リベット さん プロフィール

  •  
リベットさん: 姉弟ふたりぐらし
ハンドル名リベット さん
ブログタイトル姉弟ふたりぐらし
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/theglenlivet1980/
サイト紹介文20年ぶりに出会った姉と恋愛同居生活を送っています。愛情と葛藤と覚悟の日々
自由文生き別れていた姉と20年ぶりに再会。
互いに感情を止められず恋人へと発展。
誰にも迷惑かけないよう、
ひっそり恋愛同居生活を始めて数年。
同様の葛藤を持つ方へ向けブログ更新中。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供6回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2010/03/16 17:41

リベット さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 去年よりも
  • 気のせいだとは思うのですが今年の冬は去年よりも寒いのではないかと思います。「おねえちゃん、今年の冬ってさあ」「そうだよねー去年よりも寒いよねえ」こういうとき短い日本語で通じるのはうれしいことです。普段はいつも同じタイミングでトイレの奪い合いになるのも、きっと同じ理由のはずですがwそういうわけでこたつを買いました。狭い賃貸マンションの狭いリビングの狭いソファとテレビの隙間にぎりぎり収まるサイズ。90 [続きを読む]
  • お姉ちゃんと呼ぶこと
  • 欝気味、PTSD気味の最近の姉に対しては自分が異性だということを意識させないように心がけています。つまり男というよりも弟という割合が増えています。「おねえちゃん、あのさぁ」なんて話しかける言葉が増えました。たまに姉がくすりと笑います。もう30歳も過ぎたおじさんなのに「おねえちゃん」だって、と。そしてその姉の姿を見て思います。この作戦はなかなか巧く行っているんじゃないかと。 [続きを読む]
  • 力のあるうちに
  • 久しぶりにウェブログに向かってみると自分の文章力が明らかに落ちていることを実感します。年をとって、中年という時期に来ているからでしょうか。文章力だけでなくいろんな力が衰えてきています。惰性のように日々の仕事や生活をやりすごすこと多くなりました。飼い犬のジョン君がいたときのように毎週のように新しい場所へ出かけたりキラキラと輝くような情熱を持って何かに取り込むことが少なくなりました。そういう情熱や力を [続きを読む]
  • 現在の私たち
  • ここ数年、殆ど新規投稿ができていないのに、以前と変わらず毎日多くの方の訪問があります。応援のコメントをいただいております。ありがとうございます。この数年の私たちに何があったか概略ですが書いてみます。数年前、飼い犬のジェフ君に大きな病気が見つかりました。1年前、私が小さな病気で入院しました。今年、姉が鬱病の診断を受けました。ジェフ君は低空飛行ながらも笑って生きています。犬なりの笑顔も、亡くなった先住 [続きを読む]
  • あっという間に
  • 春が来たかと思ったらあっという間に梅雨が近づいて来てますね。私たちの住む東京もあと何日か晴天のあとの雨できっと梅雨入りとなるのでしょう。犬のジェフ君は前にいた兄貴分のジョン君とはちがって雨が嫌いです。ほんの少しでも濡れるのが嫌でなかなかトイレをしに庭に出ません。そうこうしているうちに自分でもイライラするのか甘えて暴れてきたりします。犬の性格って持って生まれてきたものがあるんだね姉はそう言って笑いま [続きを読む]
  • 春が終わろうとしています
  • 私たちはみんな元気です。私の仕事も、波はありますがまだ個人事業主として続けています。姉は割り切って私の仕事の営業担当のような仕事をしてくれています。飼い犬のジェフくんは大きな病気を抱えながらも毎日沢山の薬を飲んで余命宣告を裏切っていてくれています。一年前、いや二年前には書いたこと。姉が外に出るとたちの悪い男に絡まれてしまう件。正社員だったところの上司、私の仕事で同行する先の人間、トレーニングジムの [続きを読む]
  • 不幸中の幸い
  • 保護犬だった飼い犬のジェフくんそもそも見た目にも虐待の跡がある犬でしたが彼に大きな病気が見つかってからそろそろ一年です。私たち二人はこの一年、殆ど外食しておりません。年々減っていたとはいえ一年前までは私と姉は良く晩御飯のために出かけていて。そして犬を待たせていました。ジェフくんの前の犬のジョンくんも良く待たされた犬でした。今の犬ジェフくんに大きな病気が見つかった彼がいつ死んでもおかしくない。そう思 [続きを読む]
