態はないと思っています。たとえば自民党。実はかつての民進党以上に [続きを読む]
  • 作品と人間性が同化すると、公募受賞は近い。という話。
  • こういうことばがあります。 ひとりの作家を批評することは容易であるが、その作家の真価を評価することはむずかしい。 これは私は作品に対する評価と人間性に対する評価の違いを表したものですが、私はイコールにならないと、塾生諸君は公募で受賞という、第一関門を突破することはできないんじゃないかな、と最近思うのです。 こういう話があります。実は何度もここで言っていることではあるのですが、母親の悪の部分を書いてみ [続きを読む]
  • 共演者を描くということについて少し解説しましょう。
  • あなたの回りにいる人間は、あなたの人生という芝居、あるいは小説の共演者になりうる。 ということばがあります。 ドイツだったかの作家だった気がします。 ま、それはともかく、実は当たり前のことなんですが、お話に登場する共演者というのは、必ず、みなさんと今日を生きている人に限られている。という基本型をわかっていただきたいわけです。 つまりすでに死んだ人、歴史上の人物と共演ということはあり得ないわけです。 死 [続きを読む]
  • 日本語だからできる小説上の名前に付け方
  • なさそうでありそう。ありそうでたぶんない。小説の人物名。かみじょうのぼる。普通にある名前なんですが、実はこれ、上上上と書きます。日本語の場合、音読み訓読みだけでも二つの表音があり、それが場合によっては、この「上」のように、「かみ」「じょう」「のぼり」「あがる」「うえ」というように、5つも6つも読めることがあり、これがある意味、面白いキャラクター設定にも繋がっていくわけです。 たとえば鶴屋南北にあや [続きを読む]
  • 大御所の意味も知らないで、大御所と書く記者の無能。
  • https://news.infoseek.co.jp/feature/entertainer_legend/ このサイトに大御所とありますね。 この中で大御所は何人いるか、ご存じですか?答えはゼロです。 しいていえば、北島三郎さんが、もう少したてば、大御所になる可能性はありますね。え?と思う方、おいででしょうね。 若い頃、親しくしていただいた松方も、渡瀬もですが、すでに亡くなった方は大御所とはいいません。つまり生きている方のみ、大御所の称号になります。 [続きを読む]
  • 明治大正昭和 猟奇女犯罪史。兄貴が役者で出ていたよ。
  • 明治大正昭和 猟奇女犯罪史https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E6 CSで石井輝男さんの監督で天尾完次さんがプロデュース。兄貴が助監督で作られたB級映画。 林真ちゃんまでが、といっても、デビュー当時は信長役をやる主役級だったんですけどね。京都の高級クラブの男めかけになって成り下がった人で、私もよく彼の店で散財したものですが、その彼がちょい役で出ておりまして、まあ、そのレベルではちっとも驚かんのですが、冒 [続きを読む]
  • 希望の党から「希望」「願望」「欲望」を考えてみましょう。
  • 小池都知事は希望の党という、自分自身の欲望の党を作ったと揶揄されています。 ま、それはともかく、「希望」「願望」「欲望」の3つについて、少し検証しておきましょう。 まず共通する「望」というのは「亡」「月」「壬」という意味を持つ表意語です。 この「壬」は 陽甲丙戊庚壬陰乙丁己辛癸 上述のこれでもわかるように、十干の9番目を意味し、ミズノエともいうことでわかるように、水を意味します。 京都の新選組屯所で知 [続きを読む]
  • 安倍晴明の五芒星紋、いわゆる桔梗紋にまつわるミステリの素材話。
  • このマークをみて五芒星と即座におっしゃる方は、相当安倍晴明ファンということでしょうか。 京都の一条、戻り橋の近くにある晴明神社には、至るところにこの五芒星紋が描かれています。 この五芒星というのは、一筆書できる星形紋というわけですが、これは別名、桔梗紋といいます。 上述の五芒星の桔梗紋は安倍晴明の紋ですが、一般的な桔梗紋というのは、 このような桔梗の花紋が原型になっています。 実際の桔梗と比べると [続きを読む]
  • 気功は存在するか。というインチキ臭いストーリーを考えてみましょう。
  • 気功というと手を使わないで、大の男を投げ飛ばしてしまう、中国のいかがわしい技っぽいものを想像しますが、そういういかがわしいものではなく、「気」という部分でいいますと、目に見えないけれど、存在するといわれています。 たとえば「気」が含まれる熟語を考えてみましょう。元気。これは元気になるというように使われますが、元々存在する「気」であり、それはたとえばやる気であったり、根気というように、目に見えないけ [続きを読む]
  • ロケットマンという揶揄語とストーリー上の風刺について。
  • 一番わかりやすいのは、たとえば、このブログを書きはじめた一番最初のものが、今の時代に理解されるか、ということでわかるように思うのですが、要するに時事的なことというのは、個人的な見解でいえば、こと小説やドラマの中では、必ずといっていいほど風化、色あせてしまうということを理解してほしいのです。 このロケットマンという揶揄は、今だから通用する泡沫の流行語に過ぎません。 ずいぶん以前、チョベリバということ [続きを読む]
  • 24日のオールカマーと神戸新聞杯のズバリ軸馬。
  • オールカマーは絞り込みが難しく、必要な方以外は、神戸新聞杯1本に絞って配信させていただいています。 まず、絞り込みが難しいオールカマーも神戸新聞杯も、軸馬候補は1位馬です。 ただオールカマーは2、4位馬の入線率が高くなっています。 神戸新聞杯は4、7位馬辺りが人気になる可能性がありますが、指数的には確実性に欠けます。 参考になさってください。 [続きを読む]
  • 2017年残り100日の運勢
  • 残り100日の運勢は・・・残り100日運勢みくじをひく2017年ラストスパート!あと100日でしたいことは? いいですねえ。両手に花。片手に焼酎。片手に明太子。来週は奥ちゃまの両親がお土産の家庭で使用用の明太子を旦過市場で買って来てくれると思うので、このおみくじ当たっています。 その翌日は箱根に温泉旅行に出かけます。 まだまだこの世に滞在しましょう。 [続きを読む]