遊々亭ほんぽのすけ さん プロフィール

  •  
遊々亭ほんぽのすけさん: まじめな社長のふまじめなブログ
ハンドル名遊々亭ほんぽのすけ さん
ブログタイトルまじめな社長のふまじめなブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/solution-gate/
サイト紹介文45歳の時、20年間勤めた会社を退職してソリューションゲートを設立。雑居ビルのような頭の中をブログにしています。
自由文某大手計測メーカー時代は、海外を含め5000人を超えるエンジニアの教育を実施。中学校、塾、家庭教師などの経験を活かしてビジネスを展開中。浅間に自力で小屋を建てたり、音楽漬け、酒漬け、ギター漬け、カメラ漬け、etc。凝り出したら止まらない性格です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供44回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2010/03/18 22:03

遊々亭ほんぽのすけ さんのブログ記事

  • 能登牛
  • 2泊3日で能登をまわって来ました。2泊目は奥能登の木の浦にあるコテージを借りたので、調理は自前です。最近ハマっているプリンセスのプレートを持参し、能登の食材で夕食を楽しむ事にしました。金沢の近江市場で、ホウキタケやマコモタケなどの野菜を調達し、輪島の朝市で干物を手に入れ、醤油や塩も現地で調達しました。そしてもう一品。忘れちゃいけないのが「能登牛」です。何とかネットで調べて、輪島の精肉店で能登牛を見つ [続きを読む]
  • 二度見した説明文
  • 富山県高岡市にある瑞龍寺に行って来ました。前田利長の菩提を弔うために建てられたお寺です。派手さはないのですが、スケールが大きく均整がとれた建造物です。建物の一部は修復中で、「こけら葺き」と言う屋根の修理に関するパネルがありました。今年、国交省がらみの仕事に瓦葺きのコンテンツ制作があったので、どんなものかと説明を読み始めた途端、頭の中に⁇がたくさん並びました。その理由?読むのが一番です。最初の2行を [続きを読む]
  • 新解さんのなぞ
  • 過去にも書いたことがあるかもしれませんが、大好きな国語辞典があります。 三省堂の新明解国語辞典です。 国語辞典の何が面白いの、と思われるかも知れませんね。 この辞典は、偏見に満ちたように見える解説と用語の用例が相当ユニークなのです。 この面白さを教えてくれた本があります。 赤瀬川源平さんの「新解さんのなぞ」という本です。 たとえば、「苦しい」の用例「苦しい中から子供を三人まで大学にやる」大学を出すのは一 [続きを読む]
  • 針圧計
  • ユニゾンリサーチのプレーヤーには、トーンアーム自体に針圧の値を示す機能が無いので、針圧を計測する針圧計が必要になります。 オルトフォンあたりのものは高価なので、ネットを調べてみると、デジタル式で安いものが見つかりました。 これで1000円ちょっと。 ちゃんと使えます。 [続きを読む]
  • カウンターテーブルを作る
  • 屋根がついたデッキでくつろいだり、雨の日に食事ができるように、カウンターテーブルを作る事にしました。 天板の固定方法が難しそうです。 一方は受け木を固定する手すりがなく、もう一方はデッキの出入り口として開口してあるため、固定してしまうと邪魔になります。 カウンターではなく、普通のテーブルを置いて食事をしたい事もあるでしょう。 固定してしまうと広く使いたいときに不便なので、いつものパターンで取り外しがで [続きを読む]
  • どんぐり
  • 3連休なので、浅間の小屋に来ました。 今年はあんなに猛暑だったのに、浅間はもう冬の準備をしている秋の気配。 デッキには、どんぐりがたくさん落ちていました。 小屋に覆いかぶさるように、大きなどんぐりの木が立っています。 風がが森を通り抜けてくると、どんぐりが落下し、デッキや屋根に当たり音を立てます。 散らばったどんぐりのいくつかは、夜のうちに冬の準備をしている小動物が持っていくのでしょうね。 [続きを読む]
  • 干俣のしみず