  • 週末ですね
  • 朝が来たら退院です小さな手術で一週間だけ入院しました姉さんと暮らし始めた時に入った小さな医療保険があることを思い出しましたそして古い仲間でありその医療保険を紹介してくれた友人、先に退職して保険の代理店を始めた友人に電話しました何度電話しても電話に出ないのでショートメッセージを送ったところなんと彼も入院していました返信は奥様からでした詳しい事は踏み込んで聞けなかったのですが彼も早く回復して退院して欲 [続きを読む]
  • 朝が来ないかなぁ
  • 急なのですが少しばかり前から入院してます。大きな持病などではなく単純な小さな症状ですので、おそらく今週末には退院できます。姉が毎日病院にやって来ては面倒を見てくれるのですが不思議なことに姉自身は普段の生活よりも生き生きしているように見えますずいぶんと前に姉が言っていた事なのですが、一緒にいられなかった期間を償いたいような気持ちがあるとのことなので、そうして少しばかり母親っぽく、姉らしく弟の面倒をみ [続きを読む]
  • 変なリトマス紙の話
  • いっ時わたしたちが寝るときにしていた事に本の読み聞かせがあります。と言ってもアダルト小説だったり一緒にアダルトビデオのサンプルみたりする事なのですが。久しぶりにやってみました。ベッドの中で横向に並んで姉を前に抱えて腕枕。姉の前にスマホを突き出してほらこんな事されてるねこの女の子は縛られて何でこんな声だしてるのかな嫌がってるのかなぁ。なんて耳元で後ろから言葉に出して彼女に見せます。息を飲んだり、きゅ [続きを読む]
  • ねんねん
  • 年々、時間が早く流れるような感覚があります。私たちも気がつけば両親が離婚した時の年齢をとっくに越えて中年と言われるような年齢になっていますなのに中身は変わらないんですよねいつまでも若い頃と同じような悩みを抱えて無駄に苦しんでいるように思えます私が安心できるのは姉が私を抱きしめてくれている時だけでそれは子供の頃に求めていた「自分のいて良い場所」そのものだったりしますいま私は深刻な病気になった犬と少し [続きを読む]
  • 春になって
  • 一緒に仕事をするようになって一緒に過ごす時間が増えた私たち。もう何年経つのかな。姉はちゃんと評価されて生き生きと活躍することが彼女の張り合いになってましたが、結局辞めた会社でもいまの取引先でもまた気分転換に通い始めたジムでも姉をちやほやしようとする男性が多くてそれに気がついてしまって何となく鬱のような状態になっています私と抱き合う時もやはり私が姉の身体を目的としているようなそんな気がするのでしょう [続きを読む]
  • ゆがみ
  • 犬を飼っていて思うことがありますちゃんと愛されている犬は犬種なんか関係なくどの犬も輝いていて可愛いきっと人間も同じなのだと思います けれども社会や経済が複雑になり過ぎていてちゃんと向かい合って愛せない時や愛せない大人が出来ているのでしょう私もそういう意味ではとても歪んでいてとても輝いているとは思えませんもう30代にもなったのに街で子供連れの家族を見ると未だに子供に焦点を当ててみて羨ましかったり自我 [続きを読む]
  • 犬の病気
  • 飼い犬のジェフくん先住犬のジョンくんと2年弱しか一緒ではありませんでしたが、それはジョンくんがそれなりの年齢だったから。ジョンくんが死んでしまったらきっと私も姉も寂しくなって辛くなると予想したからです。ところが年末に大きな病気が見つかって、今すぐにでも死んでしまう可能性があると言われました。姉は、せっかく虐待から救ってあげてうちの子になってもらったのに長生きさせてあげられないね、なんて泣きそうにな [続きを読む]
  • 成人式
  • 成人式の話題を多く見聞きしました姉との話題にもなりました姉の成人式はそのまま同窓会になったそうです羨ましいです私は引っ越してすぐで市役所の人に教えてもらって義務なのかと思って出ました。友達もいなかったので一人で行って一人で帰ってきました。そのまま借りたばかりのアパートに帰るのがどうしても寂しくて、途中で勇気を出して居酒屋に入りました日本のビール瓶が大きかったことに驚いたことを今でも覚えています育て [続きを読む]
  • それが今年の目標
  • 長く勤めていた職場を辞めてからすこしナーバスになっている姉。犬のジェフ君の面倒を見るようになって、だいぶ以前のように生き生きしてきました。昔のように華やかに笑うことが増えるといいけれど。とはいえジェフ君に大きな病気があるのは事実で。平均寿命よりも長く生きてくれることは、だいぶ難しそうです。また元気が無くなってしまうのは目に見えるようです。いや考えてみても、いまも看病と介護の日々です。犬を差し置いて [続きを読む]
  • 過去の記事 …