kazu さん プロフィール

  •  
kazuさん: 遥かなる時を経て
ハンドル名kazu さん
ブログタイトル遥かなる時を経て
ブログURLhttp://kazu2631.blog85.fc2.com/
サイト紹介文自然風景(星月太陽)や花マクロ・・・現在は星景を中心に撮影しています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供176回 / 365日(平均3.4回/週) - 参加 2010/03/18 22:06

kazu さんのブログ記事

  • 秋色の滝にて
  • 桜滝から移動して慈恩の滝へやって来た久々来たら場所が分からずウロチョロした道の駅が出来て新しい道が出来て方向違いの方を見てた星は少し撮ったがやはり霧空で見えず夜の紅葉もありかと撮った明けまで少しあったので車の中で待機していたがすごく寒く外へ出てトイレに行ったらそう寒く無い車の中の底冷えはこたえるカメラのモニターを見た滝の近くは水しぶきと風の影響で所どころぶれているレンズを時々拭きながらの撮影。慈恩 [続きを読む]
  • 渓谷秋の色どり
  • 数年ぶりに行った菊池渓谷解禁がとけたので少し行って見る気になった地元や他のカメラマンの話しでは今年はあまり綺麗では無いとの事実際思ったほどの感動が無かった感動しないものをどうやって感動出来る様に工夫するか色々考えながらの撮影だった渓谷なので光りが届きずらい状況の上に 上を向けると白飛びするのが曲者だ普段あまり風景など撮らない私にとっていい勉強になった熊本県菊池渓谷 2018-1108枚数が多いので適当に網 [続きを読む]
  • 都市月情景
  • 撮影してからしばらく経つとその時の情景が思い出せないと、言っても色々と忙しくて すぐに現像出来るものでも無い月は夜景の延長見たいに すごく綺麗に思えるのは私だけだろうかすごくいいアクセントになる光り輝く月もいいにはいいが この細い月はやっぱりこれだね!適当に数枚をピックアップしてみた福岡市(愛宕浜海浜公園)2018-1105もう一つのブログ↓ 「晴れても雲っても my life」←こちらもよろしくお願いします!! [続きを読む]
  • 眠る町に目覚める月と星
  • 張り切って撮影に出かけたのはいいが 肝心の福岡は曇りだった福岡タワーのライトが消灯した後(23:00)にやっと晴れて来た今回の本命は月だったけど 星撮りもさせてくれよと言いたかったいつも田舎周りで都会では車の運転が苦手なもんで・・・何やかんや言っても結局3カットは撮ったそれもちょびっとと男らしくない撮影だった(笑)少し時間を勘違いして結構長い時間空を見ていたが月は早朝の4時頃出現したそれに立ち位置にも [続きを読む]
  • 紅葉の音色
  • 朝の駐車場は満車だったそれも夕方になるとぽつぽつと空き何度も車から降りて三股山方向を見ていた太陽の動きで山に陰影が出来るその様子を見ているのも結構興味深かった紅葉は光りによって赤く輝いたり陰ったりする標高を1000メートル過ぎると平地とは違った風景にしばし癒される長者原駐車場2018-1020もう一つのブログ↓ 「晴れても雲っても my life」←こちらもよろしくお願いします!!☆ランキングに参加しています、良か [続きを読む]
  • 遥か棚田の夜に
  • 棚田へ行ってから大分時間が経つが正直ここ忘れていた。初めて岳の棚田へとやって来た予想通りやっぱり道を間違えてすんなりと来れなかった少しロケハンして撮影ポイントは決めたしかし肝心の天気がどうにも回復してくれない曇った日ほど気になって寝れない車の中から何度外を見ただろうか、そうしてあきらめかけた夜中の2時過ぎやっと星が見えたこの時間、オリオンが結構高く上がっている地上風景の肝心の棚田が入らないときてい [続きを読む]
  • 湯布院の夜空にて
  • 久住旅行の最終日、いつものパターンとなっている所蛇越展望台に寄った雲海まで見るつもりは無かったので夜明前には帰った夜中の雲海と空の鮮明度で毎回違った撮影になりそうだが今回の撮影あまり良い方では無く 正直没作。展望台の上で大分の人とお話しをしたが、人と話したのは久々で新鮮流星みたいね〜と、話をしていて家で見たら あった!!ホワイトバランスをオートで撮ったけど次回はちょっと変えようかな〜ここは空の色が [続きを読む]
  • 湿原に星の明かりが灯る頃
