ゴロー・O さん プロフィール

  •  
ゴロー・Oさん: 写日記@ヨーロッパの田舎
ハンドル名ゴロー・O さん
ブログタイトル写日記@ヨーロッパの田舎
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/tojamokijp
サイト紹介文30数年前からヨーロッパ6カ国に駐在しました。永住を始めたポーランドからの写真とエッセーです。
自由文美しい自然と動物、それに歴史が大好きです。写真を中心にポーランドのあまり知られていない側面をお見せしたいです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供313回 / 365日(平均6.0回/週) - 参加 2010/03/16 02:42

ゴロー・O さんのブログ記事

  • 黄葉の田舎道を走る♪♪
  • ワルシャワは20度には達しなかったが まだ暖かい天気が続いている陽光に照らされたカラフルな道を走るのは楽しい南郊外のゴルフ場近辺はどこも田舎だが 特に小さな道を走ってみたここでは車から降り暫く歩いた 落ち葉が積もり まさに黄金の小道だ見上げると 陽光に黄金色の葉がキラキラと輝いていたサイクリングに最適の道だだが残念ながら自転車を積んでこなかったオッ!? 紅葉の小さな木々が並んでいた 植木栽培のようだポー [続きを読む]
  • ゴルフ場でキツネが逃げない!
  • ワルシャワ南郊外のゴルフ場 いい天気に恵まれたのでプレー1番ホールを終えて2番ホールに来た所で ナヌナヌ?目の前を動物が通り抜けた キツネ!御覧の通り近い 10mくらい 女性用のティーグランドを通っている2番ホールはショート 旗が立っている所がグリーンだキツネはすぐに止まり 何かを狙っている感じ精悍な顔つきに思わず見惚れたキツネは飛び付いて何かを捕え食べたここでキツネを見たのは初めてではないが 逃げないの [続きを読む]
  • 霧と朝日〜季節外れの暖かさ
  • ワルシャワは火曜の今日もこの季節にしては暖かく 20度を越えたワルシャワ南郊外はかなり濃い朝霧暦の上での日の出は7時4分だったが 朝日が見えたのは7時半頃林の上に太陽が半分くらい出てからやっと確認出来たその10分程前 日の出とは反対の方向だが こんなに霧が濃いこの道を100m程行った正面にあるクラブハウスは見えないこの時の気温は11〜2度 朝からかなり暖かいいつも感じることだが 朝日が昇り 明るくなり出すと霧が濃く [続きを読む]
  • 田舎町の黄葉は今が盛り
  • ポーランドはやっといい天気になり 今日はほぼ全国的に晴れ気温もワルシャワでは21度まで達した20度越えは日本から帰って初めてwwいい天気なので久し振りにワルシャワ南郊外の別荘へ行ったその一番近い小さな町に入ると黄葉の真っ盛りと言った感じだったこれは町の中心にある諸聖人教会これも教会の斜め反対側にある小公園 ここには商店も並んでいる町と言っても人口6300人くらい ま 村の延長かなww久しぶりの陽光の御蔭でまさに [続きを読む]
  • 頭隠し尻隠さずのクジャクww
  • ワルシャワのワジェンキ公園 放し飼いの雄クジャクが餌を食んでいたチラリと私を見た後はお尻をこちらに向けたまま振り向いてもくれない1本だけ残った飾り羽が余計に哀れさを誘うが・・・抜けた跡に新たな腰巻きのような羽毛が生えているどこにいるかと言うと大きなライラック木の下飾り羽を失ったクジャクはこそこそと隠れるような印象があるこんな場所にいるのでクジャクに気付かない人も多いワルシャワのクジャクの場合 新たな [続きを読む]
