worldmusic さん プロフィール

  •  
worldmusicさん: 私の至福の音盤たち
ハンドル名worldmusic さん
ブログタイトル私の至福の音盤たち
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/junpapayoko
サイト紹介文音楽が無いと生きていけないオジサンの音楽ブログです
自由文音楽と相撲とマンガをこよなく愛する中年オヤジです。
学生時代からレコード収集を開始、ロック、黒人音楽、歌謡曲にはじまり、アジア、アフリカ、ラテン、アラブと世界各地の音楽に興味が拡散し、収拾がつかなくなって現在に至る。最近はローン等で金欠病になり、ほとんど新作を買えなくなりましたが、1000点を超えるコレクションを少しずつ聴いて楽しんでおります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供13回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2010/03/15 21:20

worldmusic さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 「エル・タンゴ」ミルバ&アストル・ピアソラ
  • 父が愛した音楽 「エル・タンゴ」ミルバ&アストル・ピアソラ  1986年 イタリア/アルゼンチン あと数時間で2017年も終わろうとしているが、今年は自分にとっての厄年だったような気がする。自分も家族もそれそれが嫌なことが多かった。もちろんいいことが無かったわけではないのだが、秋から年末にかけては嫌なことの連続だった。正直、今も気分は晴れていない。その最大の出来事が、11月の父の急死だった。 9月で88歳になっ [続きを読む]
  • 「中村とうよう 音楽評論家の時代」
  • 待望の評伝 「中村とうよう 音楽評論家の時代」田中勝則著 2017年 日本 約1年前に出版された「とうようずレガシー」をレビューした際に、同署をまとめられた田中勝則氏に「中村とうようさんの評伝を書いてほしい」と書いたのだが、やはり書いていらっしゃったんですね。その本が6月18日に出版されました。私はオフィス・サンビーニャの通販で23日に入手しました。600ページ近い大冊でしたが、一気に読んでしまい [続きを読む]
  • 「タイマーズ」
  • こんな時代だからこそ清志郎に居てほしかった 「タイマーズ」タイマーズ 1989年 日本 5月3日の憲法記念日、安部首相は改憲派の集会で2020年までの改憲実現を明言した。自分は安部など極右政治家と認識しているからいまさらと言う感じもするが、残念ながら国民の多くはそう認識していないようで、森友学園問題や閣僚の失言続き、挙句の果てに共謀罪まで持ち出してきたにもかかわらず、支持率は一向に下 [続きを読む]
  • 「VERY GOOD!!!」チャック・ベリー
  • 追悼、ロックンロール大将 「BERY GOOD!!!」チャック・ベリー 1983年 アメリカ またも3カ月ぶりの更新になってしまいました。どうもこのところ疲れやすくて、歳かなあ…なんて思っていたら、飛び込んできたのがチャック・ベリーの訃報でした。3月18日のこと、享年なんと90歳。しかもバリバリの現役で、今年はニューアルバムの発売も予定されていたとかいうから恐れ入ります。歳だなあなんて言ってる [続きを読む]
  • 「VERY GOOD!!!」チャック・ベリー
  • 追悼、ロックンロール大将 「BERY GOOD!!!」チャック・ベリー 1983年 アメリカ またも3カ月ぶりの更新になってしまいました。どうもこのところ疲れやすくて、歳かなあ…なんて思っていたら、飛び込んできたのがチャック・ベリーの訃報でした。3月18日のこと、享年なんと90歳。しかもバリバリの現役で、今年はニューアルバムの発売も予定されていたとかいうから恐れ入ります。歳だなあなんて言ってる [続きを読む]
  • 「Fantôme」宇多田ヒカル
