焼津市立病院 さん プロフィール

  •  
焼津市立病院さん: 焼津市立病院ブログ
ハンドル名焼津市立病院 さん
ブログタイトル焼津市立病院ブログ
ブログURLhttp://yaizuhospital.blog100.fc2.com/
サイト紹介文焼津市立病院職員と病院守り隊による研修医、看護師、医師などの職員獲得のために作成
自由文焼津市立病院医師同窓会を病院創設50周年記念に開催しました。日本全国とアメリカからも出席医師がいらっしゃいました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供91回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2010/03/18 14:21

焼津市立病院 さんのブログ記事

  • 救急室だより2 「救急室スタッフの笑顔」
  • 救急室です。当院の救急室は、1ヶ月に約1400〜1500人の方が利用しています。救急のスタッフには、常時的確で迅速なアセスメントが求められているため、日々緊張して業務を行っています。忙しい業務の合間に見えたとびっきりの笑顔。他職種とのコミュニケ−ションを常に密にしているからこそ、救急の現場で発揮される連携プレーは見事です。 [続きを読む]
  • 看護部管理者研修会を行いました
  • 当院では毎年、師長・副師長を対象とした看護管理者研修を実施しています。この研修は、看護管理者としての資質の向上とともに、モチベーション向上をはかる目的で行っています。今回は、REIKO KAZUKIリハビリメイクセラピストの西奈まるか氏をお招きし、「医療スタッフのためのリハビリメイク〜外観が心と体に及ぼす効果〜」というテーマでご講演いただきました。代表者がモデルとなりメイクの実演を受けながら、顔の表情が変るこ [続きを読む]
  • 新人記録学習会が行われました
  •  「事例を通してアセスメント能力を養おう」看護部記録委員会による新人看護職員対象の研修が開催されました。研修生は、事前にもらった患者情報を元に、普段は頭の中で行っているアセスメントをグループで話し合いながら、患者の看護問題を導く看護過程を学習しました。最後にグループ毎、アセスメント内容を発表しました。患者の細かい情報にまで目を向け、看護問題を引き出す事が出来ました。日々忙しい業務の中でこのような作 [続きを読む]
  • 新人集合研修「多重課題シミュレーション研修」を行いました
  • 新人看護職員が「多重課題シミュレーション」に取り組みました。これは、普段の業務の中の多重課題や決められた時間内で複数の患者に対応しなければならない状況下で、安全に看護を提供できる実践能力を養う為の研修です。患者の情報・状態から予測されることを判断して、シミュレーションを行い、デブリフィーリングを通してなぜそのように行動したか、次にはどのように行動したらよいかを振り返りを行いました。<ブリーフィング [続きを読む]
  • 看護学生の夏季インターンシップ開催!
  • 就職活動をする看護学生に、当院を知ってもらおうとインターンシップを開催しました。今年は、7名の学生が参加をしました。当院の概要や看護部の基本方針、入職後の教育体制などの説明後、それぞれ病棟に行って担当看護師のシャドウイング形式で看護体験をしました。参加した学生からは、「多くの技術を見せて頂いて就職後の姿を想像しやすかった。」「実際の病棟の雰囲気や業務内容について詳しく知ることが出来た。」「看護師さ [続きを読む]
  • 緩和ケア研修会
  • 緩和ケア委員会の主催で、「看護師のための痛み止めの使い方」と題して、研修会を行いました。講師は、院内の緩和ケア認定看護師とがん性疼痛看護認定看護師が担当しました。 同じ内容で3日間開催して、総勢188名の看護師の参加がありました。痛みをいかにコントロールするかは、患者さんのQOLを高めるうえできわめて重要な課題です。有効に薬剤を使えるように、正しい知識をもって実施していきたいと思います。 [続きを読む]
  • 小児科病棟の夏祭り
  • 小児科病棟で毎年恒例の夏祭りを開きました。この催しは、入院している子供たちに少しでも病気の辛さを和らげてもらおうと、小児科病棟の看護師と保育士が趣向を凝らしています。入院中の子供たちは、「金魚すくい」「ヨーヨー釣り」を楽しみました。今年は、焼津市のゆるキャラ“やいちゃん”と、焼津信用金庫のゆるキャラ“はままる太郎”も飛び入り参加してお祭りの気分を盛り上げてくれました。 [続きを読む]
  • 高校生1日ナース体験を実施
  • 当院のオープンホスピタル開催日に、看護職を目指す高校生が1日ナース体験に参加しました。看護師のユニフォームに着替えて、少し緊張した面持ちの高校生たち。看護師の仕事について説明を聞いた後、実際に現場で患者さんのケアを見学したり手浴や足浴などを体験しました。高校生からは、「患者さんのお世話をすることは大変だったけどとてもやりがいを感じた。」「いろいろなところを回り、病院を感じることができた。勉強になり [続きを読む]