  • 落ち葉かキノコか
  • 雨の合間を縫って散歩したワルシャワ中央のワジェンキ公園運河沿いの大きな切株にキノコが沢山生えていた撮影しようと近づき始めると オッと 別のキノコを踏みそうになったどこに別のキノコがあるかと言うと・・・芝生のあちこちにwwそれなりに大きなキノコ 団子状態であちこちに生えている先程の写真の芝生 少なくとも5か所にはあるのが見えたかな?落ち葉に似ているので落ち葉かキノコか本当に分かり難い芝生にまでキノコが沢 [続きを読む]
  • 秋色深まるワルシャワ
  • このところのワルシャワはやはりいい天気ではないそれでも雨の合間を縫って散歩をすると秋色がどんどん深まっているショパン像の後ろの木々もこの通り いい色になりつつある2週間ほど前にここに来た時はまだ緑だったワジェンキ公園の池の周りもよく見るとこんなに黄っぽくなっていたもし陽光があれば水面の木の葉共々文字通り『黄金の秋』なのだが・・・落ち葉掻きが雨続きで出来ないのだろう かなり積もっているその所為で水鳥を [続きを読む]
  • 「ア・クックー」とアカゲラに観察されたww
  • ワルシャワの我家の前の小さな林にアカゲラが時々来るようになっただがこの日のアカゲラは少々変わった行動をとったやはり雌アカゲラが枯れ枝の窪み“台所”で松かさを突いていたこれまでと同じ鳥なのか 別なのかよく分からないが 突然飛び立ったアカゲラは飛び立つと暫くは帰ってこないのが普通だところがこの鳥は飛び去らず 正面の松の木にとまったそして木の幹を移動しながら私を見る まるで観察するようにそしてまた飛び立つ [続きを読む]
  • ビルの谷間で毎日頑張る夕陽
  • ワルシャワは秋特有の雨勝ちの天気が続いていると悪口をたたいているだが妙なことに 否 幸いなことにこの処日没直前に夕陽が顔を出した白樺越しに陽光が居間に差し込んで来るので 隣室へ移動して撮影これは一昨日 午後は雨だったし まだ厚い雲が残っていたのに・・・我家から見える空に夕陽が沈み始め すぐ気付く所為かも知れないww夕日は見えなくなった後も頑張ってくれた黒雲に覆われた空を暫くの間 精一杯赤く染めてww昨日も [続きを読む]
  • まるで冬の感じでプレー
  • 昨日の夕霧の記事の続きだが ワルシャワ郊外の別荘で泊まった翌朝ベランダの目の前にこんなものが転がっていた 籐の安楽椅子私の別荘の隣り部屋のベランダに確か置かれていたそれが強風で飛ばされたに違いない こんなのは初めてだったこの日は時折日差しもあったが 午前中はずっと5〜6度そして風があったので体感温度は相当に低かったこのゴルファー達の服装 真ん中の男性は上着を一応脱いでいるだが顔をすっぽり覆った先頭の男 [続きを読む]
  • 素晴しい夕焼け空と夕霧
  • 昨日の日曜午後 雨勝ちの中をワルシャワ南郊外の別荘へ行った夕方までには雨がやむとの天気予報だったからまさにその通りで プレー中に素晴らし夕焼けになった先程の写真の1分前 真ん中より少し右の地平線に夕陽も見えた四方とも地平線まで空 視界の広い所はやはりいい夕陽が沈んだ方向と全く反対の東側 ここも夕焼けそして別荘が並ぶ南側 ここもこんな夕焼け北側を除く3方の空に夕焼けが見えるなんて私は初めての経験だったハ [続きを読む]
  • ラルチャまた? まさか!
