徽宗皇帝 さん プロフィール

  •  
徽宗皇帝さん: 徽宗皇帝のブログ
ハンドル名徽宗皇帝 さん
ブログタイトル徽宗皇帝のブログ
ブログURLhttp://dorian.en-grey.com/
サイト紹介文徽宗皇帝が政治社会について論じてます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供505回 / 365日(平均9.7回/週) - 参加 2010/03/19 09:09

徽宗皇帝 さんのブログ記事

  • 韓国の政治と日本の政治
  • 結果がどうなるかはともかく、方向は正しいし、志が高くていい。韓国の民主主義は日本の10年先、もしかしたら100年先を行っている。(以下引用)汚職や腐敗のない社会実現へ 政府が5カ年計画発表=韓国2018/04/18 15:41Article View OptionPrint Enlarge ReduceSNS ShareFacebook Twitter google plus Hatena B! Facebook Messenger 【ソウル聯合ニュース】韓国政府は18日、汚職や腐敗のない社会の実現に向けた文在寅 [続きを読む]
  • 朝鮮戦争は近く終息するか
  • CIA下請け工作員の糞コメントもたくさんあるが、そのまま転載しておく。朝鮮戦争が完全に終了したら、東アジア分断工作ができなくなるので英米戦争屋は何とかして南北和平を潰したくてたまらないだろう。(以下引用)2018年04月17日23:00【超速報】朝鮮戦争終結へ向かっている模様! 1: 名無しさん@涙目です。(埼玉県) [CA] 2018/04/17(火) 17:53:52.27 ID:TJcOF40O0● BE:243666112-2BP(2000) 「南北首脳会談で軍事対決終息 [続きを読む]
  • 小泉元総理の安部総理批判
  • 短縮タイトルに「ぬけぬけと」と「小泉元総理」の言葉があったので、「日本を地獄化した張本人の小泉がぬけぬけと安部を批判している」という意味かと思ったら、違ったwwwまあ、安倍総理について言っていること自体は正論であり、分かりやすい表現で語っているところは、小泉は馬鹿ではないな、という感じだ。原発全廃が次期総理の条件であるみたいなことも言っているが、小泉当人はどこまで原発全廃に本気なのだろうか。非正 [続きを読む]
  • 下衆の極みお役人
  • 「ネットゲリラ」記事の一部を転載。まあ、あまりにもアホな事件なので、まるでスポーツ新聞のエロ記事みたいであるが、どういう事件なのか、簡潔にまとめた部分は、この事件を知らない人にも役に立つかと思う。そのコメントの前後も含めて転載する。これが最高学府を出て最高官庁のトップであるお役人の人格である。(以下引用)名誉毀損?やればいい。録音した声は95%以上本人と声紋鑑定結果が出ている。相手の記者の声紋 [続きを読む]
  • 日本人として、「人間」として一度は観るべき作品
  • いい記事だな、と思って最後に記者名を見たら外人記者で、なるほど、日本人のように右と左で最初からバイアス(偏向)がかかって冷静に見られなくなっているのとは違うな、と思った。私自身、この作品を長い間見なかったのは、私はフィクションを「自分の人生の代替物」あるいは「実人生より高次元の、望ましい人生」であってほしいと思っているからだ。悲劇的なフィクションに触れることは、確かに観る人や読む人の内面を深め [続きを読む]
  • 人材派遣業による「中間搾取」
  • 「株式日記と経済展望」から転載。いい記事であり、「私のコメント」も要を得ていると思うので、私(徽宗)の前説は不要だろう。この問題(人材派遣業の中間搾取)は介護業だけの話ではない。現代日本の優先的に解決すべき問題であると思う。(以下引用)「介護職の貧困」は、彼らが必死になって働き稼いだ介護報酬が人材会社に流れていく仕組みがある限り、介護職は貧困のまま続くというのが現実なのだ2018年4月11日 水曜日◆ [続きを読む]
  • 最初に立ち上がる人
  • 「ボランティア」であるはずの顧問が、事実上、当たり前のように各教職員に割り振られ、「全員顧問制」の義務となっている状態に違和感を抱いていた。こういう、理不尽な慣習が大手を振って全国的にまかり通っていること自体が不思議である。おそらく、「生徒のためだから」という一言で押し切られ、それを断ると「生徒に対する愛情がない」と非難されるのだろう。弱い者にすべての負荷を押し付けるという点では日本の行政の縮 [続きを読む]
  • 膿自身が「膿を出し切る決意」www
