焼津市立病院 さん プロフィール

  •  
焼津市立病院さん: 焼津市立病院ブログ
ハンドル名焼津市立病院 さん
ブログタイトル焼津市立病院ブログ
ブログURLhttp://yaizuhospital.blog100.fc2.com/
サイト紹介文焼津市立病院職員と病院守り隊による研修医、看護師、医師などの職員獲得のために作成
自由文焼津市立病院医師同窓会を病院創設50周年記念に開催しました。日本全国とアメリカからも出席医師がいらっしゃいました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供80回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2010/03/18 14:21

焼津市立病院 さんのブログ記事

  • 3年目看護師の看護倫理研修
  • 卒後3年目の看護師を対象とした看護倫理研修を行いました。テーマは「看護倫理について」です。看護の現場で日常的によくある倫理的問題とその解決策について、事例をもとにグループワークを行いました。この研修をとおして、倫理的感受性を高く持ち、自ら問題提起をしていくことの必要性を学びました。 [続きを読む]
  • 3B病棟(小児病棟)の紹介
  • 3B病棟で、現在取り組んでいることを紹介します。入院してきた子どもは、不安や恐怖といった気持ちでいっぱいです。そんな不安や恐怖を少しでも解消し、納得して治療に臨んでもらえるように努力をしています。その1つがプレパレーションです。今から行う処置をわかりやすく話し、「こころの準備」をして処置に臨んでもらうことです。また、遊びに集中してもらうことで、気をそらすというディストラクションを積極的に取り組んでいま [続きを読む]
  • 助産師の山田明美さんが、SBSラジオに出演!
  • 当院の助産師でアロマ外来を担当している山田さんが、3年前にもSBS新聞の記事に取り上げられましたが、今回はSBSラジオの番組でインタビューを受けました。山田さんは、毎週火曜日の午後、リンパ浮腫などでつらい思いをされている患者さんの話を聞きながら、一人に2時間くらいかけてマッサージなどの施術を行なっています。患者さんからは、症状の改善だけでなく、普段なかなか言えない悩みなども聞いてもらえると大変評判 [続きを読む]
  • ワクワク♪ドキドキ!病棟へデビュー
  • 新人看護師は、10日間の新人オリエンテーション研修を修了し病棟へデビューしました。プリセプターとペアで業務を教わります。「すごく緊張してましたが、病棟スタッフの方々が笑顔で迎えてくれたので、ほっとしました。」「覚えることがたくさんで大変ですが、がんばります。」 [続きを読む]
  • 30年度 病院職員入所式
  • 4月2日、焼津市立総合病院 新規採用者の入所式を行いました。病院事業管理者、病院長より祝辞をいただきました。新入職員にとっては、新たなスタートです。しばらくは、緊張の連続で大変な時期です。その中でも、楽しいことを見つけてほしいと思いますし、それができるよう応援したいと思います。 [続きを読む]
  • 焼津市立総合病院の桜が満開♪
  • 焼津市立総合病院の桜が満開になりました。ピンク色の可愛い花が一斉に咲く姿は何度見ても魅了されます。 全室でないのが残念ですが、駐車場に面した病室からは桜が見えます。 入院中の患者様もしばし癒しの時間を。 この感性、日本人特有かと思いきや最近は外国の方もたくさん花見に! 美しいものを愛でる心は共通なんですね。。売店でお団子でも買ってこのベンチで頂きたい。。。休憩時間が終わります!!病棟へUターン(笑) [続きを読む]
  • 第3回日総研・接遇大賞を受賞しました
  • 全国の病院・介護施設を対象に、看護&介護人づくり協会が主催する年1回の表彰制度である「日総研・接遇大賞」を受賞しました。今回、受賞した施設は全国で9施設でした。受賞理由は、「“いいねカード”で相手の良いところを伝え広める取り組みによって、良いところに気付く能力を高め、モチベーションを上げている。全職種が能動的に学ぶロールプレイング接遇研修を取り入れ、職種間の垣根を超えた、顔の見える関係をつくることで [続きを読む]
  • はごろもフーズ様から寄付金の贈呈がありました
  • 株式会社はごろもフーズ様より、当院宛に100 万円の寄付金をいただきました。後藤常務締役サービス本部長より、「地域への貢献という意味で、この寄付を続けています。病院職員の皆さんの研修に利用してください。」とお話がありました。この寄付金は、毎年贈呈していただき、今年で9回目となります。看護職員が、より充実した仕事ができるように、研修などに有効に活用させていただいています。この寄付金を活用して行われた新人 [続きを読む]
  • 新人交流会、プリセプターを招いて行いました?♪
  • 今年度最後の新人交流会は、新人看護師を1年間、指導をしてもらったプリセプターを招いて、感謝の気持ちを伝える会となりました。就職したての頃は、何もできなくて不安でいっぱいだった新人でしたが、プリセプターの温かいサポートのおかげで、成長ができました。4月からは、次の新人が入ってきます。2年目看護師として、ますます活躍できるようがんばります。プリセプターへ感謝の手紙を渡しました。 [続きを読む]
  • 新人さんを迎えるための準備 プリセプター研修