  • 声の説得力 「Fantome」宇多田ヒカル 2016年 日本 皆さんお久しぶりです。何と前回更新から3カ月もたってしまいました。過去最高のブランクです。前回記事にコメントをただいた方にも大変失礼いたしました。9月から11月までメチャクチャ忙しくて、全くブログに触れることすらできませんでしたが、年末のこの時期になってようやく一息つけたので、久しぶりの更新です。 で、最近一番の愛聴盤 [続きを読む]
  • 「Fantôme」宇多田ヒカル
  • 声の説得力 「Fantome」宇多田ヒカル 2016年 日本 皆さんお久しぶりです。何と前回更新から3カ月もたってしまいました。過去最高のブランクです。前回記事にコメントをただいた方にも大変失礼いたしました。9月から11月までメチャクチャ忙しくて、全くブログに触れることすらできませんでしたが、年末のこの時期になってようやく一息つけたので、久しぶりの更新です。 で、最近一番の愛聴盤 [続きを読む]
  • 「シンクロニシティ」ポリス
  • 80年代ロックの至宝 「シンクロニシティ」ポリス 1983年 イギリス  私が洋楽を本格的に聴きはじめたのは、大学生になった80年代初頭からである。特に、82年にレコードプレイヤーとステレオラジカセを買い、NHK−FM(そのころ大学のあった地域では、民法FM局は無かった)の洋楽リクエストでエア・チェックしたヒット曲を頼りに、当時全盛であった貸しレコード屋へ足しげく通って、はやりものの洋楽アルバムを借りては、カセット [続きを読む]
  • 「シンクロニシティ」ポリス
  • 80年代ロックの至宝 「シンクロニシティ」ポリス 1983年 イギリス  私が洋楽を本格的に聴きはじめたのは、大学生になった80年代初頭からである。特に、82年にレコードプレイヤーとステレオラジカセを買い、NHK−FM(そのころ大学のあった地域では、民法FM局は無かった)の洋楽リクエストでエア・チェックしたヒット曲を頼りに、当時全盛であった貸しレコード屋へ足しげく通って、はやりものの洋楽アルバムを借りては、カセット [続きを読む]
  • 「TOKYO BLACK HOLE」大森靖子
  • さらなる進化「TOKYO BLACK HOLE」大森靖子 2016年 日本 まだ梅雨空が続いてますが、気温はだいぶ上がってきて夏らしくなってきました。夏の蒸し暑さは昔から苦手なのですが、娘たちが夏休み気分になってくるので、「あ〜どこか行かなくちゃ」という変な義務感にも追い立てられるのがこの時期のつらいところです。そんな夏の日々のBGMとして、最近よく聞いてるのがこれ。大森靖子のメジャーセカンドアルバム [続きを読む]
  • 「TOKYO BLACK HOLE」大森靖子
  • さらなる進化「TOKYO BLACK HOLE」大森靖子 2016年 日本 まだ梅雨空が続いてますが、気温はだいぶ上がってきて夏らしくなってきました。夏の蒸し暑さは昔から苦手なのですが、娘たちが夏休み気分になってくるので、「あ〜どこか行かなくちゃ」という変な義務感にも追い立てられるのがこの時期のつらいところです。そんな夏の日々のBGMとして、最近よく聞いてるのがこれ。大森靖子のメジャーセカンドアルバム [続きを読む]
  • 「ベイビー・ユニヴァース」ヤドランカ
  • サラエボから来た歌姫 「ベイビー・ユニヴァース」ヤドランカ 1996年 旧ユーゴスラヴィア(ボスニア・ヘルツェゴヴィナ)  5月後半はまたしても超多忙な日々が続き、ブログの更新ができませんでした。久しぶりに書く今回の記事もまた訃報ですが、亡くなられたのは5月3日ですから、もう1カ月も前になってしまいました。でも、ボウイやプリンスやウェンバと比べても引けを取らない偉大なミュージシャンだと思いま [続きを読む]
  • 「ベイビー・ユニヴァース」ヤドランカ
