焼津市立病院 さん プロフィール

  •  
焼津市立病院さん: 焼津市立病院ブログ
ハンドル名焼津市立病院 さん
ブログタイトル焼津市立病院ブログ
ブログURLhttp://yaizuhospital.blog100.fc2.com/
サイト紹介文焼津市立病院職員と病院守り隊による研修医、看護師、医師などの職員獲得のために作成
自由文焼津市立病院医師同窓会を病院創設50周年記念に開催しました。日本全国とアメリカからも出席医師がいらっしゃいました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供81回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2010/03/18 14:21

焼津市立病院 さんのブログ記事

  • 新人研修「メンバーシップ」
  • 新人看護師対象のメンバーシップ研修を行いました。この研修は、「新人看護師が他職種と協働する医療チームの一員としての自覚をもち、自己の果たすべき役割について考える」ことを目的としています。体験学習を通して、メンバーシップについて考えました。研修には検査部の新規採用職員2人も参加しました。参加者の声「職種は違っても大切なことは変わらず、同じ目的に向かっていくのがチームだと実感できました」「他の参加者か [続きを読む]
  • 5B病棟の紹介
  • 5B病棟は、高機能病棟です。いわゆるHCUの病棟です。重症患者や大きな手術を受ける患者など、様々な科の患者が入院する病棟です。病棟内には最新の医療機器が装備されており、多種多様な治療に対応できるよう準備しています。よりよい看護が提供できるよう毎日カンファレンスを開いて意見交換をしています。看護師は他の部署の看護師と違い、紺色のスクラブを着ているのでわかりやすいと思います。 [続きを読む]
  • 「がん看護」公開研修
  • 認定看護師による教育講座を地域の看護職にも公開して開催しました。今回は地域の訪問看護師3名の参加がありました。がん看護においてコミュニケーションは、患者さんと信頼関係を築く上でも重要な要素です。患者さんとのコミュニケーションで困ったことについて、みんなで話し合いました。参加者の経験年数は2年目から30年以上まで様々であり、働く場所も病棟、外来、地域と違いはありますが、悩みながら働いているのは皆同じでし [続きを読む]
  • 5C病棟の紹介
  • 5C病棟は、神経内科、消化器内科、総合内科の混合病棟です。混合病棟故に、患者さんの疾患も様々ですし、各診療科の多くの医師が出入りしています。週1回の合同カンファレンス以外にも医師や薬剤師に相談をしながら、患者さんにとってより良いケアとなるように努めています。 [続きを読む]
  • 健康づくり体感フェア大盛況
  • 病院の恒例行事である健康づくり体感フェアを開催しました。この催しは、市民の皆さんに当院をより身近に感じていただくために、相談コーナーや血管年齢測定など、様々な体験ができるものです。今年で第7回目の開催となりました。約50名の来場者があり、病院各部門から出展したブースを見て、体験して、楽しんでいただきました。毎回好評をいただいているアロママッサージ、血管年齢測定は、開場前には整理券配布が終了してしまう [続きを読む]
  • 小児科病棟に津軽三味線の音色をプレゼント
  • プロの津軽三味線奏者 浅野祥さんが、小児科病棟に入院中の子どもたちに津軽三味線の音色を届けてくれました。津軽じょんがら節などの定番曲の演奏に加えて、子どもたちからのリクエストで、ルパン三世やアンパンマンのテーマ曲、J-POP「純恋歌」「島唄」なども披露してもらいました。入院しているほとんどの子どもが、三味線を聞くことが初めてということで、迫力ある音色に聞き入っていました。演奏に合わせて一緒に歌ったり、 [続きを読む]
  • 再就業研修を受け入れています
  • 静岡県ナースセンターからの依頼事業で、「病院派遣型再就業研修」を受け入れています。看護職資格を有しながら、病院の看護業務に就いていない看護師を対象に、病院における看護業務の習得を図り、就業を促進する目的で実施しています。病棟の指導者と一緒に看護業務を見学する様子です。 [続きを読む]
  • 常葉大学で就職説明会に参加しました
  • 常葉大学 看護学科での就職説明会に参加しました。病院のブースを設営して、学生の方とお話をさせていただきました。病棟の雰囲気は、話だけでは伝わらないので、ぜひ一度当院にいらしていただきたいと思います。当院では、春季インターンシップを計画しています。開催期間は、平成30年2月13日(火)〜3月31日(金)(土日祝日を除く)です。この期間のうち希望する1日を選んでお申込みください。詳しくは病院HPをご覧 [続きを読む]