  • 新年度プリセプターを担当する看護師が、4月に就職してくる新人看護師を迎えるための準備の研修を開きました。プリセプターとは、新人看護師1人に対して1人がマンツーマンで、同じ勤務を一緒に行いながら新人指導を担当する者です。いわば、新人看護師のお姉さん役です。新人看護師が、職場にうまく適応できるように、また、看護技術の習得が順調に行えるよう、支援をしていきます。 [続きを読む]
  • 防災委員会が消防防災センターで地震体験
  • 今年度最後の看護部防災委員会で、委員18名と総務課企画担当職員2名の計20名で焼津市消防防災センターへ行ってきました。危機対策課担当者から「焼津市地震・津波対策アクションプログラム2014」「焼津市津波防災地域づくり推進計画」に基づいた災害対策について説明を受けました。被災状況を想定し、市民の命を守ろうとアグレッシブに取り組む姿勢に頭が下がる思いでした。私達も褌の紐を締め直して頑張らなくっちゃ!(褌、実際 [続きを読む]
  • 血液浄化療法室の紹介
  • 今年度初の試みとして「集団透析教室」を4回開催しました。患者さんからの「やって欲しい」という要望が高く、各分野の専門職種に講師をお願いして実施しました。アンケート結果でも継続を希望する声も有り、来年も開催していくつもりです。 [続きを読む]
  • 専任看護師認定証交付式
  • 当院には、専門的知識・技術をもった看護師が部署異動があっても、将来的には元の部署に戻れることを保障し、継続的な学習とキャリア形成を支援する目的で「専任看護師登録制度」があります。今年度、新たに2名が専任看護師として認定され、その認定証の交付式を行いました。病院事業管理者より、認定証と専任看護師の証であるオレンジ色の名札ストラップが授与されました。 [続きを読む]
  • 接遇研修にあのWマコトが登場!
  • このたびの接遇研修会には、昨年に引き続き、講師にWマコトのお二人をお招きしました。 Wマコトさんは、吉本NSCのご出身で吉本興業の劇場を中心に漫才活動を経験の後、現在、日本初!漫才式セミナー講師として、“笑い”を活用したコミュニケーション術の第一人者として、全国で研修・講演を行っています。 最初から最後まで爆笑の連続! 楽しみながら、接遇の基本となるコミュニケーションについて学びました。燒津の正装「魚 [続きを読む]
  • 院内看護研究発表会
  • 院内看護研究発表会を開催しました。今年も3部署が看護研究に取り組みました。★発表演題は、看護研究推進委員会「神経系慢性期疾患の発症からの経過と医療者の役割〜神経難病を患った患者の聞き取りから〜」救急室「電話対応用紙を変更したことによるスタッフの対応の質的変化」5C病棟「新人看護師支援の取り組みによる病棟看護師スタッフの意識」以上の3題でした。中部看護専門学校副校長 金子秀子先生をお招きして、講評を [続きを読む]
  • 4B病棟の紹介
  • 4B病棟は泌尿器科と腎臓内科の混合病棟です。泌尿器科では、泌尿器系の癌や尿路結石で手術をされる患者さんや、透析のシャントトラブル、化学療法、終末期の患者さんなど様々です。腎臓内科では、透析が必要な方など、慢性疾患で入院される方が多くいらっしゃいます。泌尿器科、腎臓内科共に医師だけでなく、薬剤師や栄養士、ソーシャル・ワーカーとともに、治療方針や退院後の生活もサポートできるよう患者さんのケアを共に考え [続きを読む]
  • 看護部実践報告会
  • 今年度一年間の活動について、看護部で発表する実践報告会を開催しました。排尿自立指導料算定への取り組み、退院支援看護師育成研修の実績報告、C病棟の4人の師長によるベッドコントロール会議の効果、などの発表がありました。患者さんにより良いケアを提供できるように、また、自分たち看護師のやりがいにつながるように、実践を積み重ねていきたいと思います。 [続きを読む]
  • 褥瘡対策セミナーを開催
  • 褥瘡対策委員会主催の褥瘡対策セミナーを開催しました。今年のテーマは、「医療機器関連圧迫創傷(MDRPU)を予防しよう」です。以下の内容についての展示や実演で学びました。・体幹抑制帯使用時の皮膚保護方法・弾性ストッキング使用時の観察方法・注意点・点滴・尿道カテーテルの固定方法・酸素マスク・SpO2モニター使用時の皮膚保護方法病院内のスタッフだけでなく、地域の医療・介護の関係職種にも参加をしていただきました。 [続きを読む]
  • 基礎Ⅱコース集合研修を開催
  • 基礎Ⅱコースは、卒後2年目の看護師を対象とした研修コースです。2年目看護師の課題は、受け持ち患者さんの事例検討です。すでに事例検討会を終えて、今回は、事例を通して学んだことを振り返る研修でした。ワールド・カフェ形式で、どのように患者さんや医療チームに関わることができたか、今後どのような看護師を目指したいかなどの意見を共有しました。研修生は、チーム医療の中で自らが核となり、主体性を持って発信していくこ [続きを読む]
  • ナレッジ交換会を行ないました
  • ナレッジ交換会は、院内教育研修の1つナレッジコース研修の中の取り組みです。ベテラン看護師が、日頃は自分自身も気づいていないような、ベテランならではの「スゴ技」を明らかにして、それを伝承していこうという会です。研修者は、自己の実践について、文献などに裏付けした形式知にまとめて発表をしました。発表後、研修者には看護部長より修了証が授与されました。 [続きを読む]