  • 三夜四日の旅のうち晴れたのは最後の一日だけ月が沈む前後に保険も兼ねての撮影(いつ曇るか分からないから)この時期は紅葉で多くの登山客がいて駐車場は油断すると満杯私は夜中から道路上にいて移動したらもう止まる所なし夕方紅葉した三股山に夕日が当たり これに月がかかったこれを少し逃すと山に影が当たるのだ(この写真はまた別の日にでも・・・)月は夜中の1時過ぎに沈むが 撮影は概ね10時頃から開始したしかしこの日 [続きを読む]
  • 北野コスモス星ロード
  • コスモスの息は長いと言っても、ぼやぼやしていると倒れてしまうここは数年前に撮影した事がある所 やはり私の事だ、すんなりとここへたどり着けずウロウロした花と星は私の一つのテーマの割りには殆ど撮影出来ずにいるいざ撮影に入るとどうやって撮影していたか全く分からず、大体の所で撮影しているそして家に帰って昔のものを少しのぞいたら 全然違っている要は昔から進歩していないと言う事だ車が時折通るそのライトがいいの [続きを読む]
  • コスモスの朝化粧
  • 大分久住の帰りに寄ってみた早朝なので(日曜日)駐車場が混んで無くて楽ちん昼近くになると大渋滞となるだろう久々に花の写真で構図や撮り方に集中したが感覚が鈍くなっていて手こずるそれを楽にしてくれたのが夜露!これは自分の腕よりも自然に助けられる花を撮るコツはレンズ選び 殆どレンズに助けられているレンズ遊びと言ってもいいかな久々なので13枚も選んでしまったが以前と 代り映えしない自分の腕に少し心が折れるキ [続きを読む]
  • 湿原とオリオン
  • 卓球の福原愛ちゃんが引退宣言をされた「卓球は遊びじゃない」と言った福ちゃん私の星撮りも単純に「遊びじゃない」夜は危険が常に伴う 軽い気持ちではだめだと思っている危険でドキッと思った経験は数多くある勿論熊が出て来ても戦う覚悟は出来ている(九州に熊は出ませんが)いつかは野犬の唸り声が、それで三脚を武器にしたこともあるまた撮影中にイノシシが前を走って行った事も一度では無い鹿などは可愛いものだある棚田では [続きを読む]
  • 絶景の地とオリオン
  • 前原牧場から阿蘇ミルクロードへ移動した夜。歳の精か睡眠不足に弱くなって来たこの位の頭痛どうとも思わなかったのだけど・・・写友と待ち合わせ時間は過ぎ約束の場所へと着いた空を見上げるとオリオンが少し高くなり始めていた(少しあせる)写友と最後の一枚と言い 帰り際に撮ったもの多くの星を見ると心が和むミルクロード北山2018-1008もう一つのブログ↓ 「晴れても雲っても my life」←こちらもよろしくお願いします!! [続きを読む]
  • 星夜のひととき
  • 約1ケ月ぶりの星撮り旅行だ南小国は曇っていたが動けばなんとかなりそうだった何しろこの地区はよくある靄なのだ今日は久々写友との撮影 だからこの夜は特に天気には恵まれて欲しいと思ったが・・・まずは南小国の橋を巡ってみた 少し雲があったがこの時期どんな星がそこにあるか現地で見れたのがいい翌日は一人で橋梁から前原牧場へと向かった天気の違いで星撮りは大きく変わる前原牧場すごい霧北里の橋梁(FBよりあっさり仕上 [続きを読む]
  • 銀河をたたえて
  • 満月期は晴れた夜でも撮影に行こうとは思わないしかし日ごと撮影チャンスが近ずいて行くのは何とも期待心が膨らんで来る今日この頃この写真は嬉野で撮影したものでそれぞれ個性のあるものを選んでみた嬉野市納戸料2018もう一つのブログ↓ 「晴れても雲っても my life」←こちらもよろしくお願いします!! ☆ランキングに参加しています、良かったらぽちっと押して頂けると励みになります↓☆………この記事トップへ………   [続きを読む]
  • 古代の丘に登る銀河
  • 一年振りに押戸石の丘に登った以前下りで濡れた草で滑った(約1ケ月ほど痛んだ)それで今回は遠回り安全コースで登ったが全然大丈夫だったが、それで撮影ポイントを見つける事もある・・・丘での撮影ポイントは大きく3ケ所ほどそこで結構時間をかけて撮影するが寒い冬は別(笑)撮影後モニターで見たら天の川の色まで確認出来たそんな時 殆どの場合出来上がりも期待出来る。…その割にはぱっとしない出来に不満。南小国町2018も [続きを読む]
  • 海床路の夕景
  • この日の夕方は特別の日だったらしい普賢岳に夕日が落ちる日でけっこうのカメラマンがいた それで殆どが望遠レンズそんな中私は望遠では無く3516の夕景撮りでのんびりと撮影した三脚がずらりと並ぶ前に堂々と(無神経にも)ポートレートを撮る軍団それもいい歳した連中だ他の事がまったく眼中にないその無神経さ、何だろうしかも逆光にフラッシュなしかい・・・(自分のブログなので好きな事を書かせてもらった)天草郡網田海岸  [続きを読む]
  • 丘の上のシンフォニー