  • 浅間の小屋には水道が無いので、水の調達は毎回課題になります。 裏にある渓流は、鉄分を強く感じる水質のため、洗い物には利用できても飲料には向きません。 最近お世話になっているのは、干俣のしみずと呼ばれる湧き水です。 万座鹿沢駅方面から国道144号を田代湖方面に走るとバラキ湖に向かう道があります。 国道144号を右折して5分ほど走ると駐車場があり、そこに干俣のしみずがあります。 水量も十分で、ポリタンクは直ぐに一 [続きを読む]
  • コールマンのLEDノスタルジアランタン
  • 軽井沢のアウトレットもモールにあるコールマンのショップに立ち寄ってみると、ちょっと気になるランタンがありました。 バッテリーロック LEDノスタルジアランタン。 見た目はガソリンランタンとそっくりですが、マントルの代わりにLEDが取り付けられています。 本体は金属で、ホヤはガラス。 ガソリンランタン 290A740Jをそのまま流用しているようです。燃焼時の空気取り入れの穴も再現されていますが、ここから虫が飛び込む事を [続きを読む]
  • デッキに屋根をつける−3
  • 9月22日からの3連休は浅間の小屋で過ごしました。 今回は、デッキの屋根の完成です。 1日目は移動で時間がかかり、お昼過ぎからの作業になりました。 垂木の加工はやっておいたので、シンプソン金具を使って、1段目の垂木を固定して、この日は終わり。 2日目は、朝9時過から作業を開始しました。 ポリカの波板を受けるための垂木の取り付けです。 長い材料が用意できなかったので、ところどころ、短い材料をつないで垂木を [続きを読む]
  • BLACK &DECKERの充電器
  • 小屋で使う電動工具は、ほとんどがBLACK &DECKERのものです。 以前、セットで購入した時にオマケでもらったのがコレ。 USB出力が2つついた充電器です。 これにバッテリーを装着すると写真のような感じに。 小屋では日中や寝る時には発電機は回さないので、そんな時に重宝しています。 [続きを読む]
  • 教え方に対する疑問
  • youtubeで小学生の分数の授業映像をいろいろ見ていてふと疑問に思ったことがあります。 たとえば、1/3×1/2の教え方。 沢山の先生が、一所懸命考えた教え方でわかりやすく教えています。なるほどと感心しながらも、どうしても途中にハードルがあって、そこを乗り越えられない子供はけっこういそうだな、と思いました。 世の中の大人に、この計算の理屈を子供が納得できるように、どれだけの人が説明できるでしょうか。 計算方法だ [続きを読む]
  • ちょっと早目に
  • 金曜日は三河島や王子を回り、10キロちょっと歩きました。王子の法務局を出たのが17時前。喉を潤したくなり飛び込んだお店。19時まではドリンクも安く、串カツを中心にハイボール系を3杯頂きました。カウンター席から見えたビリケンさんの背中と赤ちょうちん。今日も無事に1日が終わりました。 [続きを読む]
  • 最近のロードレース界
  • 毎年、グランツールやクラシックレースの放映を楽しみに観ています。 今は、ブエルタの真っ最中。 どちらかというとグランツールよりもクラシカルレースが好きなので、ファビアン・カンチェラーラやトム・ボーネンが引退してしまった現在、なんとなく気持ちが盛り上がりません。 ギアをトップに切り替えたときのカンチェラーラの走りは圧倒的で、映画でいうと、スーパーヒーローが登場して悪者をやっつけるのと似たわくわく感があ [続きを読む]
  • 教育指導要領に対する疑問
  • 私の会社は、教育コンテンツ開発を主な業務としています。 最近は建設業界の教育コンテンツに集中していましたが、やっていて面白いのは小学生や中学生向けのコンテンツです。 学校の先生も含めると、それこそ数えきれない人が取り組んでいる内容に新たな視点で切り込むというのは、かなりハードルが高く、思ったようにいかないだけに、やりがいがあります。 最近、ある仕掛けで膨大なコンテンツ作成に挑戦したくなり、小学校算数 [続きを読む]
  • ロードバイクのハンドルをフラットバーに改造
