酔生夢人 さん プロフィール

  •  
酔生夢人さん: 酔生夢人のブログ
ハンドル名酔生夢人 さん
ブログタイトル酔生夢人のブログ
ブログURLhttp://hakurakutenn.janken-pon.net/
サイト紹介文小説創作を中心に日々の感想など。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供706回 / 365日(平均13.5回/週) - 参加 2010/03/19 09:02

酔生夢人 さんのブログ記事

  • 祝 「新潮45」休刊決定
  • 上手いねえ。「小川」が「小川栄太郎」であるのは言うまでもないだろう。小田嶋隆 @tako_ashi 9月24日 その他 ( ̄0 ̄)<♪春の小川は へこへこするよ岸の末裔や 吉田の孫に姿みにくく 色見苦しく避けよ避けよと きらわれながら 5件の返信 134件のリツイート 296 いいね 返信 5 リツイート 134 いいね 296 [続きを読む]
  • 「人は集団だと非論理的になる」か?
  • wiredというサイトから転載。ただし、論題が面白いので取り上げただけなので、記事内容は未読であり、私自身の考察が長くなるようなら、記事そのものはカットする予定。「人はなぜ集団では非論理的になるのか」というのは実に面白い問題ではないか。そのことにうんざりしている人は無数にいるだろうが、それを普遍的問題として考えた人は少ないのではないか。今、少しだけ読みかけている「ハーバート・スペンサー・コレクショ [続きを読む]
  • マリリン・モンロー、ノーリターン
  • 小川栄太郎などと言うと、私のような古い人間はどうしても「小沢栄太郎」という役者を思い出してしまうが、評論家としての実績がゼロの人間が、安倍礼賛本を出した途端にマスコミに盛んに取り上げられるようになるのは笑止である。まあ、杉田水脈も、安部の子分だからこそ議員にもなれ、大きな顔をしているわけで、中身はただの低能の下種にすぎない。野坂昭如の唄ではないが、「この世はもうじきおしまいだー」と言いたくなる [続きを読む]
  • なぜマルキシズムは嫌悪されるのか
  • 井沢元彦の「逆説の日本史」は面白いのだが、その中に時々出てくるマルキシズム批判や現代の反体制運動への批判(労働運動などもそのひとつとされているようだ)や嫌悪感というのが、どこから来ているのか、考えてみる価値はありそうだ。というのも、私自身、若いころには共産主義や反体制運動に対して、その内容も知らないうちから嫌悪感しか感じなかったからである。その理由を心理分析すると面白いと思う。なぜ、まったく無 [続きを読む]
  • バイアスのかかった中庸
  • 「私はいかにして、「党派的だ」と非難されるのを心配することをやめ、党派的発言を愛するようになったか」というタイトルの小論を思い付いた。もちろん、映画「Dr Strangelove」の副題のもじりである。党派性を避けようとする心性そのものが、思考を正常な論理展開から捻じ曲げ、「無理に作った中庸」という奇妙なものにする、ということもありそうだ。 小田嶋隆 @tako_ashi 9時間9時間前 というよりも、「党派性」というワー [続きを読む]
  • 官邸ぐるみの「強姦事件隠蔽」を風化させるな
  • 町山智弘のツィッターから転載。この問題を風化させてはいけないだろう。なお、問題の「内部メモ」つまり、山口記者の強姦事件(何度も言うが、強姦より悪質な睡眠強姦を「準強姦」という名称で呼ぶことに私は反対し続けている。「準」は「悪質さの程度が低い」イメージになるからだ。)について官邸が隠蔽を図ったことのメモは「ネットゲリラ」で見られるはずである。町山智浩さんがリツイート ソクラテス太郎 @nomorepropag [続きを読む]
  • 「問答無用」の社会
  • 日本論、あるいは日本文化論として面白い。「何故」と聞くことは、その指導法に文句があるのだ、と見做されるわけである。日本では、場合によっては、教えることが仕事の教師ですら、「なぜですか」と聞いたら、「俺の教えていることに文句でもあるのか」と言いかねない。つまり、「何も言わずに従え」が日本の組織の「常識」なのであり、上司の命令に「何故」と聞くことは反抗と見做される。特に運動部などの指導はそうだろう [続きを読む]
  • 編集長は変(な)主張をしない人を「慎重」に選ぶべし
  • 「ネットゲリラ」の野次馬氏のコメントのひとつだが、もともと出版業の内情には詳しいらしいから、下の発言は信頼できるのではないか。出版物の定価の65%(多めに見て)が出版社の取り分というのはなかなか勉強になる。で、実売1万部(2万部印刷して1万部は返品破棄か。テレビでCMをしたダイエット本のほうが売れるのではないか。)では赤字だというのも確かだろう。新潮社が潰れるのも遠くはないようだ。もちろん、雑誌 [続きを読む]
  • 「女子は殴らないとわからない」か
