kazu さん プロフィール

  •  
kazuさん: 遥かなる時を経て
ハンドル名kazu さん
ブログタイトル遥かなる時を経て
ブログURLhttp://kazu2631.blog85.fc2.com/
サイト紹介文自然風景(星月太陽)や花マクロ・・・現在は星景を中心に撮影しています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供260回 / 365日(平均5.0回/週) - 参加 2010/03/18 22:06

kazu さんのブログ記事

  • 湿原にオリオンが昇る
  • この湿原に行くまで通行止めにあって遠回りをしてしまったまだ熊本地震の影響で工事があっているここの駐車場では登山客で車がいっぱいだが 撮影目的で来ている者は私一人だった何となく場違いな感じがした私のお隣りの車は長崎ナンバーで気さくに声を掛け合った何でも夜明け前に出発して山の中で一夜を過ごすそうだそれがすごく楽しそうな雰囲気が こちらまでひしひしと伝わって来たさて、撮影の方は二台のカメラを用意したが一 [続きを読む]
  • カラスの唇
  • 変なタイトルをつけた見た通りカラスに似ていると思う撮影してからもうだいぶ経つやっと掲載しようと思って処理をしたいつも思う空の色・・・いつもながらまったく決まらない  唐津市七ツ釜あまり時間がたったフアイルはパソコンに置いていませんだからデーターも分かりません すみませんもしデーターが必要な方は遠慮なくコメントを下さい"(-""-)"もう一つのブログ↓ 「晴れても雲っても my life」←こちらもよろしくお願いし [続きを読む]
  • 13日の朝
  • 二日続けて早起きだ朝起きてもそう寒くない だから朝霧は期待していないもっともこの時は朝日の中望遠でのテスト撮影事前にどうとるかノートに記入してその通り実施してみた大きな発見があったその成果が今日掲載の写真だ最も朝の色そのものだと思った途中曇ってしまってこんな時にと思ったそれで朝日の空白が出来ている小郡市 2017-1113EOS7D/24-105→105mm撮影がうまく行くと後の処理もすんなり出来るもんですねもう [続きを読む]
  • 夜の余韻
  • 二晩目の清水寺から・・・(ここに二晩した人はきっと私位だろう)オリオンは夜中の撮影で北斗七星は明け方近くのはずしかし、データーでは夜の21:00頃となっているそんなはずは無い その時間は「かさぎ」にいたのだ証人もいる(笑) まあどうでもいいか!夜明の光りが近くなると数分単位で明るくなってくるだから結構焦って撮影したそれもポラリエ使用で5枚SET撮り焦ってミスして余計時間を食ってしまった北斗七星オリオン座 [続きを読む]
  • 静かな朝
  • 何となく朝が気になって早くに目が覚めたそうまで寒くない朝だ思った通り朝霧は沸いてなく朝の景色を眺める人もいなかった少しぶらぶらしながら朝日が出る時間まで散歩した小郡市 2017-1112(07:00-07:20)APSC-105mmこの朝日写真は色が溶け込みすぎて 画像処理に時間がかかりましたスタライメージで加算平均して何とか体裁が整いましたが・・・・もう一つのブログ↓ 「晴れても雲っても my life」←こちらもよろしくお願いしま [続きを読む]
  • 夫婦岩に北天の星々
  • 都市星景を撮影した後、次いでに糸島の夫婦岩へと寄ったナビが古くて遠回りをさせられたが無事到着しかし、わずか20分ほどでここの撮影も終了したというのもほんの近くで事件らしい、パトカーが2台もやって来て何やらやっている撮影も気が気じゃなく これは早く帰った方がいいと思った本来はもっと長く撮影して構図もきっちり決めたかったし朝は月が沈むシーンを撮影予定だった月はあるがこんないい天気は無いと思ったが 撮影 [続きを読む]
  • 海浜公園と星の旋律
  • 日曜日の昼間なので福岡市内ではなく 三瀬峠の方から福岡市内へと向かったしかし、ここでも1時間位はオーバーではないかな、思ったより遅く着いてしまったここは夕方がどこよりも早く暗くなるので夕景はパス!ここの遊歩道は殆どの人々が走っている その中でも歩いている人は私の三脚を見ている何しろ砂浜の上に二つの白いもの(タオル)が浮かんでいいるからだ(笑)昨日が満月だったので今日は約50分ほど遅れて浮かんで来る [続きを読む]
  • 秋に咲く向日葵
  • 糸島半島の帰りに山田向日葵園の 夜の様子を見る事にした気になるイノシシだが 上の公園の入口から柵を張ってあったちょっと安心かな!夜明が近い時間帯で月はオリオン座の上にらんらんと輝いている月を避けて月を利用して撮影すると、思ったが構図を選んでいる暇もなし結局車のライトが照らし出す向日葵を撮影する事にした三養基郡山田地区 2017-1106もう一つのブログ↓ 「晴れても雲っても my life」←こちらもよろしくお願い [続きを読む]