  • 総理はコメディアンでも目指されているのか。あるいは単純に理解能力の問題なのか。は痛烈である。まあ、コメディアンになれるほどの知性は無いはずだから、後者だろう。道義的問題は別として、単に知的能力(理解能力)だけで考えても、安部をこのまま総理にしておくのは、日本という国家と国民にとって「今、ここにある危機」だと理解している国民はどれだけいるのだろうか。それとも国民も皆、「安部化」しているのか。(以 [続きを読む]
  • 文書改竄問題と森友加計事件の本質
  • まあ、文書改竄部分は森友学園と安倍夫妻の関与に関わる部分だけだから 虚偽公文書作成罪は、権限を持つ者が文書の趣旨を大幅に変えることが成立要件となるが、改ざんが明らかになった14の決裁文書では、契約の方法や金額など根幹部分の変更はなく、特捜部は交渉経緯などが削除されるなどしても、文書の本質は変わらないと判断したとみられる。 ということで「虚偽公文書作成罪」では立件できないというわけである。しかし [続きを読む]
  • 行政文書改竄がなぜ途方もない悪事なのか
  • 言っていることは当たり前の内容なのだが、説明の仕方が明晰である。このように説明されないと森友事件加計事件における行政文書改竄の重大な意味が分からない人間が実は国民の大半だろう。そうでなければ今のような日本になっているはずがない。私自身、40歳以前には小学生レベルの政治認識しか無かったのである。(以下引用)枝野氏「文書改ざんしないという信頼で、社会成り立つ」2018年4月12日22時30分 シェア 117ツイー [続きを読む]
  • 軍備否定論は「お花畑脳」か
  • 別ブログに書いた記事だが、少し修正してこちらにも載せておく。ちなみに、皇室や朝廷貴族の祖先は朝鮮渡来だろうというのは私の推測だが、皇室については今上天皇もそういう趣旨の発言をしていた記憶がある。だが、1000年以上もの間に人種的混交もあっただろうから、皇室の祖がどういう出自であるかは問題にする必要もないと私は思うし、前々から書いているように私は政治的機能としての天皇というものは否定的側面も肯定 [続きを読む]
  • 総理の犯罪
  • 渡辺輝人という弁護士の書いた記事で、森友事件などで「推定無罪の原則」を持ち出して、安倍総理を追及するべきでないというアホな議論を批判したものだが、推定無罪の原則というのは「被疑者の罪を追及してはいけない」というものでないのは子供でも分かる話であり、そんな馬鹿な話があれば犯罪はやり放題になり警察活動は不可能になる。言うまでもなく、推定無罪は「判決が下るまでは被疑者は無罪として扱う」という常識にし [続きを読む]
  • 投票場に行くのは「真の市民」への第一歩
  • 私も昔は政治に無知で選挙などほとんど行かなかったが、結婚した相手が政治に関心が深く選挙には必ず行く人間だったので、無理やり投票所に連れていかれ、そこから必ず投票に行く習慣ができたのである。日本の教育制度では大人になってもそのほとんどは政治的には無知で、真の大人ではないわけだ。誰に投票したらいいか分からなければ、次の方針で行くのがいい。1)現在の政治に不満があるなら野党に投票すればいい。なぜなら [続きを読む]
  • 加計学園獣医学部認可は「首相案件」と総理側近が明言
  • 〈本件は、首相案件となっており、内閣府藤原次長の公式のヒアリングを受けるという形で進めていただきたい〉(同)という柳瀬首相秘書官発言はちゃんと記録として残っているらしい。朝日のツィッター記事にはその文書の画像も載っている。つまり、「本件は首相案件である」と首相側近が明白に述べているわけで、安部総理が自分は加計学園獣医学部認可にまったく関与していないというのが大嘘であったことが暴露されたわけであ [続きを読む]
  • 「惻隠の情」の無い社会
  • 一見些細な問題(と言うより、多くの人には他人事としか思えないだろう問題)だが、この国の悪しき構造がこういうところに象徴されているわけで、野次馬氏が「この国では皺寄せは弱い者に向かう」というタイトルをつけたのは慧眼だろう。この国の政治は「負担や貧乏くじは文句を言わない(文句を言えない)連中に押し付けろ」というやり口がほとんど伝統的手法なのであり、しかもそれを行う為政者や行政を一般庶民が支持すると [続きを読む]
  • 「自分たち」を非難する「正義」の声への不快感
  • 「谷間の百合」ブログ記事の後半を転載。最後に(ちなみに、わたしは日教組が嫌いでした)と書いてあるのが興味深い。と言うのは、私も日教組が嫌いだったからである。と言っても、それは政治というものについてまったく無知だった、子供から青年時代のことで、谷間の百合さんもそれは同じではないかと思う。面白いのは、政治にまったく無知な子供がなぜ日教組を嫌う(嫌った)のか、という問題である。私の推論を書いておく。 [続きを読む]
  • 資本主義では他者は自分の餌か敵か奴隷(道具)である