  • 「AERA」から転載。記事中の言葉を借りれば、「何の科学的根拠もない」考えなのだが、「女子は殴らないとわからない」というのは、ある種の経験則から出ている言葉ではないか、という気がする。もちろん、私は女を殴るような男は男の屑だと思っているし、女性に手を上げたことは一度も無い。男にだって手を上げたことは中学生のころに一度、大学時代に一度しかない。大学時代のことは、酔っ払って、何が何だかわからないうちに [続きを読む]
  • 国民の半分が住居費食費無料の「天国」があるらしい
  • 「ネットゲリラ」から記事の一部を転載。ウィグル問題には何の興味も無い(そもそも、外国の問題は、日本に利害関係が無いかぎり、興味が無い。文化問題ならともかく、外国の国内政治問題について論じても無意味である。白人どもが他国の「人権問題」を騒ぐのは常に、その背後に「それで外交問題や経済問題を有利にしよう」という腹がある。)が、記事中の言葉が面白い。確かに、ウィグル人の半分が収容所に居るなら、その費用 [続きを読む]
  • 公的空間と私的空間の混同という、現代の病
  • 一番馬鹿なのは、機内でプロポーズした男だが、女も完全な馬鹿である。仕事中にこんな馬鹿げたことをやったら解雇されて当然だろう。映画などにありそうな話だが、当人たちもそのつもりで、周囲のすべてが暖かく二人を祝福してくれるだろう、と思ったのだろう。だが、会社にとってはたまったものではない。まさに「お花畑頭」の二人である。(以下引用)2018年09月19日02:31会社「おまえのプライベートに乗客を巻き込むな」  [続きを読む]
  • 安倍総理の高速眼球運動
  • この動画は、一見の価値がある。凄い眼球運動であり、人間ではなく、カエルが虫の飛ぶのを追う目の動きみたいである。これでモノが見えているのなら、異常な能力だ。顔を対象に向けて動かさず、目だけを動かして物を見るのを昔の人は「巾着切り(スリ)」の目つきだ、と言ったらしいが、そんな目つきの人間が我が国の総理なのである。(以下引用) 小田嶋隆 @tako_ashi 6時間6時間前 その他 小田嶋隆さんがジャムをリツイー [続きを読む]
  • マスコミ御用タレント対御用評論家
  • 珍しく池上彰の番組が安倍政権批判めいたことをやった途端にこれである。まあ、私は池上彰(単なるマスコミ御用達タレントである。)も好きではないから、野次馬気分で見守るだけだが、この状況はなかなか面白い。(以下引用)【パクリ問題】 池上彰、ついにテレビ業界から追放!!! 有識者から被害報告が続々 ⇒ 池上彰の反論が馬鹿すぎる反論を展開した結果wwwwwww 【#MeToo】池上彰の意見パクリ問題 「いけがM [続きを読む]
  • 大麻飲料www
  • さすがに、清涼飲料水にまで大麻が入る時代が来るとは想像もできなかった。まあ、日本の「トクホ」に当たる飲料になるだろうが、もしもそれを飲んでラリパッパになる(死語か)ことができるなら、当然若者の多くが手を出すようになるだろう。今でも、咳止め薬(中島らもによれば、ジ〇〇ンらしい)を麻薬的に使用する者はいるはずであるし、昔はシンナーを吸う馬鹿な若者もたくさんいたのである。つまり、需要は確実にあるwww [続きを読む]
  • 日本が滅び行く国である理由
  • 「ネットゲリラ」より転載。響堂雪乃の新著の前書きが、現在の日本を見事に総括している。このように、物事の本質を正しく大づかみにとらえ、端的に言葉にできる人を私は尊敬する。私のような凡人はどうしても物事を近視眼的に見て、細部の混乱状態に惑わされるのである。(以下引用)ニホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへ 新論壇のカリスマ書き下ろし最新作! 「君たちが対峙する脅威とは、外国資本の傀儡と化した自 [続きを読む]
  • 北方四島の人口
  • 北方四島の昭和20年8月15日時点の人口(つまり日本人居住者数)と、2016年の人口(つまりロシア人居住者数)が、ほぼ同じであるのが面白い。おそらく、どちらも漁民とその家族がほとんどだろう。この数字の近さを見ると、北方四島の最大可能居住者数は2万人と見ていいのではないか。それを少ないと思うか、案外多いと思うかは人それぞれの主観の問題だ。ただし、好んで不便な離島暮らしをしたいと思う人間が2万人い [続きを読む]
  • 心神喪失こそ厳罰にすべきだろう
  • 「心神喪失」の理由は何だろうか。居酒屋にいたようだから、酒を飲んでいたとか? まあ、まさかそういう阿呆な理屈ではないと思うが、かなり泥酔状態だと心神喪失が認められることもあるとか読んだような気もする。計画殺人前には一杯やっておくのがお勧めか。(もちろん、これは憲法39条だか刑法39条だか何だかへの皮肉である。私は、心神喪失により無罪、ということほど阿呆な話は無いと思っている。)まあ、市議という [続きを読む]
  • 滋賀県山中のHAARP基地?