  • 白道とオリオンの軌跡
  • 日曜は殆ど家にいる様にしているけど 天体の都合では出かける事もあるこの日は福岡の海浜公園に月と星撮りに出かけた3月以来の撮影。困った事にここの有料駐車場が23:00でしまってしまう事だ1900から撮影初めて11時前には勝負をつけてしまわなければならない超広角レンズを選び月と星を画角にきちんと入れるには5時間は必要なのだが.....長時間撮影を全部で6カット以上やっただろうか難しい・・・だけど、めっちゃ [続きを読む]
  • 久々の月連続
  • 11月の5日、満月にちなんで掲載(時期はすこしずれるが)水面に月の光りが反射するのをイメージしていたがちょっとやりすぎかな?これは比較明合成だが 画像処理で比較暗を素材にしてやってみたがそれは逆にあまりにも寂しいので今回はこれにした殆どが撮って出し 直す所も無いし 直すイメージも沸かない自分にとってはぱっとしないもの・・・唐津市 2017-1011もう一つのブログ↓ 「晴れても雲っても my life」←こちらもよ [続きを読む]
  • 雲海が人を寄せる地
  • 以前撮影したものの35mm版だご存知の様に焦点距離が短くなるだけ 撮影時間が短縮される(短い時間で線が出来る)星の大きさも変わって来るがレンズが長くなると星のつなぎ目が目立った来るので設定が難しくなって来るこの夜は珍しく晴天で車の中から眺めるオリオンが移動していったさあ、早朝は雲海が出るだろうか、本命は雲海だ、///・・・だったけど、雲海ほとんど無しの朝を迎えた。若宮町清水寺 2017-1011もう一つのブログ [続きを読む]
  • 夜が手招きする草原
  • 夜の入山が禁止されてからどのくらいなるだろうか待ちに待った夜の通行止めが一部解除されこれまで待ちに待ったカメラマンも多数いかれるだろうこの夜はほとんど一晩いたが 私一人だったただし、カメラマンはです...この草原に二組の人が入って大型の電気を照らしていたそれも一番いい時間帯(オリオンが山にかかる)に草原の中で遊ぶ電気に左右され、結構失敗作品が多くあとの処理に苦戦した阿蘇草千里 2017-1026EOS6D+16-35mm [続きを読む]
  • 満月の夜に
  • 久しぶりに満月の日が晴天と来ている月を利用して星景らしいものが撮れそうだと思い近くの宝満川へと急ぐそれにしても随分と飛行機が飛ぶもんだうちの家は航路となっていないせいか 比較的静かその分 高速道路やバイパスで車の音はけたたましい月のテストを兼ねて少しだけぐるぐる撮影をして先ほど画像処理をしたこんなに早く掲載するのは初めてだが 何しろ月テスト結果が早く見たかったからだ明日は久々の都市星景だ月テスト  [続きを読む]
  • 草原に星酔い
  • 睡眠に強い私が今回は頭ががんがんするこんな状態の中 遠くまで撮影に出かけているメニエール病は時々出てくる、私は職業病なので仕方が無いけど 夏の疲れが出る秋口に体調が不調になり 家でも熟睡していない日が多くなる今回の小旅行で、最後のカットとなるもので山がかすんでいるのは 明日からの曇りを予想していた阿蘇東登山道路 2017-1026EOS6D+16-35mmf2.8Ⅱ→16mm星空風景→f3.2 120S×2(カメラ内加算平均)ISO640 [続きを読む]
  • 耳をすましてかすかな星を
  • 夜中の3時過ぎにここに着いた と、言っても家から10程で着く所。東方向に花立山が見れるが かすかな星なので撮影は難しい朝霧と星のイメージで撮影しているが そんなにうまくはいかない撮影のたび、自信を無くしそうだ小郡市 2017-1103もう一つのブログ↓ 「晴れても雲っても my life」←こちらもよろしくお願いします!! ☆ランキングに参加しています、良かったらぽちっと押して頂けると励みになります↓☆………この記事 [続きを読む]
  • 冬星の牧場
  • 草千里の撮影後、根子岳と牧場が見える所へと移動したまるで大きな爪でひっかいた様な山肌は 夜見ると余計インパクトが強いこの道路は夜間は通行止めとなるのでゆっくり撮影出来るが今回は控えめに牧場のはしっこから撮影しているこれは2分ものだが 本来は2分×3を加算平均していて画像処理がどうも芳しく無く 結局これにする事にしたこの方向は牧場の中で馬がときたま鳴いていた次にカメラを北に向けて 北軸を中心において [続きを読む]
  • 風の見える丘