  • 基礎Ⅲ研修
  • 「自立した看護が実践できる」をテーマに、6月の「看護倫理」の研修に続き、今回は「リーダーシップ」についての研修を行いました。リーダーシップ論の講義を聴き、その後リーダーの役割について簡単なゲームを通して意見交換しました。紙をちぎってばらばらにし、合わせる簡単なゲームですが、全体を把握することの重要性や、役割分担をいかに効率よくするかを学びました。早くゴールするためには、リーダーシップと協調性が求め [続きを読む]
  • 接遇講演会を開催
  • 接遇講演会が開催されました。今回のテーマは、「現場で生かすメディエーション〜聴くスキルが患者を変える!〜」です。榛原総合病院 看護責任者兼看護副部長の増田伊佐世氏を講師にお迎えしました。医療メディエーションのポイントは、相手があらわしている主張の裏には、根本的欲求が潜んでいることを認識し、まずは傾聴が大事であること、職員一人ひとりの真摯な傾聴がコンフリクトを防ぐことを学びました。病院職員の他に、地 [続きを読む]
  • 院内コンサート?ハワイアンフラショー
  • フラダンス教室「マカリィ」による華麗なフラダンスに魅了されました。「マカリィ」の生徒さんたちは、地元のイベントや福祉施設の訪問、本場ハワイのミュージシャンによるジャパンツアーにも出演されています。優雅で、そして優しく、病気の患者さんたちだけでなくスタッフの心も癒やしてくれ、とてもすてきな時間を過ごすことが出来ました。 [続きを読む]
  • 当院手術室での2つの取り組みを紹介!!
  • 1つは、前日の症例検討です。朝の短時間でも、活発な意見が飛び交い、次の症例に活かせるように麻酔科医からも助言をもらっています。2つめは、勉強会の企画です。新人・中堅・ベテランを問わず参加し、手術看護のレベルアップに向けて、努力しています。 予定手術、緊急手術が多くても、外科系医師、麻酔科医、研修医、手術室看護師、看護補助者とチームワークで乗り切っています‼先日の納涼会での一コマです。職種を問わずスタ [続きを読む]
  • 第2回 プリセプター集合研修開催
  • 新人指導が始まって4ヶ月。指導に対して、さまざまな悩みをお互いに出し合いました。ロールプレイ  相手の事を思い切り誉めてみよう!最後に、臨床心理士の平林さんから、「ストレス」について講義を受けました。講義の後は、音楽を聴きながらリラックスした時間を過ごしました。 [続きを読む]
  • 新人集合研修「一次救命処置」を行いました。
  • 新人が入職して4ヶ月が過ぎようとしています。夜勤も始まり、また新たな緊張感を感じています。重症の患者さんを受け持ったり、急変にあたることも・・・そこで、「急変時における判断、対応について学び、日々の臨床に活かすことができる能力を養う。」ことを目的にBLSの研修が行われました。挿管の介助も体験しました。最後に、臨床工学士から人工呼吸器の説明を受けました。 [続きを読む]
  • 3A病棟の紹介
  • 3A病棟は産婦人科病棟です。婦人科疾患や切迫早産などお産前から入院の必要な妊婦さん、そして出産した産婦さんや出産後の褥婦さんとベビー達が入院しています。出産に向けて、プレママクラスやプレパパクラスを行ったり、助産師外来などで妊婦さんのサポートを行っています。出産後は授乳のサポート、また、退院してベビーの沐浴ができるようにママ自身にベビーの沐浴体験などを行っています。赤ちゃんの毛布は、やいちゃんのイラ [続きを読む]
  • 看護の出前授業を行いました
  • 県立清流館高校へ看護の出前授業に出向きました。看護系の学校への進学を考えている生徒さんを対象に、看護の仕事の内容やその魅力について、また看護学校での様子についてなどを、臨床で働く看護師からの体験談としてお話しました。看護の仕事を身近に感じてもらうために、聴診器を使って心臓の音を聞く演習を行いました。隣同士で楽しい雰囲気の中で聞きあうことができました。生徒さんたちの熱心な態度で聴講する姿からは、若々 [続きを読む]
  • ☆小児科病棟 七夕まつり☆
  • 7月7日七夕 小児科病棟のプレイルームの風景です。入院している子供たちが、短冊に願いを書いて笹の葉に飾りました。「サッカー選手になれますように」「早く元気になっておいしいものをたくさん食べたい!」・・・などなどかわいい夢がたくさん短冊に書かれています。なによりも、「入院している子供たちが、早く元気になりますように」お祈りします。 [続きを読む]
  • 焼津市立総合病院で認知症サポーター養成講座を開催
  • 当院は平成29年度より、認知症疾患医療センターの指定を受けています。今回は、認知症疾患医療センターとして、認知症に対する正しい知識と理解についての普及活動を行う目的で、認知症サポーター養成講座を開催しました。認知症キャラバン・メイトによる講義に、焼津市のボランティア団体「浪蔵劇団(なみぞうげきだん)」による笑劇を交えて学びました。当院の病院職員の他に、地域の医療・介護関係者や一般市民の方々の参加をい [続きを読む]