  • 「神戸大好き」さんのブログの「おまけ記事」を転載。まあ、真偽の判断は難しいが、いかにもそれらしい見かけのレーダー基地である。下のほうはケムトレイルの記事のようだが、そこにもMUレーダーとやらが使われるのだろうか。(以下引用)日本のHAARPって、滋賀県にあるらしい。https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=173818———————————&mdash [続きを読む]
  • 避難所生活と娯楽
  • 「NHKオンライン」か何かの記事だが、いい着眼だと思う。避難所生活というのは、「生き延びるのが仕事」であって、ほかにはすることも無いだろう。そして、誰もがストレスで精神をギスギスさせているはずだ。そういう時に気分を一新させてくれるのが娯楽である。避難所に、趣味で落語などをやっている人でもいたら、落語の素晴らしさを生まれて初めて知る人も出てくるのではないか。音楽は、人それぞれの趣味がかなり違ってい [続きを読む]
  • 精神勝利法www
  • 「ネットゲリラ」から転載。公正を期すならば、ネトウヨに限らず、ネットで政治について熱く語る無力な下級国民(つまり、あなたであり私である)は皆、阿Qに近い。私も自分のブログで上級国民をあれこれ批評批判することで「精神的な勝利」を得ているわけだろうwwwもっとも、私は青年時代から、「(外面的事実ではなく)精神の中で起こることが本物の体験である」という主義で、これはアルチュール・ランボーの言葉に啓示を受 [続きを読む]
  • 勝つってそんなにいい事か
  • まあ、そういうことである。日本社会だけが特殊なのか他の国も同じなのか知らないが、教育とかコーチングの中に平気で暴力が入ってくる社会というのは異常である。特にスポーツはなぜか神聖視されている面がある。勝つためには暴力的指導も仕方が無い、という思想である。武井壮が言うように、「スポーツごとき」で大人が子供を殴っても許される社会というのがどれほど異常なのか、改めて考える必要があるだろう。私は昔、「メ [続きを読む]
  • 発想法について
  • こういう発想を馬鹿にしたり無視したりせず、いろいろとアプローチを変えていくことで新しいものが生まれるのではないか。地球上のものはすべて地球の自転と共に動いているのだから、何か地球の自転に対して停止しているものが無いと自転を利用した発電はできない。(つまり、差異がエネルギーを産む。)とすると、海の水は慣性によって地球の自転より遅れて動くのではないか、と考えれば、潮流発電というのに結びつくわけだ。 [続きを読む]
  • 高気圧ガールとは何だったのか
  • まあ、こういう記事は気になる人が天気予報サイトでも見ればいいのだが、そういう記事を見逃す人もいるだろうから、老婆(ジジイだが)心で転載しているわけである。なお、子供のころから、気圧が低い方が台風の威力が大きいというのが未だに慣れない。もちろん台風を熱帯性低気圧というのは分かるのだが、950hPaだった台風が850hPaになったら、弱くなったのかな、とつい錯覚してしまう。どうしても、数字が大きいほど強 [続きを読む]
  • 下種がプロデュースする下種ガルバン
  • 秋元康の本性が良く分かるポスターであり、彼の、ガールズバンド(あるいは芸能界)を目指す女の子への視線が良く分かる。つまり、女衒(売春宿に女を売る男)である。(以下引用)1: 47の素敵な(庭) (初段) 2018/09/10(月) 09:52:39.98 mino@minotonefinland 原宿駅で秋元康プロデュースのガールズバンド第一期生募集のポスター見て本当に悔しさでいっぱいになったし愕然とした。 なぜ、女性をバンドへ誘う文句が「有名 [続きを読む]