  • ペット・ニワトリのラルチャ 姿が見えないが・・・と思いながら探すとこのところ“本宅”で座っていたりする“本宅”にいるのは当たり前 その通りだが ラルチャの場合は・・・“別宅”や“仮宅” それに寝場所等あちこちに居場所があるこれまでの経験からラルチャにとって“本宅”は産卵をする場所だ産卵期が近付くと掃除をするように藁を噛み 座り込んだりするこれはまさにその行為だ そしてとさかが大きく いい色になっている [続きを読む]
  • 久し振りの夕陽で感じたこと
  • このところのワルシャワは雨模様マークがずらりと並ぶ天気予報だしかもそれがよく当たっているから更にウンザリするwwだが昨夕はチラッと夕陽が見えた先程の写真 おどろおどろしく見えるのは手前の白樺の葉ベランダで葉の隙間の夕焼け空を探している間に陽光が見えなくなっただが直前に撮ったこの写真では確かにキラリと光っているwwこれには夕陽が写っているのか写っていないのかよく分からんまた光り出したので葉の隙間を探して [続きを読む]
  • 久し振りのアカゲラ
  • ワルシャワの我家の窓から久し振りにアカゲラを撮ったアカゲラはキツツキの仲間 頭に赤い羽がないので雌鳥だ逆光気味の場所で少し遠いアカゲラは枯れかけた松の枝によくとまる勿論私に気付いて 時々見るが 全く逃げなかった実は1年近くアカゲラをあまり見なかったし 撮らなかったと言うのもそれまでよく来ていた窓の真正面の松その松の枯れかけた太い枝が昨年末に切られてしまった真下は子供達の遊び場でもあり 危険を避けるため [続きを読む]
  • 不気味な空が似合うかな
  • 一時帰国からもう10日程が経ってしまった今回は写真を殆ど撮らなかったが それでも撮った写真を見直すと不気味な感じの写真が続いていた滞在先の堺は昨年のような暑い9月ではなく 天気が不安定だった雨も多めだったし 夕暮れ時にこんな空が続けて出現したこれは9月13日 台風18号が沖縄近辺の海上に居座り始めた頃だこの西側は淡路島や明石 神戸の方向になる私の帰国目的はともに90歳を越えた老齢の両親と一緒に暮らすことだが今回 [続きを読む]
  • 未だに換羽しないオシドリも・・・
  • 先週末にワルシャワのワジェンキ公園で観察したオシドリ雄達はもうすっかり換羽済みでカラフルな繁殖羽に変わっているだがこの鳥は雌ではなく雄に見えるが・・・くちばしを羽毛の中に突っ込んでいるので確認が出来ないこれは居眠りをする時や寒さを感じた時の鳥達の動作だオシドリの群れ 雄と雌が混じっている夏の間 繁殖羽がない雄は雌に似ているが くちばしの色で区別出来る雄のくちばしはオレンジ色 一方で雌は焦げ茶だ雄達は [続きを読む]
  • 雨の秋に逆戻りだが・・・
  • ワルシャワは早朝から典型的な雨の秋に逆戻り天気予報通りなので驚きはしないが やはり気分が重いそしてこれから数日の天気予報も見渡す限り雨マーク・・・その中でプレーする人達を見て少し元気付いた 私は勿論しなかったがおや? 外風呂に素敵な赤い看板が立てられたのに気付いた・・・「貸しアパート」英語だが ポーランドではアパートは少し豪華なマンションを指す私が一時帰国していた間に取り付けたらしい正面に周ると や [続きを読む]
  • 巨大キノコ〜これまた秋だなァ
  • ワルシャワ南郊外でゴルフのプレー中にこんなキノコを見つけたかなり大きく 人のこぶし大くらいはあるそれに伸びた芝を掻き分けると柄も20センチ以上あり長いブッシュに打ち込んで偶然に見つけたものだその隣にもキノコがあったが これもデカかった先程のもこれも多分毒キノコ 誰も収穫せずに残っているからwwキノコを見つける直前のホールで鳥の群れが移動しているのを見たその30分後にもV字を描いて移動する鳥の群れを見たコウ [続きを読む]
  • そして実りの秋 「バシャ」の秋だヮ
  • またワルシャワの赤リスで恐縮だが やはり今は餌の木の実が多い公園を歩くと落ちて来る 落ちて来る 頭にもコチンと一つ当たったマロニエの実 そして地面ではリスが物色していた別のリスが草むらから探し出したのは胡桃のようだポーランドでは胡桃の木も林だけでなく 公園や民家の庭にもあるここはワジェンキ公園の中心にある水上宮近くベンチの上を歩くリスも胡桃のような実をくわているこれは通りがかった人からもらったものか [続きを読む]
  • リス達は食欲の秋
  • ワルシャワのショパン像があるバラ園からワジェンキ公園の林に進んだリスが食事中だった バラ園にいたのとは別のリス遊歩道にある大きな木の裏側注意して見ないと見過ごしてしまうww何の実だろう? もう皮がむいてあるポーランドに栗はないから マロニエの実?近くにいた別のリス やはり同じような実を食べ始めたともかくリス達が忙しそうに歩き回っては実を探し出し食べていたこのリスも探し当てた実を食べるところだった ま [続きを読む]
  • ショパンのバラ園にリス!