  • ここ押戸石で一晩過ごし夜明けを迎えた実は明るい時にここに登ったのは初めて。夜中から若い人が星撮り(たぶん)をしていた勿論朝も、もくもくとお互い撮影していたのでまったくコミュニケーションは取れなかった濡れた草は下る時滑りやすいがほとんどその心配は無かった(その心配があったので夜中は遠回りして登って行ったほど)押戸石の丘2018もう一つのブログ↓ 「晴れても雲っても my life」←こちらもよろしくお願いします [続きを読む]
  • 光芒のある滝を見上げて
  • 少し前、小旅行二つ目の目標、夫婦滝の光芒。夜明を丘の上で迎えた後 急いで南小国町へと急いだと、言ってもどんよりした天気だけど滝口では数名の人達が光芒待ちでスタンバイしていた私は少しすいている所に三脚を立てたがなかなか晴れてくれないのでウロウロしていた約2時間過ぎてやっと光芒が現れた時間がたつほどに上から光りが射しこむ南小国町2018-0806ここの光芒は二度目だけど人の話しでは来る度に角度が違うと言う滝の [続きを読む]
  • 桜木の上の銀河世界
  • 昼間の暑さが夜まで引きずったので ノイズがやや気になるそう思いながら撮影したそれでも外に椅子を出してのんびりとした撮影だった時折流星を気にしたが この時間帯はちらりとも見えなかった左側の光跡は一体なんだろう?ほぼほぼ現像のみ嬉野市納戸料2018-0812暑くてノイズが少し気になるのでダークをそれぞれ当てその後加算平均で重ねました(星空風景4枚、地上風景4枚)もう一つのブログ↓ 「晴れても雲っても my life」← [続きを読む]
  • ペルセウス流星群の夜
  • ここは桜で有名な所だがこの時期も緑で意外と綺麗なのだその特徴を生かす撮影をするため この桜の木に絞ったそれに流星群が撮れればと思ったここでは掲載逆順だが流星群を撮影した物の中から三枚だけ選んだ撮影あと家へ戻った翌日位から 疲れからか脱水症状からか体調がすぐれない まるで船酔いみたいな症状で何もやる気がしない先の天草帰りもそんな感じで 体力の無さと年齢を感じる様になった今これを書いている時もまだ完全 [続きを読む]
  • 夢見る星々のロンド
  • 横目で天の川が昇って行くのを眺めていた天の川をすぐにでも撮りたい その気持ちを押さえていつか撮影したいと思っていたものを果たした試し撮りでモニターを見たら東側の空が赤いそれが気になったそれに右側に車が停車しているのでカメラを左側に振ったここでの撮影は同じ様な構図で翌日も撮影した空の条件は同じでは無いからね(車を開けてちょっとエンジンをかけた)丘の上で自撮りを三枚だけ、そのうちの一つ。(今回はタイマ [続きを読む]
  • 宇宙との交信
  • 今回の小旅行は熊本の押戸石の丘と夫婦滝の光芒を目的として挑んだ最初の一泊目、うまくいけば別の場所を期待していたけど思った以上天気が悪かった夜中すぎ幾らか晴れて来たが月が出てくるまで約1時間かなり焦って丘を登っていった焦って携行品の不具合もあった それに雨上がりで蛾には参った ドアをあけるたび車の中にも入って来るおまけに夜露プラス雨で濡れた草で靴はびしょぬれ・・・誰もいないとこんな事も出来る(自撮り [続きを読む]
  • 苓北の夕景
  • 天草西海岸帰る日の夕方、ロケハンは少しだけ、その位の浜辺だった石で出来た旧橋がある波でえぐられた(作られた)長い形状の岩場が目立つ浜でみずたまりが夕照が照らす所を探すのがひと苦労だった天草西海岸苓北海岸2018-0719もう一つのブログ↓ 「晴れても雲っても my life」←こちらもよろしくお願いします!! ☆ランキングに参加しています、良かったらぽちっと押して頂けると励みになります↓☆………この記事トップへ…… [続きを読む]
  • きらめきの朝
  • 早朝トイレに立ったら空が焼けていた急いで城山公園へと急ぐ辛うじて朝日の出には間に合ったし久しぶりの朝の空気も美味しい今日はいいいい一日になりそうだ小郡市2018-0801(注意)フエイスブックがおかしくなりました友達メッセも表示されず連絡が出来なくなりました勿論投稿コーナーも見つからずです乗っ取りかも知れませんね!皆さんはどうでしょうか? [続きを読む]
  • 海風の詩
  • 6月に撮影したものだけどそのままにしていたここでの夜撮影はよくやっていたけど昼間こういう形で撮影するのは初めてでやり方しだいではとても新鮮な風景だと思った一番強調しているのが空に流れる雲、雲の形や風の強さで動きを感じられるそれに加えて長時間撮影の波と岩に溶け込む様が何とも言えない芥屋の大門の裏海岸でここからは北を臨む事が出来るので星撮りの比較明合成には向いているここは丸石で歩きずらく 海の中に入る [続きを読む]