TOSH さん プロフィール

  •  
TOSHさん: 野営車でいこう
ハンドル名TOSH さん
ブログタイトル野営車でいこう
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/tosh490921
サイト紹介文アドリアツイン500Sで楽しむモーターホームの旅、欧州バンコン、食べあるき、温泉、DIY、糖質制限…
自由文VWT4の英モーターホームに10年、2台目のアドリアツイン500Sは5mを切るデュカトベースのコンパクトバンコン。生産終了したので日本に4台の希少車になりましたが、とっても楽しいパワフルな相棒!さあ、走るぞ〜
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供433回 / 365日(平均8.3回/週) - 参加 2010/03/18 10:18

TOSH さんのブログ記事

  • エンジンオイルに不明のアラート
  •  先日昼間にちょっと出かけようとデュカトのエンジンを掛けてちょっと走ったところ、見たことのないアラート!エンジンオイルのマークと! びっくりマークと、その下には vvvvvvv ギザギザのライン。 何だこれは?と思いながらも、エンジンオイルに関係してるので、すぐに家に引き換えして確かめてみました。しかし分厚いマニュアルのどこにもこのアラートメッセージのアイコンがない!とにかく次にボンネットを開けてエンジンオイ [続きを読む]
  • 新しいMINI CONNECTED
  •  8年目のMINIコンバーチブルは走りは快適ですが、あちこちに表面的な経年劣化が少しずつ増えてきていたので、昨年そろそろ買い替えかと考えていました。それに旧野営車購入の際にかみさんの初代MINI ONEを売却、それ以来十年くらい専用車がなかったこともあり、次は使いやすいMINI 5ドアをかみさん用として買い替えを考えていました。 昨年そんな話をディーラーさんとしていたときに、毎年発売されるアイスブルーの限定車のこと [続きを読む]
  • コーヒーにハーフ&ハーフ
  •  ハーフ&ハーフと言ってもビールのことではありません。コーヒーを飲むときに入れるミルクというかクリームのことです。前にも書いたことがありますが、メロディアンミニとかクレマトップなどのポーションタイプのコーヒーフレッシュは乳製品ではなく植物油脂由来なので、個人的な意見ですがサラダ油を白くしたようなものだと思っているので使いません。残念なことにスタバやタリーズでも使用されていて、本物のクリームが提供さ [続きを読む]
  • コストコからカオマンガイ
  •  先日ガソリンを入れにコストコに行ったついでに店内をぶらぶらして買ったものは新メニューのカオマンガイ。夫婦2人分のランチには多すぎるほどの量でしたが美味しかったです。ジャスミンライスもチキンもたっぷり、2種類のソースがちょっと変わった味でした。▲たっぷりの量、香草とミニトマトとソース2種付き▲サラダにはカルディで買ったドレッシング▲ホット&サワーの手作りスープを付けて▲やはりジャスミンライスがいい▲ [続きを読む]
  • 晩酌復活
  •  この前の週末、退院後1週間の禁酒解禁で晩酌に、キャンカーの冷蔵庫から見つけた缶チューハイを1本だけ飲みました。術後の数日絶食の後少しずつ常食に戻していき、酒は2週間近く飲まなかったら、腸が至極健康になりました。それに寝る前の酒もなかったので、朝まで一度も目醒めることなく快眠快便!まさにリセットされた感じです。 いい睡眠は免疫力アップに繋がるし、腸内環境を正常に保つことはずっと念願だったので、やは [続きを読む]
  • 出汁を味わうランチ「だし蔵」(千里中央)
  •  今日はそのものズバリ!関西だしの専門店に行ってきました。場所は千里中央の地下駅の通路にあり前から気になっていた出汁茶漬けの店です。普段ならちょっとボリューム不足で物足りない感じですが、いまなら胃に優しそう。鯛や漬けマグロや、奄美の鶏飯、宮崎の冷や汁など10種類ほどの出汁茶漬けがあり、本日のスペシャルは鰻のひつまぶし茶漬けでした…▲レストランの奥がショップ▲味噌だしはこれだけ▲漬けマグロをチョイス、 [続きを読む]
  • 出汁を味わうランチ「美々卯」(箕面)
  •  大阪のダシ文化の象徴と言えば「うどん」となるわけで、糖質オフ生活者としては辛いところ。その最高峰として道頓堀の「今井」がありますが、私が外せない出汁は「美々卯のうどんすき」と「松葉屋(うさみ亭マツバヤ)のおじやうどん」。 美々卯のうどんすきは関西人はみんな好きでお祝いの席とか特別なときにちょっと贅沢をしてこの特別の鍋を囲む。特に忘年会シーズンとなると美々卯のうどんすきか、てっちり(ふぐ鍋)か、迷 [続きを読む]
  • 出汁を味わうランチ「良青」(東豊中)