  • 久しぶりに自転車の改造をしました。 改造した自転車hあ、コルナゴのCLX3です。 スローピングタイプのフレームで、シートポストの形状も独特の切り口をしています。 これは友人から預かった自転車です。 その友人はドロップハンドルが苦手で、このままだと乗らないので、フラットバーに改造してほしいということでした。 前傾姿勢もだめなので、ハンドルの高さを上げるという課題もありました。 メカは105の10速です。 105で10速の [続きを読む]
  • 八広の日の丸酒場
  • 打合せが終わった時間がちょうど夕食の時間帯だと、どうせどこかで夕食の準備をとらなくちゃいけないんだと、居酒屋に入る口実が出来ます。 今日は、京成線の八広で19時過ぎに打合せが終わり、そんな条件が整いました。 打合せ先から駅に向かいながら、店を物色しましたが、ハートに響く店がありません。 ああダメかと思って駅方向に曲がろうとしたとき、ほんの数十メートル先に怪しげな暖簾が! 何が怪しいって、暖簾が裏表逆にか [続きを読む]
  • デッキに屋根をつけるー2
  • お盆の時期、4泊の予定で浅間の小屋に行ってきました。 今回の作業は、デッキに屋根をつける作用の続きです。 屋根を受けるために5本の柱を立て、補強と実用を兼ねて、柱の間には手すりをつけました。 垂木は小屋の屋根にかけて、そこから伸ばそうと思っていますが、傾斜がわずかしかないことが気になっていました。 当初は小屋の屋根と同じように、コンパネを張り、ルーフィングシートを敷き、アスファルトシングルで仕上げる [続きを読む]
  • スピーカー再生の良さ
  • ヨドバシカメラのオーディオフロアーに行くと、圧倒的に売り場面積を占めているのはポータブル・オーディオ関連です。 イヤフォンやヘッドフォン、ポータブル・プレーヤー、Bluetoothスピーカーなどの製品群です。 その種類の多さは、どう選んだら良いのか迷ってしまいます。特にイヤフォンは、気持ち悪くなるくらい沢山有ります。 イヤフォンで音楽の聴きくスタイルが主流ということですね。 音質は驚くほど良く、そんな音を歩き [続きを読む]
  • オーディオ的に面白いリコーダーの音楽
  • ピタリと合ったリコーダーのアンサンブルの響きは、実に美しいものです。 これは、リコーダー奏者の山岡重治さんと、リコーダー・アンサンブル「レ・サンクサンス」のアルバムです。 空間に広がり空気を震わす感じが他の楽器とは違う心地よさがあり、オーディオ的にもとても楽しい再生ができます。 ルネサンスからバロック期の独特の雰囲気を楽しめる音楽が多いという事も、リコーダー音楽の特徴でしょうか。 こちらは、ルネ・クレ [続きを読む]
  • ギター弦の交換
  • 先日、20年ぶりくらいに、所属していたギター教室の発表会を見てきました。 正確にいうと、その教室は今はありません。 50代半ばで亡くなってしまった平田宏先生の門下生の有志が集まって自主開催している発表会です。 毎回、先生の奥様をお呼びして、教室の発表会の継続という体裁をとり、通算60回目となっていました。 私は42歳の時に顔面麻痺により入院したことがきっかけで教室を休み、そのまま先生のレッスンを受けることもな [続きを読む]
  • 折りたたみキーボードの決定版になるか?
  • 折りたたみキーボードは、呆れるくらい色々試してきました。 試す、ということは、結局は使えなかったという事を意味しています。 使えない理由はいくつかあります。 ・キー配置が特殊・キータッチが悪い・Bluetoothの接続がすんなりといかない・開いた時に不安定・道具として魅力を感じない などなど、その都度理由は違い、結局、Appleの大きなキーボーを持ち歩くという事を繰り返していました。 このキーボードはタッチがなかな [続きを読む]
  • GIROを細かくみると
  • デザインに惹かれて導入したユニゾンリサーチのアナログプレーヤーのGIROですが、戸惑ったことや不安もいくつかあります。 まずは、スイッチ。 これは購入時点でグラグラで壊れていた部分です。修理されてきたものも、日本の工業製品のようなかっちりとした動きの安心感はなく、なんとなくグラグラしていて、無造作に扱うとすぐに壊れてしまいそうです。実際、注意書きにも、「スイッチは無理やり回さず、軽く操作してください。無 [続きを読む]