  • サラエボから来た歌姫 「ベイビー・ユニヴァース」ヤドランカ 1996年 旧ユーゴスラヴィア(ボスニア・ヘルツェゴヴィナ)   5月後半はまたしても超多忙な日々が続き、ブログの更新ができませんでした。久しぶりに書く今回の記事もまた訃報ですが、亡くなられたのは5月3日ですから、もう1カ月も前になってしまいました。でも、ボウイやプリンスやウェンバと比べても引けを取らない偉大なミュージシャンだと思いま [続きを読む]
  • とうようず・レガシー
  • とうようさんの遺産を読みつくす 「とうようず・レガシー」 2016年 日本(書籍) オフィス・サンビーニャに予約しておいた書籍「とうようず・レガシー」が届いた。2011年に亡くなった音楽評論家の中村とうようさんの関連本である。公式発売日は本日15日だが、我が家に届いたのは一昨日の13日。ちょっと得した気分だったが、それより手に取って、そのずしりとした重量感に感動。ああ、やっぱり買ってよかっ [続きを読む]
  • とうようず・レガシー
  • とうようさんの遺産を読みつくす 「とうようず・レガシー」 2016年 日本(書籍)   オフィス・サンビーニャに予約しておいた書籍「とうようず・レガシー」が届いた。2011年に亡くなった音楽評論家の中村とうようさんの関連本である。公式発売日は本日15日だが、我が家に届いたのは一昨日の13日。ちょっと得した気分だったが、それより手に取って、そのずしりとした重量感に感動。ああ、やっぱり買ってよかっ [続きを読む]
  • 「SIKU YA MUNGU」パパ・ウェンバ
  • アフリカ1の伊達男逝く 「SIKU YA MUNGU」パパ・ウェンバ  1988年 コンゴ プリンスの急逝から間もない4月25日、またも衝撃的な訃報が飛び込んできた。コンゴの出身の世界的ミュージシャンであるパパ・ウェンバの急逝である。24日にコート・ジヴォワールでの演奏中に倒れ、そのまま息を引き取ったという。まさに壮絶な最期だった。66歳だが、まだまだ元気に活動中だったので、ショックも大き [続きを読む]
  • 「SIKU YA MUNGU」
  • 伊達男逝く 「SIKU YA MUNGU」パパ・ウェンバ  1988年 コンゴ プリンスの急逝から間もない4月25日、またも衝撃的な訃報が飛び込んできた。コンゴの出身の世界的ミュージシャンであるパパ・ウェンバの急逝である。24日にコート・字ヴォワーるでの演奏中に倒れ、そのまま息を引き取ったという。まさに壮絶な最期だった。66歳だが、まだまだ元気に活動中だったので、ショックも大きかった。&nbs [続きを読む]
  • 「パレード」プリンス&レボリューション
  • 孤高の貴公子よ永遠に 「パレード」プリンス&レボリューション 1986年 アメリカ ようやく訃報以外の記事を書けたと思った矢先、またも大きな訃報が!プリンスの急死のニュースが世界を駆け巡ったのは、4月21日。奇しくも私の○回目の誕生日であった。(泣) 偉大なミュージシャンの死ももはや慣れっこになってしまった感があるが、今回の訃報には格別感慨深いものがある。自分とあまり歳も変わらない(プリンスの [続きを読む]
  • 「パレード」プリンス&レボリューション
  • 孤高の貴公子よ永遠に 「パレード」プリンス&レボリューション 1986年 アメリカ ようやく訃報以外の記事を書けたと思った矢先、またも大きな訃報が!プリンスの急死のニュースが世界を駆け巡ったのは、4月21日。奇しくも私の○回目の誕生日であった。(泣) 偉大なミュージシャンの死ももはや慣れっこになってしまった感があるが、今回の訃報には格別感慨深いものがある。自分とあまり歳も変わらない(プリンスの [続きを読む]
  • 「暗黒への挑戦」EW&F
  • 追悼モーリス・ホワイト 「暗黒への挑戦」EW&F 1975年 アメリカ  最近、60〜80年代に活躍した大物ミュージシャンの訃報が続いている。前回記事を書いたデヴィッド・ボウィもそうだが、同じころグレン・フライもなくなり、そしてモーリス・ホワイトの訃報が飛び込んできた。彼については、数年前から体調を崩していた(パーキンソン病?)というニュースが入っていたため、今回の訃報もそれほど驚きではなかっ [続きを読む]
  • 過去の記事 …