  •  退院後が病院食のようにならないように、ランチは美味しい外食と決めて、まず近所の越後そばの店「良青」に行きました。 なんども行ってますが、そば粉が越後なのでしょうか、出汁の味はお初天神の瓢亭風のしっかり関西味です。長く愛される店はインパクトはないけれど、じわじわと、しみじみと、安心して味わえるレギュラーメニューにほっと一息つけます。 冷房の効いた店で、関西風薄味の熱々の出汁ですすっていくとじんわり [続きを読む]
  • 退院後に薄味のハモ鍋を作ってみた
  •  「軟禁」を解かれシャバに戻りました(笑)今回の内視鏡による施術は、胃の表面の腫瘍の下に水を注入して浮かせ腫瘍を剥離するというもの。剥離後は潰瘍のようになるので、その完治には1〜2ヶ月… そのための退院後の生活指導がいろいろとあり、特にこの1週間程度は、胃の負担を減らすために香辛料のような刺激物、油の多い料理、コーヒー、それに酒!などを控えるということでした。 病院では術後は点滴の栄養補給をしなが [続きを読む]
  • 七月の豪雨が残したとんでもないモノ
  •  ここ豊中では6月18日の大阪北部地震からしばらくして、7月に入ってから激しい雨がほぼ1週間降り続きました。今も大きな爪痕を残したままの西日本豪雨です。その時の天気を調べると2〜7日までずっと降り続いたことがわかりますが、iPhoneの写真フォルダにはとんでもないモノの写真が残っています。雨が上がった7月8日、久しぶりに雨が上がったベランダで撮った写真は… 葉の裏に隠れて支柱の横木の上でどーんと瓜のように育 [続きを読む]
  • 避暑?軟禁生活はじまる
  •  1週間の入院に、キャンカーのキッチンや洗面所で使っている道具をいろいろ持ち込みました。今日は早速、扇風機が大活躍!看護婦さんからも「意外に便利ですね」と好評でした(笑)普通の食事は今日まで。明日からは軟禁生活ですが、避暑と考えましょう。 [続きを読む]
  • 美しき酒呑みたち・岡山篇
  •  かみさんがよく録画しているBSフジの「美しき酒呑みたち」。かみさんは下戸だから目的は酒でなく、出演者たち(笑)某タレントのファン活動の一環で、その某タレントがゲスト出演したのがきっかけで、その友達などもよく出演するのでチェックしているわけですが、そんな人達が全国を飲み歩く番組。早い話、吉田類の酒場放浪記の若者バージョンですね(笑) それで、今日は岡山だったらしくて、かみさんが「録画したけど観る?」 [続きを読む]
  • ロカボのざるラーメン
  •  夜お酒を飲むときのアテに、賞味期限が近い紀文の糖質ゼロ麺を使ってみました。かみさんがどこかで買ってくれていた珍しいカップ麺型のざるラーメン。ランチだとちょっと物足りないですが、夜食にはちょうどいい感じです。先日買ったばかりの「ラーメン工房 あ」の焼豚を冷凍にする前の数切れを添えました。 糖質オフ生活を6年以上してるとラーメン店に行くことがほぼなく情報不足で、「ざるラーメン」なるもの、即ち「冷たいつ [続きを読む]
  • スモーブローキッチン(中之島図書館)
  •  展覧会の後、ランチの店を探そうと最初に思いついたのは行ったことないけど中之島のダイビルにあるスペイン料理店。電話をしてみると、平日のランチはやってないということで、次に思いついたのはヴィンテージな中之島図書館に2年前にできた店。何料理かはわからないけれど、2年前の夜、中央公会堂からの帰りに外から見た窓の灯りには只ならぬオーラを感じました。美術館からは車で10分ほど、隣の中央公会堂裏のタイムズに駐めて [続きを読む]
  • 旅する展覧会
  •  先日から始まった展覧会は10月まで開催されますが、来週から始まる軟禁生活の前に行っておこうと、平日のお昼前に行ってきました。最近には珍しく、入り口で並ぶことも、人混みをかき分けて人の隙間から鑑賞することもなく、ゆっくりと観ることができました。数々の印象派の名作が手で触れそうなくらいの距離で、モネの睡蓮もまるで描き上げた瞬間のような生々しい筆のタッチが感じられました。 「プーシキン美術館ー旅するフ [続きを読む]
  • マイホーム・サンクチュアリー
  •  庭に出て水やりをしていると、シマトネリコの木に2匹のクマゼミと2匹のアシナガバチがとまっていました。どちらも、我が家で育った家族のようなもの(笑)毎年新しい命が生まれ、繰り返されることを目の当たりにします。 「災害」と言われるほどの猛暑に覆われた日本列島。水やりは狭い庭とベランダの3箇所ですが、この異常な夏でいつもより2倍くらい時間をかけても、黄色に焼ける葉もあります。でも唯一元気なのは水鉢の金 [続きを読む]
  • 暑いから カレーうどん
  •  年金生活者の夏のコスパランチは、昨日に引き続き賞味期限の切れたシマダヤの糖質40%オフうどん。しかも今日は冷凍にしてあったかみさんが作った野菜たっぷりのスープカレーを使ってカレーうどんにします。「旬菜カレー饂飩」または「季節限定!旬菜夏カレー饂飩」と命名するとちょっと高級感がでますか(笑)しかもシマダヤのうどんは結構量があるため、かみさんと6:4でシェアしたので、二人分の材料費は何と150円くらい! [続きを読む]