  • ワルシャワのショパン像の周りにあるバラ園久し振りに行くとバラの中をリスが歩き回っていたいい天気だったこともあり 観光客も多いリスはすぐ手前 そしてミニバラはまだ一杯花を咲かせているバラ園はワジェンキ公園の一角 公園にリスは数多くいるだがバラ園にはまず来ない 餌になる木の実がないからかなwwところでバラのショパンも沢山咲いていたが もう盛りを過ぎた感じだバラ園で何かを探し回っているリスが私のカメラに気付 [続きを読む]
  • 日の出と太陽柱
  • ワルシャワ南郊外の別荘に泊まった今朝 太陽柱が少し見えた日の出の2〜3分前だが 縦に雲が光り 日の出の場所がよく分かる時刻は6時半 ワルシャワの暦の上での今日の日の出は6時31分かなり遅くなり 私の通常の起床時間で撮れるようになったww6時33分に地平線の森にやっと朝日が見え始めたもっともまだ夏時間なので 冬時間だと5時33分と言うことになる隣にある小型機の飛行場が見晴らしがいいのでそこで撮っているそれにしてもオレ [続きを読む]
  • もう秋色〜まだ少しだが
  • 3週間振りに日本からワルシャワに帰ったワルシャワ南郊外に行くともう一部の木が黄葉していたここは私が所属するゴルフ場と同じ経営のホテル敷地内の広葉樹が黄に染まり始めているもちろん落ち葉も御覧の通りコウノトリの巣の隣にある木はほぼ一丁上がりの感じこれは相当に早い 木の種類によるのだろうが・・・そして今年ここで生まれた2羽の雛も親鳥も全く姿が見えないポーランドのコウノトリ達は今頃からアフリカに旅立ち始める [続きを読む]
  • 心に残った釣り人〜そして明日から一時帰国
  • ワルシャワの中央を流れるビスワ川には釣り人が多い眺めていたら丁度ググーと引いて釣り上げた 私に気づいたおじさん笑顔でカメラに獲物を見せてくれた1週間前に御紹介した川沿いの遊歩道「パットン将軍大通り」の下だこんな感じで昔の岸辺がそのまま残されており 釣り人が点々といる増水すると勿論この場所は水没するwwで 先程のおじさんが釣り上げた魚 引き具合から大物と思ったが・・・予想よりはかなり小さいかな?ww髭面と [続きを読む]
  • 旧東側で有名な複葉機
  • ワルシャワ南郊外の空を複葉機が飛んでいた着陸して暫くするとまた飛び上がる もうかなり長時間相当に古い機体のはずだが 何度も旋回を続けていたそろそろ夕暮れ時が近くなって来たそして複葉機が今飛んでいるのはこんな感じの凄い空ww殆ど見えないが 点のような機体はキラリと光る太陽を目指している第二次大戦後すぐにポーランドで作られた旧東側では有名な飛行機1920年台に旧ソ連が最初に自主開発した飛行機ポリカールポフPo-2 [続きを読む]