  • 杉原牧場の帰り 予定通り呼子大橋へ寄る。もう一台のカメラでこの周りをぐるりと撮影したまずカシオペヤを見て風景を重ねて、そんな撮影だった撮影中 月が出てきたりと撮影に変化が出来たのではないかなソフトフイルター有りと無しを撮影したが LEEのフイルターは殆ど効果がなかった 星の勢いのないものはちょっと物足りないかな〜こういうワイン色、好きです!!杉原牧場空のゴーストもアクセントとして、月出現風の見える丘 [続きを読む]
  • 靄のある夜明け近く
  • 夜中の3時半、昔住んでいたと言っても殆ど通りすがりの道だった所、約30分ほど撮影ポイントを探したぐずぐずしていたら夜明けが来てしまうこの撮影地に決めたが 折通り通る車のライトがうらめしかったイメージは朝もやの風景の上に星の流れだったがうまくいかないものだ。小郡市2017-1101もう一つのブログ↓ 「晴れても雲っても my life」←こちらもよろしくお願いします!! ☆ランキングに参加しています、良かったらぽちっ [続きを読む]
  • 星からのメッセージ
  • 一日で一番「寒い」と感じる時間帯は「夕方」だ、取りあえずそこが第一関門で 家にいても撮影に出かけていてもその時間帯が一番つらい それが過ぎたら・・・・・・それでも寒い時は寒い。三股山にオリオンが昇るまで3時間位は待っただろうかいつもながらここの構図は迷ってばかりいるカメラ2台よりも椅子を持って来れば良かった取りに行こうかどうしようかと思っていたきつくて膝をつく足が冷たい久住長者原タデ原湿原 2017-10 [続きを読む]
  • 大地と巡る星の巡航
  • この夜の撮影はとにかく落ち着かなかったそれを言うのも、この草原に人が入りライトをかざしていたからだそれも一番いいオリオンの時間帯に、まあここは運に任せるしかないだろうPCで加算平均8分を処理するとTIFFに変換となってしまう時間が長くなると当然、地上ぶれが多くなり処理も難しいこの方法は次回からパスしよう(笑) これは単純ROW2分物で、こちらの方が現像時で多くの情報量をあぶり出す事が出来そうだ現場での撮影時 [続きを読む]
  • 地球にたどり着く星の光りに気持ちを寄せて
  • まだオリオン座が昇る前少し車の中で待機していたと、言っても寝れる訳は無い「すばる」が少しずつ昇って行くのを横目で見ながら、カシオペヤを撮影することに、建物の灯りで十分明るかったが何とか車の光跡を加える事が出来たまだ通行止めの多い登山道だが 時々車が通る阿蘇草千里2017-1026EOS6D CANON16-35mmⅡf2.8→16mm星空風景→f2.8 120S×4(カメラ内加算平均)ISO250(月光下)ポタ赤追尾地上風景→f2.8→16mmf2.8 [続きを読む]
  • 見上げる星に願いをかけて
  • 少し前の写真になるけど 晴天と予報があり出かけた海中鳥居の下に石畳みが出来て少し趣きが変わったのではと思い早速夜の撮影をしてみた都合よく星を見る人が撮れて恰好良くおさまった石畳をみせたくてライトを当ててみた太良町海中鳥居もう一つのブログ↓ 「晴れても雲っても my life」←こちらもよろしくお願いします!! ☆ランキングに参加しています、良かったらぽちっと押して頂けると励みになります↓☆………この記事トッ [続きを読む]
  • 秋の星音に耳をすまして
  • 目が慣れて来た精か,当たりがやや明るく感じる夜肝心のコントロールの連続撮影が出来ない何度やっても動かず、車の中でテストした時は動いたのだが 本番で言う事利かず何処が違うのだろう 何でだろうとあせるあせる!!取りあえずここではあきらめて 30分の一発撮りに切り替える事にした30分セットして 暗くなった風景を明るくするために風景用を一枚だけ用意したもちろんこれで地上風景のノイズの不安は無くなる筈だ?久 [続きを読む]
  • 月がまぶしい夜に
  • 私は多くの撮影カットをかせげる所が好きでここは歩くほどに何処でも撮れそな気がするただ今回は月のある日を選んだので 星がどうしてもかすんでしまうだから主役は風景かな・・・次回は絶対新月期に来て その時こそ 星が主役だと言える撮影をしたい真っ暗なこの場所はかなり怖いだろうな〜唐津市七ツ釜2017-1011もう一つのブログ↓ 「晴れても雲っても my life」←こちらもよろしくお願いします!! ☆ランキングに参加してい [続きを読む]
  • 星のドラマが聞えてくる海
  • 石の階段を下りて行く訳だが 撮影後、上がってくるのいやだな〜と思った所この写真を見たら北の方向が大体見当が付く像の鼻の方向よりずっと左方向に 別の崖があるが夜歩いて行った事はまだないそこは行くまでが、周りが草木で暗いのだ(気色悪い)その暗さに慣れた先にこの岬独特の岩場へと出るおっと!調子に乗って歩いていくと その岩場が人生最後の所となるかも!!(でも、死ぬ気で次回行きます) 唐津市七ツ釜2017-1011 [続きを読む]