  • ヒューマニストというのは基本的に社会主義者になる、というのが私の印象である。自分ではそういう主義者だと名乗っていなくても、社会主義に近い政党を応援したりする。手塚治虫や井上ひさしが日本共産党の応援をしていたことを、知らない人も多いかもしれない。何しろ、社会主義というのは、本質的には「世界が全体幸福にならないうちは個人の幸福もありえない」という思想(宮沢賢治)であり、他者への惻隠の情の政治的実現 [続きを読む]
  • 過激な言動の日常化という危険
  • 最近の若者はフィクションの世界と現実の世界の区別がついていないのではないか。フィクションの世界では過激な言動が平気で行われるが、それを現実でやると殺されることもある。この高校生など、殴られた程度で済んで良かったと思うべきである。まあ、そもそもの原因である接触事故未遂がどちら側の責任か分からないが、それが自転車側の責任なら、中指を立てられた運転手が激怒したのも無理はない。逆に、いじめ問題などでは [続きを読む]
  • 京都府知事選の感想
  • 正直言って、山田府政の詳細がまったく分からないので、京都府知事選で山田府知事の後継者である西脇に入れていいのか、それとも反山田府政であると思われる福山に入れていいものか、判断不能だった。地方自治体においては右か左かという政治姿勢はさほど問題にならないというのが現実である。しかし、(一部の都市だけの結果とはいえ)これほど僅差になりうるとは思わなかった。 閉じる 以前の [続きを読む]
  • 現代の「蟹工船」
  • 元記事は読んでいないが、水産品加工業か何かの会社のようだから「蟹工船」を連想したわけだ。だが、まあ、「技能実習生制度」は世界に日本企業のブラックぶりを宣伝するような制度だな。 " style="color: #657786; font-size: 12px; margin-bottom: 3px; margin-left: -24px; margin-top: -3px;"> 町山智浩さんがリツイート Simon_Sin @Simon_Sin 11時間11時間前 その他『有給希望の実習生に強制帰国 千葉の受 [続きを読む]
  • 地方の衰退はいずれ東京に及ぶ
  • 一極集中の搾取構造ってただの利益の前借りだからな 臭いものにふたをし続けたツケが回ってきてるだけ は至言である。(以下引用)日本の地方大都市の衰退っぷりがやばい。地方には年収200万以下がゴロゴロいる日本の地方の”途上国化”がやばい、なぜ地方は見捨てられてしまったのか?1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/04/03(火) 10:06:51.334 ID:wN7ZRAkD0地方の貧乏人年収200万以下 地方の中流 [続きを読む]
  • 味噌汁を飲まなくても日本人である
  • パックンのこの発言は銃規制反対論、もしくは銃規制不可能論に聞こえるが、アメリカ人のアイデンティティというのは年間何百人の銃被害者を出しても守る必要があるような、それほど大事なものだろうか。私は、日本人としてのアイデンティティがたとえば日本陸軍的なものだとしたら、今すぐに投げ捨てたいと思う。それよりも、普遍的な倫理観(人道的思想)と合理的思考を持つコスモポリタン(世界人)でいたい。(以下引用)パ [続きを読む]
  • 日本社会の民主主義の危機に際して
  • 実に珍しいほどの良記事である。メスメール氏の発言は多くの日本人も言っていることだが、問題全体を大きく掴み、よく整理された形で明晰に述べているところが、さすがにデカルトの国の知識人だ。下の記事を読めば、どんな馬鹿でもモリカケ事件(ほか一連の安部事件)のどこが問題で、それがどれほどの問題なのか、明白に分かるだろう。高校の社会科教師や大学の政治学教授はこの記事を生徒や学生に読ませるべきである。自分の [続きを読む]
  • 資本主義は2076年で終わる?
  • 「ババ・ヴァンガの予言」の2017年以降のもので、前にも載せた記憶もあるが、下に引用したような詳細な内容ではなかったように思うので、再録しておく。特に「2018年:中国は新しい超大国となる」は完全に予言が実現したと言える。2018年を特に「その年」としたのは、関税問題でのトランプによる「脅し」に屈しなかった点でアメリカと同等の地位に立ったと解釈できるのではないか。また、北朝鮮問題の解決者となり [続きを読む]
  • 創作「伝統」www
  • 私は政治的にはフェビアン主義(漸進主義)の社会主義者で、文化的には保守主義者だが、今の日本で「伝統」と言われているものは商業主義に利用されているか政治的に利用されているものが大半だろう、というのには同感である。たとえば夫婦同姓などというのも明治以降の「伝統」でしかない。そもそもそれ以前は「姓」を名乗れるのは上級国民だけだったのだ。まあ、輸入文化にもいいものはたくさんあるのだから、新出来の「伝統 [続きを読む]