  • リーダーシップⅠ実践報告会
  • 看護部継続教育委員会主催のリーダーシップⅠコース実践報告会を行いました。この研修コースでは、アサーティブ・コミュニケーションを活用して「自分らしく、いきいきと」リーダーシップを発揮することを目指して活動してきました。その実践と成果を9名の研修生が発表しました。自部署だけでなく他の部署にも活用できるような画期的な取り組みの報告もあり、充実した研修となりました。 [続きを読む]
  • 桂花祭(中部看護専門学校)に参加しました
  • 桂花祭は中部看護専門学校の学校祭です。実習病院であり、また、多くの卒業生が勤務する病院として、病院紹介のブースを出展しました。これから看護学校への進学を考えている高校生や看護学校の在校生が訪れてくれました。ブースで対応したのは、今年就職した1年目の看護師です。桂花祭では、新鮮野菜の販売もあり、大盛況でした。中部看護学校の学生さんたちと。 [続きを読む]
  • 6C病棟の紹介です
  • 6C病棟では、脳梗塞、脳出血やパーキンソン病、髄膜炎、ALS、多発性硬化症などの神経疾患の患者さんが多く入院されています。 患者さんが入院前の生活に近づけるようにリハビリを、理学療法士、作業療法士、言語聴覚療法士と連携して行っています。また、入院早期から医療相談員とも連携して、退院支援を行っています。 4月から、新たに医師1名が加わり、医師は総勢4名になりました。6C病棟は、医師・看護師間のチームワー [続きを読む]
  • 焼津中央高校でのミニ進路講話
  • 焼津中央高校で行われたミニ進路講話に講師として参加しました。ミニ進路講話は、同校が1年生を対象にキャリア教育の一環として行っているものです。当院から、同校の卒業生である看護師2名が出向きました。実際の臨床現場の様子をスライドで示しながら、看護の仕事内容や進路について、看護学校時代のエピソードなどをお話しました。今後も、このような機会を通して、看護の魅力を伝えられたらうれしいと思います。聴診器を使っ [続きを読む]
  • 実習指導者研修会を開催!
  • 実習指導者のための研修会を開催しました。講師には、ファシリテーター養成の第一人者である拓殖大学 石川一喜先生をお招きし、「学びを最大限に引き出すファシリテーション」をテーマにご講演いただきました。ゲームやグループワークを交えながら、学生カンファレンスなどで活用できるファシリテーターの役割や求められるスキルを楽しく学びました。今回の学びは、実習にみえる学生さんへの対応だけでなく、新人看護師への対応に [続きを読む]
  • 院内コンサート開催♪
  • 琴とクラリネット、サックス、ピアノのコラボによる院内コンサートが行われました。演奏してくださったのは、「THE・ビギナーズ」。職場の仲間を中心に、音楽好きが集まった6人グループだそうです。心地よい音楽の調べで、心がゆったりとする時間を過ごしました。 [続きを読む]
  • 新人研修「点滴静脈注射実技チェック」
  • 新人看護師たちも、早いもので、就職して約半年が経過します。日々の経験によって、新人看護師たちは確かな成長を遂げています。今回は、点滴静脈注射の手技が正しく安全に行えるかを確認する目的で、その実技チェックを行ないました。4月の頃の慣れぬ手つきで四苦八苦していた姿が嘘のよう。スムーズに点滴静脈注射ができていました。新人看護師の成長を実感する1コマでした。 [続きを読む]
  • 接遇ロールプレイ発表会
  • 接遇リーダー会の主催で「接遇ロールプレイ発表会」を開催しました。接遇リーダー会は、医療職のみならず事務職や清掃員まで、院内で働く多職種で組織しています。身近にある接遇事例を取り上げて、接遇リーダーたちの熱演によるロールプレイを通して話し合いました。 [続きを読む]
  • 新人研修 「多重課題シミュレーション」
  • 新人看護職員が「多重課題シミュレーション研修」に取り組みました。これは、多重課題・時間切迫の状況下で、安全に看護を提供できる能力を養うための研修です。シミュレーションの様子を撮影したビデオを、後で見直して振り返りを行いました。自分のとった行動について、なぜそのように行動したのか、あるいは、別の行動をするとしたらどのようにしたらよいか、などを考えました。患者役は教育委員のメンバー。患者さんになりきっ [続きを読む]